提出書類 添え状 手書き。 【例文あり】資料送付の際に同封する「手紙(一筆箋、添え状)」の書き方5つのポイント

[文書]テンプレートの無料ダウンロード: 書類送付状・送り状・添え状(書類送付のご案内)―Word版(シンプル)

提出書類 添え状 手書き

入社前の準備は書面でのやりとりが増える 応募エントリーや面接日の調整、内定承諾といった選考プロセスにおいて、企業とのやりとりはwebやメールで行うことが多い昨今ですが、いざ入社となると紙媒体が増えます。 たとえば、雇用契約書、給与振込口座確認、扶養家族に関する申告やエビデンス等です。 これらの書類は企業から直接郵送されてくるので、必要事項を記入し期限までに返送するパターンが多く見られます。 封筒に入れてポストへ!の前に 既に社会人経験のある方ならおわかりかと思いますが、ビジネスシーンにおいて企業へ書類を送付する際には『添え状』を付けるのがマナーというものです。 企業側から指定された書類を入れて封をする前に、添え状を同封しましょう。 添え状は『送付状』や『カバーレター』などの言い方もあります。 表紙のようなものですね。 添え状に書くこと ご挨拶を兼ねて、今回の送付書類を明確にします。 送る側も受け取る側も、添え状で同封書類の確認をすることができます。 送付日付 書類を送付する年月日。 記入位置は右寄せ。 記入位置は左寄せ。 差出人 氏名、住所、常時連絡のつく電話番号など。 記入位置は右寄せ。 件名 今回の書類送付目的「入社書類送付について」。 記入位置は中央。 記書き 中央に「記」とし、以下に送付書類を箇条書きに記入します。 最後に「以上」を忘れずに。 『あいさつ文の書き出しがわからない、とくに時節が。 』という方に! 安心してください、はいてますよ。。。 イヤ、教えますよ。 春 : 3月「早春の候」 4月「陽春の候」 5月「暮春の候」• 夏 : 6月「向夏の候」 7月「盛夏の候」 8月「残夏の候」• 秋 : 9月「初秋の候」 10月「仲秋の候」 11月「晩秋の候」• 冬 : 12月「初冬の候」 1月「初春の候」 2月「向春の候」 添え状サンプル 文章はパソコンで作成しても、手書きでも大丈夫です。 字に自信がない方でも丁寧に仕上げれば、手書きも気持ちが伝わって良いと思いますよ。 送付物チェックも忘れずに 肝心なのは、送付すべき書類に記入漏れや同封漏れが無いようにすることです。 また、封筒の宛先に誤字はないか、差出人の住所氏名も記載したか、最後にチェックして投かんしましょう。

