フリー デル クラフツ アシル 化。 トルエンとフリーデル・クラフツ反応について。

Friedel

フリー デル クラフツ アシル 化

Q 三口フラスコに塩化アルミニウムとベンゼンを入れ、無水酢酸を滴下ロートを使って少しずつ滴下して反応させました。 このとき、ベンゼンと塩化アルミニウムの境目から気体が発生しました。 この気体は何ですか?反応式を見るとアセトフェノンと酢酸が考えられますが、この2つは液体として生成すると思うのでこれが原因であるとは考えられません。 もし、内容液に水が存在すれば塩化アルミニウムが反応して塩酸が生じますが水は入っていないので、これも原因ではないと思います。 もう1つ質問があるのですが、この反応をさせるときに熱が発生したのですが、アセトフェノンが生成する反応が発熱反応なのですか?もしくは、他の反応が起こって熱が発生しているのですか?化学大辞典などを見ても載っていなかったので質問させていただきました。 Q この前実験でアセトフェノンの合成をやりました。 フリーデルクラフツのアシル化を学習するための実験でした。 フリーデルクラフツ反応装置で出来た反応液を分離し、 ベンゼン層(上層)にNaOHを加えまた分離してベンゼン層だけ残しました。 このあと、常圧蒸留でアセトフェノンとベンゼンに留分しますが、上の反応式の塩化ナトリウムとアルミ二酸ナトリウムはベンゼンの方へいくんですよね?それはなぜですか? あとアコ錯体について知ってることがあったら教えてください。 教えて頂けるならどちらかでもかいません。 お願いします! A ベストアンサー 着色について、確かに生成するp-メチルアセトフェノン自体は無色透明でしょう。 ですがそれは単離した状態での話です。 反応が進むと液はトルエン、塩化アルミニウム、酢酸などの混合物となります。 またフリーデルクラフツアシル化反応では過剰量の塩化アルミを使うはずですが、塩化アルミは求電子性があり、アセチル基など、酸素原子を持つ置換基と配位しやすい性質があります。 Q 「N,N-Dimethylformamide DMF をCDCl3に溶かした試料の1H-NMRを室温で測定すると、 8. 0、3. 0、2. 9ppmのケミカルシフトに1:3:3のピークを与える」という文章があったのですが、 2つあるmethyl基のHが等価ではなかった、ということに疑問を感じました。 「アミド結合の構造上の特徴」が理由であるようなのですが、 共鳴構造くらいしか思いつかず、よく分かりません。 なぜ2本ではなく3本のピークが出るのか、教えていただけないでしょうか。 また、「温度を上げていくとシグナルが変化する」とあったのですが、 どのように変化するのか分かりません。 goo. htmlを見ても よく理解できませんでした。 こちらも教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 共鳴構造のせいであってますよ。 これだと、アルケンと同じで、窒素上の二つのメチル基は非等価ですよね? また、温度可変NMRで温度を上げていくと、二つのメチル基のシグナルはじょじょに広がり、ある温度で融合して一本となり、さらに温度を上げていくと通常の鋭い一本線となるでしょう。 上述したように、N-C間には二重結合性がありますが、これは完全な二重結合ではないため、十分な熱エネルギーを与えれば回転して異性化できます。 室温以下ではこの異性化はNMRのタイムスケールに比べて遅いため、NMRで観察する限り、あたかもDMFは上述した極限構造の形で止まっているかのように見えます。 しかし温度を上げてやると、N-C結合周りの回転は速まり、NMRでは両者がだんだん混じってしまって区別できなくなります。 そうですね、自転車や車のホイールのリムを考えてみましょうか。 止まっていたり、回転が遅いとリムは目で見えますね。 でも、回転が速くなると、目では追いきれなくなってしまいます。 (もっとも、このたとえだと、回転が速くなったときに全部が区別されなくなる、というのが説明できないけど(汗) この現象はDMFに限らず、二つ(あるいはそれ以上)の構造の間でゆっくりとした構造変化が起こっている場合に観察できます。 条件は、相互変換のスピードがだいたい秒のオーダーであること。 これはNMRの原理的な問題です。 それ以上に速い反応になると、より高速な分光法が必要です。 逆にもっと遅い反応となりますが、X線回折などで反応変化を追う、というおもしろい実験もあります。 共鳴構造のせいであってますよ。 これだと、アルケンと同じで、窒素上の二つのメチル基は非等価ですよね? また、温度可変NMRで温度を上げていくと、二つのメチル基のシグナルはじょじょに広がり、ある温度で融合して一本となり、さらに温度を上げていくと通常の鋭い一本線となるでしょう。 上述したように、N-C間には二重結合性がありますが、これは完全な二重結合... A ベストアンサー >フリーデル-クラフツ反応の際、温度を上げすぎてはいけないらしいのですが、これは2置換体の生成を抑えるためですよね? 状況によって違うと思います。 一般論として、温度を下げる理由は、反応の暴走による危険を避けるためと、副反応を抑制するためであることが多いです。 2置換体の生成が副反応になることもありえます。 ただし、フリーデル-クラフツアルキル化の場合には、アルキル化された生成物の方が反応性が高いですので、理屈でいえば、温度が低い方が、2置換体や3置換体が多く得られるはずです。 アシル化であればそうはなりません。 なお、少々温度が高くなったからと行って、ジアシル化は起こりません。 こういったことを考えれば、フリーデル-クラフツ反応で温度を下げるのは、反応の暴走を抑えるためである可能性が高いと思います。 なお、フリーデル-クラフツ反応に限らず、芳香族求電子置換反応において、アルキル基は、o-,p-配向性の活性化基として作用します。 ただし、選択性はさほど高くありませんし、クメンのようにアルキル基が大きい場合には、オルト位での反応は立体的な要因で不利になります。 >フリーデル-クラフツ反応の際、温度を上げすぎてはいけないらしいのですが、これは2置換体の生成を抑えるためですよね? 状況によって違うと思います。 一般論として、温度を下げる理由は、反応の暴走による危険を避けるためと、副反応を抑制するためであることが多いです。 2置換体の生成が副反応になることもありえます。 ただし、フリーデル-クラフツアルキル化の場合には、アルキル化された生成物の方が反応性が高いですので、理屈でいえば、温度が低い方が、2置換体や3置換体が多く得られるはずです。...

