歯 が 痛い 時 対処 法。 歯茎が痛いときの歯磨きの方法は?腫れや痛みの原因と対処法も紹介

歯医者が教える歯が痛くて眠れない時の4つの対処法

歯 が 痛い 時 対処 法

夜間に歯が痛くなる原因と対処法 歯髄炎(しずいえん) 歯髄炎とは、歯の神経に炎症が生じる病気で、主に虫歯に由来しています。 虫歯菌がエナメル質や象牙質を越え、歯髄にまで感染を広げた時に起こる症状です。 歯髄には、歯の神経と血管が含まれており、炎症によって血流が増加すると、神経が圧迫されます。 その結果、血管が膨張する動きに合わせて、ズキズキと痛む「拍動痛(はくどうつう)」が生じるようになるのです。 虫歯菌によって汚染された歯髄を抜き、歯の内部を無菌化する「根管治療(こんかんちりょう)」の対象となります。 痛みで眠れない時の応急処置としては、市販の痛み止めを飲むか、患部を冷やすことで拍動痛を軽減できます。 根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん) 根尖性歯周炎とは、歯の根っこの先で炎症が起こる病気です。 「歯周炎」という名前がついているため、炎症が生じるのは歯槽骨などの歯周組織なのですが、根本的な原因は虫歯にあります。 虫歯菌が根管内で繁殖し、その一部が外へと漏れ出るのが根尖性歯周炎だからです。 ちなみに、根尖性歯周炎では歯の神経が死んでしまっているので、「歯が痛い」と感じることはありません。 痛みを感じているのは、歯茎の周囲に存在している神経です。 歯の神経はもうすでに死んでいるので「抜髄(ばつずい)」などの処置は必要ありません。 夜間に強い痛みが発生した場合は、市販の痛み止めを飲むことで症状を安定させます。 咬合性外傷(こうごうせいがいしょう) 咬合性外傷とは、歯ぎしりなどが原因で歯周組織に痛みや炎症症状などが生じる病気です。 夜間に歯や歯茎に痛みを感じることがあるのですが、虫歯とは異なり、細菌が原因となっていません。 歯や歯茎に過剰な負担がかかることで、歯根膜などに炎症が生じています。 ですから、痛みの種類も歯髄炎のような拍動痛ではなく、歯ぎしりや食いしばりなど、歯と歯を強く噛み合わせた時に、一過性の痛みが生じるようになります。 ちなみに、夜間に痛みが発生しやすいのは、歯ぎしり自体が就寝中に起こりやすいからです。 患者さんそれぞれのお口に合ったマウスピースを作製して、夜間に装着することで、歯や歯茎への負担を減らします。 また、マウスピースを使用していく中で、歯ぎしりという悪習癖も徐々に改善されていきます。 その他の原因 夜間に歯が痛くなる場合、上述した病気以外にも「歯周病の急性症状」や「親知らずのトラブル」、「歯の破折」などが考えられますので、異常を感じたらできるだけ早く歯科を受診しましょう。 なぜ夜に痛くなるのか? ここまで、夜に歯が痛くなる原因についていくつかご紹介しましたが、そもそもなぜ「夜」なのか気になりますよね。 その理由は、主に以下の3つが挙げられます。 頭部への血流が増える 私たちは普段、学校や職場などでいろいろな活動をしています。 一日中立ち仕事をしている方も多く、頭は常に体の最も高い位置にあります。 すると、重力の関係上、血液は体の下へと流れがちです。 一方、夜間にはソファやベッドに横たわり、血液が頭部へと流れやすくなるため、血管も膨張しやすくなるのです。 その結果、神経の圧迫が起こり、痛みが生じることとなります。 副交感神経が優位になる 血圧や呼吸、体温などのバイタルサインは、自律神経によってコントロールされています。 自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、活動中には前者が優位となって血管を収縮させるなどの調整を行います。 一方、休憩中には後者が優位となり、血管の拡張や血流の増大などが起こります。 夜間はリラックスする時間なので、副交感神経が優位となるため、歯の痛みなどが生じやすくなるのです。 入浴による血流の増加 就寝前にお風呂に入る人は多いかと思います。 入浴は副交感神経を優位にすると同時に、全身の血流を増加させるため、血管の膨張による拍動痛などが起こりやすくなります。 まとめ このように、夜間に歯が痛くなるのは、虫歯そのものはもちろんのこと、虫歯に由来する歯髄炎や根尖性歯周炎、虫歯とは全く関係のない咬合性外傷や親知らずなど、いろいろな原因が考えられます。 重要なのは、それぞれの原因にあった対処を行うことです。 いずれにせよ確定的な診断は歯科医にしか下せませんので、夜間に歯痛にお悩みの方は早急に歯科を受診しましょう。

次の

歯が痛い時の治し方 効果的な6つの対処法とは?