次の

【書類送付のマナー】添え状をそえよう

提出書類 添え状 手書き

このページのまとめ• 就活に必要な送付状とは、履歴書などに同封する応募書類を説明するための書類• 送付状は、企業へ配慮し誰が誰に宛てたどのような書類か分かりやすく記載する• 就活で履歴書を持参する場合は、基本的に送付状は必要ない• 就活の送付状を書く際はマナーに注意し、簡潔でミスのない文章を心がける• 効率重視の方はパソコン、自筆をアピールしたい方は手書きで作成すると良い 就活では、履歴書やエントリーシートなどの応募書類を提出する際に、送付状が必要となる場合があります。 送付状は、ビジネスシーンでは基礎的なマナーでもあり「添え状」とも呼ばれています。 このコラムでは、送付状の役割や書き方をテンプレート付きで詳しくご紹介。 送付状を作成する際の注意点や郵送方法についても解説しています。 履歴書の提出を控えている就活生の方は、ぜひご一読ください。 就活で必要な送付状の役割とは? 就活における送付状とは、履歴書やエントリーシートを提出する際、封筒に同封する書類です。 日付や宛先、封入してある書類の具体的な内容を記しています。 まずは、送付状の主な役割を理解しましょう。 対面でのあいさつの代わり 送付状とは、本来であれば対面で行う「あいさつ」を書類として託したものにあたります。 つまり、企業へ送付状を送ることで、自身がお世話になる先方へのあいさつを果たせたといえるでしょう。 そういった意味で、送付状は社会人として必要な礼儀・マナーであることが分かります。 誰に宛てたどのような書類なのか知らせるもの 送付状は、誰が何のためにどのような書類を送ったのか、相手先にひと目で分かるよう添えられる書類です。 そのため、送付する企業への配慮を忘れず、誰が読んでも分かりやすいよう丁寧に作成しましょう。 履歴書を持参する場合はいらない 履歴書などの応募書類を持参して提出する場合、送付状は基本的に不要です。 先述のとおり、送付状は対面でのあいさつの代わりとなる書類なので、実際に先方とあいさつができる状況では必要ありません。 また、企業側が応募書類を提出する際に「送付状は不要」と明示していることもあります。 そういった場合は、わざわざ送付状を同封する必要はないでしょう。 送付状は、基本的に履歴書のサイズに合わせるのがベストで、A4用紙・B5用紙での作成が好ましいとされています。 この章では、送付状の具体的な書き方を項目別に見ていきましょう。 日付 日付は、用紙の右上に記載します。 作成日ではなく、書類の投函日を書きましょう。 宛先 宛先は日付の一つ下、左寄せで記入しましょう。 宛先の欄には、企業名・部署名・担当者名を書きます。 必ず正式名称を調べ、間違いのないように注意してください。 「御中」と「様」のちがいに注意 宛先で注意してほしいのが、「御中」と「様」の使い分けです。 企業や部署宛てに送る場合は「御中」、個人宛ての場合は「様」と書きます。 もし個人名が分からない場合は「人事部 採用ご担当者様」のように記載すると良いでしょう。 差出人 差出人は、宛先の1つ下、右寄せで記載します。 ここには、差出人である自分自身の情報を示しましょう。 具体的には、大学名・学部学科名・氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどを記入します。 タイトル タイトルは、差出人の下、中央にやや大きめに記載します。 「応募書類の送付につきまして」「選考応募書類の送付の件」など、送付状の内容を一言で表しましょう。 本文 本文には、頭語・時候の挨拶・用件・結語を記載します。 1つずつ確認していきましょう。 頭語 頭語は、手紙の初めに記載する挨拶にあたるもので、一般的には「拝啓」「前略」などが当てはまります。 ただし、「前略」は時候の挨拶を省き取り急ぎの用件で使用されることが多いため、今回のような就活の送付状では「拝啓」を使用するのが無難でしょう。 時候の挨拶 時候の挨拶とは、季節・天候に応じた心情や季節感を伝える言葉で、頭語の後に記します。 就活やビジネスシーンでは、季節に関係なく使用できる挨拶文が記載されることが多いです。 