シュバルゴ ハイパーリーグ 個体値。 【ポケモンGO】トゲキッスのレベル別CPと個体値一覧

【ポケモンGO】クレセリアがハイパーリーグで増えすぎ!強さの理由とは一体?おすすめの対策ポケモンも紹介します

シュバルゴ ハイパーリーグ 個体値

対戦したレート帯:ランク8、9(2000~2550)• 試合数:315 — ポケモン 選出数 初手選出数 初手選出率 1 ギラティナA 138 44 31. ハイパーリーグともなると活躍できるポケモンにも限りが出てきて、スーパーリーグと比べ半分以下の種類となっています。 ハイパーリーグの王者ギラティナ(アナザーフォルム) 選出数トップはシーズン1から変わらず ギラティナ(アナザーフォルム)です。 ギラティナAの特長は• 優れた耐久力• 優秀な耐性(みず、むし、どく、くさ、ほのお、でんき、ノーマル、かくとう)• 特別な技持ちの御三家に強い• ラグラージに基本有利• 優秀な技1(火力のりゅうのいぶき、ゲージ増加のシャドークロー)• 回転の速い技2(ドラゴンクロー、かげうちorげんしのちから) などなど、挙げればキリがありません。 レイドやリワードで入手できる機会もそこそこあるので、入手できたら 不思議なアメを投資する価値は十分にあります。 しかもCP2500までのわずかな強化と、解放分だけなので 育成に必要なアメは100個強程度。 それだけで即戦力となります。 まだ作っていないのなら、迷わず育成することをおすすめします。 マッドショットによる高速のゲージ溜め• エネルギー消費少なく高威力のハイドロカノンを連発• 鋼など対応範囲の広い高火力なじしん 何度相手にしてもやっかいなポケモンです。 クッション役として優秀なカビゴン カビゴンの初手選出率が非常に低いのが面白いです。 相手に対して大きく勝つこともないが、大きく負けることもないため、 出し負けた際のクッション役として優秀なことが伺えます。 技1の したでなめるはゴーストタイプのためギラティナに抜群を取れますし、自身がノーマルタイプのため 相手のゴースト技は2重耐性で受けることができます。 これにより、同じくクッション役として優秀な シャドークロー型のギラティナを封じ込めることが可能です。 クレセリアの覚醒 クレセリアの選出数が激増しています。 選出数ランキングは日に日に上昇し、6月30日現在で第3位となっています。 最大の要因は ムーンフォース の強化でしょう。 ゲージ効率が改善し、3割の確率で相手の攻撃を下げるデバフ効果付き。 ハイパーリーグ帯トップクラスの耐久力で破格の性能と言えます。 先日実装された 特別技 くさむすびも対ラグラージ兵器として脅威です。 アーマードミュウツーの選出数が激減 クレセリアと同じエスパータイプの アーマードミュウツーですが、こちらは逆に選出数が減っています。 ばくれつパンチorじしんによって レジスチルに打点を持つという強みがあるものの、役割の近いムーンフォースが強化された クレセリアとの勝負には不利というのが影響しているのでしょうか。 リザードンが流行っている! 以下の記事でシーズン2のおすすめ対策ポケモンとして リザードンを紹介しましたが、予想通りかなり流行っています。 レジスチルに圧倒的有利• フェアリー系のあまえるを軽減• 当然くさポケモンにも圧倒的有利• 基本不利だが、ドラゴンクローでギラティナを削ることも可能 これだけレジスチルやフェアリーが多い環境だとぶっ刺さってますね。 もちろんラグラージには注意ですが。