歯 が 痛い 時 対処 法

スポンサーリンク 歯が突然痛くなって寝れない 歯の痛みってどんな痛みよりも辛くて 我慢する事が出来ないですよね。 風邪で頭痛がしたり、喉が痛くなったり するのも辛くて大変ですが、まだ我慢する 事が出来ますし寝る事も出来ますが 歯痛だけは全く寝る事が出来ません それも今まで大丈夫だったのに突然襲って くるのが歯痛です。 日中に痛くなった場合は、学校や会社を 早退したり一時外出の許可を貰って歯医者 に行く事が出来るのですが 夜中だとそういうわけにはいかないので 歯医者にいけずただ強烈な歯の痛みと 格闘しなければいけません 当然ズキズキしてじっとしている事も 出来ないので眠る事も出来ないですし 布団に入っていてもジタバタもがいて しまいます。 僕は丸まってみたり寝返りを繰り返したり してかなり落ち着きがなくどの体勢が一番 痛みが少ないか探していますが どの体勢をとっても痛みが無くなる事は ありません笑 そのまま朝を待つしかないという辛い 時間の始まりになってしまうので 夜中突然歯が痛くなって眠れなくなった 場合の対処法を探していました。 即効性のある対処法と応急処置は3つ 実際に僕が夜中の歯痛と闘いながら どんな対処法や応急処置があるのか これまで試した中で これは効果があった方法について これから3つ紹介しますね。 正露丸を詰める まず一番効果抜群で歯の痛みをとる事が 出来たのは正露丸を詰める事です。 本当は鎮痛剤や歯痛の薬があれば一番 いいのですが、なかなか家になかったり しますよね。 でも正露丸は常備してある確率が結構 高いので探してみてください。 方法は歯痛の原因となっている場所の 虫歯を探して、その 虫歯の穴に正露丸を 入る大きさにして突っ込みます。 これだけで約30分くらいで歯の神経が麻痺 してきて歯の痛みが和らいできます。 正露丸は飲む物と思って飲まないように してくださいね、痛い場所の歯に詰め込む 事で効果が高くなりますからね。 ただあの正露丸の臭いはしてしまいますが それは痛みを和らげて寝るためだと思って 割り切る事が大事です。 氷水で冷やす 次は氷水で冷やす事ですね。 正露丸や薬が無い場合は、氷水を口に 含んで冷やします。 歯が痛いということは、その場所が炎症を 起こしている事が多いので、その炎症を 押さえるために氷水で冷やします。 そして 口の中を冷やすのと同時に外からも 冷やすとより効果的なのでタオルやバスタオル に氷を入れて 歯が痛い場所のほほの部分を冷やして ください。 こうすることで正露丸と同じで、神経を マヒさせて痛みを和らげる事が出来ます。 痛みが和らいでくると寝る事が出来ますからね。 スポンサーリンク しかし虫歯での痛みではなくて 歯周病や 知覚過敏などの痛みの場合は逆効果に なってしまう恐れがあうので注意してください。 手のツボを押す 最後は歯痛に効く歯痛点 しつうてん と 合谷 ごうこく という手のツボを刺激して 押すことです。 あんまり聞いた事がない名前のツボですが この2つのツボは歯が痛い時に痛みを和らげて くれるツボとして有名です。 どの場所か説明ではなかなかわからないと 思うので実際に僕の手の画像で説明しますね あまり綺麗な手ではないので申し訳ないですが・・・ まずは歯痛点です 中指と薬指の中間部分の付け根ですね。 次は合谷です 親指の斜め下の部分ですね。 この2カ所の場所を 左右交互に強く 指で押してほしいのですが、かなり 強めに押す事がポイントです。 なので指が疲れたりなかなか強く押せない 場合は、爪楊枝を数本逆さに持って 押し合っててください。 ピンポインで刺激されて効果が高いですが あまり強く押し過ぎて血が出てしまっては ダメなのでそこは注意してくださいね。 歯が痛い時にやってはいけない事に ついてはコチラの記事に詳しく書いて あります。 突然襲われる歯の痛みは本当に辛くて 大変です。 日中ならすぐに歯医者に行く事が出来る のですが、夜中だと歯医者も閉まっていて 治療して貰う事が出来ません ひたすら我慢して寝れない時間を 過ごして行かなければいけないので そんな時におすすめの対処法 僕が実際にやって効果があった応急処置の 方法を紹介したので試してみてください。 ・正露丸をつめる ・氷水で冷やす ・手のツボを押す しかしこの紹介した方法はあくまでも 応急処置として痛みを和らげて眠る為の 方法です。 なのでこれで 虫歯が治ったりといった 治療法ではないので注意してくださいね。 歯が痛い原因となっている虫歯は歯医者に 行ってしっかりと治療しなくては絶対に 治らないので ひどくなる前にしっかりと歯医者にいって 治しておきましょう。 歯痛と頭痛が長引いている時は副鼻腔炎 になっている可能性があるので、症状と 原因についてコチラの記事に詳しく書いて あります。 口内炎にも色々な種類があるので症状や 原因についてコチラの記事に書いてあります。

