離乳食 9 ヶ月。 離乳食後期「生後9ヶ月」スタート5ヶ月目の量と進め方

【9ヶ月~11ヶ月】離乳食を食べない5つの原因と8つの対処方法

離乳食 9 ヶ月

9ヶ月~11ヶ月の離乳食の基本 進め方 豆腐ぐらいの固さの食べ物を、口を閉じて上手に食べられるようになったら、9~11ヶ月の離乳食に進みます。 9ヶ月の目安 食材 たんぱく質の食品で食べられるものが増えます。 ・牛、豚のひき肉 ・たまご ・あじ、さば、ツナ缶 ・プロセスチーズ アレルギーの原因を特定しやすくするため、初めて食べる食材は1種類のみ加え、ひとさじから始めます。 回数・時間 1日3回食に移行します。 ・離乳食と離乳食の間隔は3~4時間はあける。 ・初めは今までの2回食の時間帯と夕方の3回食にします。 2回食の2回目ご飯が夕方だった場合は2回目を少し早めて、2時頃にし、10時2時6時などと調整する。 ・慣れてきたら、朝・昼・夕の3回食に移行。 ・夕ご飯は19時までに食べ終わるようにする。 ・離乳食の後に母乳やミルクを欲しがるようであればあげても良い。 かたさ バナナくらいのかたさに。 ・スプーンで潰せるかたさ。 ・歯茎で噛む練習が出来るかたさで、おかゆなら5倍がゆが基本。 味付け 薄味ですが、使える調味料が増えます。 ・まだまだごく少量!風味付け程度に使用出来る調味料 塩・砂糖、しょう油、みそ、マヨネーズ、バター、ケチャップ 1回あたりの目安量 ・炭水化物 5倍がゆ=90g ・ビタミン類(野菜・果物)=30~40g にんじん=3cm ほうれん草=葉先10枚 トマト=1/6個 イチゴ=2個 ・たんぱく質 全卵=1/2個 魚の切り身(あじ・さばなど)=15g(1/5切れ) 肉=15g(大さじ1) 豆腐=45g(1/7丁) 乳製品(プレーンヨーグルト)=80g 手づかみ食べにおすすめ 赤ちゃんがつかみやすく、食べやすい形のものを取り入れます。 ・スティック状 にんじんや大根など。 長さ3~4cm、幅7~10mm程度のスティック状に切り、やわらかく茹でる。 ・小判形 おやき風のものを、赤ちゃんの手のひらくらいの大きさの小判形に成形する。 ・茶巾絞り 野菜など、加熱してつぶしたものをラップで包んでキュッと絞る。 栄養面 鉄は脳などの中枢神経の発達に必要な栄養素です。 乳児期は、お腹の中で蓄えた母体由来の鉄と食事由来の鉄によってまかなわれますが、生後半年ほどで母体由来の鉄はほぼなくなります。 母乳の鉄含量は低いため、離乳食から鉄をしっかり摂らなくてはなりません。 生後9か月頃になると栄養の約60%を離乳食で取る時期です。 この頃に離乳食が進まないと、容易に鉄欠乏状態、重度になると鉄欠乏性貧血に進展します。 この頃の鉄欠乏状態が発達の遅れなどを招くと考えられています。 乳児期後期の鉄欠乏性貧血の症状 ・わずかな刺激でも泣いてしまうような「易刺激性」 ・「注意力散漫」 などが見られると言われています。 鉄を多く含む食材 ・レバー ・ほうれん草 ・マグロ ・牛肉 ・豆製品 また、フォローアップミルクは牛乳の約50倍の鉄が強化されている鉄補給目的の食品です。 1日300〜400mL飲ませたり、料理に使ったりして取り入れていくことで、手軽に鉄を補うことができます。 9ヶ月離乳食対策 手づかみ食べをさせるには ・9ヶ月では、食事に興味を持ち、「触りたい」「つかみたい」と思わせること。 ・興味を持つようなものを1品用意する。 ・食べ物に触れる体験を増やす。 食事に集中しない ・食べ初めから集中しない場合 ・母乳回数が多すぎる ・空腹になっていない ことが考えられます。 母乳は平均4時間程度の間隔を置いてあげます。 欲しがらなければ必要以上にあげないで様子を見ます。 