例えば「貴社ますますご盛栄のことと存じ、お慶び申し上げます」、「貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます」などと記載すると良いでしょう。 用件 用件とは本題で、送付状の主旨を記します。 書類送付の旨のほか、簡単な志望動機や企業へのメッセージを記入しても良いでしょう。 結語 結語は、手紙の文末に記載する挨拶にあたるもので、一般的には「敬具」と記載します。 記書き 記書きでは、読み手に分かりやすいよう、本文中に記載した書類内容の詳細を別途記載します。 文面の最後に「記」と記載し、その下に同封書類を箇条書き、右下に「以上」と締めましょう。 送付状を作成する際、ぜひご参考にしてください。 この度、貴社の新卒採用において選考の機会をいただきたく、下記の書類をお送りいたします。 何卒よろしくお願いいたします。 簡潔な文章を心がける お伝えしたように、紹介状は応募書類の内容を伝えるあいさつ状です。 相手に書類内容が分かりやすく伝われば良いので、文章にこだわったり過度な推敲をしたりせず、簡潔な文章を心がけましょう。 誤字脱字をしない 企業に送る書類で誤字脱字をしないのは基本的なポイントです。 履歴書・エントリーシートなどと同様に、送付状でもミスがないよう努めましょう。 1つでもミスが見つかると、少なからずマイナスな印象を抱かれてしまうので、作成後はしっかり確認し完璧な状態で提出してください。 長々と自己PRをしない 送付状の本文で長々と自己PRをするのは控えましょう。 送付状はあくまで書類の内容を伝えるものです。 簡単な志望動機や企業へのメッセージを記す分にはかまわないでしょうが、長文の自己PRなどはかえってマイナスな印象をもたれる恐れもあります。 希望条件などを書かない 送付状に、待遇などについての希望条件を記入するのは避けましょう。 年収や休暇・勤務時間などの希望について、どうしても記しておきたいことがある場合は、履歴書の「本人希望欄」を使用してください。 基本的にはどちらで作成しても問題ありませんが、企業の風土や特徴によって、手書きのほうが「丁寧」「人間味を感じる」と捉える場合もありますし、パソコンで作成することにより「合理的だ」「パソコンスキルがある」と見なされる可能性もあります。 そのため、提出する企業によって作成方法を変えるのも手でしょう。 効率重視・手書きに自信がない場合はパソコン 効率を重視する場合や、自分の手書きの文字に自信がない方はパソコンの使用がおすすめ。 パソコンで作成する場合、テンプレートを利用してスムーズに作成でき、誤字脱字の修正も簡単です。 また、手書きの文字に自信がない方、なるべく文字をきれいに見せたい方はパソコンでの作成が無難でしょう。 手書きの文字をアピールしたい場合は手書き 一方、手書きに自信があり、筆跡をアピールしたいという方は手書きで作成するのも手です。 上手な手書きの文字は、誠実で丁寧な印象を与える可能性もあるでしょう。 以下、主な郵送マナーをまとめたので、ポイントを押さえて郵送準備をしましょう。 封筒は白色を使用する 送付状・履歴書を入れる封筒は茶封筒ではなく、白封筒を用意しましょう。 茶封筒は、一般的に社内でのやり取りや事務で使用するものです。 ビジネスシーンで目上の人や取引先に宛てる書類の場合には、白封筒を使うのが礼儀なので、就活でも白色の封筒を使いましょう。 書類はクリアファイルにまとめて送る 応募書類・送付状は、郵送される過程で濡れてしまったり折れてしまったりしても大丈夫なよう、クリアファイルにまとめて封筒に入れましょう。 使用するクリアファイルは、透明で無地のものがベスト。 また、企業に送る重要な書類なので、新品のものを使うのがマナーです。 切手料金の過不足に注意する 封筒が準備でき郵送する際、切手料金の過不足に注意しましょう。 切手の料金が不足していると先方に届かない場合があります。 また、もし届いたとしても料金の不足分を相手の企業側が支払うことになってしまう恐れもあるので、必ず料金に不足がないようにしましょう。 料金に自信がない場合は、郵便局の窓口で確認し、送ってもらうと確実です。

