デュエマ アプリ デッキ。 【デュエマプレイス】青赤速攻の最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

【デュエマプレイス】青赤速攻の最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

デュエマ アプリ デッキ

はじめに カードゲームを始める時、最初に買うものは何か? カードを守るためのスリーブ?はたまた心地よくプレイするためのプレイマットでしょうか? どちらも重要なアイテムではありますが、しかし答えはノーです。 はじめに買うのは、魅力を感じた構築済みデッキと少しのパックです。 アニメで好きなキャラクターのデッキを、イラストが好きな切札が入っているデッキを買い、いろいろ試し、パックを買い足しながら自分だけのデッキにしていく。 選ぶ際の基準は、自分の直観に従っていただいて構いません。 しかし今回はあえて、そんな構築済みデッキ「スタートデッキ」の中から特におすすめのものを紹介させていただきます。 これから始めようとしている初心者の方や、最近デュエマに復帰したという方たちに広めていただけると幸いです。 目次 スタートデッキとは? スタートデッキは、デュエルマスターズにおける初心者向けの構築済みデッキです。 デッキの核となる切札、序盤を守るクリーチャーや手札やマナなどのリソースを伸ばすカード、相手クリーチャーを除去するためのカードがバランスよく入っており、デュエルマスターズというゲームの基本を知るのに最適な商品になっています。 強力な限定カードなども収録されており、幅広いプレイヤーにとって魅力的な商品です。 上級者の方同士でも、構築済みデッキ対決など行うと非常に楽しく盛り上がるのでぜひ試してみてください。 2019年に発売されたスタートデッキにはいずれもGRクリーチャーが収録されており、何が出るかわからないドキドキの新システムガチャレンジ召喚を体感できるようになっています。 バランスの良い基本カードで構築されているスタートデッキを、自分の好みに合わせて少しずつ変えていくのは非常に楽しいものです。 今回はそんなスタートデッキの中でも特におすすめのものを紹介します! スタートデッキおすすめランキングBEST3 第3位 キャップのWAVEガチャ・パラダイス コピーして デッキを作成する• このデッキは、豊富なGR召喚呪文を使って次々にガチャレンジ召喚を行うデッキです。 GR呪文にはなんらかの付属効果がついていることが多いのですが、このデッキにはドロー効果付きの 《パラリラ・セーリング》、相手クリーチャーを手札に戻す《スパイラル a. 竜巻》などが多数収録されておりその強さを実感しやすいです。 また、手札に戻したり1ターン動きを止める形でのクリーチャーへの妨害は破壊などに比べるとその強さが理解されにくく軽視されがちなのですが、それらはゲームにおける「テンポ」という重要な要素で使うプレイヤーを有利にします。 水文明には、そのようなややわかりにくいもののしっかりと強いカードが多く、その価値を使うことで理解できるというのはこのデッキの大きな魅力です。 切札の《WAVE ウェイブ》は存在するだけで毎ターンGR召喚ができる典型的なシステムクリーチャー(そこにいるだけで価値を発揮するクリーチャー)であり、そういったカードの重要性を知れるというのも素晴らしい点です。 ゲームにおける重要な要素を学べるという点で、この商品をお勧めします。 マナドライブ3(水):このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンのカードが3枚以上で水文明があれば、相手のクリーチャーを1体選ぶ。 次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。 (ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札に含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す) 《C. Pカイト》は攻撃時に相手クリーチャー1体を止めることのできるGRクリーチャーです。 このデッキに収録されている 《シェイク・シャーク》と似た能力ですが、効果の発動タイミングで差別化がされています。 あちらと違い即効性はないものの、攻撃のたびに能力が発動します。 