速水健一。 「速水さんとネオロマンスしよう」の第2回が本日配信。ゲストは「遙か7」から鈴村健一さん

速水清司とは

速水健一

ECCコンピュータ専門学校 内山 豊彦 先生 (受賞9回目)• ECCコンピュータ専門学校 加藤 昌 先生 (受賞8回目)• ECCコンピュータ専門学校 武次 潤平 先生 (初受賞)• 沖縄県立美来工科高等学校 仲程 崇 先生 (受賞2回目)• 近畿大学 溝渕 昭二 先生 (受賞9回目)• 近畿大学 谷口 義明 先生 (受賞5回目)• 仙台高等専門学校 速水 健一 先生 (受賞9回目)• 津山工業高等専門学校 大西 淳 先生 (受賞9回目)• 東京都立産業技術高等専門学校 佐藤 喬 先生 (初受賞)• 東京理科大学 明石 重男 先生 (受賞9回目)• 豊橋創造大学 今井 正文 先生 (受賞9回目)• 広島修道大学 出木原 裕順 先生 (受賞2回目).

次の

Rush Style‐ラッシュスタイル|声優事務所 タレント事務所

速水健一

「 ショーケン」はこの項目へされています。 アミューズメント機器会社については「」をご覧ください。 萩原 健一(はぎわら けんいち、 - )は、の、。 は「 ショーケン」。 このニックネームは、十代のころの仲間にダイケン、チューケンがおり、自身がショーケン(小ケン)と呼ばれていたことに由来する。 元 、 のリード・ ( はとのツイン・ボーカル)。 血液型はO型。 所属事務所はKR株式会社(2016年8月よりと業務提携 )。 (現:)出身。 はぎわら けんいち 萩原 健一 本名 萩原 敬三 (はぎわら けいぞう) 生年月日 1950-07-26 没年月日 2019-03-26 (68歳没) 出生地 (現・同県) 国籍 身長 174 血液型 職業 、 ジャンル 、 活動期間 - 配偶者 小泉一十三(1975年 - 1978年) (1980年 - 1984年) 由紀(1996年 - 2006年) (2011年 - 2019年) 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 映画 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 来歴 鮮魚店に非嫡出子として生まれる。 本名は 萩原敬三(はぎわら・けいぞう)。 の(現在は廃校)在学中、埼玉県でスカウトされ、の弟分、のヴォーカリストとして、17歳だった1967年「」で。 高校は2年生の時に中退している。 翌1968年には「」、「」、「」(コーラス・ハーモニカ担当)など、次々と大ヒット曲を飛ばして人気を得た。 テンプターズはショーケン自身が述懐しているところによれば、デビュー前はブルース・バンドだった。 中川三郎ディスコティークの出演バンドだったこともある。 「」は、グラス・ルーツがイタリアのミュージシャンの曲をカバーし、さらにその曲をテンプターズがカバーしたものである。 また、テンプターズはの影響を受けていた。 「神様お願い」はメンバーの松崎由治作詞・作曲 のオリジナル曲であり、ストーンズから受けた影響が出ている。 この時期、女優・江波杏子と交際した。 1970年に解散後は、、、、らで(ピッグ)を結成する。 各種ロックフェスティバルやテレビ出演などもこなしたが、音楽活動よりもを志すようになる。 に製作された『』(斎藤耕一監督)の製作現場に、サードとして参加した。 だが、主演俳優・中山仁が降板したため、代役に抜擢される。 何人もの女優に出演を断られたが、最終的にが共演を承諾した。 この演技で高い評価を得て、俳優へと本格的に転身。 同年のテレビドラマ『』の初代新人刑事= マカロニ役でその人気を決定付ける。 12月をもって音楽活動を停止(これによりPYGは事実上解散)。 1974年には とのコンビによる映画『』での最優秀主演男優賞を受賞。 続いての『』 1974-75年 、脚本の『』 1975-76年 と連続してドラマ作品に主演した。 『前略おふくろ様』は続編も制作された。 には初のソロアルバム『惚れた』をリリース。 ソロアルバムの発表を契機として音楽活動を再開し、「お前に惚れた」、「」 1979年)、がバックを担当したライヴ盤『熱狂雷舞』を発表。 また同年モデルの小泉一十三と結婚し女児をもうけたが3年で離婚している。 