アイコス 3 吸い 方。 アイコス3マルチの使い方を徹底解説!連続吸いが可能に!?

iQOS(アイコス)が吸いにくい時に試したい対処法(追記あり)

アイコス 3 吸い 方

個人的におすすめなアイコス互換機 アイコス3マルチをレビュー! IQOS3 MULTIの本体はこんな感じ 従来のアイコス同様、安定のオシャレさ。 ボディ表面はこれまた従来のアイコス同様にしっとりなめらか。 手に持った瞬間、頬擦りしたくなるあの感じです笑 ちなみに重さは50gと超軽量。 どれくらい軽いかというと、取説によれば、たまご1個よりも軽いんだそうです。 IQOS3 MULTIはご覧の通り、軽いだけでなく、めちゃくちゃコンパクト。 取説にはサイズが載っておらず、ネットで調べてみたところ…… 縦11. 51cmでした。 数字だけだといまいちピンと来ないですよね、だから色々なものとサイズを比較してみました! ヒートスティックの箱よりもちょっと長く(約4. 5cm)、ちょっと薄いです。 また、横幅に関しては、ライターとほぼ同じくらい。 底面にはバッテリーステータスライトとUSB接続端子(USB Type-C)があります。 ヒートスティックの差込口にはカバーが。 きちんと衛生面にも配慮がなされています。 カバーは横にスライドさせると、開く仕組みになっています。 キャップを上に引っ張ると、本体からキャップが取り外せる仕様になっています。 従来のアイコスのホルダーと同じ使い勝手です。 喫煙終了後、本体からキャップを軽く引き上げてから、本体内からヒートスティックを取り出します。 ご覧のとおり、すっごくシンプルな操作性をしています。 補足:IQOS3 MULTIの予熱時間は? 予熱時間はどのくらいあるの?と思った方もいるかと思いますが、本体サイズ同様、こちらも取説には記載なし笑 ネットの情報によると、20秒前後だということだったので、実際に自分で測ってみたところ…… 確かに、予熱時間は20秒前後でした。 IQOS3 MULTIでヒートスティックを吸ってみた! ……問題なく美味しいです! 連続吸いについては、IQOS3のパンフレットに「待ち時間0秒で」とあった通り、 問題なく連続吸いができました。 試しに連続で3本一気に吸ってみたのですが、 3本一気に吸っても本体はかすかに温かくなる程度。 アチッと火傷するような感じは全くありませんでした。 やっぱりいいですね、オールインワン型で連続吸いができるとなると、ホント気軽に喫煙が楽しめる! アイコス互換機ではなく、まさか本家アイコスでも、この気軽さを体験できる日がくるとは感激です。 本体内に残ったタバコ葉の残りカスを取り除きます。 その後、クリーニングスティックで本体内とキャップ内をフキフキ。 本体内とキャップの汚れをふき取ります。 ……上述した通り、クリーニングスティックは10本しか付属してきません。 じゃあその後はどうすればいいの?と思う方もいるかと思いますが、安心してください。 市販されている加熱式タバコ用のクリーナー液を綿棒に塗布すれば、クリーニングスティックの代用になります。 詳しくは以下の関連記事をご覧ください。 関連記事: IQOS3 MULTIの充電方法 ネットの情報によれば、フル充電には約75分かかるそうです(こちらも取説には未記載でした笑) ちなみにIQOS3 MULTIは充電中でも喫煙することができます。 IQOS3 MULTIでは、電源がONの時、電源ボタンを押すと、バッテリーの残量を確認することができます。 アイコス3マルチはこんな人におすすめ! アイコス互換機は使いたくなけど、連続吸いがしたい!という人にはアイコス3マルチがおすすめ! ……本家とか互換機とか特にこだわりはないという方は、 アイコス3マルチよりも喫煙本数が多く、価格が安いアイコス互換機というものはたくさんありますから、そちらの方が満足度は高いかと。 51cm 予熱時間:約20秒前後 充電時間:約75分 喫煙時間:6分 パフ数:14回 喫煙本数(フル充電時):約10本 以上になります。 ……おそらくIQOS3 MULTの役割は、IQOS3のサブ機という立ち位置なんでしょうね~ もし仮にIQOS3 MULTをメインで使いたいとなると…… 1日に10本以上ヒートスティックを吸うという方の場合はIQOS3 MULTを2つ買うか、モバイルバッテリーの携帯は必須かと。

