ブラッド ステインド ハイ ジャンプ。 実績一覧:Bloodstained: Ritual of the Night攻略:TANK MAPS

エントランス

ブラッド ステインド ハイ ジャンプ

こんにちは、まよねーずです! 毎年京都で開催されている「BitSummit」というインディーゲームの祭典があるのですが、長年インディーゲームをプレイしている身でありながら一度も行ったことがありません。 仕事の忙しいタイミングと重なりやすかったという事もあるんですが、行くとすれば単独で乗り込む形になるのでちょっと怖い…。 行けば絶対楽しいんでしょうけどね。 今年はコロナウイルスの関係で中止となりましたが、来年は行きたい!でも怖い!そんな僕と一緒にBitSummitに行ってくれる人を狭く募集します。 さて今回は、ついにこの作品を紹介する時が来てしまいました。 『Bloodstained: Ritual of the Night ブラッドステインド:リチュアルオブザナイト 』です。 五十嵐氏は2014年にコナミを退社し、ArtPlayを立ち上げました。 そして2015年に本作の開発を発表しKickstarterで資金を募ると、わずか半日ほどで1億近い資金が集まり開発が確定という偉業を成し遂げました。 メトロイドヴァニア二代巨頭の一頭を手掛けた方だけあり、かなりの期待が寄せられていたようです。 もちろんリリース後の評価も上々。 世界中が「これを待っていた!」と声を揃えたほどです。 やっぱりIGAはすごいですね! ゲーム内容はどんな感じ? シャードリンカーとして目覚めた少女の戦い 物語の舞台は産業革命時代のイギリス。 錬金術によって悪魔の結晶「シャード」を埋め込まれたシャードリンカーの主人公ミリアムが、徐々に体を蝕む結晶化の解決ともう一つの目的のため、復活した地獄の城へ戦いに赴く物語です。 ゲーム自体はこれぞメトロイドヴァニアというつくり。 強化アイテムあり、スキルあり、レベル、装備ありのヴァニア寄り。 キャラクターの見た目のカスタマイズなんて要素もあり、ある程度ですがミリアムを自分色に染めることも可能!ちなみにPC版だとmodが開発されているので、ミリアムの見た目をもっとすごいことにできちゃいます。 さらにさらに、アイテムクラフトなんて要素も!今までのヴァニアにあった「やっぱこれだね」に、新しいプラスアルファがふんだんに詰まった作品となっていますね。 良いと思った点 種類も数も豊富なシャード 本作の物語にも絡んでくるシャード、これは敵が落とす特殊能力です。 敵を倒すと一定の確率で獲得し、その敵にちなんだシャードを習得する事ができます。 攻撃や使い魔、変身能力なんかもありバリエーションが豊富です。 もちろん2段ジャンプやハイジャンプといった、メトロイドヴァニアおなじみの移動スキルもシャードとして獲得します。 敵からスキルを奪い自分のものにする点が某ヴァニアの暁月の円舞曲、蒼月の十字架で登場するソウルに似てますよね。 シャードは敵の数だけ存在するため、かなりのボリューム(同じものを持っている敵もいますが)。 すべてを集めるやり込み要素もあるのでとても楽しいです。 武器の種類が豊富!必殺技が使える武器も! 装備できる武器の種類が豊富です。 普通の剣やレイピアなどの突剣、大剣、具足 キック なと、他にも様々な武器が用意されています。 武器によって技やモーションも違うため、色々な武器を試してみたくなる魅力があります。 中には特殊な武器もありその武器だけのオリジナルなモーションを見ることができます。 また、必殺技が発動できる武器もあります。 もちろんバリエーションも豊富で、色々な技を使用できます。 コマンド入力で発動する技ばかりのため、慣れていない人には厳しい操作ですが、比較的簡単なものばかりなので安心です。 しかも必殺技には熟練度があり、使うたびに熟練度が増えていきます。 熟練度を最大までためるとその必殺技を習得したこととなり、同系統の武器であればその技を発動できるようになります。 自分のお気に入りの武器で必殺技を発動できるのは嬉しいですね。 コレクター図鑑が楽しい! 五十嵐氏のヴァニアといえばコレ!コレクター図鑑です!各カテゴリに分かれており、アイテムや武器や防具の場合は実物を獲得すれば自動的に埋まっていきます。 シャード図鑑もあるうえに、モンスター図鑑の場合は持っているシャードやアイテムの情報なんかも追加されていきます。 ヴァニア時代からそうなんですが、これがあるとついつい埋めたくなっちゃうんですよねぇ。 気になった点 一部の必須シャードはただ進めるだけでは手に入らない 特にマイナスな点はないと感じている本作なんですが、唯一これはと思ったのが攻略に必須のシャードがただ進めるだけでは手に入らない点です。 基本攻略に必須のシャードは大抵ボスから獲得できるのですが、一部の必須シャードはアイテムクラフトで合成したり、道中の敵から獲得しないと手に入りません。 さらにその事に関するヒントはなく、どこかで取り忘れたんじゃないかと延々マップをさまよった時がありました。 せめて何かヒントくらいは欲しかったです。 また、必須シャードも合成したらなくなってしまうと思っていたため、複数手に入れないといけないなんて勘違いをしてさらにさまよった事もあります。 ぶっちゃけなくならないので安心してください。 これについてもどこかにヒントなりTIPSが欲しかったです。 まとめ.

