歌 の お 兄さん 杉田。 「9代目歌のお兄さん」としての杉田あきひろさんの逮捕報道に思うこと

歴代歌のお兄さんのその後は?だいすけお兄さんが卒業!

歌 の お 兄さん 杉田

経歴 [ ] 、慶應義塾大学在学中にミュージカル、『』のオーディションに合格し、舞台デビュー。 その他、多数の作品に出演する。 から4月5日まで、4年間にわたって『』9代目を務めた。 うたのおにいさん就任中、発売の『』においての使用疑惑が報じられた。 杉田は発売元のを相手取って、損害賠償を求めるを起こしている。 同番組の卒業後は『』にバーチック役で出演。 そのほか子供関連を中心に舞台、コンサート、TVなどで活躍。 』には、おかあさんといっしょ出演中のからまで11年に渡って参加していた。 頃からはシャンソンライブに活動のメインを置いており、逮捕前に当たるまで月に1回のペースでにあるライブハウス『新巴里』でのライブに参加していた。 、内でにより、違反の疑いでされた。 取調べに対し本人は、容疑を認めたと報じられた。 2016年6月14日にで開かれた初公判では、覚醒剤使用を認め、『おかあさんといっしょ』のコンサートツアーのメンバーから降ろされたことが遠因であると説明すると同時に、「今まで携わってきた仕事上の仲間や番組を見ていた子供たち、親御さん、家族にも迷惑をかけてしまったことを反省しています」と述べた。 6月20日、懲役1年6月執行猶予3年の判決が言い渡された。 年齢は逮捕時の報道では「50歳」 、初公判時には「51歳」 とされ、それまで1967年生まれと称して芸能活動を行っており、公称年齢を2歳偽っていたという報道もなされた。 2016年7月19日、系列のの取材に応じた模様が放送された。 この中で裁判以降の様子が密着取材され、都内の自宅を引き払い、にあるで依存症回復プログラムを受ける為に寮生活をしている模様が取り上げられた。 2017年1月、杉田の再起を支援したいという職員の発案で、同村内で杉田のコンサートが開かれた。 2018年1月10日のフジテレビ系列の「」に出演した。 なお、逮捕報道以降の各種メディア取材においては本名の杉田光央表記で取り上げられているが、歌手活動としては引き続き杉田あきひろ名義で活動している。 2019年6月29日、執行猶予が開けたためを出所し、その後自身のを開設する。 2019年9月9日、「ASK認定依存症予防教育アドバイザー」の資格を取得する。 2020年3月1日、主催の「依存症の理解を深めるための普及啓発イベント」に・と共に出席。 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (、1999年4月5日 - 2003年4月5日) - 9代目 舞台 [ ] ファミリーコンサート 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 1999年 杉田あきひろ、、、 、、、、 、、 杉田あきひろ、、、 、、、、 、、 、、 、、、 、、 、、 、、、 杉田あきひろ、、、 、、、、 、、 、、、 2000年 杉田あきひろ、、、 、、、、 杉田あきひろ、、、 、、、 2001年 杉田あきひろ、、、 、、、、 杉田あきひろ、、、 、、、 2002年 杉田あきひろ、、、 、、、 、、 (大学時代、エキストラ出演) 杉田あきひろ、、、 、、、 、、 2003年 、、、 、、、 杉田あきひろ、 2009年 、、、 、、 、、 、、、 、 、、、 杉田あきひろ、(初日のみ)、、 、 、、 応援サイト [ ] 2020年にファンが開設したサイトに杉田自身が許可を出したことから、公式応援サイトとなった [ ]。 インスタグラムも開設されている(いずれも下記外部リンクを参照)。 脚注 [ ]• 2016年6月16日. 2016年7月31日閲覧。 - 杉田あきひろの《RINJI》ブログ!(2013年5月6日)• 2016年6月14日. 2016年6月14日閲覧。 スポーツ報知. 2016年6月20日. 2016年6月20日閲覧。 2016年7月19日 2016年12月10日閲覧。 産経新聞. 2017年1月24日. 2017年12月17日閲覧。 外部リンク [ ]• (新ブログ)• (旧ブログ)• AkihiroSugita -• (公式)• (公式) 先代: 第9代:4月5日-4月5日 次代:• (1988)• (1989春)• (1989秋)• (1990春)• (1990秋)• (1991春)• (1991秋)• (1992春)• (1992秋)• (1993春)• (1993秋)• (1994春)• (1994秋)• (1995春)• (1995秋)• (1996春)• (1996秋)• (1997春)• (1997秋)• (1998春)• (1998秋)• (1999春)• (1999秋)• (2000春)• (2000冬)• (2001春)• (2001秋)• (2002春)• (2002秋)• (2003春)• (2003秋)• (2004春)• (2004秋)• (2005春)• (2005秋)• (2006春)• (2006秋)• (2007春)• (2007秋)• (2008春)• (2008秋)• (2009春)• (2009秋)• (2010春)• (2010秋)• (2011春)• (2011秋)• (2012春)• (2012秋)• (2013春)• (2013秋)• (2014春)• (2014秋)• (2015春)• (2015秋)• (2016春)• (2016秋)• (2017春)• (2017秋)• (2018春)• (2018秋)• (2019春)• (2019秋)• 初代;(1971年11月3日 - 1977年3月8日)• 2代目;(1976年4月12日 - 1979年3月17日)• 3代目;(1977年4月11日 - 1979年3月17日)• 4代目;(1979年4月2日 - 1981年4月3日)• 5代目;(1981年4月6日 - 1983年4月2日)• 6代目;(1981年4月6日 - 1985年3月30日)• 7代目;(1985年4月1日 - 1993年4月5日)• 8代目;(1993年4月5日 - 1999年4月3日)• 9代目;(1999年4月5日 - 2003年4月5日)• 10代目;(2003年4月7日 - 2008年3月28日)• 11代目;(2008年3月31日 - 2017年4月1日)• 12代目;(2017年4月3日 -.