次の

【初心者向け】アイコス3の正しい使い方と充電方法まとめ

アイコス 3 吸い 方

バッテリーと本体が1つになったアイコス3マルチ。 でも、吸う時に使うとなると紙タバコ等と比べたらどうしても大きく見えてしまいますよね? 折角ならもっと軽くて使いやすい電子タバコにしてみませんか? 電子タバコのは、 アイコス3マルチよりも軽くて小さく、そして吸い応えも良いというメリットたっぷりなデバイスです! カートリッジ交換式で、リキッドの入れ替えも簡単! JUULに対応しているPOD カートリッジ は50種類を超えているので、フレーバーの種類が少なくて飽きるということもありません! アイコス3マルチが使いにくい、もっとコンパクトで使いやすいものが欲しいという人は絶対にJUULを試してください! アイコス3マルチを徹底レビュー! 遂に来ましたね、アイコスの バッテリー一体型デバイスアイコス3マルチ。 アイコスの互換機として連続喫煙できるデバイスが多かったですが、ついに 公式から連続喫煙できるものが登場するとは嬉しい限りです! しかも 本体がコンパクト! 持ち運びにも便利なアイコス3マルチを使ってみたレビューをご紹介します。 加熱式タバコ初心者でも満足がいく吸い応えを実現しているのはアイコスだけですね! バッテリー一体型の本体をレビュー バッテリー一体型というとグローや最近で言うとプルームエスですね? どちらも手の平で包みこむ程度の大きさですが、アイコス3マルチは かなりコンパクトです。 ライターを伸ばした位の大きさなので持ち運びも楽ですね! 重さも 約50gと軽め。 公式情報によると 卵1個分より軽いんだとか? マットでシンプルな造りが個人的には気に入ってます。 衛生的にも良いですし、外部の刺激によるヒートブレード破損を防いでくれそうです。 ただ、このスライドカバーについてレビューするなら 少々壊れやすそうですね…。 使っていくうちに最初に回らなかった場所まで「グルン!」と回ってしまって緩くなってきます。 使い方や初期不良の可能性もありますが、気を付けた方が良さそうですね。 アイコス3マルチの連続喫煙をレビュー アイコス3マルチの最大の目玉! 連続喫煙可能という点についてレビューしていきましょう。 結論から言って 最高。 やっぱり純正ですね!エグミが少ないですし、ちゃんと加熱されてる感があります。 気分の問題かもしれないですけど。 まだ汚れてないから美味しいのかもしれない 10本まで連続喫煙可能なんですが、3本くらい連続で吸っても美味い! 連続喫煙すると本体が熱くなってしまいますが、 「ちょっと熱いなー」程度で問題なし! スマホ充電用のモバイルバッテリーの方が熱いのでは?ってくらい温度が抑えられてました。 居酒屋や飲み会の時は連続吸い重宝しますしね! アイコス3マルチの正しい使い方 アイコス3マルチは 使い方を紹介する必要がないくらい使い方が単純です。 めっちゃ簡単。 アイコス初心者でも機械音痴でもすぐに覚えられるような使い方ですw 紹介する必要あるのかな?と思いつつも、解説を交えてご紹介しておきます! 電源の残量は4秒長押しで確認 アイコス3マルチを起動させる際に、まず充電残量があるか確認します。 4秒長押しで本体が起動し、アイコス3マルチの下部のライトが点灯します。 この点灯は4段階になっており、 ライトの光り方で電池残量を確認することができます。 スティックをセットして加熱 電池がある事を確認したら、上部のスティック差し込み口の蓋を回転させて開けます。 アイコスの ヒートスティックを真っすぐ差し込みフィルターの点線迄入れます。 アイコス初心者、というかアイコス利用者あるあるですが、ヒートスティックは相変わらず刺さりにくいので慣れるまでは力の加減にご注意を。 スティックがセットされたら ボタンを本体が振動するまで長押ししてボタン近くのライトが点滅したら加熱中の合図になります。 本体が2回振動して点滅が点灯に代われば喫煙を開始できます。 喫煙終了のタイミング ね、起動させるまでの使い方めちゃくちゃ簡単でしょう? 後は喫煙終了のタイミング。 喫煙中に 2回振動してライトが点滅すると、喫煙時間残り30秒の合図になっています。 ライトが消えたら喫煙終了です。 上部のキャップをスライドさせてヒートスティックを抜き、蓋を元に戻して終了です。 連続喫煙する場合の使い方 主な使い方はボタンの操作のみ!あとはアイコス3マルチの下部にあるライトと、ボタン付近のライトで本体の状態を確認することができます。 連続喫煙する際の使い方も続いてご紹介。 使い方は変わりません。 一度使ったヒートスティックを抜き、新しいスティックを差し込んで電源ON! それだけ!