次の

Bloodstained:Rotn攻略 髪型、ファッション雑誌の場所まとめ

ブラッド ステインド ハイ ジャンプ

個人的に攻略のヒントなるかなと思う事や、IGAVANIAのファンとしての小ネタを集めた記事です。 内容的に、作品上の繋がりは全くありませんが、ファンならついつい反応してしまう「悪魔城」シリーズのネタが含まれます。 IGAVANIAの代表作である、「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」をプレイしたことのあるプレイヤーはピンと来ると思いますが、 マップ踏破のパートナー(使い魔)といえば「妖精」。 今作では、ファミリア「カラボス」が妖精の役割を担っている。 カラボスは、ファミリア・シャードの一つで、悪魔図鑑No. 17の「カラボス」から入手することができる。 出現エリアは、静寂の庭園。 カラボスを召喚した状態で、壊せる壁のあるエリアに行くと「ここが怪しいなぁ…」などのセリフとともに、怪しいポイントに近づいて教えてくれる。 見つけにくい床や天井が破壊できる際に、特に助かるサポートとなる。 また、カラボスはトロフィー「コンサート」を達成するためのキーになっている。 静寂の庭園にあるピアノに、カラボスを召喚した状態で座り、暫く待つと歌いだすのだ。 これは、「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」のセガサターン版等で、椎名へきるさんが声を務めた「妖精(または半妖精)」を召喚した状態で、 暫く待っていると「夜曲」という歌を歌いだす、というのを思い出す、ファンとしては何とも嬉しい演出だったりします。 ちなみに、カラボスは専用の回復アイテムがあり、所持していると瀕死になった際にエールとともに回復アイテムを使ってフォローしてくれたりもします。 攻撃性能は微々たるものですが、攻略の上で補助に大きく振り切ったファミリアであるといえます。 実績「コンサート」にも繋がる、印象的なワンシーン。 カラボスの可愛い歌声を聴くことができる。 ミリアムがピアノを弾くこのシーンは、サントラのビジュアルとしても描かれていて、束の間の癒しの一時である。 66の「シーカー」から入手することができる。 出現エリアは、禁忌地下水洞。 石化攻撃をしてくる上に、若干戦いづらい相手ではあるが、マップ踏破率を上げるには手に入れておきたいシャードだ。 可能であれば、ランク9まで錬成してスキル・シャードにまで育てたいところ。 スキル・シャードまで育てると、装備しなくても壊せる壁に近づくと透けて見えるようになる。 さらに、スキル・シャードに変化させると「範囲内にあるアイテムを取得できる」という効果を持つようになる。 ミリアムの周囲に緑色のリングが現れるようになり、そのリング内にアイテムがある場合、触れなくても取得してくれるという優れものだ。 錬成には「目玉」系の素材が必要になってくるので、シーカーから手に入る「悪魔の目玉」もそうだが、 トードから手に入る「蛙の目玉」とポイズン・トードから手に入る「邪悪な目玉」も集めておこう。 リンジーのクエストは複数受注できる 私は途中まで気づかなかったのですが、リンジーのクエストは、受注時に複数選択可能です。 1つずつクリアしないといけないわけではないので、新しいターゲットが受注可能になったらまとめて受注してしまいましょう。 ちなみに、クエスト名に表示される村人たちの名前の一部は、悪魔城ドラキュラシリーズのキャラクターを連想させる名称になっています。 熟練度を最大まで上げると「奥義習得」となり、同系武器でその奥義が使用可能になる。 個人的なオススメ奥義はカタナ系で、かなり強力。 正直、固有技もっとあってもよかったんじゃない?と思うのが残念なところ。 迅雷(刀) この奥義が、奥義単体では最強だろうと思っている。 とんでもなく長いリーチ、高い攻撃力を持っている優秀な奥義。 特筆すべきはそのリーチで、ミリアムは始点から終点にかけて「貫通」するので、間で敵が攻撃していようが無敵。 