次の

【ポケモンGO】トゲキッスのレベル別CPと個体値一覧

シュバルゴ ハイパーリーグ 個体値

クレセリアが環境に増えている! クレセリアが本当に増えています。 シーズン1以降、各リーグ専用期間の出現ポケモンを全て記録しているのですが、シーズン2に入ってからクレセリアが本当に増えています。 シーズン1(2020年3月28日~4月11日):7体• シーズン2(2020年6月2日~6月9日):28体 シーズン2のハイパーリーグが始まってから 約1週間で28体も選出しています。 (ハイパーリーグ帯ではギラアナ、ラグラージ、アロベトに次いで第4位)。 いっぽう シーズン1では2週間かけてわずか7体。 半分の期間で4倍の出現数ということですから、 シーズン2に入ってから 8倍 に増えた計算になります。 クレセリアの種族値、技 タイプ エスパー 最大CP 2857 攻撃 152 防御 258 HP 260 弱点(2. 56倍) 弱点(1. 6倍) あく、むし、ゴースト 耐性(0. 625倍) かくとう、エスパー 耐性(0. 391倍) 耐性(0. 技1 技名 タイプ 威力 ゲージ 時間 EPT サイコカッター エスパー 3. 6 9 2 4. 5 ねんりき エスパー 19. 2 12 4 3• 技2 技名 タイプ 威力 消費 DPE 備考 オーロラビーム こおり 80 60 1. 34 みらいよち エスパー 144 65 2. 22 ムーンフォース フェアリー 110 60 1. こうしたステータス配分はスーパーリーグとハイパーリーグに有利で、 クレセリアの実質的な総合ステータスはハイパーリーグ帯でトップクラスです。 等倍の殴り合いではほぼ負けないと言ってもいいくらい強いです。 では、なぜシーズン1ではあまり見なかったのか?それはポケモンのもう一つのステータスともいうべき 「技」がいまいちだったからでした。 技構成が超優秀になった しかし、シーズン2開始に伴い、クレセリアの技に大きな変化が二つありました。 ムーンフォースの超強化 シーズン2開始に伴い技の調整が行われましたが、そこでクレセリアが覚える ムーンフォースが超絶強化されました。 — 威力 消費 DPE 備考 変更前 130 70 1. 45 — 変更後 110 60 1. ただでさえ硬いクレセリアに対して攻撃力のデバフをかけられると、 クレセリアはまさに要塞と化します。 特別技によるくさむすびの習得 同時に 特別技として草タイプとしてかなり優秀な技である くさむすびが実装されました。 この「くさむすびクレセリア」は ジェネレーションチャレンジのリワードとして捕まえることができましたし、 すごい技マシンを使うことで覚えさせることもできます。 エネルギー消費も少なくDPEが優秀な技で、 ハイパーリーグを荒らしまわっている ラグラージキラーとしての役割を持っています。 とにかくムーンフォースが強い 以上2つの技の変化によりクレセリアは環境入りを果たしました。 どちらも優秀な技ですが、ムーンフォースの強化が大きいでしょう。 技の範囲や性能が優秀すぎます。 ハイパーリーグトップメタの ギラティナに抜群が突けるのもでかいです。 サイコカッターのチャージ効率が高いことが連発を可能にしています。 対抗手段のないパーティーの場合、壊滅させられるでしょう。 おすすめ技構成 クレセリアとしておすすめの技構成は、技1はチャージ効率の高い「サイコカッター」を固定として、技2は• ムーンフォース、みらいよち• ムーンフォース、くさむすび の2択になるでしょう。 高性能な ムーンフォース は固定として、 タイプ一致の高火力技である みらいよちか、 ラグラージを瞬殺可能な くさむすびのどちらかを持たせるのがおすすめです。 くさむすびは入手難易度高いですが。 オーロラビームはDPEが悪いのであまりおすすめできません。 対ドラゴン用であればムーンフォースでいいですし、対草であればみらいよちでも代用が効くことが多いでしょう。 クレセリアの対策ポケモン 最後にクレセリアの対策ポケモンを紹介します。 レジスチル 対策筆頭は レジスチルでしょう。 鋼タイプは、クレセリアの全ての技に耐性があります。 メルメタル レジスチルと同じように鋼で受けることができます。 アローラベトベトン クレセリアのムーンフォースは等倍となってしまいますが、こちらの悪技を抜群で通せます。 ハッサム 鋼タイプのため今一つで受けながら、 れんぞくぎり、つじぎりのコンボで抜群を与えていきましょう。 シュバルゴ 同じく鋼タイプのため今一つで受けることができます。 大技である メガホーンが抜群です。 ただし主力の技1であるカウンターが今一つのためシールドを使われると辛いので注意。 ハイパーリーグの環境動向は以下の記事で日々チェックしています。

