コロナ は 中国 の テロ。 コロナウイルスはバイオテロ?中国人の戦略?陰謀論?日本人は滅亡?|ラヂカセトレンド

ただのバイオテロじゃねーか…中国の新型コロナウイルス肺炎にみんなの反応は

コロナ は 中国 の テロ

『月刊日本』2020年6月号 酒井信彦の偽善主義を斬る 2020年5月22日 コロナウイルス問題に関して、最近では感染の発生源が話題になっている。 それが武漢の細菌研究所であるらしいことは、日本の保守系雑誌では、とっくに言及されていたが、ようやくアメリカが言い出したことで、朝日新聞も取り上げている。 朝日によると、「武漢ウイルス」と呼ぶのは、偏見・差別に当たるようだが、私は「武漢ウイルス」と呼ぶのは、まだまだ生温くて、正確には「習近平ウイルス」あるいは「近平ウイルス」と、明確に表現すべきであると考える。 欧米諸国の首脳は、今回のコロナウイルス問題を戦争と表現して、敵はコロナウイルスだと言っているが、それは正確ではない。 戦争と言うより、残酷極まりない世界的に巨大なテロ、バイオテロであり、それを起こした犯罪人が明確に存在するのである。 個人としての主犯は中国の習近平国家主席であり、従犯は国連の世界保健機構(WHO)のテドロス事務局長である。 組織としてのレベルで言えば、主犯が中華人民共和国で、従犯がWHOである。 今回のコロナウイルス問題が戦争だというのであれば、この個人と組織こそが、戦争犯罪者、つまり戦犯である。 では今回のコロナウイルス問題は、どうして世界的なバイオテロと言えるのだろうか。 それは時間的な発生・拡大の経過をたどってみればよくわかるだろう。 中国では武漢で最初の重態感染者が病院に担ぎこまれたのが、12月29日だとされているが、昨年の12月中にかなりの感染の拡大があったに違いない。 それを懸命に隠蔽していたわけである。 重要なのは1月下旬の動向である。 1月20日、人から人への感染を公式に認められる。 WHOは22日と23日の二度にわたって、緊急事態宣言を見送った。 23日、中国は武漢を突如として都市封鎖する。 しかし封鎖直前に半数の500万人が脱出していた。 ここで重要なことは、武漢封鎖が実行された後ですら、緊急事態宣言を見送ったことである。 いかに中国に対する忖度・隷属が甚だしいのかよくわかるだろう。 テドロスは28日にわざわざ中国を訪問して習近平と対談して、中国の対応を称賛する。 WHOは30日にようやく緊急事態宣言を出すが、しかもそれは極めてルーズなものであった。 つまりテドロスは習近平にお許しを得てから、不充分な緊急事態宣言を、出すことが出来たのである。 さらにパンデミック宣言を出したのは、習がやっと武漢に行った翌日、3月11日であった。 武漢封鎖の時点での、感染者数は約570人、死亡者17人が公式の発表数字である。 そもそも人命の価値が驚くほど軽い中国で、この程度の死者で1千万都市の封鎖を断行するわけがない。 武漢のみならず中国に広く蔓延していたに違いないのである。 習近平は、それ以前に武漢どころか中国全土の封鎖をやらなければならなかったはずである。 しかし習近平は事態を重々承知しながら、春節休暇を利用した中国人観光客を世界中に送り出した。 つまり武漢ウイルスを、世界中にばら撒いたわけである。 したがって日本だけでも、1月の中国人の来日は、92万4800人にのぼり、問題の武漢からだけでも1万8千人が、やってきたのである。 つまり習近平のやったことは、世界の歴史にも希な巨大犯罪と言って、決して過言ではない。 その意味で、習は、ヒットラー・スターリン・毛沢東にも劣らない、悪名を歴史に残すこととなった。 朝日新聞は、4月14・15・16日、三日にわたって「コロナ危機と世界 リーダーの不在」上・中・下の連載を掲載した。 まことに朝日らしく、アメリカのトランプ大統領を徹底的に叩き、反対に習近平による明確な巨大犯罪行為には、全く目をつぶっている。 この三回にわたる長文の記事の中で、最も重要なのは、「上」の最後の部分の次の一文であろう。 「新型ウイルスに振り回され、自国中心主義に走る米国。 その姿を世界はどう見つめているかに中国は関心を寄せ、識者からは『第2次大戦後の世界をリードしてきた米国を軽視すべきではないが、感染が米国の世紀を終わらせたことは議論の余地はない』(中国人民大の王文教授)といった声も漏れる」。 つまりアメリカの世紀は終わったといっているのであり、これこそがシナ人の願望であり本音である。 それを朝日新聞は、読者に積極的に教育しようとするわけである。 いずれにしろ、今回のコロナウイルス問題において、習近平の中国は、バイオテロ兵器が、核兵器など及びもつかない、いかに強大な威力を発揮するかを、しっかりと学習し認識したことは間違いない。 したがって今後その研究開発に、邁進するであろうことは確実である。