俳優としても脚本家・の指名を受けての松竹映画『』()やの『』()などに出演。 にと結婚 、に離婚発表。 1983年には映画「竜二」の主題歌「ララバイ」を歌った。 1月はでチャリティコンサートを行う。 4月20日、不法所持にて逮捕され、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決となり、1年間に渡って全ての活動停止を余儀なくされた。 復帰後も俳優業と平行して音楽活動を行い「」 1987年)のヒット曲を出した。 、で人身事故を起こし、で逮捕された。 11月には、女優・との2ショット写真を週刊誌に撮られて激昂。 カメラマンと編集者に暴行し、された。 この時期、バイオリニスト・と交際した。 に1度ラスト・ライブをおこなったが、90年にもコンサートを開き、俳優業と歌手を併行して活動をしていた。 1993年にをおし、1400-1600キロメートルを37日という驚異的な早さで踏破した。 10月、再び交通事故を起こし業務上過失致傷罪でされた。 また、監督・スタッフ・共演者への暴言・暴行を繰り返したため途中降板となった主演映画『』の前払いの出演料半額分(750万円)の返還をプロデューサーから求められた際に、「一方的に降板させられた」として拒否。 さらにプロデューサーに電話をかけ、・・実在する暴力団の名を挙げて「必ずやっつけますから」と脅迫する言葉を留守電に残し、出演料全額分(1500万円)の支払いを要求したことで、同年11月に製作側から未遂容疑で告訴され、翌年の2月に再び逮捕された。 当初脅迫電話をしたことは否定していたが、証拠として録音された音声が出されると、これを認めた。 この恐喝事件で6月にで懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受け、しばらく活動休止。 しかし2005年7月にテレビ番組内で、「大麻解禁にしましょうか」と発言し、その後、から注意されたため、「ジョークのつもりだった」と釈明した。 1996年にはヘアメイク・アーティスト、由紀と3度目の結婚をしたが、十年後の2006年に離婚している。 萩原によればこの結婚には、親族から猛反対があったという。 に自叙伝『ショーケン』、ボーカリストとしてゲスト参加したによる音楽ユニット・のデビューシングル「惑星のポートレイト 5億万画素」(作曲・プロデュース:)で本格復帰を果たす。 2010年には東京・大阪で7年ぶりのライヴ(トーク&ミニライヴ)ツアーを行なった。 2月7日に、モデルのと結婚。 「ジェットコースターのような人生だったけども、今後は2人でメリーゴーラウンドのようなゆっくりした人生を歩みたい」と語った。 晩年は芸能活動の傍ら、東洋思想や研究に取り組んだ。 、自身の『Shoken Records』を設立。 同年5月9日に22年ぶりとなるシングル「Time Flies」をリリースした。 2019年3月26日午前10時30分、都内の病院にてのため死去。 68歳だった。 2011年から闘病していたが、本人の強い希望で病名の公表を控えていた。 葬儀は27日に家族のみで営まれ、本人が以前住んでいた神奈川県の鶴見近辺の斎場でに付された。 共演の多かった女優、高橋恵子、は萩原健一の死後、追悼コメントを出している。 役で出演した『』が没後に放送されているが、『いだてん』に於ける萩原の主な出演場面は生前にほぼ収録を終えているとされ、予定されていた残りの出演場面については放送に支障が生じないように対応する方向だという。 惚れた(1975年8月)• Nadja〜愛の世界(1977年3月)• Nadja2〜男と女(1978年6月)• Nadja3〜エンジェル・ゲイト(1979年6月)• 熱狂雷舞(1979年10月)• Don Juan(1980年7月、BMC-4019)• Don Juan Live(1980年12月)• D'erlanger (1982年3月)• Shanti Shanti(1983年)• Thank You My Dear Friends(1984年3月)• Andree Marlou Live(1985年)• Straight Light(1987年2月)• Shining With You(1988年5月)• Thank You My Dear Friends Live(1989年)• ANGEL or DEVIL〜2010 LIVE記念盤(2010年:ライヴ会場限定5曲入りミニ・アルバム)• ANGEL or DEVIL(2010年:全16曲入り通常盤)• 雨よ降らないで:テンプターズ• 「愛の小径」(作曲:かまやつひろし):テンプターズ• 「何もない部屋」(作曲:沢田研二):PYG• 「豚ごろしの歌」作詞:萩原健一、作曲:かまやつひろし(1970年)アルバム「」に収録。 