迎え火 いつ。 お盆の迎え火、送り火で知っておきたいこと

迎え火と送り火の日にち!時間は?いつやればいいの?

迎え火 いつ

迎え火はいつ? 迎え火というのは、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習です。 一般的には、盆入りの7月または 8月13日の夕方に行われます。 前日の12日に行う場合もあります。 この日をお盆の迎え日とも呼びます。 送り火はいつ? 送り火とは、お盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出す行事です。 一般的に送り火は、迎え火を行ったときと同じ玄関先などで行います。 送り火は、一般的に 8月16日の夕方に行われます。 前日の15日に行う場合もあります。 この日をお盆の送り日とも呼びます。 できるだけ「迎え火・送り火」の文化的慣習に則って行いたいですが、どうしても難しいこともあるでしょう。 その場合は12日に迎え火、15日に送り火を行うなど日程を調整したり、迎え火と送り火は行わず、の用意やおの掃除、の掃除とお参りのみにすることもあります。 送り火や迎え火が難しい場合は、先祖を思う心を大切にして、できることを行いましょう。 送り火の例 また、送り火は地域の伝統行事となっていることも多く、京都市のは特に有名でしょう。 他にも長崎市や盛岡市で有名な灯篭流しや精霊流しも故人の霊を送り出すお盆の風習の一つです。 迎え火・送り火はどのように火を焚くの? [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... あわせて読みたい 2019. 27 2020. 2 2019. 3 2020. 17 2013. 11 2020. 敬食ライター ライター・レポーター• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• 株式会社HOWL ライター・ディレクター あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

お盆期間はいつから?いつまでになにを準備するべきか

迎え火 いつ

迎え火はいつ? 迎え火というのは、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として火を焚くお盆の風習です。 一般的には、盆入りの7月または 8月13日の夕方に行われます。 前日の12日に行う場合もあります。 この日をお盆の迎え日とも呼びます。 送り火はいつ? 送り火とは、お盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出す行事です。 一般的に送り火は、迎え火を行ったときと同じ玄関先などで行います。 送り火は、一般的に 8月16日の夕方に行われます。 前日の15日に行う場合もあります。 この日をお盆の送り日とも呼びます。 できるだけ「迎え火・送り火」の文化的慣習に則って行いたいですが、どうしても難しいこともあるでしょう。 その場合は12日に迎え火、15日に送り火を行うなど日程を調整したり、迎え火と送り火は行わず、の用意やおの掃除、の掃除とお参りのみにすることもあります。 送り火や迎え火が難しい場合は、先祖を思う心を大切にして、できることを行いましょう。 送り火の例 また、送り火は地域の伝統行事となっていることも多く、京都市のは特に有名でしょう。 他にも長崎市や盛岡市で有名な灯篭流しや精霊流しも故人の霊を送り出すお盆の風習の一つです。 迎え火・送り火はどのように火を焚くの? [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... あわせて読みたい 2019. 27 2020. 2 2019. 3 2020. 17 2013. 11 2020. 敬食ライター ライター・レポーター• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• 株式会社HOWL ライター・ディレクター あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

お盆の迎え火、送り火で知っておきたいこと

迎え火 いつ

みなさんは、『迎え火』や『送り火』という言葉を聞いたことがありますか。 迎え火と送り火は、お盆の期間に行う伝統的な行事です。 この記事では、迎え火や送り火の意味、いつ・何時に行うのか、やり方についてなど、さまざまな情報をご紹介します。 そもそもお盆って何? お盆は、正式には『盂蘭盆会(うらぼんえ)』といい、この時期には先祖や故人の霊が家に帰ってくると考えられています。 その霊を迎えて、供養する期間を『お盆』というのだそう。 お盆の時期は、地域によって異なります。 詳細はこちらです。 新暦のお盆 7月15日を中日に、7月13〜16日まで 月遅れ盆 8月15日を中日に、8月13〜16日まで 旧暦のお盆 旧暦の7月15日を中日にし、その年によって日にちが異なる お盆の迎え火・送り火の意味とは? いつ、何時頃に行う? 前述のとおり、お盆の期間に行う伝統的な行事として『迎え火』と『送り火』があります。 迎え火とは、先祖や故人の霊が迷わずに家に帰ってこられるように目印として焚く火のこと。 送り火は、お盆の期間に一緒に過ごした先祖や故人の霊が、あの世へ無事に帰れるようにと願いを込めて焚く火のことです。 この迎え火と送り火は、お盆の期間の何日に行うのでしょうか。 迎え火は『盆の入り』や『迎え盆』といわれる13日に、送り火は『盆の明け』や『送り盆』といわれる16日に行うのが一般的だそう。 また、迎え火と送り火を行う時間は、基本的に両方とも夕方とされています。 お盆の迎え火・送り火のやり方は? 迎え火と送り火のやり方は、基本的に同じだといいます。 用意するものは、おがらと焙烙(ほうろく)。 おがらは皮を剥いだ麻のことで、スーパーや花屋、ホームセンターなどで購入できるそう。 焙烙は素焼きの平皿のことで、仏壇店などで購入できるといいます。 インターネットで検索すると、迎え火・送り火セットも売られているので、そちらを使用するのもいいでしょう。 迎え火と送り火を行う場所は、家の玄関先や門口など。 その場所で、焙烙に短く折ったおがらを積み重ねて燃やすのが一般的なやり方だそうです。 中には、マンションやアパートに住んでいて、迎え火と送り火が焚けない人もいるでしょう。 その場合は、盆提灯(ぼんぢょうちん)を飾るのだそう。 盆提灯は、迎え火・送り火と同じような役割があるといいます。 盆提灯 お盆に行う迎え火や送り火についてご紹介しました。 一番大切なのは、先祖や故人を大切に思う気持ちです。 お盆の期間は、自分たちのできる範囲で供養しましょう。 [文・構成/grape編集部].

次の