グーグル ミート 画面 共有。 [Hangouts Meet] PowerPointのスライドを画面共有しつつ、自分だけ発表者ツールを見る方法が便利だった

Google Meet(グーグルミート)の使い方

グーグル ミート 画面 共有

お好きなところからどうぞ• ウェビナー(ウェブセミナー)や多人数会議でお困りの方に…… シゴト上、音声通話であったり、1対多のウェブセミナーなどをする機会が多く、 その度に頭を悩ませてきました。 では人数制限があるし、 映像は出さずに音声のみでOKなのでUstreamもちょっと面倒。 (広告出るし……) 他にもいろいろなサービスがあって試したのですが、 音声が途中でプツプツ途切れたり、人数が多くなってくると急に落ちたり、 なにかとかゆいところに手が届かないものばかり。 そんな時に知ったのが Googleハングアウト です。 Googleハングアウトとは?何ができるの? Googleハングアウトとは、Googleが提供するサービスで、 チャット機能で写真や画像のやり取りができ、 さらに ビデオハングアウトでは、ビデオ通話を使って、 お互いの顔を見ながら 1:1 の会話はもちろん、同時に最大10人までの会話も楽しめます。 スマホアプリにも対応しているので、 外出先からもすべて無料で友だちや家族と連絡を取ることができます。 ウェビナーで大活躍! Googleハングアウトは、YOUTUBEとも連動しており、 ハングアウトオンエアとしてその会話を視聴することもできます。 ウェビナーを行う時はこのビデオハングアウトとYOUTUBE連携が非常に役に立ちます。 最大10名までの参加というのは配信する側の最大人数で、 これはいわば、 講師は10人までOKということですね。 その講師の対談やセミナーを受信するのは、 YOUTUBEで視聴できるので、人数制限はありません。 1:多 のウェビナーなどではまさにもってこいの機能です! そんな多機能なGoogleハングアウトですが、 今回の記事では、 Googleビデオハングアウトを使ってウェビナーや多人数会議を行う方法 を具体的に説明していきます。 Googleハングアウトを始める前の事前準備• Googleアカウントを取得します。 参照:• をダウンロード&インストールします。 カメラやマイクをお使いのPCにセッティングしておきます。 Googleハングアウトでウェビナーや多人数会議を行う設定方法• 配信したいアカウントでYOUTUBEの画面にログインし、右上のアイコンから『クリエイターツール』をクリックします。 『動画の管理』の『ライブイベント』をクリックし、『新しいイベントのスケジュールを設定』をクリックします。 タイトルや説明文などを入力し、『配信を開始』をクリックします。 クローズウェビナーなのであれば、『限定公開』にすれば、URLを知っている人しか視聴することができません。 ポップアップが出たら、『OK』をクリックします。 これで準備が完了です。 マイク、カメラの設定 最初の状態はカメラやマイク機能がONになっています。 カメラを利用しない場合は、カメラ機能をオフにしましょう。 Google+のアカウントのアバターが表示されるようになります。 一緒に配信をする人を招待する。 複数の講師でウェビナーを行う場合には、参加者を招待しなくてはなりません。 メニューバーの『ユーザーを招待』をクリックします。 『共有するリンク』を参加者に通知します。 リンクを送られた招待者は 招待者へ送ったリンクをクリックすると、確認画面が出るので、チェックを入れて『OK』をクリックします。 注意)もちろん招待者も の導入が必要です。 ハングアウトの画面が起動されるので、カメラのオン・オフを設定し、『参加』をクリックします。 右下にユーザーの画像やアバターが表示されれば、追加完了です。 閲覧者に配信会場を知らせる 準備が整ったら、配信を開始する前に閲覧者(ウェビナー受講者)に配信場所をお知らせしましょう。 右下の『リンク』をクリックして、『YouTubeページ』のリンクを参加者に送ります。 配信を開始すると、ここに音声や画像が表示されます。 右側にはチャット欄もあり、閲覧者からの質問や感想などを受け付けることなどもできます。 画面を共有する Googleハングアウトでは、参加者(講師側)のPC画面を共有することができます。 レジュメやブラウザなどを説明するときに非常に役に立ちます。 画面共有の方法は、まず左のサイドバーにある『画面を共有』をクリックします。 立ち上げているアプリごとに共有を選べるので、共有したい画面選びます。 パワーポイントやPDF、メモ帳などでウェビナータイトルを作っておくといいですね。 これで画面が共有される状態になりました。 参加者や閲覧者全員に表示させる場合は『全員に固定表示』を。 共有を停止する場合は『停止』をクリックすれば共有が終了し、アバター画面になります。 配信を開始する 準備が整ったらいよいよ配信を開始します。 開始する方法は、画面下の『配信開始』をクリックするだけです。 『チン』というアラームがなり、右上に開始の合図が表示されます。 閲覧リンクから見るとこんな感じに表示されています。 注意! 配信側と閲覧側では 30秒くらいのラグ(遅れ)があります。 音声と共有画面のずれなどはないのですが、閲覧者には遅れて届くため、 チャットの質問への回答が遅れてしまう可能性があります。 事前に閲覧者へ説明しておきましょう。 配信の停止 配信を停止する場合は、管理者が『配信を停止』をクリックすれば終了です。 『チン』という音がなったらそこから音声などは配信されなくなります。 自動的にYouTubeに動画がアップ! なんと、Googleビデオハングアウトは自動でYouTubeに動画がアップされます。 ウェビナーに参加できなかった方にも、これでコンテンツ配布が可能となります。 ウェビナーの強い味方!Googleハングアウト いかがだったでしょうか。 今まで色々なサービスを試してきた上で言うと、 音質、重さ、使い勝手など、すべてにおいて非常に優秀なツールです。 そして何より 無料というのが素晴らしいですね! 今回はウェビナーに特化した利用方法を説明しましたが、 その他1:1でのチャット機能や、Google+と連携させた使い方など、 ハングアウトの可能性はまだまだ広がっています。 是非試してみてくださいね。 以上、 Googleハングアウトの設定方法と使い方【ウェビナーにおすすめ!】 についての記事でした。