問題を扱った内容によりとなる。 2000年の再発CDには未収録だったが、2016年盤に再収録された。 「泣き笑い」作詞:萩原健一、作曲:(1986年)アルバム「PLAY IT AGAIN」に収録。 映画「」BGM(1983年)、と共作。 萩原健一のソロ作品では作詞多数。 作曲は2018年発表のシングル「Time Flies」収録の3曲。 濡れた逢引き(、 - テンプターズ• 星影の波止場(、 - テンプターズ• (、、監督:) - 山川健一• (、、監督:) - 下条吾郎• (1971年、松竹、監督:) - 後藤明夫• (1971年、松竹、監督:) - 健チャン• (、松竹、監督:斉藤耕一) - 中原朗• (1972年、松竹、監督:前田陽一) - 次郎• (、、監督:) - 黙太郎• (1973年、東宝、監督:) - 緋本治夫• (、東宝、監督:) - 江藤賢一郎• (、東宝、監督:) - 作田明• (1975年、東宝、監督:神代辰巳) - 順• (1975年、ATG、監督:吉田憲二) - 川村• (、松竹、監督:) - 寺田辰弥• (、、監督:) - 飲み屋の客• (、東宝、監督:) -• (、松竹、監督:) - 伊右衛門• (、東映、監督:) - 古屋数男• (、、監督:神代辰巳) - 苑田岳葉• (、、監督:) - 桃中軒海右衛門• (1985年、東映、監督:) - 木下一• (1985年、松竹、監督:神代辰巳) - 竹原将一• (、松竹、監督:) - 権藤竜二• (1986年、松竹、監督:神代辰巳) - 岩谷啓一• (、東映、監督:) - 田村征彦• (1987年、、監督:山下耕作) -• (、東映、監督:) - 赤松徹郎• (1989年、、監督:) -• (、東映、監督:工藤栄一) - 沢井刑事• (1990年、東映、監督:中島貞夫) - 時津忠久• (、、監督:) - 藤林蔵• (、松竹、監督:) - 神崎• (、東宝、監督:) - 壮太郎• (、、監督:) - 村越• (、、監督:) - key• (、、監督:) - 君国辰郎• (2001年、、監督:) - 社長• (、、監督:)• (、ワーナー・ブラザース映画、監督:) - テレビドラマ• (、)• (、)• 第1話「出発の歌」・第2話「裏切られた女」(1972年、) - すずめ• (1972年、東京12チャンネル) 第4話• ( - 、) - 早見淳(通称:マカロニ)刑事• (1972年、) - タカシ• (1973年、TBS) -• (1973年、TBS)• (1973年、)• (1973年、NHK)• (1973年、日本テレビ)• (NHK)• () -• () - 揚邦義• () -• () -• (1974年、TBS) - 中岡ムサシ(通称:ザジ)• (1974年 - 、日本テレビ) - 木暮修• (1975年 - 、日本テレビ) - 片島三郎• 前略おふくろ様II(1976年 - 、日本テレビ) - 片島三郎• (1977年 - 、日本テレビ)• (1978年、フジテレビ) - 浦上刑事• (、中部日本放送)• (、)• (1981年、)• (1981年、フジテレビ)• (、)• (1982年、TBS) - 三原紀一• (1982年、フジテレビ) - 増子一郎• (1984年、TBS)• (、TBS)• (、フジテレビ)• (1988年、フジテレビ) - 樽見京一郎• (1988年、)• (、)• (1989年、日本テレビ) -• (1989年、TBS)• (1989年 - 、フジテレビ) - 沖田淳一• (1990年、NHK) - 上田邦夫• (1990年 - 1992年、) - 花井直次郎• (1990年、NHK)• (1990年、テレビ東京) -• (1991年、NHK)• (1993年、TBS) - 寺田喬• 