かなりリーチが長いので、アビスガーディアンなどの大型の敵も軽々と貫通し、後続の敵まで倒せてしまう。 しかも敵を貫通して無敵なので、強敵相手でも隙なく奥義で行き来すればMPが持つ限りダメージをほぼ受けずに戦える。 土壇場返し(刀) いわゆる「当身技」なので、苦手な人もいるだろうが個人的にはオススメ。 反撃時の威力が高く、取れれば確実に返り討ちにできる。 それに、当身技はアクションゲームのロマン。 「見切った!」といって相手を返り討ちにしてやろう。 ペネトレイト(槍) 高速でダッシュしながら敵をなぎ倒していく突進技。 アクセラレイターが無い場合、この技で(MPは消費するが)移動するのもアリ。 技を止めない限り突進し続けるので、平地で狩りをするのに便利。 周回するときに引き継げないものは?• ボス戦後に手に入れるシャード全般(クラフトワーク、ブラッドスティール、ダブルジャンプ、ディープシンカーなど)• ダブルジャンプが引き継げないので、ダブルジャンプ入手までハイジャンプも使えない。 ハイジャンプは再錬成する必要があるので、周回前に材料を揃えておこう• アイギスの胸当ても実は引き継がれない IGAVANIAファンなら反応してしまう小ネタ• トロフィー「デジャヴュ」の元ネタは、「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」で、蔵書庫の主を魔導器「浮身のブーツ」のハイジャンプで下から突き上げると、アイテムが手に入るという小ネタ。 ファンからすれば「どっかで見たなぁ」ということで、デジャヴュと思われる。 ジーベルをそのまま倒してしまうとバッドエンディングになるが、これは「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」で、悪魔神官シャフトに操られて城主にされたリヒターをそのまま倒してしまうとバッドエンディングになってしまったのを思い出す。 当時は、シャフトの影を見抜く「聖なるメガネ」が必要だった。 上級悪魔のレブナント、演出といいデザインといいどう見てもベルモンド。 手に入るシャード「ルーインビーク」は、正にサブウェポン「クロス」。 せっかくなら隠しコマンドでグランドクロスが発動できたりしたら最高だった。 ルーインビーク以外に、サブウエポンを思い出させる「ナイフ」のようなディレクショナル・シャードの「シューティングダガー」と、「斧」のようなトリガー・シャードの「スローアックス」がある。 これに鞭を装備すれば、悪魔城風のプレイが楽しめる(かも)• 特殊剣「ルァハ・ヴェラー」だが、「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」でゲームバランスを崩す強さを誇ったレア武器「ヴァルマンウェ」を髣髴とさせる性能になっている。 相変わらずの切れ味である。 二段ジャンプが可能になると飛び蹴りが可能になるが、この飛び蹴りは燭台にもヒットする。 このテクニックを使えば、ハイジャンプが無くても高いところに上がることができる。 実際、ディアン・ケヒト大聖堂など、このテクニックがあればハイジャンプやリフレクションレイが無くても上がれる場所があったりする。 ファミリア・カラボスは、ミリアムが椅子に座ると肩に乗ってくる。 かわいい。 バンディットブレードの固有技「バックスティール」は、まるで「悪魔城ドラキュラX~月下の夜想曲~」のアルカードソードの固有技のよう。 そのほかの小ネタ• さらに押し続けるともう一度ポーズを変える。 サモン・チェアで召喚した椅子には、座ることができる。 個人的にはフィールドの全ての椅子に座る実績とか、どこかで椅子を召喚して呼び出して座るとイベントが起きるとか、期待したんだけどなぁ… <スポンサードリンク>.

次の

【PS4】Bloodstained: Ritual of the Night(ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト)の攻略と小ネタ