《知識と流転と時空の決断》はドロー、手札戻し、GR召喚の中から状況にあったものを2回実行できる能力を持ったカードです。 その場その場にあった力を使えるというのは強力で、どんな場面でも活躍できます。 墓地に呪文が4枚以上あればシールドトリガーを得るので、いざというときに自分を守ってくれることもあります。 他の2枚に比べると少し高いカードですが、その価値は十分ある1枚です。 第2位 キラのギラミリオン・ギラクシー コピーして デッキを作成する• このデッキは、先ほどのデッキとは違い、クリーチャーの効果でGR召喚を行い、物量で押し切るデッキです。 クリーチャー効果でGR召喚をするということは、単純に1枚のカードから2体分クリーチャーが並ぶので、圧倒的な展開力を誇ります。 クリーチャーを並べた後は、場に出ている自分のクリーチャーの数だけコストが軽くなる「シンパシー」能力を持ったフィニッシャーを出してさらに優位を広げます。 ブロッカーを持ったクリーチャーはそれほど多くないものの、「メタリカ」という種族特有の攻撃誘導効果を持ったクリーチャーが多く収録されているので、防御力も決して低くはありません。 そのターンに出したクリーチャーを疑似的なスピードアタッカーのように使える 《ギラミリオン・ギラクシー》が切札です。 数を並べて、殴る。 デュエマの基本に忠実なデッキです。 (GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する) (ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札には含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す) 《続召の意志マーチス》は、捲れるともう1度GR召喚を行える大当たりのGRクリーチャーです。 効果を発動するためにはマナが5枚必要なため最序盤は活躍しないのですが、ひとたび条件を満たせばものすごい勢いでクリーチャーの数を増やしてくれます。 展開を助けてくれるカードです。 第1位 ジョーの超ジョーカーズ旋風 コピーして デッキを作成する• このデッキは、新たに登場した水文明のジョーカーズを主体としたデッキです。 特筆すべきは味方を手札に戻すことで発動する「Jトルネード」です。 場のクリーチャーの数が減る代わりに、2マナの低コストクリーチャーの攻撃時に「2枚もドロー」したり「GR召喚」したり「相手クリーチャーを手札に戻し」たりと破格のスペックを発揮します。 メリットが大きい代わりに隙を生んでしまうJトルネードですが、場を離れたときに効果を発動するクリーチャーや登場時効果を使いまわしたいカードと合わせることでそのデメリットはメリットに代わります。 短所に思える能力も、使い方次第では長所になるというデュエルマスターズの奥深さを教えてくれるデッキです。 また、水のジョーカーズというものが登場してから歴史が浅く、既にデュエマになれているプレイヤーにも後れをとりにくい分野であることもおすすめポイントです。 他のスタートデッキより少し高いですが、その分レアカードも多く採用されています。 そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 《ジョリー・ザ・ジョルネード》は味方をコスト10以上になるように選んで手札に戻すことで、相手のターンの終わりに現れる水ジョーカーズの頭領的存在です。 自身を出すために減ったバトルゾーンには、3体のGRクリーチャーを送り込むことでしっかり補填します。 味方ジョーカーズにもブロックされない効果を付与するので、一気に逆転することが可能です。 そうしたら、カードを2枚引く。 このデッキはメインデッキには優秀なカードが多いものの、GRクリーチャーの中にはいまいちパッとしないものも含まれています。 使ってみてあまりしっくりこなかったGRクリーチャーと入れ替えてみてほしいのがこの 《ゴッド・ガヨンダム》です。 手札を増やすことができ、コストも4とガチャレンジクリーチャーの中では重く、 《ジョリー・ザ・ジョルネード》との相性が良いです。 (GRクリーチャーの持つコストは実際に払うわけではないので、コストが大きいもののほうがお得感がありますね) やや値段ははってしまうものの、その強さは本物です。 予算的に厳しいという方は、こちらの《バイナラ・シャッター》などを試してみてください。 防御力が上がります。