次の

Googleのビデオ通話『ハングアウトMeet』を使う方法と手順

グーグル ミート 画面 共有

GoogleMeet グーグルミート とは GoogleMeetとは、Googleが用意する Web会議システムです。 2020年5月19日現在、Googleアカウントを持っているだけで、無料でZoomやteamsのような オンラインミーティングを簡単に開始できます。 GoogleMeetは本来、ビジネス版Googleアカウントである有料サービス「G Suite」機能の一つでした。 しかし、コロナウイルス対策として 現在Googleが無料解放しており、基本機能に関しては今後もずっと無料である可能性が濃厚です。 誰しもが持っているGoogleアカウントのみで始められ、かつ無料。 これは 既存のWeb会議システムを圧倒的に上回る便利さですね。 GoogleMeetは、以下のリンクから開始できます。 GoogleMeetには準備画面が存在する 「ミーティングを開始」ボタンをクリックすると、上記のような画面に遷移します。 これは会議の準備画面で、いわゆる 「会議前の控室」のようなもの。 自分のカメラの映りや、音声を確認しましょう。 自身のキャプチャ左側の「︙」ボタンをクリックすることで、音声・映像の入出力を設定することができます。 複数のデバイスが存在する場合は、ここで切り替えましょう。 準備が整ったら、 「今すぐ参加」をクリックしてください。 ちなみに、画面共有したい場合は右側の 「画面を共有する」をクリックしましょう。 この記事では「自分で会議室を作成する」形をとっています。 そのため、会議に参加したとしても、最初は「会議室に自分一人」という状態です。 その場合は上記のようにポップアップが表示されるので、ビデオ通話・音声通話したい相手を ミーティングに招待しましょう。 ミーティングする こちらがミーティング画面です。 画像の通り、以下のような操作が可能です。 ミーティングURLの表示• マイク、カメラの操作• 画面共有• 参加メンバー、チャットの確認 「その他」の操作ではGoogleMeetに関する設定や、「報告ボタン」を表示することができます。 あまり使うことは無いですが、「問題を報告」「不正行為を報告」の2種類のボタンが用意されています。 こちらはGoogleMeetの利用においてバグを発見したり、不正な行為を発見した場合にのみ使用します。 通話を切る ミーティング画面の中央下、真ん中の 「退室」ボタンをクリックすることで、通話を切ることができます。 こちらの画面が表示されると、無事退出できたということです。 ちなみに、ブラウザの閉じるボタンや、GoogleMeetのタブを閉じても退出できます。 画面が消滅する際に 「ミーティングから退出しました」と一瞬だけ表示してくれます。 親切ですね。 ちなみに、 Zoomのような「ルームのオーナー」「代表者」といった考え方は弱めです。 Zoom…代表者が鍵を持っているイメージ GoogleMeet…開いてる会議室にみんなで入るイメージ 仮に代表者の位置にいる人がGoogleMeetでミーティングを開始したとしても、その人には会議全体を終了する 会議室を閉じる 権限はありません。 あくまでも 「代表者一人が退出する」扱いになります。 そのため、全員が退出するまでは会議室は残り続けます。 ミーティングルームを作成した人が退室しても残り続けるので、そのまま再参加することも可能です。 逆に言うと、自分以外の誰かが「会議を終了」することは出来ません。 そのため、通話が終わったら会議室からの 退出し忘れに注意しましょう。 GoogleMeetの設定 GoogleMeetの設定は難しくありません。 まず音声ですが、マイク 入力 とスピーカー 出力 を選択するだけです。 右のボタンを押すと、スピーカーのテストも可能です! 次に動画、つまり映像ですね。 音声と同じようにカメラを選択できます。 また、送信時、受信時の解像度も「720p」「360p」「音声のみ」から選択できます。 最後に「全般」の項目ですが、一つしかチェック項目がありません。 追加の診断情報を報告してサービスの改善に協力する こちらはチェックを入れても入れなくても構いません。