課長サンの厄年スペシャル(、TBS) - 寺田喬• (1994年、NHK)• (、フジテレビ)• (1995年、NHK)• 第3話・奈良篇「花嫁はゴースト」(1995年、関西テレビ)• (1995年、テレビ朝日) - 柊又三郎• (1995年、NHK) - 石橋英雄• (、TBS) - 小山田竜平• 外科医柊又三郎2(1996年、テレビ朝日) - 柊又三郎• (1996年、フジテレビ) - 菊池敏彦(島村圭介)• (1997年5月、TBS) - 川村秀一• 月曜ドラマスペシャル (、TBS)• (テレビ朝日)• (1998年)• 1(2000年) - 楠錬三郎• 広域捜査官楠錬三郎・北へ南へ2(2002年) - 楠錬三郎• 広域捜査官楠錬三郎3(2003年) - 楠錬三郎• (3月) - 奥平為雄• 父さん(2000年、フジテレビ)• (、NHK) - 菊田屋新蔵• (2001年、フジテレビ) - 吉田祐三• (テレビ東京)• (2003年1月) - 郷田夢栄• 坊さん弁護士・郷田夢栄2(2004年7月) - 郷田夢栄• (2016年1月 -2月、NHK BSプレミアム) - 鴨川流• 特集ドラマ「」(2018年3月24日・31日、) - 吉田茂• (2018年3月25日、テレビ朝日) - 原案、神谷将太郎• (2018年、) - 宇多津貞夫 バラエティ番組・ドキュメンタリー番組・音楽番組• (2000年、・、「」ゲスト)• (2003年11月27日、、ゲスト)• (2009年8月29日、TBS、ゲスト)• ショーケンという「孤独」(2009年9月13日、フジテレビ)• 特別編(2009年12月20日、フジテレビ)• 名作ドラマ大辞典!豪華スター同窓会SP(2011年9月21日、TBS、ゲスト)• 2015年7月18日、BS朝日• (2016年5月27日、フジテレビ、ゲスト)• (2017年8月2日、フジテレビ)• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年7月29日. の2019年3月28日時点におけるアーカイブ。 2019年3月28日閲覧。 2019年4月17日時点のよりアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 2019年3月28日 - スポーツ報知2019年3月29日付 2019年3月29日access• 2019年4月17日時点のよりアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 大人のミュージックカレンダー 2018年3月5日. 2018年7月25日時点のよりアーカイブ。 2019年3月28日閲覧。 35)• 2010年7月12日 - - zakzak、2004年11月1日• 2014年6月30日 - - zakzak、2004年11月15日• 2010年1月9日 - - zakzak、2005年2月7日• 2011年2月26日 - - zakzak、2005年6月28日• スポーツ報知 報知新聞社. 2018年5月10日. の2019年3月28日時点におけるアーカイブ。 2018年5月10日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年3月28日. の2019年3月28日時点におけるアーカイブ。 2019年3月28日閲覧。 NEWSポストセブン. 2019年4月3日時点のよりアーカイブ。 2019年4月3日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019年3月30日. の2019年4月4日時点におけるアーカイブ。 2019年4月4日閲覧。 2019年4月1日 - 週刊ポスト2013年10月25日号• 2019年4月1日 - 日刊スポーツ 2016年5月24日• 配信およびライヴ会場限定• 2019年3月29日 - CDジャーナル 2016年8月3日• 2019年3月29日 - ナタリー 2018年4月27日• 2015年11月25日時点のよりアーカイブ。 2015年11月24日閲覧。 2015年9月15日. 2015年9月15日時点のよりアーカイブ。 2015年9月15日閲覧。 週刊実話2019年6月20日号、p. 205.