次の

杉田あきひろが薬で逮捕!病気で入院の噂も現在のスキャンダルと関係が?

歌 の お 兄さん 杉田

仕方ないことだとしても、「歌のおにいさん」は一括りに見られてしまうことの悲しさ 杉田あきひろさんは1999年から2003年の4年間、NHK「おかあさんといっしょ」の9代目歌のお兄さんを務めていました。 もともとは慶応義塾大学在学中にミュージカル「レ・ミゼラブル」で舞台デビューするなど、ミュージカル俳優だったとのこと。 「おかあさんといっしょ」卒業後も関連イベント(「ポコポッテイト/モノランモノラン/ぐーチョコランタン がやってきた!」)に長年参加しています。 就任中の2000年に覚醒剤の使用疑惑が「サンデー毎日」で報じられ、釈明会見をおこなうなど異例の事態も起きていました。 覚醒剤疑惑報道もあってか、茶髪の長髪かつ日に焼けすぎている独特なスタイルは賛否両論あったようです。 私にとっては子ども時代に見ていた「歌のおにいさん」ではないので、どうしてもそういった経歴の字面だけ読むことになります。 だから実感としての自分にとっての「歌のお兄さん」ではありません。 それでも、今回の報道はやはり驚いたしショックでした。 報道に違和感を感じたひとつは、「歌のお兄さん」という見出しが先行したこと。 有名人ではありますが歌のお兄さんのフルネームを覚えている人はそう多くなく、ましてや何代も前のお兄さんならばなおのことでしょう。 だから「杉田光央」という名前や「俳優業の男」と書くよりも、「歌のおにいさん」と書いた方が世間にはわかりやすいのは事実です。 「歌のお兄さん」と書くことで、現役の横山だいすけお兄さんや歴代のお兄さんたちまでもがニュースのタイトルを見た読者から一瞬でも疑いの目で思い出されたのかと思うと悲しい。 杉田さんが「歌のお兄さん」であったことは事実ですが、そう書くことで他のお兄さんたちまで一括りに見られてしまうのですから、あまりにその部分を強調した記事はちょっと・・・と思います。 海外旅行で素行の悪い日本人旅行者がいればその土地の人の日本という国の印象を悪くしてしまうのと同じで、外の視点からは「1=ALL(全て)」、誰しも属しているものの代表という目で見られてしまうものだという意識が必要だと思います。 杉田あきひろさんは13年前に歌のお兄さんを卒業しているわけですが、その仕事はずっと残るもの。 そして「おかあさんといっしょ」に関連する仕事を続けていたのだから、自分が「歌のお兄さん」から遠く離れているわけではないことを意識していて欲しかった。 自分がやる行いが世間からは「歌のおにいさん」の行いとして評価される意識を、ちゃんと持っていて欲しかったです。 その覚悟を持って「歌のお兄さん」という仕事をしていたら、子どもに夢と希望を与える「歌のお兄さん」が薬物所持は決してやってはいけないことだと気付いて止められたのではないでしょうか。 色んな理由があるのかもしれませんが、それでも残念としかいいようがありません。 (別に「歌のおにいさん」以外の職業ならば薬物をやっていいという意味ではないです。 どの職業でも、もちろん絶対ダメなことには変わらないですよね) 「歌のおにいさん」業と、卒業後について思うこと 今回の報道を知ってもうひとつ思ったことは、「歌のおにいさん」業の厳しさと、それの対価。 週にまともな休みもなくリハーサルや公演に追われ、プライベートは旅行制限や交際制限があるなどとてもハードだと知られている「歌のおねえさん」業。 「歌のおにいさん」にしても同様だと思います。 やりがいのある仕事でかつ夢を叶えた仕事とはいえ、公私ともに「歌のおにいさん」であることが求められるそのストレスは大変なものでしょう。 でもそれをNHKの契約社員として求めているわけです(「歌のお兄さん・お姉さん」は契約社員だそうです)。 