次の

【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエマプレイス】

デュエマ アプリ デッキ

はじめに カードゲームを始める時、最初に買うものは何か? カードを守るためのスリーブ?はたまた心地よくプレイするためのプレイマットでしょうか? どちらも重要なアイテムではありますが、しかし答えはノーです。 はじめに買うのは、魅力を感じた構築済みデッキと少しのパックです。 アニメで好きなキャラクターのデッキを、イラストが好きな切札が入っているデッキを買い、いろいろ試し、パックを買い足しながら自分だけのデッキにしていく。 選ぶ際の基準は、自分の直観に従っていただいて構いません。 しかし今回はあえて、そんな構築済みデッキ「スタートデッキ」の中から特におすすめのものを紹介させていただきます。 これから始めようとしている初心者の方や、最近デュエマに復帰したという方たちに広めていただけると幸いです。 目次 スタートデッキとは? スタートデッキは、デュエルマスターズにおける初心者向けの構築済みデッキです。 デッキの核となる切札、序盤を守るクリーチャーや手札やマナなどのリソースを伸ばすカード、相手クリーチャーを除去するためのカードがバランスよく入っており、デュエルマスターズというゲームの基本を知るのに最適な商品になっています。 強力な限定カードなども収録されており、幅広いプレイヤーにとって魅力的な商品です。 上級者の方同士でも、構築済みデッキ対決など行うと非常に楽しく盛り上がるのでぜひ試してみてください。 2019年に発売されたスタートデッキにはいずれもGRクリーチャーが収録されており、何が出るかわからないドキドキの新システムガチャレンジ召喚を体感できるようになっています。 バランスの良い基本カードで構築されているスタートデッキを、自分の好みに合わせて少しずつ変えていくのは非常に楽しいものです。 今回はそんなスタートデッキの中でも特におすすめのものを紹介します! スタートデッキおすすめランキングBEST3 第3位 キャップのWAVEガチャ・パラダイス コピーして デッキを作成する• このデッキは、豊富なGR召喚呪文を使って次々にガチャレンジ召喚を行うデッキです。 GR呪文にはなんらかの付属効果がついていることが多いのですが、このデッキにはドロー効果付きの 《パラリラ・セーリング》、相手クリーチャーを手札に戻す《スパイラル a. 竜巻》などが多数収録されておりその強さを実感しやすいです。 また、手札に戻したり1ターン動きを止める形でのクリーチャーへの妨害は破壊などに比べるとその強さが理解されにくく軽視されがちなのですが、それらはゲームにおける「テンポ」という重要な要素で使うプレイヤーを有利にします。 水文明には、そのようなややわかりにくいもののしっかりと強いカードが多く、その価値を使うことで理解できるというのはこのデッキの大きな魅力です。 切札の《WAVE ウェイブ》は存在するだけで毎ターンGR召喚ができる典型的なシステムクリーチャー(そこにいるだけで価値を発揮するクリーチャー)であり、そういったカードの重要性を知れるというのも素晴らしい点です。 ゲームにおける重要な要素を学べるという点で、この商品をお勧めします。 マナドライブ3(水):このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンのカードが3枚以上で水文明があれば、相手のクリーチャーを1体選ぶ。 次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。 (ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札に含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す) 《C. Pカイト》は攻撃時に相手クリーチャー1体を止めることのできるGRクリーチャーです。 このデッキに収録されている 《シェイク・シャーク》と似た能力ですが、効果の発動タイミングで差別化がされています。 あちらと違い即効性はないものの、攻撃のたびに能力が発動します。 《知識と流転と時空の決断》はドロー、手札戻し、GR召喚の中から状況にあったものを2回実行できる能力を持ったカードです。 