空腹でないのは、運動量が少なかったり生活リズムが整っていないことが考えられます。 早寝早起き、朝からしっかり体を動かし、空腹を感じられるようにします。 ・しばらく食べてから集中しない場合 手づかみ食べの始まりです。 集中できるように、「美味しいね」「これは何だろうね」と声かけをしてあげます。 遊び続ける場合は「ごちそうさま」をして切り上げます。 だらだら食べるのはよくありません。 3回食への移行 3回食にすることで、 ・生活リズムを作る。 ・色々な食品を加えることで、栄養が強化させる。 ・歯茎で噛み、舌を動かして食べ物を寄せる練習をする ・食事のバリエーションを増やす など、体験し、学ぶ機会が増えます。 食べる量は個人差も大きいので、あまり気にせず進めて良いと言われています。 9~10ヶ月の離乳食準備 基本の調理方法 詳細は随時献立にて記録します。 ここでは全体的な方法のみ。 炭水化物 ・5倍がゆ 煮る、レンジ、炊飯器 ご飯の場合;ご飯250gに対して水500ml 1回量:80~90g ・麺類なら 指で潰れるくらいまで茹で、もしくはレンジ加熱し、1. 5~2cm幅にする。 1回量:50~60g たんぱく質 ・肉類 皮や脂は取り除き加熱後、ゆで汁を少量加え、粗みじんにする。 中までよく加熱する。 ・魚 骨や皮、血合いは取り除き、1cm幅に切りレンジで加熱する。 フォークでほぐす。 団子にする場合は、まずみじん切りにし、片栗粉を加え、しっかり混ぜる。 1cmくらいの大きさに丸めたものをレンジで加熱する。 ビタミン・ミネラル ・野菜 ざく切りにし、レンジで加熱。 粗みじんにする。 ・芋類 タネや皮は取り除き、レンジで加熱する。 ヘラで粗く潰す。 献立point 1.手づかみ食べしやすい工夫! 2.鉄不足に注意! 3.調味料投入で味にバリエーションを! 食べることに興味を持つことで、食べる意欲が高まります。 自分でつかみたくなるような、また、つかみやすい、手で持って食べやすいように準備してあげることが大切です。 鉄は不足しやすいので気をつけて摂取するようにしましょう。 ほんの少しですが、調味料も使って味のバリエーションを増やしてあげれば、より一層食事が楽しくなります。 フリージングキューブのまとめ作りのコツ コツ、というほどでもないですが。 一度にたくさんの食材のフリージングキューブを作るのは大変ですから、1日目に使う食材を多めに作って、残りをフリージングキューブにします。 初回はちょっと品数が多いですが、その後は1日に作るのは1,2品になります。 1日1,2種類ならすぐ出来ます。 あまり一気に作っても、1週間で使い切れなくなります。 基本的には1週間以内で使い切ります。 毎日少しずつ増え、少しずつ消費すれば一気に無くなってしまうこともないです。 同じ食材を大量に作るより、たくさんの種類を食べさせてあげた方が良いですしね。 まとめ 3回食になると、食べられる食材も固さの幅も広がり、味付けも少量なら出来るようになります。 そうなると、料理の幅もグンと広がります。 離乳食はちゃんと準備してあげたい。 けど、毎回準備するのも大変。 このフリージング方法には本当に助けられています。 フリージングキューブを準備するのこそ少し時間がかかりますが、最初にしておけば後はその都度、食材とだしをレンジ加熱するだけ。 楽ちんはもちろんのこと、予定通りに行かない育児。 ご飯の準備をし出すと泣き出したり、帰宅が遅くご飯を待ってくれない、など、時間に余裕がないときにもサッと用意できます。 慣れればそんなに時間もかかりません。 後期もこの方法で乗り切ろうと思います。 食べられる食材も増えるので、アレルギーの心配をしながら徐々に挑戦していきます。

