長崎梅雨明け予想。 長崎県の梅雨入り・梅雨明けの時期を紹介!独自予想あり!【2019年版】

九州梅雨明け夏本番 昨年より15日遅く 猛暑に警戒|【西日本新聞ニュース】

長崎梅雨明け予想

九州・福岡地方北部の梅雨入り予想 さて、まずは梅雨入りの予想ですが、気象庁が出している1951年からのデータを見ると、 最も早い梅雨入りは1954年の5月13日頃で、 最も遅い梅雨入りは1967年の6月22日頃 です。 また、2010年までの過去30年の平均(梅雨入り・明けを特定しなかった年は除外)を見ると、平年6月5日頃となっています。 ただし1951年からのデータから現在のデータを見ていくと、若干梅雨入りが早くなる傾向にあり、直近5年間だけを取り出して平均値を割り出すと5月31日頃となります。 そのため 2018年の九州北部の梅雨入りは5月31日頃から6月5日頃になりそうです。 九州・福岡地方北部の梅雨明け予想 それでは、梅雨明けはいつ頃なのでしょうか? 気象庁の統計では、 最も早い梅雨明けは1991年の7月1日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月4日頃となっています。 また、過去30年の平均値は、平年7月19日頃です。 梅雨明けに関しては、過去67年の傾向を見ると年々少しずつ遅くなる傾向にありますが、直近5年だけを取り出して平均値を出すと、7月19日頃です。 気象庁の過去のデータにも「頃」と記載するように、梅雨の過渡期は移り変わりの時期が5日間程度あります。 気象庁はその真ん中の日を梅雨明けとしていますので、7月18日~7月23日頃になりそうです。 九州・福岡地方南部の梅雨入り予想 さて、まずは梅雨入りの予想ですが、気象庁が出している1951年からのデータを見ると、 最も早い梅雨入りは1956年の5月1日頃で、 最も遅い梅雨入りは1957年の6月21日頃でした。 また、2010年までの過去30年の平均(梅雨入り・明けを特定しなかった年は除外)を見ると、平年5月31日頃となっています。 また、直近5年間だけを取り出して平均値を割り出すと5月24日頃となります。 そのため2018年の九州南部の梅雨入りは5月24日頃から5月31日頃になりそうです。 九州・福岡地方南部の梅雨明け予想 それでは、九州・福岡地方南部の梅雨明けはいつ頃なのでしょうか? 気象庁の過去の統計によると、 最も早い梅雨明けは1955年の6月24日頃で、 最も遅い梅雨明けは1957年の8月8日頃でした。 また、気象庁の過去30年の平均値は、平年7月14日頃です。 近年の気候の変化が激しいので、直近5年だけを取り出して平均値を出すと7月18日頃ですので、7月14日~7月18日頃になりそうです。 九州・福岡地方の梅雨の気温 九州・福岡地方の梅雨の気温ですが、こちらは気象庁アメダスがたくさんの地域に設置されているため、福岡に設置されているアメダスの統計から割り出していきたいと思います。 まず1981年~2019年の気象庁の統計では、6月の平均気温は21. 4度、7月は25度です。 そして過去5年間の統計では、6月平均が23. 12度、7月平均が 27. 88度です。 そうなると、6月は平均21度〜23度、7月は25度〜27度前後となりそうです。 スポンサーリンク 九州・福岡地方の梅雨時期の注目イベント 博多祇園山笠 ので毎年開催される、700年以上の伝統のあるおです。 にまつられるに対して奉納されるのひとつで、2016年12月1日、博多祇園山笠などの「山・鉾・屋台行事」がに登録されました。 開催時期:7月1~15日 開催場所:福岡県福岡市博多区上川端町 櫛田神社周辺 火の島祭り 「桜島火の島祭り」は、昭和63年の国際火山会議をきっかけとして開催するようになったお祭りです。 地域芸能やキャラクターイベント、歌謡ショーなど、魅力満載のステージイベントのほか、雄大な桜島の鼓動を感じながら、会場の間近から打ち上げられる迫力満点の花火を楽しむことができます。 開催時期:7月下旬 開催場所:鹿児島県鹿児島市桜島横山町 桜島多目的広場 大牟田大蛇山まつり 大牟田大蛇山まつりは、毎年7月に福岡県大牟田市で行われる夏祭りです。 300年以上前から受け継がれている大牟田大蛇山まつりは、龍に見立てた大蛇を飾り付けた山車に人が乗り、大量の花火や煙幕を焚いて練り歩く、火のお祭りです。 開催日時:7月第4土曜・日曜 開催場所:福岡県大牟田市大正町 九州・福岡地方梅雨入り、梅雨明け予想 まとめ 九州北部の梅雨入りは5月31日頃から6月5日頃、梅雨明けは7月18日~7月23日頃のようです。 また、九州南部の梅雨入りは5月24日頃から5月31日頃、梅雨明けは7月14日~7月18日頃になりそうです。 九州地方は、北部と南部で大分気候が違うようですし、方言もかなり違うと九州の方がおっしゃっていました。 ご旅行で九州にお出かけの際は、地域の違いを特に注意したほうが良さそうですね。

