梅雨 の 挨拶。 6月の上旬・中旬の時候の挨拶!ビジネスやPTAのお手紙 お礼状、招待状での使い方?

6月の季語とあいさつ文例文!ビジネスで使える例文集!季語がないとどうなる?

梅雨 の 挨拶

時候の挨拶を6月の上旬から紹介• 初夏の挨拶や梅雨の挨拶• 梅雨明け後の挨拶 6月上旬ごろ〜6月中旬ごろの梅雨の挨拶 6月の風物詩といえば、「 梅雨」。 雨がダラダラと降り続き、気分も滅入っている人も多くいらっしゃるでしょう。 時候の挨拶には、はじめに共感を持ってもらい、その後の要件をスムーズに読み勧めてもらう効果があります。 まずは、6月上旬〜中旬頃の読む人が共感できる時候の挨拶を紹介していきます。 入梅・梅雨入り後の挨拶 入梅は「にゅうばい・ついり・いりうめ」と読みます。 暦の上では、入梅とは6月11日頃を指します。 御存知の通り、日本では場所によって梅雨入りの時期が変わってしまいます。 もし、相手が梅雨入りしていないのに、時候の挨拶が「梅雨入りをしてジメジメした天気が続いていますね」と相手も梅雨入りしている前提で書くと、相手からは共感を得られなくなります。 時候の挨拶を書く際は、 相手も梅雨入りしているのかを考えてから書くことにしましょう。 初夏の候、街行く人々の半そで姿が目に鮮やかです。 吹く風もどことなく夏めいてまいりました。 夏の装いとなり、街は一段と明るさを増したようです。 初夏のやわらかな日ざしが若葉に降りそそぐ頃となりました。 空梅雨(からつゆ)の挨拶 空梅雨(からつゆ)とは、梅雨の時期に降雨が少ないことを指し、 照り梅雨ともいわれます。 梅雨の時期はジメジメしているので、好きではない、降雨が少ない空梅雨のほうが嬉しい方も多いでしょう。 しかし、空梅雨になるのはいいことだけではありません。 いつもなら降るはずの雨が降らないので、水不足を引き起こしていることも。 相手が農家だと、水不足で作物がうまく育たないという問題を抱えている可能性もあるのです。 相手の職業や興味をなるべく考慮に入れて、時候の挨拶を書くようにしましょう。 どんな天気を「いい」とするかは人それぞれなので「空梅雨で天気のいい日が続いています」のような時候の挨拶は控えるほうがベターです。 薄暑の候、空梅雨を思わせる天気となっております。 空梅雨で、あちらこちらで水不足の声が気がかりです。 空梅雨のため晴れた空が続いておりますが、お変わりありませんでしょうか。 今年は空梅雨ぎみで暑い日々が続いておりますが、皆様におかれましてはいっそうご活躍のことと存じます。 主観的な表現をなるべく避け、例のように、事実だけを書くと、共感を得られるいい時候の挨拶になりますよ。 6月下旬ごろ〜7月上旬ごろの梅雨の挨拶 6月初旬〜中旬の挨拶を紹介してきました。 次に、梅雨がようやく開けようとする6月下旬〜7月上旬ごろ、梅雨明けや夏到来を感じさせる時期の挨拶を紹介していきます。 梅雨明けごろの挨拶 6月下旬ごろになるとようやく梅雨が収まってきます。 梅雨が収まってきたころには、 梅雨明け後のワクワクした生活を想像させるような時候の挨拶を書くことをおすすめします。 山や海のことや木々の変化などについて書くと、季節感がいっそう伝わっていいのではないでしょうか。

次の

梅雨入り前の挨拶文ってどんなものがあるの?

梅雨 の 挨拶

梅雨入り前の挨拶には どんなものが存在するのか? 親しい人へ 手紙を送ろうと思ってるかと思いますが、 現在は梅雨入り前で まだ梅雨の時期ではありません。 そんな梅雨入り前の時期には どんな挨拶をすればいいのでしょうか? なので今回は 梅雨入り前の挨拶文 についてまとめてみました。 スポンサードリンク 梅雨入り前の挨拶文:時候の挨拶 手紙で挨拶をするときに 時候の挨拶 を行いますが、 梅雨入り前の時候の挨拶は 以下のような言葉を用います。 ・初夏の候 ・首夏の候 ・薄暑の候 ・深緑の候 ・青葉の候 ・麦秋の候 ・夏秋の候 ・向暑の候 ・若葉青葉の候 こうして梅雨入り前の 時候の挨拶を見ていますと、 春が終わって夏が近づくことで 暑くなってきた という感じの言葉が見てとれます。 そして、 上記の時候の挨拶を用いる場合は ・拝啓 向暑の候 皆様お変わりなく お過ごしの事とお喜び申し上げます。 という風に用います。 スポンサードリンク 梅雨入り前の挨拶文はこのようになってる そして、 梅雨入り前の挨拶文というのは 走り梅雨、迎え梅雨、前梅雨 と呼ばれている 梅雨入り前の時期に使う挨拶ですので、 ・いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか ・梅雨前線が近づいてきたようですね ・今年もまた梅雨入り宣言が気にかかる頃となりました ・梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気の日が続いております ・入梅を控えて不安定な空模様が続いております ・梅雨入りを間近に今から憂鬱な気分になっております ・走り梅雨に漏れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられます といった感じで 梅雨入り前の不安定な気候が続いてる事や 梅雨入りが迫ってそちらの機嫌はどうか といったことを挨拶として書いてます。 梅雨入り前になると 雨が降ったりやんだりで 天気が不安定になってきますので、 そんな梅雨入り前で天気が不安定なことを 手紙の挨拶として書いてるのです。 梅雨入り前の結びの挨拶 梅雨入り前に手紙を書く際、 結びの挨拶文 はどのようなものがあるかと言いますと、 ・もうすぐ梅雨がやってまいります。 どうかかご自愛専一に。 ・梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、 皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 といった感じで 梅雨に入ると気温変化が激しくなるので それで体調を崩したりしないようにと 相手を気遣うように結びの挨拶をします。 梅雨入り前の挨拶文まとめ 梅雨入り前の挨拶文については以上です。 こうしてみると、 相手を気遣うような挨拶が 多くされているなと思います。 やはり挨拶というのは 相手を気遣うことから 始まるのだなと思いますね。 スポンサードリンク 関連記事はこちら•