次の

【無料テンプレート9選】コピペOK!書類送付状(送り状・添え状)の書き方・7つのポイント!よくある間違いを具体例付きで解説!|Founder(ファウンダー)

提出書類 添え状 手書き

入社書類提出時の添え状は書き方にこだわろう 内定が決まった後は、入社に向けてやるべきことが多いです。 入社するにあたっては提出が必要な書類も多く、提出時には添え状を付けなければならないこともあります。 入社書類提出時のマナーが守れていないと、印象は悪くなりますし、新しく社会人生活のスタートを切るにあたっての、障害にもなりかねません。 入社書類の提出マナーができていないからといって、内定取り消しになるわけではありませんが、印象が悪いと就職してから苦労することも多いでしょう。 書類提出時は添え状のマナーに注意が必要で、特に書き方には気を配らなければなりません。 添え状はただ添付しているだけでよいわけではないため、書き方から細部のマナーまで知り、入社書類提出も気を抜かずにおこないましょう。 添え状の書き方の基本 入社書類の提出に関係なく、添え状の書き方には一定のルールがあります。 そもそも基本的なルール、マナーを把握できていないと、失敗することも多いため注意が必要です。 添え状は就活中だけではなく、ビジネスでも使用するもののため、今後のためにも基本は覚えておかなければなりません。 添え状の基本的な書き方を再確認して、入社書類の提出で失敗しないよう、細かいポイントまで見直しておきましょう。 必須の記載項目 ・日付 ・宛名 ・差出人情報 ・頭語、結語 ・時候のあいさつやお礼 ・抱負 ・同封書類の記入 そもそも添え状とは、書類提出時のあいさつと、内容物の確認といった、2つの意味合いを持っています。 いわばマナーと実務的な両方の要素を含んでいるため、記載事項は正しく守らなければなりません。 上記は必須の項目で、ひとつでも省くと添え状としての機能を損なってしまうため注意が必要です。 日付は添え状を作成した日ではなく、ポストに投函した日を記載します。 時候のあいさつやお礼、抱負といったポイントは、書類提出のシーンによって異なります。 入社書類の提出なら、内定をもらったことへのお礼と、入社に向けての意気込みを簡単に記載するとよいでしょう 提出が遅れるならお詫びも記載する 企業によって違いはありますが、入社書類は提出までの期限が決められていることもあります。 もし期限を過ぎてしまう、あるいは求められてから提出までが遅くなってしまう場合は、一文お詫びの言葉も載せておきましょう。 遅くなったのに普段通りの文面で出してしまうと、印象が悪くなることも多いため注意が必要です。 また、期限を過ぎてしまいそうな場合は、事前に電話で連絡しておくことが大切です。 連絡なしで勝手に期限を過ぎてしまうと印象は悪く、場合によっては入社する意思がないと判断されることもあります。 郵送で提出する場合は、ポストに投函してから企業に届くまで時間もかかりますし、必ず事前に遅れる旨の断りを入れ、添え状でも再度謝罪をしましょう。 添え状を手書きする必要はない 添え状は手書きでもパソコン作成でもどちらでも可能ですが、無理に手書きにする必要はありません。 手書きのほうが気持ちが伝わりやすいと思う人も多いでしょうが、入社書類の提出に関しては、パソコン作成のほうがおすすめです。 確かに手書きだと気持ちは伝えやすいですが、パソコン作成でもマナー違反になるわけではありません。 単にお礼の気持ちを伝えるだけのお礼状なら手書きでもよいでしょうが、添え状は内容物の確認という事務的な要素もあるため、読みやすいパソコン作成がおすすめです。 手書きでも字が読みづらく、内容物の確認ができないと印象は悪くなります。 楽に作成できるのはパソコンであり、添え状は手書きでの作成は不向きと考えましょう。 入社書類の提出で添え状は必須? そもそも添え状は本当に必要なのかと、根本的な部分から疑問に思う人もいるでしょう。 書類提出時には添え状は絶対に付けるのがマナーと思っている人もいますが、実はそうではありません。 何事にも例外はあり、書類提出時でも添え状が不要なパターンもあります。 入社書類の提出時でも例外のパターンに該当する場合はあるため、注意しなければなりません。 どのようなシーンで添え状は必要か、あるいは不要になるのか、必要性の有無を正しく理解しておきましょう。 郵送なら必須 添え状の添付が必要なのは、入社書類を郵送で提出する場合です。 