夢 グループ マスク 公式。 【夢グループ】立体マスク30枚セット 緊急入荷!!(お1人様3セットまで)

【夢グループ】立体マスク30枚セット 緊急入荷!!(お1人様3セットまで)

夢 グループ マスク 公式

夢グループマスクは届かないことはないので、大丈夫です。 ツイッターでも届いたとのことです。 届いたなら安心できますね。 ただし、キャンセルする場合には公式サイトに連絡するようにしましょう。 電話番号やメールなどで連絡するようにしてください。 マスクがなかなか届かない場合にも夢グループに連絡すると良いと思います。 しかし具体的な被害の書き込みも見受けられないから良い企業なのかもしれない。 夢グループのHPにユーコーは関連会社と普通に書いてある。 地上波から衛星放送まで幅広くCM出してる。 ツイッターで確認すると品質は大丈夫なのか、買ったけど本当に届くのかなど心配している人はいるようです。 すみませんSNSではちょっと。 9時開店、数量限定ですからもう無いと思います。 このHCもコロナ騒動後は全く無くなり定期的には販売していません『今日は特別』とのこと。 買えたのはたまたまラッキーです。 今日の読売新聞折り込みチラシの通販、1枚88円x100枚です。 ご参考用に貼ります。 マスク1枚120円と値段は高く販売しているので、怪しいと思う人もいるのかもしれません。 なので、評判はそれ程良いとは言えないようです。 買った人はキャンセルしたいと思っている人もいるようです。 1枚80円なので以前よりは安くはなっています。 お一人様4セットに変更。 値下げしたといっても通販の楽天で販売しているマスクよりは高くなっています。 まとめ:夢グループマスク販売で届いた・届かない? 夢グループマスクはテレビcmや新聞広告などで放送しているため怪しいと思っている人がいるようです。 夢グループマスクはしっかりと届いたと報告されているので、安心して購入はできます。 ただし、値段は30枚セット2400円と値下げしていますが、amazonや楽天と比較するとマスクは高いです。 夢グループは怪しい会社ではありませんが、ちょっと高いのでamazonや楽天で購入したくなります。

次の

寄付マスク12万5000枚「捨てられるかも」 夢グループ社長が主張も埼玉県は否定

夢 グループ マスク 公式

調べたところ夢グループは、 「通信販売」「昭和歌謡コンサートの主催・運営」という2つの事業を展開している企業のようです。 コンサートに関しては、夢グループに所属している「小林旭・黒沢年雄・チェリッシュ・三善英史・高道・保科有里」といったそうそうたるメンバーを中心に、複数人のスターを一堂に会した豪華な構成で開催していますね。 通販とコンサートと聞くと、全く脈絡のない畑違いのビジネスのように思えますが、夢グループは双方を実にうまく連携させながら顧客を増やしている模様です。 まずは、自社に所属するスターをCMに起用することで、通販商品の注目度を高めるという手法ですね。 それに加え、往年の大スターを集めたフェス形式のコンサートを入り口として、資金力のあるシニア層をガッツリと顧客へ取り込むことに成功しているようです。 コンサートの運営は興行面以外にも、広告的な意味合いを多分に含んでいるのでしょう。 スポンサーリンク? 「夢グループ」の評判や口コミは!? 通販事業においては、社長自らが独特のイントネーションを操りながら出演するCMが面白いと評判で、消費者サイドからは 「とにかく安い」との認識を得ているようです。 商品のラインナップとしては、炊飯器といった家電製品から家庭で楽しめるカラオケ用マイク、拡大鏡などが並び、こちらもやはり中高年層がターゲットかな?という印象でした。 購入者の口コミも少なからず出回っており、そこそこの規模で事業展開されていることが伺えましたね。 気になる評判については、絶賛するようなものは見付からず、「安い値段に見合ったそれなりの商品が届く」という内容がほとんどでした。 「安さに食いついたけど、期待したクオリティのものではなかった」「少々値段が高くても、もっと大きなメーカーの商品を買うべきだった」といった声も多かったです。 加えて、「とにかく商品の到着が遅い」という口コミも散見されましたので、品質重視の方や、通販に過度のサービスを期待しがちな方は、夢グループの利用は避けた方が無難かもしれません。 ただ、海外系悪質サイトのように詐欺を行っている会社ではありませんので、気になる商品があれば、よく情報を吟味して納得の上で利用するのが良いと思います。

次の

ポケトーク翻訳機が1万円!?あの夢グループから夢翻訳機発売!