ね、簡単でしょう?初心者がどうとか関係ないくらい簡単なんですw 連続喫煙の注意点 筆者は3~5本程度しか連続喫煙してないので起こらなかったのですが、 暑い所や過度な連続喫煙によってアイコス3マルチの動作が悪くなることがあります。 本体内部が 熱くなりすぎると安全装置が作動し、加熱が停止します。 赤ランプが3回点滅したり、加熱しようとしても振動しない場合等は一度本体を涼しい所に置いて冷ましてあげてください。 再び使えるようになるまで放置することで解消されます。 加熱式タバコ初心者さんはこの段階で故障かも!と不安に感じるかもしれませんが、すぐ直ります。 下準備不要!手軽な電子タバコはJUUL 連続喫煙が出来るようになったアイコス3マルチは確かに魅力的ですが、加熱を待たなければいけないなど、どうしてもタバコの葉を直接加熱するデメリットってありますよね? タバコの葉を使用するからこその 吸い応えというメリットに繋がるんだと思いますが、 タバコの葉を使わず、加熱する時間も待たず、しかも吸い応えがいいものがあれば最高じゃないですか? それを叶えてくれるのがです! JUULは ニコチンソルトを使用しているので、 ガツンとくるキック力と美味しいフレーバーを楽しむことが出来ます! メンテナンスも、充電とカートリッジ交換だけで済むので凄く楽チンですよ! ちなみに、 JUULはカートリッジ1つでタバコ1箱分吸うことが出来るし、充電も1~2日ぐらい余裕で持つので、連続吸いなんていくらでもできちゃいますw アイコス3マルチの正しい充電方法 使い方についてはこんな感じです。 スティックを差し込む・振動する迄ボタンを長押し・ヒートスティックを捨てる。 初心者の方でも電子機器が苦手な方でもこの程度ならすぐ覚えられると思います! そして、使い方が分かったとしても 電池が無ければ作動もしません。 アイコス3マルチの正しい充電方法も紹介しておきましょう! USBケーブルは純正のType-Cを使用して アイコス3・アイコス3マルチから充電するための USBコードのタイプが変わってきます。 アイコス3マルチで使用できるUSBコードの種類は裏表のない Type-Cと呼ばれる種類のコネクターを使用します。 最初の1本はスターターキットに入っているのでそちらを使うようにしましょう。 持ち運び用に考えているのであれば予備のUSBコードを購入しておけば安心かと思います。 アイコス3マルチの充電方法は? アイコス3マルチの充電方法はUSBケーブルを繋げるだけです。 ただし、公式で販売されているもの以外のACアダプターや充電ケーブルを使用しての充電は ・バッテリーの消費が早くなる ・うまく充電できていない ・充電時間が異常にかかる などの不具合を引き起こしてしまいます。 折角の新規デバイスです。 正しい使い方・充電方法を知って なるべく長く使えるように大事に扱ってあげましょう。 アイコス3マルチの充電タイミング アイコス3マルチはどのくらいで充電をし始めればいいのか? 充電を確認する方法は、 充電差し込み口の近くにあるライトで確認することができます。 使い方の冒頭で紹介した 4秒長押しでライトを点灯させることができます。 この部分はライトの点灯が4段階になっており、充電残量に合わせて点灯数が変わるので、点灯が1つになったときには充電を開始した方がいいかもしれませんね。 また、 起動する際にこのライトが点灯しない場合充電が無い証拠なのでご注意を。 アイコス3マルチの充電方法での時間はどのくらい? 正しい使い方で電池を使い切り、純正での充電方法も守ればおおよそ 75分程度でアイコス3マルチの充電はフルになります。 75分での充電で10本吸えるならまぁまぁってところですね。 アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL ジュール 』という電子タバコをあなたはご存知ですか? ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。 え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw 強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL ジュール 』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD リキッド のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。 勿論、 液漏れも一切しない凄いヤツですw.