次の

見てわかる!離乳食[米・ごはん]の月齢別かたさ大きさ目安&炭水化物OK・NG食材| たまひよ

離乳食 9 ヶ月

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。 今回は離乳食が3回食になったときの献立や注意点についてお話しします。 離乳食が3回... 量の目安 離乳食が3回食になり、リズムをつけるには、最終的に下記くらいの量を目安にしましょう。 5倍かゆなら 90g 軟飯なら 80g 野菜 30~40g 豆腐 45g 魚/肉 15g 離乳食後期の献立の立て方 「離乳食後期」は歯が生え始め、歯ぐきでつぶすことができるようになってきます。 そこで、 朝昼晩の毎食の献立に、少し食感の異なる食材を組み込む献立がよいでしょう。 「手づかみをしたい!」という子には積極的に手づかみをさせてあげてください。 もちろん、苦手な子には無理強いはNG。 そんなときは、手がベタつきにくいものから徐々にスタートしてみてください。 こんにちは。 離乳食インストラクターの中田馨です。 離乳食がどんどん進んで、メニューを考えるときに「手づかみメニューを取り入れよう!」なんて文字... 【右下】キノコのスープ <材料> かつお昆布だし200ml エノキ5g なめたけ5g 玉ねぎ10g 味噌 0. 5g <作り方> ・きのこ 5㎜ ・玉ねぎ 5㎜スライス 1. かつお昆布だしに材料全て入れて煮る 2. 味噌で風味づけ 【右上】たらと野菜蒸し <材料> たら 15g にんじん 10g キャベツ 5g <作り方> 1. 材料を器に入れて蒸し器で蒸す 【左上】かぼちゃの蒸し物 <材料> かぼちゃ 15g <作り方> ・かぼちゃは、種とワタと皮を取って蒸しやすい大きさにする 1. かぼちゃを器に入れて、たらと野菜蒸しと一緒に蒸し器で蒸す 離乳食後期の献立におすすめの簡単レシピ 離乳食を簡単に作るテクニック メニューを増やすと思うと悩みますよね。 でも、電子レンジのみの調理、食材の味付けを変えるだけのアレンジ、大人の分の取り分けで作るなどの工夫で、簡単に作れます。 大根と鶏ひき肉の煮物|大根を使った離乳食後期レシピ 離乳食後期=「カミカミ期」。 モグモグゴックンができるようになったら、「大根」と好相性の、旨みの出る「鶏ひき肉」と取り合わせて、大根のおいしさをより引き出します。 茹でた大根の葉をあしらえば、見た目も華やかに。 <材料> 大根 20g 鶏ひき肉 15g しょうゆ 少々 <作り方> 1. 大根は2ミリの厚さでいちょう切りにします 2. 鶏ひき肉と一緒に水から煮ます。 沸騰したら弱火でコトコト煮て、柔らかくなったらしょうゆを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけます 3. 盛り付けてできあがり。 写真は茹でた大根の葉のみじん切りをあしらい彩りよく ツナでアレンジも! 鶏ひき肉がなかったらツナを使ってもOK! 大根を煮て、柔らかくなったところでツナを加えるようにしましょう。 離乳食の大根はいつから食べてOK? 大根は離乳食初期から使え、旬の冬には甘みが増すため、より使いやすくなります。 新鮮なものほど柔らかく... かぼちゃのきな粉がゆ|きな粉を使った離乳食後期レシピ かぼちゃの甘みに、良質な植物性蛋白質のきな粉の甘みをプラス。 素材の甘みが美味しいおかゆです。 この手順は後期向けですが、10倍かゆに裏ごししたかぼちゃ、きな粉をかけたら離乳食初期の赤ちゃんからも食べられます。 <材料> 5倍かゆ 90g かぼちゃ 15g きな粉 3g <作り方> ・かぼちゃは、皮、ワタ、種を取って、湯がきやすい大きさに切る 1. かぼちゃは湯がいて、湯切りして、スプーンでつぶす 2. おかゆに、1のかぼちゃときな粉をのせる こんにちは。 離乳食インストラクターの中田馨です。 離乳食づくりに手軽に使えて重宝する大豆製品。 今回は良質な植物性のたんぱく質の大豆製品として離... 玉ねぎとかぼちゃのみそ汁|玉ねぎを使った離乳食後期レシピ 玉ねぎは離乳食初期から食べさせることができる野菜の1つです。 とはいえ、 玉ねぎの皮の1枚目は少し繊維が多いので2枚目以降がおすすめ。 また、 赤ちゃんは必ず加熱しましょう。 <材料> 玉ねぎ10g かぼちゃ15g なす5g にら2g かつお昆布だし100ml 味噌0. 5g <作り方> ・玉ねぎは5㎜に切る ・かぼちゃは皮、たね、ワタを取って5㎜ ・なすは皮をむいて5㎜ ・ニラはみじん切り 1. 味噌で風味をつける *だしの分量が少ないため、フタのある小鍋で、弱火で煮込みます りんごはデザートとしてだけでなく食事にもアレンジできます。 変色するので保存が難しいと思われがちですが、冷凍保存も可能。 意外と使いやす... 豆腐と小松菜のお味噌汁|小松菜を使った離乳食後期レシピ 小松菜の葉の部分はあくも少なく、初期から食べていい食材。 茎は離乳食後期からスタート。 後期の大きさの基本は5㎜~7㎜程度ですが、一番初めに茎を食べるときは みじん切りにしましょう。 また、茎にチャレンジするのは、柔らかくなり食べやすい食材の5㎜の大きさに慣れてからにしましょう。 <材料> 豆腐 20g にんじん 10g 小松菜 10g かつお昆布だし 200ml 味噌 0. 5g <作り方> ・豆腐は5㎜角に切る 1. 鍋に、1、豆腐を入れて、煮たら味噌で風味をつける こんにちは。 離乳食インストラクターの中田馨です。 葉野菜の中でも比較的安価で手に入りやすい食材のひとつ「小松菜」。 離乳食初期から食べら... 牛肉となすの煮物|なすを使った離乳食後期レシピ 簡単に作れて美味しい、なすの離乳食レシピも紹介します。 なすを離乳食に使うときの基本の下処理は 「皮を取り除く」ことです。 なすと牛肉の煮物。 しょう油を足したら大人も同じメニューで食べられますね! <材料> 牛肉15g なす 15g しいたけ 5g かつお昆布だし 100ml しょう油 0. 5ml <作り方> ・牛肉は脂肪を取り除き5㎜に切る ・なすは皮をむいて5㎜に切る ・しいたけは5㎜に切る 1. かつお昆布だしで牛肉、なす、しいたけを煮る 2. よく煮えたらしょう油で風味をつける こんにちは。 離乳食インストラクターの中田馨です。 今日は、夏野菜の代表でもあるなすについて話します。 焼いても煮ても揚げても、漬物にして... 離乳食後期の手づかみ食べにおすすめレシピ しらすとじゃがいもパン|食パンを使った離乳食後期レシピ 「食パン」は、様々な食パンがありますが、選ぶときのポイントは、油脂などが入っていない、できる限りシンプルな原材料の食パンを選んでください。 食パンにじゃがいもを塗り、しらすをのせる 2. トースターで2~3分焼く こんにちは。 離乳食インストラクターの中田馨です。 今日は、大人も大好きなフレンチトーストを紹介します!大人向けメニューと思われがちですが、作り... オートミールのおやき|オートミールを使った離乳食後期レシピ 日本ではなじみのないオートミールですが、食物繊維がたくさん含まれています。 健康食品のオートミールを活用したメニューを紹介します。 始めて食べさせるときはほかの食材と同じように、小さじ1杯からスタートしましょう。 <材料> オートミール 15g 水 75ml しらす 3g 青のり 少々 <作り方> ・しらすはお湯で湯がいて湯切りして5㎜に切る 1. 鍋にオートミールと水を入れて、水分が少なくなっておかゆのようにドロドロになるまで煮る 2. しらすと青のりを混ぜ入れてフライパンで平たく焼く こんにちは。 離乳食インストラクターの中田馨です。 今日はオートミールを使った離乳食を紹介します。 日本になじみのない食品なので、オートミ... きゅりのスティック かぼちゃディップ|きゅうりを使った離乳食後期レシピ 「きゅうりも離乳食に使えるんだ!」「美味しい!」とママさんたちがビックリするメニューのひとつを紹介します。 また、調理方法は、離乳食期は必ず加熱することがお約束です。 きゅうりに、かぼちゃディップをつけて、さらに美味しくいただきます。 <材料> きゅうり 20g かぼちゃ 15g プレーンヨーグルト 15g <作り方> ・きゅうりは皮をむいて5㎜の厚さのスティックにする ・かぼちゃは皮とワタと種を取って煮やすい大きさにする 1. かぼちゃときゅうりを別々にやわらかくなるまでゆがく 2. かぼちゃをつぶしてプレーンヨーグルトと合わせる 3. きゅうりの横に2を添える.