次の

新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する 米中によるバイオテロはあり得るか、北朝鮮は?(1/7)

コロナ は 中国 の テロ

「初期の取り組みの成功によって状況は安定し、湖北省と武漢市における潮目は変わった」と指摘し、新型肺炎撲滅に向けた「人民戦争」の事実上の勝利宣言を行った。 ワシントン在住の中国人民主化運動指導者の王丹氏は自身のツイッターで「中国共産党は3月末までに新型肺炎対策の規制措置を全面的に解除することになろう」と予測しているが、今回の新型肺炎対策によって露呈された党指導部による情報隠蔽体質や、問答無用の都市の封鎖措置、住民の人権無視などの一党独裁体制の弊害が改めてクローズアップされた。 さらに、問題なのは世界第2の経済大国である中国で、いったんこのような問題が起こると世界経済に大きな影響を及ぼすということであり、米ニューヨーク市場が1日で2000ドル以上暴落したり、日経平均株価もわずか数日で1万7000円台を割り込む局面も出てくるなど、中国に頼ると痛い目を見るということが明らかになった。 中国との人的交流が活発だった欧州においては、新型肺炎が大流行し、米国にも波及するなど、世界保健機関(WHO)がパンデミック宣言を行わざるを得なくなっている。 中国と付き合うには大きなリスクが伴うということが、今回の新型肺炎の蔓延で改めて明らかにされた。 中国当局、医師に口止め このようななか、オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は11日、ワシントンの政策研究機関「ヘリテージ財団」で講演し、新型コロナウイルスに関する中国政府の初動の対応について「隠蔽活動だった」と断じ、「そのせいで世界各国の対応が2カ月遅れた。 中国の行動は最初から間違っていた」と述べ、感染が全世界に拡大したのは中国の責任であるとの認識を明らかにした。 また、中国政府当局者や中国メディアが「ウイルスの感染は中国から始まっていない可能性がある」などと述べていることに対し、補佐官は「ウイルスは武漢市が発生源だ」と言明した。 しかし、これに対しても、中国外務省スポークスマンがツイッターで「米軍がウイルスを武漢市に持ち込んだのかもしれない」と主張するに至っている。 この発言については、中国内でも「今やるべきは他国のせいにすることなのか」などとの批判的な書き込みもでてくるほどで、客観的な事実をもとにコメントを発表すべき外務省スポークスマンとしては失格というべきだろう。