次の

速水清司

速水健一

『新・教育制度論』(第10章「学校給食の制度」) 共著 2014年4月25日 ミネルヴァ書房 高妻紳二郎・佐藤仁・住岡敏弘・湯藤定宗・滝沢潤・佐喜本愛・高橋望・藤村祐子・久木山健一・照屋翔大,松原岳行,吉田香奈,宮村裕子,寺崎里水。 110-123• ようこそ教育心理学の世界へ 共著 2014年4月1日 北樹出版 神藤貴昭 19-30,81-125,158-171• 社会的スキルと社会的コンピテンス (『コンピテンス -個人の発達とよりよい社会形成のために-』第2章第5節) 共著 2012年3月24日 ナカニシヤ出版 速水敏彦・陳惠貞・浦上昌則・高村和代・中谷素之 109-118• 社会的スキル (仮想的有能感の心理学 -他人を見下す若者を検証する- 第2章第3節) 共著 2012年2月20日 北大路書房 速水敏彦 52-61• 『現代教育の諸相』第6章「「学力」問題と教育評価 共著 2010年4月 青簡社 小川哲哉・勝山吉章・井上豊久・柳井美枝・江玉睦美・佐喜本愛・松原岳行・高橋潤子 63~73• 『現代教育の諸相』第7章学校不適応と心の問題 共著 2010年4月 青簡社 小川哲哉・勝山吉章・井上豊久・柳井美枝・江玉睦美・佐喜本愛・松原岳行・高橋潤子 74~85• 学校教育と心の問題 『現代社会と教育』第10章 共著 2008年4月 青簡社 勝山吉章,井上豊久,江玉睦美,小川哲哉,古賀ゆきひと,森谷裕美子,小林万里子,淵上由賀里,久保理生 111~122• 仲間関係の発達 『子どもの発達と心理』第3章) 共著 2007年10月 八千代出版 小石寛文,佐藤眞子,澤田瑞也,清水寛之,土居道栄,原孝成,伊藤崇達,吉川昌子,岡崎裕子 49~67 論文• 祭・年中行事を通じた子どもの地域参加と社会性発達の関連 : 児童の主体的参加につながる博多部の祭・年中行事の探索. 単著 2018年 九州産業大学国際文化学部紀要 71巻 21-30• 生徒指導の領域毎での教師ストレスの検討 共著 2016年12月21日 九州産業大学 国際文化学部紀要 65号 野田涼馬・久木山健一 121-131• 中学校・高等学校教員に求められる学力についての探索的検討 -教職課程学生を対象とした学力の理想・義務・自己認知の関連- 単著 2015年9月30日 九州産業大学国際文化学部紀要 61号 137-144• 大学での教員-学生関係の研究 ~講義時間以外での交流のありかたについて~ 単著 2014年12月18日 九州産業大学国際文化学部紀要 59号 久木山 健一 67-74• 理想の教師像と学生の自己像の関連についての研究 -教職課程の学生に向けた社会的スキル・トレーニング法開発の試み- 単著 2013年3月 九州産業大学国際文化学部紀要 54巻 久木山 健一 153-163• 他者に社会的スキルを望む度合い 単著 2011年12月 九州産業大学国際文化学部紀要 50巻 131-144• 仲間との遊びからの学びと社会的スキル、自尊感情、仮想的有能感の関連 単著 2008年8月 九州産業大学国際文化学部紀要 40巻 127-135• 大学生の社会的スキルと仲間からの認知度の関連 単著 2007年12月 九州産業大学国際文化学部紀要 38巻 33-42• 社会的スキルのバランスと心理的適応および社会的情報処理 単著 2005年12月 愛知学泉大学・短期大学紀要 40巻 65-70• 青年期の社会的スキルの生起過程に関する研究 -アサーションの社会的情報処理に着目して- 査読付き 単著 2005年10月 カウンセリング研究 38巻 66-75• トラベル・スキルとトラベル・キャリアとの関連 査読付き 共著 2005年9月 観光研究 17巻 布施光代、難波久美子、小平英志、久木山健一 1-8• 青年期の社会的スキル改善意欲に関する検討 査読付き 単著 2005年4月 発達心理学研究 16巻 59-71• 情動コンピテンスと社会的情報処理の関連-アサーション行動を対象として- 査読付き 単著 2002年3月 カウンセリング研究 35巻 66-75 学会関係• 単独 2019年8月30日 19th European Conference on Developmental Psychology, 28 Aug-1 Sep, 2019 Athens. 下の世代による世代性受容に関する研究 -世代性形成のエージェントと世代性の内容の関連- 単独 2019年3月17日 日本発達心理学会第30回大会(早稲田大学)• 小学校5年生時の遊び経験と青年期の社会性との関連 3 -各尺度の因子分析結果- 共同 2015年9月22日 日本心理学会第79回大会 久木山健一 光浪睦美 王 松 神藤貴昭 伊藤崇達 門田幸太郎 小石寬文• 小学校5年生時の遊び経験と青年期の社会性との関連 4 -レジリエンスに影響を与える要因- 共同 2015年9月22日 日本心理学会第79回大会 伊藤崇達 光浪睦美 王 松 久木山健一 神藤貴昭 門田幸太郎 小石寬文• 大学生が教員に求める「義務」について -理想との比較と学生のアイデンティティとの関連- 単独 2015年8月28日 日本教育心理学会 第57回総会• 大学の授業外での教員-学生関係の検討(2) 中高時代の教員イメージと大学の教員イメージの比較を通じて 単独 2015年3月20日 日本発達心理学会 第26回大会 東京大学 講演関係.

次の