次の

アシル化とは

フリー デル クラフツ アシル 化

ルイス酸存在下、酸ハライドもしくは酸無水物を用いることで、芳香環をアシル化する反応。 電子供与基置換の芳香環のほうが、求引基置換のものより反応性が高い。 は転位体や多置換体が副生するため、分子内反応以外には用いにくい。 一方、アシル化は電子求引性置換のため、通常一段階で反応が止まる。 このため、分子間反応でも合成に用いやすい。 基本文献• Friedel, C. ; Crafts, J. Compt. Rend. 1877, 84, 1450. Crafts, J. ; Ador, E. Ber. 1877, 10, 2173. Crafts, J. ; Ador, E. Bull. Soc. Chim. France 1880, 531. Review• Price, C. Org. React. 1946, 3, 1. Gore, P. Chem. Rev. 1955, 55, 229. DOI:• Groves, J. Chem. Soc. Rev. 1972, 1, 73. DOI:• Eyley, S. Comprehensive Organic Synthesis 1991, 2, 707. Heaney, H. Comprehensive Organic Synthesis 1991, 2, 733. Rueping, M. Nachtsheim, B. Beilstein J. Org. Chem. 2010, 6, 1. DOI: 反応機構 求電子芳香族置換反応 S EAr 形式で進行する。 酸ハライドとAlCl 3から、高い求電子性を持つ アシリウムイオンが生成し、これが活性種として働くとされる。 反応例 は一置換で止めることが難しい。 このためFriedel-Craftsアシル化に引き続くなどで、一置換アルキル化体を合成する代替プロセスがしばしば用いられる。 以下はその一例 [1]である。 無水塩化アルミニウム 400 mg, 3 mmol をゆっくり加え、混合物を15分撹拌する。 反応終了後、混合物を濃塩酸 2mL を含む氷水 5mL に注ぐ。 混合物を10分撹拌後、ジクロロメタン 20mL で三回抽出する。 有機相をまとめ、水 20mL と飽和食塩水 20mL で洗浄し、無水硫酸ナトリウムで乾燥する。 水を反応溶液に加えてはいけない。 塩化アルミニウムと激しく反応・発熱して一大事になる。 参考文献• Lee, C. ; Zohdi, H. ; Sallam, M. Org. Chem. 1985, 50, 705. DOI:• Patil, M. et al. Tetrahedron 2002, 58, 6615. DOI: 関連反応• 関連書籍 外部リンク• organic-chemistry. org• Wikipedia• Wikipedia日本 さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。 実は第7回目も既に決定…• , 第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。 マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…• , 「化学者のためのエレクトロニクス入門」シリーズでは、今や私たちの日常生活と切っても切れないエレクトロ…• , 第98回の海外化学者インタビューは、グレアム・ジョージ教授です。 クイーンズランド工科大学物理・化学科…• , 安藤弘宗(あんどう ひろむね, 1971年8月14日-)は、日本の化学者である。 岐阜大学教授。 , , , 皆さんはこの3月以降,学会に参加発表されましたか?Covid-19パンデミックの影響で国内学会の年会…• , 脂環式アミン類の直截的C—H官能基化反応が開発された。 保護基や遷移金属触媒を必要としない本手法は、環…•