次の

新型コロナウイルスは中国の生物兵器から流出?! 米国ガン研究所の専門家が陰謀論を全否定|FINDERS

コロナ は 中国 の テロ

ノーベル賞受賞者と米大統領のトンデモ発言 [ロンドン発]ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の発見で2008年ノーベル生理学・医学賞を受賞したフランスのリュック・モンタニエ氏が「新型コロナウイルスは人造ウイルス」「中国の研究者がHIVワクチンを開発中に中国湖北省武漢市の研究所から漏出した」と発言し、「中国人造ウイルス」説が再び世界中を駆け巡りました。 ドナルド・トランプ米大統領も「紫外線であろうが、単にとても強力な光であろうが人間の体に大量に照射して温めれば効果的なのか」「消毒薬は1分もしないうちにウイルスを殺す。 体内に注射すれば同じようなことができるのか。 効果を確かめるのは面白い」と発言。 消毒薬の間違った使用は生命の危険につながるため世界中の批判を集めました。 ワクチンも治療法もまだない新型コロナウイルスの大流行を受け、さまざまな陰謀論や懐疑論がくすぶり続けています。 世界中から集められたゲノム(遺伝情報)から新型コロナウイルスの起源をたどると「中国人造ウイルス」説は、「次世代通信規格5Gから出る電磁放射線が感染症の原因だ」という陰謀論と同じように非科学的、非論理的です。 また「新型コロナウイルスはアメリカの対中国バイオテロだ」「ワクチンで儲けるための米政府の陰謀」「ジョージアの首都トビリシの研究所でアメリカの資金援助を受け、何年もの間、生物兵器が生産され、人体実験が行われている」などの陰謀論も渦巻いています。 こうした陰謀論はいったん出回ると完全に否定して排除するのは非常に困難です。 「アメリカの月面着陸は捏造」「秘密結社が世界を支配」 地球温暖化を巡っても「温暖化は人為的な温室効果ガスの増加よりも自然の影響がはるかに大きい」と唱える懐疑論がいまだに流されています。 信じている人は真剣なので手に負えません。 今回のコロナ危機に乗じて、香港や南シナ海での実効支配を進める中国に対する警戒論が強まっています。 中国がこれを機に世界を支配してしまうのではないかという危機感が「中国人造ウイルス」説の背後にはあります。 中国憎しの陰謀論や懐疑論に飛びついてしまうメディアやジャーナリストが多いのはそのせいです。 「5Gから出る電磁放射線が感染症の原因」説から見ていきましょう。 新型コロナウイルスの流行は新しく建てられた5Gネットワークのアンテナからの電磁放射線が原因という説が広がり、イギリスでは電気通信事業者の作業員や5Gネットワークのアンテナへの攻撃が相次ぎました。 マイケル・ゴーブ内閣府担当相は「危険なナンセンス」と否定しました。 5Gネットワークが構築されていないイランでも新型コロナウイルスが流行していることから、この説はデマであることが分かります。 しかし陰謀論者は「5Gは3Gや4Gよりも強力で、電磁放射線に暴露されると吐き気、脱毛、骨髄損傷の症状を引き起こす」「5Gの電磁放射線で免疫力が低下する」と主張。 5Gネットワークがないにもかかわらずオランダのハーグで300羽のムクドリが大量死したこともその根拠とされました。 陰謀論者の主張を裏付ける科学的根拠は何一つありません。 「新型コロナウイルスは動物側から来ている」 筆者は免疫学の第一人者であるするまで「中国人造ウイルス」説について記事にはしませんでした。 ホントかウソか自分では判断できなかったからです。 宮坂氏は筆者の取材に次のように答えました。 宮坂氏「かねてからSARSウイルスのスパイクタンパク質をコードする遺伝子領域を見ると、明らかに普通では考えられないような塩基配列があって、それがどこかのウイルスから持ち込まれたものではないか、従って、このウイルスは人造ウイルスではないか、あるいはどこかでつくったウイルスが漏れ出たのではないかということが言われ、3つぐらい論文が出ました」 「ところが、いやそうではないだろうという論文もあります。 つい最近、アメリカのグループが調べたのですが、新型コロナウイルス感染症の患者さんから直接とってきた何種類ものウイルス、コウモリにいるウイルス、それからセンザンコウ(哺乳綱鱗甲目に分類される構成種の総称)にいるウイルスの塩基配列を全部比べてみると、やはり新型コロナウイルスに非常に近いものが、センザンコウにも、コウモリにもいるのです」 「いろいろな塩基配列の解析からすると、やはりこのウイルスはそちらの動物側から来ているということのようです。 その動物の中で変異が起こったものが人に変異をしたのか、それとも、たまたま人にうつったものが、さらに人の中で変異をして、このように悪くなったのか。 その区別はつきませんが、人造ウイルスという説は考えにくい。 