コロナ ウイルス ばらまき。 【話題】愛知県蒲郡市のウイルスばらまき男が死去 / 新型コロナウイルス感染中にフィリピンパブでウイルス拡散を計画 | バズプラスニュース

愛知県蒲郡のコロナばらまき男のモザイク無し画像特定!実名は??|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

コロナ ウイルス ばらまき

スポンサーリンク コロナウイルスばらまき男 愛知県蒲郡市 は誰?顔画像や名前と逮捕の可能性!感染30代女性の勤務先フィリピンパブ動画の場所特定! 新型コロナウイルスばらまき男の存在が明らかになった経緯 まずはウイルスばらまき男の存在が明らかになって経緯を、週刊文春が報じている内容から確認してみましょう。 3月6日、新型コロナウイルスに感染した愛知県蒲郡市の50代の男性が、検査で陽性と確認された後、自宅待機を要請されたにもかかわらず、市内の飲食店2軒をはしごしていたことが判明。 「週刊文春」は男性が訪れたフィリピンパブでカラオケに興じる様子や、ホステスと肩を組む姿が映った映像を入手した。 「その男性は3月4日の午後6時過ぎ、開店直後に来店したのですが、最初はすごくおとなしく飲んでいました。 その後、カラオケでHOUND DOGとキャロルの曲をリクエストして、気持ち良さそうに店内に歌声を響かせていた」(店のオーナー) しかし、午後6時半頃、店に驚くべき事実がもたらされた。 「その男性が『コロナウイルスをばらまく』と言い残し、自宅から飲みに出たとの情報が共通の知人からまわってきたんです。 慌てて店のスタッフに確認させると、本人が『俺は陽性だ』と認めたので、すぐに退店させるとともに、保健所と警察に通報しました」(同前) 店のオーナーはこう憤る。 「当日、すぐに保健所の職員が駆け付け、店内や周辺を消毒しましたが、店はしばらくの間休業します。 当日働いていた従業員も生活の基盤を完全に奪われてしまった。 厳重な処罰をしてほしいです」 まず自宅待機を要請されたにもかかわらず、なぜ外出したのか?というのが疑問に思いますが、これは57歳男性本人が言う「コロナウイルスばらまいく」というのが目的だからだと思われす。 なぜ、コロナウイルスをばらまこうとしたのか?については、本人がコメントをしていないので、分かりませんが、人間というのは自分が危うい立場になると、誰かに共感してもらいたいという心理が働くのかもしれませんね。 ウイルスばらまきのゴミのせいで感染者出たようです。 コロナに気を病むのはわかるけど、みんなそうなんだ。 これだけ大きなニュースになっているので、何らかの情報もありそうな気がしましたが、現時点で名前や顔が分かるような画像は見受けられませんでした。 もし悪質な行為と判断され逮捕されたり、フィリピンパブ側が損害を訴えるような動きを見せたら、顔や名前も明らかになるかもしれませんね。 新型コロナウイルスばらまき男は逮捕される可能性は? 次に、新型コロナウイルスを30代女性に感染させてしまったことで、ウイルスばらまき男は逮捕されるのか?という疑問。 これに関しては、3月7日放送の「めざましどようび」内で、弁護士の方が解説していました。 その内容は以下の通り。 この男性には新型コロナウイルスをばらまいて他人に感染させる意思があるため、周囲にいた飲食店の店員や他の客が実際に咳などを浴びて新型コロナウイルスに感染してしまった場合、「傷害罪」(刑法第204条)が成立する可能性があります。 逮捕され、有罪になれば、15年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されるおそれがあります。 また、飲食店側が一定期間休業せざるを得ないなど業務を妨害された場合は、「威力業務妨害罪」(刑法234条)に該当する可能性があります。 威力業務妨害罪の刑罰は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。 この弁護士の解説では、• 傷害罪• 威力業務妨害罪 の可能性が指摘されていました。 個人的には、感染されてしまった30代女性に何かしらの後遺症や最悪の場合、死亡してしまった場合は、もっと思い罪に問われそうな気がします。 そもそも、自宅待機を要請されたのに外出している時点で、問題のように感じますので外出ができないような環境にするのがベストなのではないでしょうか? スポンサーリンク 新型コロナウイルスばらまき男がフィリピンパブを訪れる様子の動画 ウイルスばらまき男の顔画像や名前は明らかになっていないものの、週刊文春はフィリピンパブで楽しむ様子の動画を公開しました。 その動画はコチラです。 風貌としては、• 小太り• 坊主 のような感じがしますね。 感染してしまった30代女性というのは、おそらくこの動画内で隣に座っている女性なのではないでしょうか? 距離は非常に近いのが分かります。 接客時間がどれくらいだったのかは分かりませんが、新型コロナウイルス感染者とこれだけ近い距離にいれば、感染の可能性が非常に高いことが改めて分かりました。 見た感じ、ほかにお客がいなかったように見えたので満席だった場合、被害はもっと大きな規模になっていたでしょうね。 これはもう入店する際に、なんらかの陰性である証明が必要になるレベルですね。 新型コロナウイルスばらまき男に感染された30代女性が勤務するフィリピンパブの場所はどこ? 次に、1人の男の行為によりお店が休業まで追い込まれてしまった愛知県蒲郡市のフィリピンパブはどこなのでしょうか? 5chでの書き込みによると、 「You&Me」 というフィリピンパブの名前がありました。 このツイッターの風景が「You&Me」がある街並みに近い為、信憑性は高そうです。 どちらも名前が出ているので、可能性は高そうです。 また、ウイルスばらまき男の知り合い?と思われる男性が、ツイッターにおいて、ウイルスばらまき男が酔っ払って「コロナウイルスをばらまくぞ」と叫んでいた事実があったことを、ツイートしていました。 しかし、このアカウントは現在鍵垢となっている模様です。 なのでこのツイッターアカウントの人物が、フィリピンパブ関係者に情報提供したのではないでしょうか? なんとしても止めてほしかったですよね…。

次の

「ウイルスばらまいてやる」新型コロナ“陽性”知りながら居酒屋・パブに…男性の法的責任は?