正社員という補償された身分ではなく、数年間に限った契約、でもそれが一生のしかかってくるわけですよね。 もちろん前向きに受け止めれば、その数年の契約で一生涯「歌のお兄さん・お姉さん」としての肩書きを手に入れて関連する仕事を請け負えるのかもしれません。 でもそれってどれくらい確固たる身分なんでしょうか。 ・・・何が言いたいかっていうと。 願わくば。 歌のお兄さん(お姉さん)として子どもや大人に夢や楽しさや笑顔を届けてくれた人たちが、自分たちの幸せも大事にできる生き方をしてほしいです。 それが卒業後に可能なスタイルが、キチンと存在していてほしいなぁ、と。 でもそこは芸能の世界ゆえに、その人の力量に任されるっていうのが現実なんですよね・・・。 《2016. 19追記》 リハビリ中の様子がテレビで放送されました。 そこで説明された覚醒剤に手を出した理由が「長年続けていたNHKのコンサートの仕事を失ったことがきっかけ」だったとのこと。 なくなり方もいきなりで、相談できる人もいなかったと。 切ない。 もちろん、だからといって薬物に逃げていいわけではないし、コンサートの仕事がなくなったことにも関係者側としては理由があってのことかもしれません。 個人としての頑張りがしっかり必要な世界なのだとは思いますが、卒業後もしっかり成り立っていく人の結びつき、スタイルがなんとか存在できなかったのかな・・・と改めて考えてしまいました。 何にしても、おきてしまった事実は変えられないもの。 更生に向けての道が周りの興味本位や悪意で妨げられないことを願っています。 なんだかそれを振り払うようなブログ内容のゆうぞうお兄さんに対して、あきひろお兄さんも重圧に負けたのかなぁ、なんて思っていたけれど、逆だったんですね 一生背負いたかったものが、なくなってしまったんですね どうか、無事更正されて、社会復帰されることを、一ファンとして願います。 記事にしてくださって、ありがとうございました そよさん、こんばんは。 あきひろお兄さんの現役時代をご覧になっていたなら、本当にショックでしたよね。 私は現役時代を観ていなかったにもかかわらず、とってもショックだったので・・・ そんな中で書いた記事なので不十分な理解も多かったと思いますが、そよさんにそう言っていただけてホッとしました。 その後、あきひろお兄さんが更生の一貫として開いたコンサートに行かれた方の感想や、そのコンサートを開いた場所の地元の新聞記事を共有していただいて読む機会がありました。 薬物に手をだしてしまった経緯や気持ち、更生のために努力されている現在の様子や気持ちが書かれた記事を読んで、やはり周りや仕事の流れが「どこかでどうにかできなかったのか」と思ってしまいました。 あきひろお兄さんに対して いろんな意見を持たれる方がいるのは仕方がないことですが、更生と社会復帰のために頑張られているあきひろお兄さんの進む道がさまたげられることがないよう、私も一ファンとして心から願っています。 今思うと逮捕前のワンワンパッコロのゲスト出演も、ちょっと怪しかったんですよね。 あれ、いつものあきひろお兄さんとちょっと違うぞ?どうした?体調不良かな?って。 だから、この報道を目にして、「えっ!」のあとの「あ、あぁ、やっぱりか…」ってリアクションになりました。 その後はコンサートも行ったみたいですし、ASKAさんや槇原敬之さんも活動再開してテレビ出演もされてるわけですし、槇原敬之さんに至っては紅白に返り咲いたりしてるわけですから、あきひろお兄さんも更生に向けて努力すればきっと道は開けてくるはず。 死亡事故を起こしてしまったけんたろうお兄さんは、「あおうよ!」の提供もして、コンサートのキャラクター声優やだいすけお兄さんの最終収録にも駆けつけたりと明るい兆しが見えてますから、きっとあきひろお兄さんも大丈夫、そう信じています。 見守るしかできませんが。