次の

IQOS【アイコス】裏技特集|一箱20本で40本吸う方法!

アイコス 3 吸い 方

加熱式タバコブームを牽引する「アイコス(IQOS)」 フィリップモリス の新型が、2018年11月15日よりいよいよ発売となる。 「アイコス」は登場時の「アイコス2. 4」から「アイコス 2. 4プラス」(以下、2. 4プラス)へと2017年にマイナーバージョンアップされてはいるが、本格的なモデルチェンジは今回が初めてだ。 しかも、発売されるのは、正統派後継機種「アイコス 3」と、コンパクトかつ連続使用可能な「アイコス 3 マルチ」の2機種となり、バリエーションも増えた。 「アイコス 3」のカラバリはウォームホワイト、ブリリアントゴールド、ステラーブルー、ベルベットグレーの4色展開。 写真の機種はウォームホワイトだが、ホルダーキャップとドアカバーをミントカラー(別売)に換装してある。 こうした着せ替えができるのも、新型アイコスの魅力のひとつ。 組み合わせは500通り以上になるという 現在、日本で流通している加熱式タバコは「アイコス」「グロー」(JT)「プルーム・テック」(BAT)の3種類だが、目下のところ吸い応えにもっとも注力しているのはフィリップモリス(PMI)だろう。 紙巻きタバコに比べてはるかに軽減されているとはいえ、3機種の中では1番ニオイの強いアイコスだが、その点でもどう進化したのか楽しみだ。 まずは「アイコス 3」からチェックしていこう。 <最新デバイス「アイコス 3 デュオ」の記事はこちら!> <「アイコス 3 マルチ」についてはこちらをチェック!> 【関連リンク】 よりスタイリッシュに生まれ変わった「アイコス 3」 「2. 4プラス」に比べ、随分とシュッとした感のある「アイコス 3」。 女性にも似合うスリムなフォルムになった。 ポケットチャージャーのサイズは22. 7 高さ mmで、「2. 4プラス」と比べると縦に伸びた感じだ。 重量は100gから103gに微増。 ホルダーも、20gから22gとほんの少し重くなっている。 左が「2. 4プラス」、右が「アイコス 3」 キットの内容は、写真右から、クリーニングスティック 10本入り 、ポケットチャージャー、クリーニングツール、microUSBから規格変更になった専用USB Type-C ケーブル、専用ACパワーアダプターで、箱の中にユーザーガイドと、 保証書が付属する フタが横開きに! 故障に強く、より使用しやすくなった これまでの「アイコス」の最大の弱点は、故障だ。 そして故障でもっとも多いと言われているのが、フタが閉まらなくなる問題。 フタをロックできないとホルダーも充電できないので深刻なのだ。 高いところからうっかり落としてフタに衝撃を与えてしまうのが最大要因だが、「アイコス 3」では、フタを横開きにすることでこれを解決した。 というのも、「2. 4プラス」では落下の衝撃を開閉部分がもろに受けてしまうが、「アイコス」接合部分をポケットチャージャー本体の中に隠すことで衝撃が接合部分に伝わりにくくしたのだ。 また、ポケットチャージャーにマグネットを付けることによってホルダーの落下も防ぎ、より故障のリスクを減らしている。 こういった、故障防止のための一連の対策を、PMIでは「プロテクトプラス」と呼んでいるのだそう。 「アイコス 3」を使用した多くの人は「2. 4プラスとあまり変わらない」と口にするが、地味に、でも確実に改良されているのだ。 「アイコス 3」は、ドアの下部分を押すとパカっと開く。 4プラス」では電源ボタン、リセットボタン、フタ開閉ボタンと3つもボタンがあったが、「アイコス 3」ではそれがたったひとつに集約された。 