ブラッド ステインド ハイ ジャンプ

ステージ1《グラットントレイン》 推奨キャラクター ジーベル ミリアム 推奨サブウェポン なし 弱点部位は顔面。 ジーベルならば顔下からの垂直ジャンプ攻撃で全弾ヒットします。 基本的な立ち回り• 弱点の顔面の少し手前からジーベルの通常攻撃をジャンプしながら連打。 ブロックが運ばれてきた後も被弾しないように的確に3連打を当てて行く。 燃料チャージ後は本体からのショットが来るので距離をとる。 霰炎の対処法• 燃料チャージ後の霰炎は高難易度だとその場に残るので攻撃で各個撃破。 炎の落下はパターン化されているので、段差の手前に陣取るようにしてその都度対処すれば難しくない。 霰炎後のチャージショットに要注意。 最後の一撃の回避方法• 撃破後に発生する最後の一撃は相手が引きずってきた燃料の背後に隠れる事で回避可能。 ステージ2《フォカロル》 推奨キャラクター ミリアム ジーベル 推奨サブウェポン 鎌 ミリアム 全身が弱点部位ですが、苛烈な連続攻撃と氷柱でこちらの攻撃を遮ります。 しゃがみやジャンプを駆使して回避優先で立ち回るのが大事。 基本的な立ち回り• 前方に飛んでくる泡の連打はしゃがみで回避可能。 上部の氷柱に要注意。 ミリアムならばしゃがみ攻撃で安定ダメージを稼ぐ事が出来る。 泡連打後の体当たりは氷柱を足場にしてジャンプで回避。 ミリアムならばジャンプで回避可能。 その後の硬直時はジーベルの通常攻撃が一番ダメージを稼げるのでお勧め。 最後の一撃の回避方法• 最後の一撃は音で判断するのが一番楽。 一番大きな揺れ音がした後にジャンプするとホーミングがずれて回避可能 慣れが必要です。 ステージ3《ヴァルファーレ》 推奨キャラクター ミリアム 推奨サブウェポン なし 弱点部位は顔面とコイン。 コインを破壊する方がダメージ効率は良さそうです。 基本的な立ち回り• コインを全て破壊すると運搬する手が止まる。 コインはミリアムによるジャンプ攻撃・立ち攻撃・しゃがみ攻撃を臨機応変に繰り出す事で掃討可能。 この時に反対側の画面端を目指す事で落下してくる敵に挟まれにくくなる。 最後の一撃の回避方法• コインの落下の流れに従って安全地帯を維持する。 画面が暗転した後も流れのリズムに従って感覚で避ける。 ステージ4《ウァラク》 推奨キャラクター ミリアム アルフレッド ジーベル 推奨サブウェポン 斧 ミリアム 氷 アルフレッド 弱点は顔面。 基本的な立ち回り• 距離をとると炎を吐いてくるので上下ともに炎を誘発させる。 上側は左から二番目の足場に乗ると炎を誘発しやすい。 炎を吐いたら一番左で回避し、下側が炎を吐ききったの見計らってアルフレッドの《氷》を発射。 中央から撃つと上下両方凍結します。 凍結状態の《ウァラク 下側 》にミリアムの《斧》を二回連打。 これだけで下側撃破。 顔面上部の対処法• ジーベルで垂直ジャンプしながら通常攻撃すると良い感じに相手の攻撃を止めながらダメージを与える事が可能。 単頭になってからの対処法• ステージ5《アンドレアルフス》 推奨キャラクター ジーベル アルフレッド ミリアム 推奨サブウェポン 雷 アルフレッド 弱点部位は全身。 宙を舞う高速移動、竜巻による落下、高速タックルと機動力と妨害を兼ねたいやらしい奴。 手数が少なくなりがちなのでアルフレッドの雷がオススメ。 基本的な立ち回り• 宙を舞う高速移動はジーベルのジャンプ攻撃を先出し気味に配置するとヒットします。 避雷針は各個撃破 そのタイミングでアルフレッドの雷を三連打。 ここで《雷》を温存するとクリアタイムは遅くなるが後々楽になる。 後方に位置取ると竜巻・前方に位置取ると突進が誘発しやすい。 突進はミリアムのハイジャンプだと回避しやすい 攻撃チャンス。 竜巻はしゃがみで回避• 画面端からの竜巻攻撃はしゃがみで抵抗できます。 避雷針をある程度破壊しておかないと危険。 突撃攻撃はハイジャンプで回避• きちんと距離を測れば全キャラジャンプ回避可能。 安全に行くならミリアムのハイジャンプ回避が安定です。 最後の一撃の対処方法• 画面左側に位置取って《アンドレアルフス》が突進して来たらミリアムで飛び越す。 飛び越した後は両サイドの落雷が当たらない安全地帯を微調整で維持する。 ステージ6《ブラッドレス》 推奨キャラクター ミリアム アルフレッド ジーベル 推奨サブウェポン ダガー ミリアム 雷 アルフレッド 安定化させるのが一番困難な難敵。 