次の

【ポケモンGO】PvP個体値ランク表

シュバルゴ ハイパーリーグ 個体値

わざ選びについて シュバルゴが覚えるわざは以下のとおりです。 ノーマルアタック• むしくい• カウンター スペシャルアタック• メガホーン• つばめがえし• ドリルライナー• アシッドボム ノーマルアタックはカウンターを選びましょう。 タイプ一致のむしくいも悪くないですが、冒頭でも挙げた「はがねタイプを狩るはがね」がこのポケモンのコンセプトになるので、カウンターをおすすめします。 スペシャルアタックは、ドリルライナーは必須として、環境に多いクレセリアに弱点をつけるメガホーンがおすすめです。 または、ミラー対面に強く、補助わざとして優秀なアシッドボムも良いと思います。 基本はドリルライナーとメガホーンですが、アシッドボムの型もいることを忘れずに自身の構築や役割、好みで選ぶと良いでしょう。 個体値厳選について シュバルゴもSCPが高いほうが良いのは間違いないですが、 カウンターのダメージが1多く入った方が良いケースがあります それでいて、被ダメにもブレークポイントが多いポケモンなので、詰めれば詰めるほど厳選はシビアになっていきます。 この条件を満たした場合、 シュバルゴとピクシーが対面した時にピクシーがシールド2枚使ってゴリ押して来ても負けなくなります (ただしわざの差し込み必須で、かつピクシーのムーンフォースでデバフが発動しない場合) 詳細はみんポケのPvPシミュレータをご覧ください。 他にもメリットとしては、 SCP1位のギャラドスに対してカウンターのダメージが4から5になります これにより、シールド1枚同士だとシュバルゴ側が勝つようになります 詳細はみんポケのPvPシミュレータをご覧ください。 また、レジスチルに対してもカウンターのダメージが6から7になります デメリットとしては、SCP1位のリザードンからのほのおのうずのダメージが20から21になります。 この厳選基準でみんポケの個体値ランクチェッカーで調べてみてください(735通りあります)。 さらに絞る場合 もっとシビアに厳選したいんや!という場合は、ぼうぎょ特化のギャラドスでもカウンターが5入るように絞ります(375通りになります)。 ここまで絞ると得られるメリットは、 SCP1位のリザードンに対してカウンターのダメージが4から5になります SCP1位のカビゴンに対してカウンターのダメージが11から12になります SCP1位のタチフサグマに対してカウンターのダメージが14から15になります ハイパーリーグでよく見られると思われるポケモンに絞っての調査になるので、他にもメリットやデメリットがあると思います。 あくまで私の基準として参考にしていただければと思います。 最後に いかがでしたでしょうか。 シュバルゴはそれこそトゲキッスやリザードンにはすごく弱いですが、環境に多いクレセリアやレジスチルといったポケモンに有利に戦える優秀なポケモンなのでぜひ育成してみたいポケモンの1匹といえます。 今回の厳選はかなりシビアになってしまいますが、更に絞った場合の厳選条件における理想個体は5-10-4となり、 天候ブーストがかかっていても狙える個体 となるので、狙えるチャンスはあると思います。 とはいえ、厳選できないから使わないというのももったいないので、厳選できなくてもいいから交換などで入手して育成コストを下げた状態で使ってみるのをおすすめします。 まずは使ってみることが大事で、そこから使いやすい、自分のパーティと相性が良い、環境に刺さってる等もっと良い個体が欲しいと思った時にこの記事を思い出していただければ嬉しいです。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の