実に感覚的に使えるワンボタンだ。 ボタン3つの「2. 4プラス」(左)、潔くボタンをひとつにしてしまった「アイコス 3」(右) 長押しで電源オンオフ、起動中にワンプッシュで充電状況を確認できる。 まったく問題ない 充電端子は従来のmicroUSBから最先端PCなどに搭載されているUSB Type-Cへと変更された。 何よりのメリットは裏表(上下)を気にしないで差せるところだ いくつかの使い勝手向上を期待できるバージョンアップがほどこされた「アイコス 3」だが、アイコス・ユーザー念願の連続使用及び軽量化は同機では見送られ、「アイコス 3 マルチ」に託された。 喫味は変わらない では、実際に「アイコス 3」を使いながら使用感をレポートしていきたい。 まず、ホルダーの充電時間は「2. 4プラス」より約40秒短くなったというから大きい。 吸い方にもよるだろうが、筆者が使用した機種の場合、3分かからず充電完了となることが多かった。 また、今まではホルダーのスイッチオン時と、喫煙終了前30秒の合図にのみブルブルっと震えていた本体が、吸える状態になった時にも震える仕様になった。 これは、つい電源をオンにしたことを忘れて放置しがちな筆者にとっては非常にいい機能だ。 使用法は、既存のユーザーであれば迷う隙もない。 ブレードも「2. 4プラス」から変更はないらしく、ヒートスティックを差す感覚もまったく同じだ。 ただ、内部の空気孔の形状がスリットから楕円形に微妙に変わっていたけれど スパスパとふかしたりせずに、しっかり肺に入れて吐くと、「アイコス」はこの程度の蒸気しか出ない。 それは「2. 4プラス」も「アイコス 3」も一緒だ いろいろなヒートスティックを吸ってみたが、吸い心地は「2. 4プラス」とほぼ同じ。 現行のヒートスティックの中では、喫味の強さとニオイの弱さを両立している「スムースレギュラー」が「アイコス 3」に1番しっくり来ると感じた。 ニオイの面も「2. 4プラス」と同レベルだ。 ただ、内部の空気孔の形状がスリットから楕円形に微妙に変わっていたせいか、多少のどへのキックが強まった気がする。 今回、「2. 4プラス」と「アイコス 3」と「アイコス 3 マルチ」を並べて吸い比べたが、その中でも「アイコス 3」がもっともまとまった気流で体に入ってくる気がする。 使用後のキャップスライドで吸い殻を取り出すのも従来同様だが、接合部がななめカットになったことで、スライドする時に力が入れやすくなった気がする クリーニングツールがゴム製に変更 さらに今回、変更になったのが、同梱品のクリーニングツールだ。 今まではブラシ方式でワイルドにガシャガシャやるイメージがあったが、今度はブラシの代わりに平たいゴムパーツになったので、弱冠使用感がやさしくなった。 しかも、平たいのでブレードにこびりついたカスを何度も回転させることなくスマートに1発で キャッチできるようになった。 クリーニングツールの形状もスマートに このように差し込んで、回しながら使う。 バババッとまとめてこそげ取るような感覚だ 質実剛健な進化を遂げた「アイコス 3」 「アイコス 3」の進化は、実にしっかりした着実な進歩だと感じた。 機能的にはほぼ同じでも、丈夫になるというのはタバコデバイスとして至極真っ当な進化だろう。 落としても壊れにくい、使い方を新たに学ぶ必要もない。 細かい仕様の改良がありながら、信頼の喫味は変わらないというのは、保守的なアイコス・ユーザーにとっての何よりの望みだったのではないだろうか。 4プラスでは考えもしなかったが、ひょっとしてと思い、ヒートスティックとともにスーツの胸ポケットに入れてみた。 これはさすがにちょっと厳しい…… 【関連リンク】.

次の