傘の挙動、ふらつく弾道、雨による全体攻撃、パターンを見切って回避重視な立ち回りを! 基本的な立ち回り• 上下左右から襲い掛かる攻撃でパターン化が困難。 ジーベルの攻撃は最下の傘でもジャンプ攻撃ならヒットするので安定しやすい。 最上部の傘を固定出来たらミリアムの《ダガー》連打が強力。 アルフレッドの《雷》を温存しているならココで連打すると非常に楽。 フワフワ飛翔する弾はジーベルで撃破が楽。 しかし傘にヒット判定が残っている為に途中相殺される事がある。 回避を最優先で立ち回る 《ブラッドレス》のパターンをおぼえる• トゲトゲ落下 トゲが地面を走るので傘の上で回避。 血の雨 傘の下に隠れて回避。 傘を攻撃でしっかりと固定。 1へと戻る 最後の一撃への対処法• 撃破するとその場に赤い竜巻が発生する。 発生後は両サイドに大きく振れるの画面端で回避。 その後画面端から画面端へと突撃してくる。 傘の頂点を位置取って《ブラッドレス》の顔面を攻撃で破壊する。 ステージ7《バティン》 推奨キャラクター 斬月 ジーベル ミリアム 推奨サブウェポン 呪符 斬月 鎌 ミリアム 弱点部位は全身。 地面を走る電気、壁を反射する三連弾、マーカー部位への乱れ撃ちからの高速落下、尻尾からの放電と厄介な難敵。 しかし、パターン化は容易なので対処方法さえ分かれば楽。 基本的な立ち回り• 地面を走る電気は発生する足場で回避。 反射する三連弾はジーベルやミリアムで各個撃破。 乱れ撃ちはターゲット外に素早く移動。 垂直落下はタイミングよくジャンプ回避 きもち遠くに飛ぶ• 相手が壁に張り付いている時に鎌を二回当てる攻撃をキャンセルできる。 放電はしゃがみで回避 このタイミングで斬月の呪符&攻撃でダメージを稼ぐ 乱れ撃ちからの高速落下の対処法• 垂直落下はハードだと衝撃波の判定が広いので気持ち早め・程よい距離にジャンプ回避。 直後に放電が来るのでしゃがみで回避。 この際に呪符と近接攻撃がきちんと当てられるかどうかが大事。 最後の一撃の対処法• 乱れ撃ちからのX字突撃。 中央にターゲットが表示されたらタイミングよく垂直ジャンプで回避。 ステージ8《悪魔グレモリー》 推奨キャラクター 斬月 アルフレッド 推奨サブウェポン 般若面 斬月 炎 アルフレッド アルフレッドの炎纏いからの般若面斬月での連打安定。 全ての攻撃を確実にヒットさせてダメージを抑えたい。 基本的な立ち回り• 蟲の群れはアルフレッドの《炎》で無効化できる。 蟲無効化状態で《般若面》込みの斬月で攻撃連打。 被弾を押さえて最終戦へ! 蟲の群れは炎で無効化できる• 炎&通常攻撃が全弾ヒットするような立ち位置を意識。 ステージ8-2《悪魔グレモリー・真の姿》 推奨キャラクター 総力戦 推奨サブウェポン 三方剣 ミリアム 鎖鎌 斬月 炎 アルフレッド 弱点部位は頭部上の月。 パターンで動くボスなのでそこを安定させれば楽 らしい。 月による高速攻撃に要注意。 基本的な立ち回り• 月の回避方法は後記。 満月が表示された後の攻撃は中央が死地なので、両端いずれかでしゃがんで回避。 槍が突き刺さったらオブジェクトを破壊して足場を作る。 足場からミリアムのジャンプ攻撃を放てば月に攻撃がヒットする。 ミリアムの《三方剣》なら常時ヒットする。 月の攻撃の回避方法• 赤い月は高速&両サイドに大きく振れる高速攻撃。 左右に振れるようにタイミングよくジャンプすれば全弾回避可能。 黄色い月は中速&中央にとどまる攻撃。 中央に引きつけて回避 ミリアムのスライディングが光る。 WPに余裕があればアルフレッドの《炎》で完全防御可能。 ライフが減って来ると周囲の円から弾丸を下部に収束させる攻撃を放ってきます。 中央が安全地帯となりますが、フェイントで弾道が一度それます。 その際はタイミングよく垂直ジャンプで回避。 その後収束した力が満月となって落下してくるので両サイドに回避。 縛りプレイや更なる攻略法情報お待ちしております 偉そうに攻略とか書いてはいますが、私自身高難易度 究極斬月縛り は全然安定していません。 安定化のために日々修行中ですので、耳寄りの情報をお持ちの方はご一報いただけると幸いです。 また、Youtubeにて定期的にライブ放送もしているのでよろしくです。 ) 追記:サブウェポン・ハート縛りでクリアする事が出来ました。 良かったら動画を見てやってください。

次の