人造ウイルスが人にかかるだけでなく、コウモリにもセンザンコウにもかかったということは考えにくいですから」 「どちらの動物も海鮮市場にいたということを考えると、私は中国のあの近辺で発した可能性が一番高いと思います」 「一方、中国は、2019年10月末に武漢市で行われた世界軍人オリンピックにアメリカの軍人が来て、そのウイルスが持ち込まれたと言っています。 もちろんそれがアメリカから持ち込まれたものだったら、アメリカはもっと早く、このウイルスの感染が勃発していないといけないわけです。 アメリカでの流行は中国よりも2カ月ぐらい後です。 そういうことを考えると、人造ウイルスがアメリカから来たという説は、科学的には非常に考えにくいと思います」 世界各地の研究機関が患者から採取した新型コロナウイルスの塩基配列データを投稿しているオープンソースプロジェクト「ネクストストレイン」に参加するトレバー・ベドフォード氏のツイートを見ると、新型コロナウイルスの塩基配列がコウモリに近いことが一目瞭然です。 系統樹の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のすぐ下にコウモリ(bat)やセンザンコウ(pangolin)とあるのがお分かりになると思います。 しかし中国が全てのゲノム情報を公開しているかどうかについては今でも大きな疑念がくすぶっています。 ランセット誌に掲載されたMMRワクチンを巡るトンデモ論文 しかし何かの意図を持って都合の良い情報やデータだけを切り取って誇張して伝えるのは政治家やメディア、情報機関だけではないようです。 はしか、おたふく風邪、風疹予防の新三種混合(MMR)ワクチンは安全ではないという根も葉もないデマを撒き散らしたのは医師でした。 1998年、イギリスの胃腸科医師アンドリュー・ウェイクフィールド氏は世界的に権威のある医学雑誌ランセットに次のような論文を発表しました。 自閉症の子供12人のうち8人の保護者が「MMRワクチン接種から数日間のうちに子供の様子がおかしくなった」と証言しているという内容でした。 ウェイクフィールド氏は子供たちに大腸内視鏡や腰椎穿刺といった侵襲的な検査を実施した結果、ワクチン接種と自閉症、腸管障害の間には関係があると唱えたのです。 報道陣を集めて記者会見を開いたため、世界中が大騒ぎになりました。 他の医師が論文をもとに研究してもMMRワクチン接種と自閉症の関係は再現できませんでした。 2004年になって英日曜紙サンデー・タイムズが、ウェイクフィールド氏がワクチン会社の損害賠償責任を立証するため落ち度を探していた事務弁護士から資金提供されていたことをスクープします。 論文はデタラメだったと結論付けられ撤回され、ウェイクフィールド氏は医師免許を取り消されました。 しかし「MMRワクチンを接種すると自閉症になる」という迷信は今もソーシャルメディア(SNS)を通じて拡散し続けているため、草の根のワクチン不信が広まり、ワクチン接種率が落ちた先進国のイタリアやフランスで麻疹(はしか)が流行しました。 マスコミが当たり前になったワクチンの効用についてあまり書かなくなったことも一因だと思います。 当たり前のことを繰り返し書く クロかシロか確証が取れない時は書くのを待つ勇気が必要です。 どちらか分からない時には正しいと思われる方にウェートをかけて両論を併記するのが原則です。 経験と勘に基づく伝統的なジャーナリズムは時に極めて情緒的、非論理的、非科学的で、陰謀論が大の好物です。 新聞記者を28年やってフリーランスのジャーナリストになって8年。 読者のバッティングピッチャーを務めるつもりで記事を書いています。 打ちごろの棒球をど真ん中に投げて、読者の方に気持ちよく打ち返してもらえたら100点満点と自己満足しています。 いま読者が一番関心を持っているのは何か、知りたいことに分かりやすく応えるためにはどうしたらいいのか、一生懸命考えています。 陰謀論をことさら強調して伝えると、読者が時間を無駄遣いするだけでなく誤った判断をしてしまう恐れがあるので避けなければなりません。 編集者の中には「もっとPV(ページビュー)が出るようにエッジを立てて(極端に角度をつけて)書いて下さい」と露骨に言う人もいます。 しかし専門知識のない人には、極端な意見を切り取って面白おかしく誇張して伝えるより、エビデンスや専門家の知見を重視して、できるだけ切り取って伝えない、誇張しないことが大切です。 読者のバッティングピッチャーに徹した結果、この8年近くで延べ約1億6000万人が筆者の記事を読んで下さいました。 どんなに慎重に取材しても間違う時もあるので出所を明示してリンクを張る、いろいろなデータをグラフにしたり表にしたりしています。 フリーになってから記事を書く時に表計算ソフトを使うようになりました。 写真もたくさん撮影するようになり、当たり前のことを繰り返し書くようにしています。 (おわり).

次の