次の

Hangouts Meetとは?料金は無料も!画面共有や録画、人数はどうなってる?

グーグル ミート 画面 共有

2020. 30 に Google は Google Meet を全ユーザーに無料で開放すると発表しました。 これにより有料版の G Suite を使用していなくても5月上旬から利用できるようになります。 自宅で仕事を行うテレワークが注目される中、ハングアウトMeet があれば簡単に同僚や取引先との会議なんかも簡単にできてしまいます! コロナの影響によってテレワークが増える中、Google は通常 Enterprise および Enterprise for Education プランでのみ使用が可能な機能を、全ての G Suite ユーザーに2020年7月1日まで追加料金なしで提供すると発表がありました。 例えば最大250人まで参加ができる大規模な会議や、ハングアウトMeet のビデオ通話を録画して Google ドライブへ保存できる機能などです。 これらの機能が解放されるのは、順次適用されていくため2~3週間以内に全G Suiteが利用できるようになるとのことです。 便利そうだから使ってみたいと思っても「どうやったら使えるのか分からない」という方も多いので、このページではハングアウトMeet を使う方法と手順をご紹介いたします。 なお、Google Meet は有料版でないとミーティングは60分に制限されます(9月30日まではこの制限は適用されません)。 もし時間を制限されたくない場合は有料版にする必要があります。 G Sutite 使用者の場合:Google Meet を使うための準備 G Sutite を使用されている場合、Google Meet を使うためにはハングアウトが G Suite 管理者によって許可されていなければなりません。 管理者は G Suite の管理画面にログインし [アプリ]>[G Suite コアサービス]で[Google ハングアウト]もしくは[Hangouts Meet and Google Hangouts]がオンになっていることを確認してください。 オフになっている場合は[サービスのステータス]からオンに変更します。 録画機能など、機能ごとにオン・オフを切り替えられるようになっています。 使用する機能がオンになっているかも確認してください。 また録画機能を使用する場合は Google ドライブへのアクセスも必要なため、[ドライブとドキュメント]もオンになっているかをご確認ください。 スポンサーリンク Google Meet を使う方法 準備ができたら実際に Google Meet を使ってみましょう。 パソコンからは下記の URL へアクセスをしてください。 Android や iOS 端末の場合はアプリもあります。 「ミーティングに参加または開始」をクリックします。 「ミーティングコードまたはニックネーム」を入力する欄がありますが、空白で進めてください。 [ミーティングを開始]ボタンをクリックします。 参加者には専用の URL やダイヤルインの電話番号と PIN コードを教えてあげてください。 画面右上にあるアイコンから参加者やチャットを表示させることができます。 また画面右下の[今すぐ表示]からは画面共有ができるようになり、その右にあるメニューアイコンからは[レイアウトの変更][字幕][設定]などが行なえます。 録画機能もこのメニュー内に表示されます。 Zoom のような、参加者のみんなを表示させたい場合は[レイアウトを変更]から[タイル表示]にすることで可能です。 ちなみにハングアウトや Google Meet でもバーチャル背景を使用する方法があります。 バーチャル背景を使用したい方は下記ページでご紹介しておりますのでご覧ください。 ビデオ通話に参加するには次のリンクをクリックしてください。 google. ミーティングの開催日や時間が決まっているのであれば Google カレンダーから行うと、参加者への連絡や管理がとても簡単でお勧めです!詳細は下記ページをご覧ください。

次の