次の

【例文】梅雨の挨拶って?ビジネスメール・手紙に書くべき時候の挨拶例

梅雨 の 挨拶

・の候、の折、のみぎり:6 月上旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月上旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月上旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月上旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月上旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 上旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月上旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月上旬 ・の候、の折、のみぎり:6月上 旬 ・の候、の折、のみぎり:6月上 旬 ・の候、の 折、のみぎり:6 月上旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6 月中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 中旬~下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 下旬 ・の候、の折、のみぎり:6月 下旬 上記は 6月の季節の挨拶文に使える時候と 適した時期のまとめ一覧表です。 続ける文章は親しい方への挨拶文でも 公式の改まった挨拶文でも使えるものです。 ・ 雨に濡れる紫陽花が美しい季節、こちらも相変わらずつつがなく過ごしております。 ・ 空梅雨がつづいています。 皆様にはお変わりございませんでしょうか。 ・ 入梅の候、貴社いよいよご発展のこととお慶び申し上げます。 ・ 季夏の折、平素は格別にご高配を賜りまして、厚く御礼申し上げます。 ・ 麦熟れる初夏のみぎり、貴社一段とご繁盛の段大慶に存じます。 ・ 衣替えを迎え、道行く人の装いにも白がめだつようになりましたが。 ・ 梅雨寒ながら、吹く風には夏の匂いを感じる今日このごろ、~。 ・ 梅雨前線が近づいてきました、お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・ 木々の緑も、雨に打たれて色濃くなりました。 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・ 桜桃のみぎり、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・ 若鮎のほろ苦さに、季節の到来を感じます。 ・ 長雨の折、ますますご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。 ・ 深緑の折、皆様におかれましてはますますご壮健のことと存じます。 ・ 夏至の候、貴社一層ご発展のことと存じます。 ・ 雨に映える紫陽花の花も美しい季節、皆さんいかがお過ごしですか。 ・ 青葉を渡る風が、すがすがしく感じられる季節となりました。 ・ 夏本番も、もうすぐですね。 ・ 汗ばむ陽気に、夏の到来を実感します。 ・ 梅雨明けの空がまぶしく輝く季節となりました。 ・ 田植えも終わり、さわやかな風が青田を渡る季節になりましたが、~。 ・ 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、皆様お変わりありませんか。 上記は 6月の季節の挨拶文に使える 書き出し文例 のまとめ一覧表です。 6月から連想される植物や食べ物、 行事などの単語を自由に盛り込んで、 読み手に時節が頭に浮かぶような 書き出しにしても素敵です。 ・初夏の折、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 ・夏至の候、ますますのご発展をお祈り申し上げます。 ・向暑のみぎり、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、お身体ご自愛下さい。 ・梅雨入りの便りが気になる頃です。 くれぐれもお身体を大切に。 ・爽やかな麦秋のみぎり、皆様のますますのご健勝をお祈り申しあげます。 ・輝く木々の若葉のように、皆々様には一層のご健勝を心よりお祈りいたします。 ・梅雨明けが長引いていますが、お元気でお過ごしくださるようお祈り申しあげます。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、お身体ご自愛下さい。 ・梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、どうぞお健やかにお過ごしください。 ・梅雨冷えの厳しい今日この頃、お風邪など召されませぬようお願い申し上げます。 ・輝く木々の若葉のように、溌溂とお過ごしくださいますようお祈り申しあげます。 ・天候不順のみぎり、くれぐれもお体を大切になさってください。 ・梅雨寒の日が続いていますので、ご自愛専一のほどお祈り申しあげます。 ・梅雨寒の時節柄、風邪などお召しにならぬよう、お気を付けください。 ・雨続きの折、外回りのお仕事もたいへんな時期ですが、どうかますますのご活躍を。 ・季節の変わり目でございます、いっそうご自愛ください。 上記は 6月の季節の挨拶文を使った 結びの例文のまとめ一覧です。 結句で季節の挨拶文を使う場合、 それに続く組み合わせでは 相手の方を思いやるような文章を 続けるようにしましょう。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ いかがでしたでしょうか? 本記事では 6月の季節の挨拶文例で、 手紙やメールで使える書き出しと結び、 招待状やお礼状の例文をご紹介して参りました。 しとしと続く長雨の梅雨も 、 しっとりした情緒に心ひたれるのが 6月の季節ですね。 初夏の到来を感じさせる事象や 雨に濡れた植物が生き生きと元気に 生い育っている さまを、 素敵な挨拶文に盛り込みましょう。 定型以外の季語も使いながら、 あなたらしい挨拶文を作って 温かなやり取りをしてみましょう! 以上、『6月の季節の挨拶文例!手紙やメールで使える書き出しと結び、招待状やお礼状の例文も!』の記事でした。

次の