夢 グループ マスク 公式

「まさかの結果に残念な気持ち」 芸能人のマネジメントや通信販売を手がける「夢グループ」(東京都文京区)は2020年6月12日、ツイッターで「私どもが寄付したマスク125,000枚が、一ヶ月経った今も一枚も配られずに今日まで保管され、全部捨てられてしまうかもしれないそうです」と石田重廣社長名義で投稿した。 以降のツイートによれば、事情はこうだ。 同社は5月12日、埼玉県にマスク12万5000枚を寄付したものの、6月11日に県から「配るための人員や費用が足りない」ため、すべてのマスクを返却したいと申し出があった。 石田氏は申し出を断ったといい、「もっと早く『とてもじゃないが配ることが出来ない』と教えていただければ、即刻引き上げてマスクが無くてお困りの他の県に125,000枚のマスクをお渡ししていました」「まさかの結果に残念な気持ちでいっぱいです」と県の対応を非難する。 その上で、「マスク全部が捨てられるかもしれないそうです」「まだ処分されていなければ埼玉県庁にあると思いますので、お問い合わせされてみては」と呼びかけた。 石田氏は17日、J-CASTニュースの取材に、6月11日に県からいきなり呼び出され、寄付したマスクが活用されていないと知らされたという。 埼玉県以外の自治体にもマスクを寄付していたが、このような対応は初めてだと明かす。 その場で県の担当者に「今になって戻すと言われても戻す必要はありません。 それをたらい回しに他のところに寄付するのも失礼だし、好きにしてください」との旨を伝えると、担当者からは「それでは捨てるということですか」と返事があり、石田氏が「(そちらで)決めていいですよ」と言って話は立ち消えになったという。 県は夢グループに措置命令 県の新型コロナウイルス対策本部物資部は17日の取材に「事実とは異なる部分があります」と困惑気味に話す。 担当者によれば、夢グループからは4月中に電話で申し出があり、5月に一般用マスク12万5000枚を受け取った。 しかし、現在までに配布できなかった理由は「人員や費用が足りない」ためではなかった。 この説明は、マスク配布に遅滞が生じる場合の一般論として伝えたという。 真の理由は「県民から(同社のマスクについて)多数の苦情を受けているというのが寄付を受けた後に判明し、消費生活課が調査をしていたので、受け入れ先の伺いなど内部の事務処理をいったん停止し、状況を注視していた」ためだという。 県消費生活課は6月11日、夢グループが販売するマスク「やわらか立体マスク30枚セット」「立体マスク30枚セット」の広告で、価格や販売期間を誤認させる表示をしていたとして、景品表示法違反(有利誤認)で措置命令を出している。 発表によれば、販売価格が3600円のように表示していたものの、実際は手数料300円と送料500円を上乗せして支払わなければならなかった。 また、販売期間を限定していないにもかかわらず「本日の広告でお一人様3セットまで」「本日の広告の有効期限5日間」とうたっていた。 同課の担当者によれば、3~6月に県の消費生活センターや情報提供窓口に、「送料や手数料の字が小さくて高齢者が騙されてしまうのではないか」などと40件の相談があったという。 なお、石田氏は措置命令に納得できず、不服申し立てをするとしている。 12万超のマスクの"行方"はどうなるのか。 物資部の担当者は、返却を申し出たのは事実としつつ、石田氏から「引き取らないので処分してほしい」と言われ、「マスク自体の価値は行政処分によって変わるわけではないので、しかるべき時に使わせていただこうと検討しています」と話した。

次の