次の

元NHK「歌のお兄さん」杉田光央さんが長野・松川村でコンサート 覚醒剤使用・所持で昨年有罪判決 「もう薬は使わない」と再起誓う(1/3ページ)

歌 の お 兄さん 杉田

13日に放送された幼児向け番組『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)の「60年スペシャル」に、8代目歌のお兄さん・速水けんたろうと、9代目歌のお兄さんの杉田あきひろが登場し、視聴者から驚きの声が上がった。 同番組では、12日の放送で歴代お姉さんの映像を放送。 13日のお兄さん特集で、逮捕歴のあるお兄さんに関する映像の扱いが注目されていたが、初代の田中星児から11代目の横山だいすけまで、歴代お兄さんの映像を欠けることなく放送した。 速水といえば、1999年に茂森あゆみと歌った「だんご3兄弟」がトリプルミリオンセラーを記録。 この12年後の2011年、乗用車を運転中に横断歩道を渡っていた女性をはねて死亡させ、自動車運転過失致死罪で禁錮2年・執行猶予3年の有罪判決を言い渡された。 一方、杉田は16年4月、覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕。 懲役1年6月執行猶予3年の判決が言い渡された。 「昨年1月放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)は、杉田が『長野ダルク』で依存症回復プログラムに励む姿に密着。 立ち直ろうと頑張る姿が感動的だとして反響を呼びました。 しかし、杉田は法廷で覚せい剤使用の遠因を『おかあさんといっしょ』のコンサートツアーのメンバーから降ろされたことだと説明するなど、番組のイメージを低下させた張本人であることは間違いない。 そして社会的制裁も十分に受けた。 もう十分だと思う」といった声が上がっている。 スポンサーに気を使い、モザイク処理などで臭いものにフタをする民放テレビ局が目立つなか、Eテレの判断に視聴者から賞賛の声が相次いでいます」(同) 60年続く『おかあさんといっしょ』の黒歴史といえる速水と杉田。

次の