次の

9ヶ月の離乳食(中期~後期)超リアルな献立例1週間。冷凍ストックと簡単手抜きレシピで乗り切る!

離乳食 9 ヶ月

スポンサーリンク 卒乳のきっかけ 生後8ヶ月頃から息子の授乳時間が凄く長くなっていました。 長い時で1時間近くも満足しないような状況です。 くわえても飲んでいない、 飲んだと思ったらすぐ離す。 そんな感じで飲んでない時間の方が多いくらいでした。 そして生後9ヶ月になった当日に試しに朝の授乳を止めてみました。 するとなんとそのまま母乳を欲しがる事がなくなってしまいました。 あまりちゃんと飲まないとは言え、 さすがに止めたら泣くだろうと思っていたので、 ここまですんなり行くと逆に離乳食どうしようとなったのです。 卒乳までの離乳食の進め方 我が家の離乳食開始は生後5ヶ月からでした。 そこから生後9ヶ月を迎えるまでの離乳食の進め方は、 市販の離乳食のアドバイスブック通りに進めてきました。 我が家でお世話になった離乳食本はコチラです。 そこに母乳かミルクを満足するまで飲ませていました。 卒乳以降の離乳食 基本的には離乳食本通りの分量を基本として、 炭水化物10g位増やしてみたり、 野菜類を30gにしてみたり、 タンパク質には必ず豆腐を追加してみたり、 試行錯誤していました。 しかし、明確な指示が無いため、 これで息子がしっかり育つのか不安は抱えていました。 保育士さん、小児科医からのアドバイス 卒乳後しばらくしてから、 保育士さんと小児科医からもらったアドバイスをもらう機会があったのはとてもラッキーでした。 共通してたのはとにかく 食べるだけ与えて大丈夫 営養バランスよりも食べる事に慣れること でした。 単純なアドバイスでしたが、 離乳食の量や営養バランスに悩んでいたときでしたので非常に心が軽くなりました。 現在までの離乳食のメニュー 保育士さんや、小児科の先生に、 アドバイスをもらって以降は残してもいいので多目に離乳食を用意するスタイルになりました。 それまでは1回の離乳食毎に、 炭水化物を増やすか、野菜を増やすか、タンパク質を増やすかローテーションしていましたが、 アドバイス以降は全部を増やしてあげるようにしました。 卒乳から1歳まで 1食あたりのグラム• 5倍粥・・・120g• ベビーうどん・・・乾麺の状態で20g• パン・・・8枚切り食パン1枚• 野菜・・・40g• 肉・魚・・・20g を目安に組み合わせて食べさせていました。 野菜は基本的に、で紹介した野菜の煮込を冷凍しておいた物のみを使用していました。 肉は茹で鳥ササミ、炒めた鳥挽き肉、炒めた豚挽き肉の3種類を冷凍したもの、 魚はツナ缶、茹でたタラをローテーションしていました。 初めての食材の場合は、 離乳食とは別にそれだけを単品で準備してアレルギーに備えました。 ちなみに朝昼夕ともに完食は1日1回あれば多いほでした。 1歳から 5倍粥から普通に炊いたお米にして、120gから150gに増やしました。 野菜は40gから20gへ減らして、 その代わり牛乳50gにベビー野菜だし小さじ1と、トウモロコシとかカボチャの水で溶けるフレークを大さじ2溶かしたポタージュを毎食追加しました。 肉・魚は20gのまま豆腐20gを追加するようにしました。 1歳6ヶ月現在のご飯 今現在はメニューはなるべく固定して、 準備の負担をなるべく減らしています。 朝 基本的にパン食 スティックパン1本 チョコチップ味以外 バナナ1本 ヨーグルト100g ヨーグルトはジャムやハチミツ 1歳以下は厳禁 を加えたり、バナナと和えたりしています。 昼 肉、魚食 お米150gと、 炒めたみじん切りキャベツ、ニンジン、肉・魚を炒めた物を混ぜた簡単チャーハンとか。 レンチンオムレツを乗せたオムライスとか。 前述の牛乳ポタージュも出します。 初めての食材は昼にあげるようにしています。 夕 大豆食 冷凍野菜、豆腐、納豆を和えたおかず お米150g 牛乳ポタージュ でほぼ固定です。 毎日メニュー変えるのしんどいと奥さんと共通で認識しているので、 1日の内朝と夕のメニューがほぼ固定なので非常に準備が楽です。 おわりに ここまで色々な離乳食の状況を書いてきましたが、 ベビーフードめっちゃ使ってます! 笑 てかベビーフードない離乳食とか考えられません! みんな楽しようぜ!.

次の