次の

関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

長崎梅雨明け予想

元号が平成から 令和へと変わって一年。 期待と共に迎えられた時代の始まりは、我々に大きな試練として立ちはだかっています。 それでも季節や暦は過ぎていきます。 寒い日が続いてると思ったら、いきなり 温かい日がやってきたり…。 2020年、特にこのGWの ステイホームは、これから皆さんの記憶に強く残ることでしょう。 そしてもうすぐ始まる6月。 今年も変わらず訪れる、うっとおしい梅雨の時期でもあります。 こちらの記事では長野県での、 梅雨入りや 梅雨明けの宣言はいつなのか? さらに平年での梅雨入り梅雨明けの 日時と 早いか遅いかなどの傾向についても 調査してみました。 全国各地方の梅雨入り梅雨明け情報はコチラ! 目次• 梅雨入りの定義とは? 気象庁のHPでの解説によると、 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 この資料に掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 気象庁HPより引用 これはつまり、日照時間の多い日 梅雨入り前 から 少ない日 梅雨 に移る辺りで平均5日程の期間があり、 その中日を梅雨入りの日として発表している事になります。 平年の意味は? 天気予報でも皆さん耳にしたことが あるのではないでしょうか? 「平年並み」という言葉。 これは 「過去30年間の平均値」という 意味なんですが、なかなかこれを知る機会って 無いんですよね〜^^; これから天気予報を見る時も、 「過去30年間の平均値」という事を知っていれば これまでとは少し違った見方ができるかも? 長野県 関東甲信地方 の梅雨入りの平年の時期や傾向は? 気象庁でも発表されている長野県の 過去の梅雨入りについて調査しました。 梅雨入りが遅れる年も見られますが、 ここ近年はこれまで通り6月の上旬からの 梅雨入りが多いですね。 さらに近年は太平洋で ラニーニャ現象が 発生する影響のため、雨の日が減り 日照時間が伸びて夏の時期には 酷暑になる年も増えています。 エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態となっている。 今後秋にかけてエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続く可能性が高い(60%)。 より 令和2年5月12日 とのことです。 エルニーニョ・ラニーニャと共に発生しないということで、これから 夏までの日照時間は例年程度になるものと思われます。 これまでは 冷夏や 酷暑になる年もありましたが、今年は 今まで通りの熱い夏がやってくると予想されます。 毎年言われていますが、 熱中症対策を万全にしておきましょう! 年 梅雨明け 2020年 7月日頃 2019年 7月29日頃 2018年 6月29日頃 2017年 7月6日頃 2016年 7月29日頃 2015年 7月10日頃 2014年 7月21日頃 2013年 7月6日頃 2012年 7月25日頃 2011年 7月9日頃 2010年 7月17日頃 2009年 7月14日頃 2008年 7月19日頃 2007年 8月1日頃 2006年 7月30日頃 2005年 7月18日頃 2004年 7月13日頃 2003年 8月2日頃 2002年 7月20日頃 2001年 7月1日頃 2000年 7月16日頃 1999年 7月23日頃 1998年 8月2日頃 1997年 7月19日頃 1996年 7月11日頃 1995年 7月23日頃 1994年 7月12日頃 1993年 ー 1992年 7月19日頃 1991年 7月23日頃 1990年 7月18日頃 1989年 7月19日頃 梅雨明けの「ー」の箇所は、 梅雨明けの時期がはっきりしなかったため 特定しなかったものだそうです。 全国各地方の梅雨入り梅雨明け情報はコチラ!.

次の

梅雨明けまであと少し!!!

長崎梅雨明け予想

Contents• 過去の長崎県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 九州北部地方の梅雨明け日は以下となります。 長崎県の過去69年の梅雨明け日の推移 過去69年の移動平均の値は、7月18日ごろとなります。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、以下となります。 長崎県の梅雨明け日 平年 昨年(2019年) 移動平均 時期 7月19日ごろ 7月25日ごろ 7月18日ごろ 【2020最新】長崎県の梅雨明け予想!時期はいつごろ? 次に、福岡官区気象台より5月25日発表された九州北部地方の6~8月の天候の見通しの解説を確認したいと思います。 気象庁の3カ月予報 予報のポイント 【予報のポイント】 1:向こう3か月の気温は、暖かい空気に覆われやすいことから、高いでしょう。 2:向こう3か月の降水量は、ほぼ平年並ですが、6月は前線や湿った空気の影 響を受けやすいため、平年並か多い見込みです。 3:期間の後半は高気圧に覆われやすい時期もあるため、8月は平年に比べ晴れ の日が多い見込みです。 月別の天候 【月別の天候】 6月:前線や湿った空気の影響を受けやすいため、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょ う。 7月:期間の前半は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 期間の後半は、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。 8月:高気圧に覆われやすいため、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。 データ参照元: 梅雨明けしやすい時期の7月後半の解説を確認すると、 平年同様に晴れの日が多くなるようで、 平年と同様、つまり、過去の平均と同じような時期に 梅雨が明ける可能性が高いと解釈いたします。 よって、過去の定量的データ、最新の気象庁の情報を踏まえて、 長崎県の2020年の梅雨明け時期の予想としましては、 平年の梅雨明け日である 7月19日前後の梅雨明けとなりそうです。 長崎県の梅雨明け予想!【2020最新】まとめ 今回は2020年の長崎県の梅雨明けがいつごろになりそうなのかを、 過去のデータと、最新の気象庁発表の3カ月予報を確認しながら予想してみました。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

次の