その場その場にあった力を使えるというのは強力で、どんな場面でも活躍できます。 墓地に呪文が4枚以上あればシールドトリガーを得るので、いざというときに自分を守ってくれることもあります。 他の2枚に比べると少し高いカードですが、その価値は十分ある1枚です。 第2位 キラのギラミリオン・ギラクシー コピーして デッキを作成する• このデッキは、先ほどのデッキとは違い、クリーチャーの効果でGR召喚を行い、物量で押し切るデッキです。 クリーチャー効果でGR召喚をするということは、単純に1枚のカードから2体分クリーチャーが並ぶので、圧倒的な展開力を誇ります。 クリーチャーを並べた後は、場に出ている自分のクリーチャーの数だけコストが軽くなる「シンパシー」能力を持ったフィニッシャーを出してさらに優位を広げます。 ブロッカーを持ったクリーチャーはそれほど多くないものの、「メタリカ」という種族特有の攻撃誘導効果を持ったクリーチャーが多く収録されているので、防御力も決して低くはありません。 そのターンに出したクリーチャーを疑似的なスピードアタッカーのように使える 《ギラミリオン・ギラクシー》が切札です。 数を並べて、殴る。 デュエマの基本に忠実なデッキです。 (GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する) (ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札には含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す) 《続召の意志マーチス》は、捲れるともう1度GR召喚を行える大当たりのGRクリーチャーです。 効果を発動するためにはマナが5枚必要なため最序盤は活躍しないのですが、ひとたび条件を満たせばものすごい勢いでクリーチャーの数を増やしてくれます。 展開を助けてくれるカードです。 第1位 ジョーの超ジョーカーズ旋風 コピーして デッキを作成する• このデッキは、新たに登場した水文明のジョーカーズを主体としたデッキです。 特筆すべきは味方を手札に戻すことで発動する「Jトルネード」です。 場のクリーチャーの数が減る代わりに、2マナの低コストクリーチャーの攻撃時に「2枚もドロー」したり「GR召喚」したり「相手クリーチャーを手札に戻し」たりと破格のスペックを発揮します。 メリットが大きい代わりに隙を生んでしまうJトルネードですが、場を離れたときに効果を発動するクリーチャーや登場時効果を使いまわしたいカードと合わせることでそのデメリットはメリットに代わります。 短所に思える能力も、使い方次第では長所になるというデュエルマスターズの奥深さを教えてくれるデッキです。 また、水のジョーカーズというものが登場してから歴史が浅く、既にデュエマになれているプレイヤーにも後れをとりにくい分野であることもおすすめポイントです。 他のスタートデッキより少し高いですが、その分レアカードも多く採用されています。 そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 《ジョリー・ザ・ジョルネード》は味方をコスト10以上になるように選んで手札に戻すことで、相手のターンの終わりに現れる水ジョーカーズの頭領的存在です。 自身を出すために減ったバトルゾーンには、3体のGRクリーチャーを送り込むことでしっかり補填します。 味方ジョーカーズにもブロックされない効果を付与するので、一気に逆転することが可能です。 そうしたら、カードを2枚引く。 このデッキはメインデッキには優秀なカードが多いものの、GRクリーチャーの中にはいまいちパッとしないものも含まれています。 使ってみてあまりしっくりこなかったGRクリーチャーと入れ替えてみてほしいのがこの 《ゴッド・ガヨンダム》です。 手札を増やすことができ、コストも4とガチャレンジクリーチャーの中では重く、 《ジョリー・ザ・ジョルネード》との相性が良いです。 (GRクリーチャーの持つコストは実際に払うわけではないので、コストが大きいもののほうがお得感がありますね) やや値段ははってしまうものの、その強さは本物です。 予算的に厳しいという方は、こちらの《バイナラ・シャッター》などを試してみてください。 防御力が上がります。