そもそも添え状は郵送時に内容物の不備がないかをチェックするための書状であるため、添え状がないと実務的な問題が発生しやすいことは理解しておきましょう。 入社書類のやりとりも郵送でおこなうことは多いため、内定獲得後も添え状が必要なケースは多いといえます。 また、入社書類といっても内容はさまざまで、内定承諾書から卒業証明書、健康診断書、他にも多数の書類があります。 書類の提出が一度で終わるとは限らず、入社前に何度も繰り返し書類提出を求められることもあるでしょう。 提出が複数回になる場合でも、郵送での提出なら一回ごとに添え状は添付しなければなりません。 送るときは角形2号の白い封筒を使用する 郵送で入社書類を提出する際には、使用する封筒にもこだわりましょう。 もっともよいのは、角型2号サイズの白色の封筒です。 角型2号はA4サイズが折らずに入る大きさのため、書類を折って読みづらくする心配がありません。 折り方さえ間違えないなら、小さいサイズの封筒でも問題はありませんが、折り目で読みづらい、かさばって保管がしづらいというデメリットがあるため、避けたほうが無難です。 また、白色以外で茶封筒でもOKとする企業は多いですが、フォーマルさを重視するなら、無地の白色を使ったほうがよいでしょう。 企業から返信用封筒をもらっている場合は、これを使用して構いません。 角型2号で白色の封筒を用意するのは、あくまで返信用封筒がない場合と考えましょう。 書類はクリアファイルで挟んでから封筒に入れる 書類を封筒に入れる際には、そのまま入れずクリアファイルにまとめてから入れるのがおすすめです。 クリアファイルに入れることで、封筒が水濡れしても書類を守ることができますし、折り目もつきづらく、より綺麗な状態で企業に届けられるでしょう。 クリアファイルは透明無地で、色付きやロゴ付きのものは避けなければなりません。 また、書類を入れる順番も重要です。 一番上に添え状、その下に添え状で内容物として記載した書類を順番に並べましょう。 順番通りに並べておくことで、より内容物の確認がしやすく、企業での書類の管理もしやすくなります。 せっかく添え状を同封していても、一番上に来ていないと意味がないため、何があっても添え状が一番上という順番だけは守りましょう。 手渡しの場合は不要 入社書類を手渡しする場合は、添え状の添付は必要ありません。 添え状なしで必要書類だけを提出して構わず、むしろ添え状があるとマナーを正しく理解できていないと思われるため注意が必要です。 手渡しの場合はその場で確認することが多いですし、余計な書類が入っていると混乱を招き、迷惑になることもあるでしょう。 もちろん添え状は不要といっても、書類は封筒やクリアファイルに入れて持参すべきで、書類のみそのまま持ち歩くのは避けなければなりません。 封筒は白色無地で角形2号サイズがよく、クリアファイルにまとめているほうが提出もしやすいです。 封筒ごと渡す場合だけではなく、中身の書類だけを提出することもあるため、封筒はのり付けせずに持参しましょう。 入社書類提出時の添え状のテンプレート 日付や宛先、差出人の情報は間違いなく記入しましょう。 添え状には表題が必要ですが、「書類送付のご案内」で大抵の場合はOKです。 拝啓で始まり敬具で結び、時候のあいさつをして要件を伝えます。 同封書類は「記」より下に書き、「以上」で締めくくりましょう。 添え状は入社書類提出時も書き方を工夫しよう 入社書類を郵送で提出するなら、添え状は必ず同封しなければなりません。 添え状はフォーマットが決まっているため、必須事項を外さないよう書き方にも工夫が必要です。 添え状に該当するものが同封されていても、正しい書き方ができていないと印象は悪くなるため注意しましょう。 添え状は必須項目を間違いなく記載すること、全体のバランスを見て作成することが大切です。 項目ごとに右寄せ、左寄せ、中央揃えと配置は違います。 配置箇所もフォーマットが決まっているため、それぞれ正しい場所に設定しなければなりません。 添え状の書き方は細部まで工夫し、入社書類の提出まで油断せずにおこなって、スムーズに就職の準備を進めましょう。 36の質問で、あなたの強み・適職を診断 就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「」を活用しましょう。 36の質問に答えるだけであなたの強み・適職が診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。 監修者プロフィール.

次の