次の

歯医者が教える歯が痛くて眠れない時の4つの対処法

歯 が 痛い 時 対処 法

夜間に歯が痛くなる原因と対処法 歯髄炎(しずいえん) 歯髄炎とは、歯の神経に炎症が生じる病気で、主に虫歯に由来しています。 虫歯菌がエナメル質や象牙質を越え、歯髄にまで感染を広げた時に起こる症状です。 歯髄には、歯の神経と血管が含まれており、炎症によって血流が増加すると、神経が圧迫されます。 その結果、血管が膨張する動きに合わせて、ズキズキと痛む「拍動痛(はくどうつう)」が生じるようになるのです。 虫歯菌によって汚染された歯髄を抜き、歯の内部を無菌化する「根管治療(こんかんちりょう)」の対象となります。 痛みで眠れない時の応急処置としては、市販の痛み止めを飲むか、患部を冷やすことで拍動痛を軽減できます。 根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん) 根尖性歯周炎とは、歯の根っこの先で炎症が起こる病気です。 「歯周炎」という名前がついているため、炎症が生じるのは歯槽骨などの歯周組織なのですが、根本的な原因は虫歯にあります。 虫歯菌が根管内で繁殖し、その一部が外へと漏れ出るのが根尖性歯周炎だからです。 ちなみに、根尖性歯周炎では歯の神経が死んでしまっているので、「歯が痛い」と感じることはありません。 痛みを感じているのは、歯茎の周囲に存在している神経です。 歯の神経はもうすでに死んでいるので「抜髄(ばつずい)」などの処置は必要ありません。 夜間に強い痛みが発生した場合は、市販の痛み止めを飲むことで症状を安定させます。 咬合性外傷(こうごうせいがいしょう) 咬合性外傷とは、歯ぎしりなどが原因で歯周組織に痛みや炎症症状などが生じる病気です。 夜間に歯や歯茎に痛みを感じることがあるのですが、虫歯とは異なり、細菌が原因となっていません。 歯や歯茎に過剰な負担がかかることで、歯根膜などに炎症が生じています。 ですから、痛みの種類も歯髄炎のような拍動痛ではなく、歯ぎしりや食いしばりなど、歯と歯を強く噛み合わせた時に、一過性の痛みが生じるようになります。 ちなみに、夜間に痛みが発生しやすいのは、歯ぎしり自体が就寝中に起こりやすいからです。 患者さんそれぞれのお口に合ったマウスピースを作製して、夜間に装着することで、歯や歯茎への負担を減らします。 また、マウスピースを使用していく中で、歯ぎしりという悪習癖も徐々に改善されていきます。 その他の原因 夜間に歯が痛くなる場合、上述した病気以外にも「歯周病の急性症状」や「親知らずのトラブル」、「歯の破折」などが考えられますので、異常を感じたらできるだけ早く歯科を受診しましょう。 なぜ夜に痛くなるのか? ここまで、夜に歯が痛くなる原因についていくつかご紹介しましたが、そもそもなぜ「夜」なのか気になりますよね。 その理由は、主に以下の3つが挙げられます。 頭部への血流が増える 私たちは普段、学校や職場などでいろいろな活動をしています。 一日中立ち仕事をしている方も多く、頭は常に体の最も高い位置にあります。 すると、重力の関係上、血液は体の下へと流れがちです。 一方、夜間にはソファやベッドに横たわり、血液が頭部へと流れやすくなるため、血管も膨張しやすくなるのです。 その結果、神経の圧迫が起こり、痛みが生じることとなります。 副交感神経が優位になる 血圧や呼吸、体温などのバイタルサインは、自律神経によってコントロールされています。 自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、活動中には前者が優位となって血管を収縮させるなどの調整を行います。 一方、休憩中には後者が優位となり、血管の拡張や血流の増大などが起こります。 夜間はリラックスする時間なので、副交感神経が優位となるため、歯の痛みなどが生じやすくなるのです。 入浴による血流の増加 就寝前にお風呂に入る人は多いかと思います。 入浴は副交感神経を優位にすると同時に、全身の血流を増加させるため、血管の膨張による拍動痛などが起こりやすくなります。 まとめ このように、夜間に歯が痛くなるのは、虫歯そのものはもちろんのこと、虫歯に由来する歯髄炎や根尖性歯周炎、虫歯とは全く関係のない咬合性外傷や親知らずなど、いろいろな原因が考えられます。 重要なのは、それぞれの原因にあった対処を行うことです。 いずれにせよ確定的な診断は歯科医にしか下せませんので、夜間に歯痛にお悩みの方は早急に歯科を受診しましょう。

次の