次の

フリーデル・クラフツ反応

フリー デル クラフツ アシル 化

私はフリーデルクラフツ反応をはじめとした芳香族求電子置換反応が大好きだ! 芳香環に官能基を直接ぶち込む豪快さがたまらない。 電子的な効果が位置選択性にすごく影響する点も有機化学の面白さが詰まっていて好きだ。 反応概要 求電子性のカチオン種が芳香環に直接導入される。 芳香族求電子置換反応の典型例:フリーデルクラフツアルキル化 反応機構 芳香族求電子置換反応 S EAr反応 とよばれる機構で反応が進行する。 カチオン種を発生させる。 多くの場合はルイス酸やブレンステッド酸を用いる。 カチオン種が芳香環の電子豊富な位置へ付加する。 アレニウムイオンからプロトンが脱離し、置換生成物が得られる。 フリーデルクラフツ反応のメカニズム。 位置選択性について 位置選択性は芳香環の電子状態で決まる。 フリーデルクラフツ反応の鍵中間体であるカチオン種は求電子的なので、芳香環の電子が豊富な位置で反応する。 電子供与基のついた芳香族化合物に対するフリーデルクラフツ 逆にニトロ基やケトンなどの電子を引っ張る官能基はオルト パラで反応しにくくなりメタ位で反応する。 この時のポイントはメタ位で反応しやすいわけでなく、オルトパラが反応しにくいので仕方なくメタ位で反応すると言う事。 そもそもの反応自体も進行しにくい。 ハロゲンは少し変わっていて、誘起効果で電子を引っ張って、共役で電子を押している。 電子求引基のついた芳香環とハロゲンのついた芳香環の反応位置。 なかなかはじめはややこしく思えるけど、芳香環の電子状態はいろんな分野で大事になるので、フリーデルクラフツ反応はよい勉強材料だ。 過剰反応について フリーデルクラフツ反応でアルキル基のような電子供与基を導入すると、生成物は原料より電子豊富になる。 フリーデルクラフツ反応は芳香環上の電子が豊富なほど反応しやすいので、この場合、 生成物のさらなるフリーデルクラフツ反応が進み、過剰反応が起きてしまう。 フリーデルクラフツアルキル化の問題点:過剰反応が進行し、ポリアルキル化が進行する。 この過剰反応のため、フリーデルクラフツアルキル化は制御の難しい反応として知られている。 一方、電子求引基を導入する場合は逆で、生成物の反応性が低くなる為、過剰反応は起きない。 そのような理由から反応の制御がしやすく、フリーデルクラフツアシル化やニトロ化、ハロゲン化などが合成的によく用いられる。 電子求引基を導入するフリーデルクラフツアシル化:過剰反応を防ぐことができる。 フリーデルクラフツ反応の不遇を嘆く 金属触媒を用いたC-H官能基化の研究がすごく盛んな現代。 悲しいことにC-H官能基化の定義を決める際「 ただし、フリーデルクラフツ反応のような芳香族求電子置換反応は除く」という注意書きがよくしてある。 で、フリーデルクラフツ系の反応機構の論文がC-H官能基化と名乗ると「これ、フリーデルクラフツじゃん?」と叩く人が出てくる。 まー、言いたい事はわかるんです。 金属触媒でフリーデルクラフツのような芳香族求電子置換反応にできないことできたんですもんね。 古典的反応と違うって主張したいのはわかる。 ただ、フリーデルクラフツ反応からC-H官能基化の名前を取り上げなくてもいいと思うんです。 んー、そーだなー フリーデルクラフツ反応のような芳香族求電子置換反応を「古典的C-H官能基化」というふうに扱ってあげよう! と、思うのですがいかがだろうか。 関連記事.

次の