次の

【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエマプレイス】

デュエマ アプリ デッキ

最初から持ってるカードで既に 強いので無課金だろうと課金だろうと デッキは水で補佐していくといいよ。 S・トリガーは19枚搭載しており、 シールドが割られても大体反撃が可能です。 更に半数はコストが軽いので手札からでも使いやすいです。 特に ハンター・クラスターは攻撃可能なブロッカー スパイラル・スライダーは大半のカードを手札に戻せるので優秀です。 主な立ち回り方 ヴァルディオスを出して勝負を決めていくので、 2ターン目にはボーグかタイラーを出しておきたいです。 たまに両方とも手札にこないこともありますが、 その時はクック・ポロンを優先して出しましょう。 ヴァルディオスを少しでも引き当てる可能性を上げる為に アクア・ハルカスはちゃんと4枚入れましょう。 ネオ・ブレインはあまり多くても使いにくいので 2枚にしてあります。 相手のAIとカードが弱い(S・トリガー少なめ)ストーリー序盤は このデッキだけで無双できるレベルで早いで強いです。 具体的には 牛次郎が出てくるまでは このデッキだけで十分戦えます。 カードが増えたらもっと早くできるので、 そういった楽しみもありますよ。 自然光インセクト 火水の速攻デッキを使っていて ブロッカーを並べられ 勝てないと感じてきたらこちらのデッキがオススメです。 このデッキのフィニッシャーである 大昆虫ガイアマンティスは、 パワー9000以下のクリーチャーにブロックされません。 序盤は 鎮圧の使徒サリエスで守りを固めていくので、 そう簡単に手出しはできません。 逆に同じタイプのデッキが弱点になりますが、そこは割り切りましょう ホーリー・スパークはストーリーを進めると 必ず1枚貰えるので、 1枚だけ入れてあります。 主な立ち回り方 ガイアマンティスを出すまでに序盤はどこまで繋げられるかかカギです。 手札次第で出すまでのルートは2つ。 サリエスやブルーレイザー・ビートルで攻撃を抑制させるか、 マナを溜めて早期召喚を狙うかです。 手札の消費が激しいので、 磁力の使徒マグリスはちゃんと4枚入れましょう。 それと 光臨の精霊ピカリエを持っているのであれば、 マグリスと入れ替えます。 (ほぼ上位互換の為) もしもマナが溜めにくいと感じたら、 ソード・バタフライを青銅の鎧と交換しても問題ありません。 一度説明しましたが同型のデッキに弱いので、 そこだけは本当に注意して下さい。 水闇ハンデス ハンデスとはハンドディストラクション(手札破壊)の略です。 手札を破壊して相手のしたいことをさせない嫌らしいデッキになります。 ゴースト・タッチ、 卵胞虫ゼリー・ワーム、 汽車男でドンドン 手札を破壊していき、 エナジー・ライトや アクア・ハルカスで手札を稼ぎます。 デーモン・ハンドと アクア・サーファーはストーリーを進めると 必ず1枚貰えるので、1枚は必ず入れておきましょう。 (上記画像は2枚入ってるので、1枚しかない場合は ファントム・バイツか ブラッディ・イヤリングにしておきましょう。 ) 全体的にパワーが低くて殴り返されやすいので、 呪いの影シャドウ・ムーンを入手したらすぐさま組み込みましょう。 主な立ち回り方 カードの比率は闇の方が多い為、 ゴースト・タッチが手元にあれば、2ターン目にはほぼ確実に使えます。 それと3ターン目はゼリー・ワームを出すかアクア・ハルカスを出しましょう。 スパイラル・スライダーで相手のクリーチャーを戻してから 手札を破壊するというテクニックもあります。 フィニッシャーは剣舞の修羅ヴァシュナ 5マナで7000のW・ブレイカー持ちですが、相手のシールドが0枚だと 攻撃できなくなるので、攻撃するタイミングをある程度見極める必要があります。 どんなデッキに対しても ある程度有利対面が取れるのも強みです。 水闇光籠城コントロール 少し慣れてきて カードが増えてきたら 待って勝つことも覚えてみましょう。 具体的には 試練の塔後半辺りで組んでみることをオススメします。 速攻は良いものですが シールドを攻撃すると S・トリガーで反撃されてしまうリスクもあります。 (デュエマはそれが面白いけれど) なので 敢えてシールドを攻撃しないデッキになってます。 ひたすら呪文で妨害してブロッカーで防御に徹します。 ロスト・ソウルが出にくいカードで8マナも使うので、 無理して入手する必要がありませんが、 最低でも ゴースト・タッチ3枚と 暁の守護者ファルイーガ1枚があれば 組むことが可能になります。 主な立ち回り方 ブロッカーで守りを固めてゴースト・タッチを使います。 1ターン目にゴースト・タッチが手札にあれば優先して使いましょう。 同じく手札を破壊する汽車男も結構便利です。 後半は 暁の守護者ファル・イーガで必要な呪文を回収して 更に時間を稼ぎましょう。 もしも守りの面が不安ならば、 預言者コロン2枚、鎮圧の使徒サリエス4枚の配分にしてもよいでしょう。

次の