コロナ ウイルス ばらまき

コロナばらまき男死亡概要 新型コロナウイルスへの感染が判明した後、「コロナをばらまく」などと言って飲食店を訪れていた愛知県蒲郡市の50歳代の男性が18日、同ウイルスによる肺炎により、入院先の医療機関で死亡した。 県の発表によると、男性には肝細胞がんの基礎疾患があった。 5日の入院当初は無症状だったが、直後に重症化し、治療を受けていたという。 男性は4日夕に検査で陽性と判定され、保健所から自宅待機を求められたが、同日夜に市内の飲食店2軒に立ち寄っていた。 その後、2軒目に訪れた店の女性従業員の感染が確認され、店側は県警に被害届を提出。 県警は業務妨害容疑で捜査している。 同県内の死者は15人目で、名古屋市以外では初めて。 まだ開店前だったので、待合のソファーでしばらく待たされる。 その時にばらまき男はソファーに寝転んだり、おしぼりで顔や頭を何度も拭いてウイルスを擦り付けていました。 女の子に対しては「関係ない、関係ない」と肩を抱き寄せたり、髪を撫でたりしながらカラオケを歌います。 その後フィリピンパブにその男が、コロナウイルス感染者であると伴みつおの息子の知人から通報があって、本人に確認すると「なんで陽性だとわかった?」と言って、その後退店させられる。 すぐに保健所に通報してフィリピンパブ店内の消毒が行われる この男、コロナウイルスが陽性だとバレなければ、しばらくここのフィリピンパブで飲み続けるつもりだったことが分かる。 迷惑を通り越し犯罪行為をした男の人物像 コロナばらまき男はどの様な人物なのか見ていきます。 愛知県蒲郡市に住む56歳。 元暴力団員で複数の前科持ち。 13年前には運転中にクラクションを鳴らされたことに腹を立て、トラック運転手を殴り1000円を巻き上げて逮捕。 2年前には「椅子を引きずる音がうるさい。 殺すぞ」と隣人を脅迫して3000円を脅し取って、息子と共に逮捕されている。 私生活でもトラブルが尽きなかった事がうかがえる。 「昔はバンドのボーカルをやっていた事で、歌が上手いことが自慢。 最近まで地元の有名ホテルの皿洗いをしていたが、辞めました。 酒癖が悪く、酔うと暴れて手に負えなくなり、店に捜査員が7人くらい来て連れていった事もある。 『シャブ(覚醒剤)をキメてきた』というのが口癖で、『シャブの後遺症でこんなに曲がってしまった』と手を見せてくるんです。 (知人) 伴がコロナに感染した経緯は家族経由と言われている。 同居する母親が名古屋市のスポーツジムで感染した女性と会ったことで感染。 全国紙記者) 市によると、四人は七十代女性と八十代男性の夫婦、その夫婦の五十代の息子と三十代の孫。 「感染経路は特定できており、市中感染には至っていないと考えている」という。 具体的には、ハワイから帰国した女性からスポーツクラブで感染した名古屋市の女性が、二月十六日に蒲郡市を訪れ、七十代女性と一緒に行動し、感染したとみている。 居酒屋の店主からも出入り禁止を食らっていた ばらまき男の迷惑行動が明らかになってくる。 「うちは他のお客さんが怖がってしまうので『お断り』したことがあります。 でも3年程来ていなかったので、当日は入れてしまった。 換気扇の真下に座っていて、入念に店内を消毒したことから『営業しても大丈夫』と保健所から言われましたが自粛しています。 飲み歩いた当日の夜、39度の熱を出してそのまま入院しています 彼は本当に、人としてどうなのかなと憤っています」 愛知県警は店の業務妨害罪で立件にうごいている。 店のスタッフや客に傷害罪に当たるのかも慎重に検討しているところに、ばらまき男の死亡が確認された。 伴充雅(ばんみつお)ネットで特定か! ネットでは伴充雅(ばんみつお)が犯人だと特定されていました。 昨日の21時頃らしい。 三谷のあの交差点だよね?身近でこの服装見ると恐怖しかないな。 — 蒲果園 gamakaen ウイルスばらまき老害カス野郎の氏名は伴充雅。 犯罪歴あり。 周りに迷惑かけるなら今すぐ氏んでー。 — やきにく yakinikuA50141 蒲郡のコロナおじさんこいつやから!元々犯罪者だからな!頭いかれてんだよ! — てぃけ thike67 2012. 05 自動車運転過失傷害と道交法違反の容疑で伴充雅容疑者(49)を逮捕 2018. 18 恐喝の疑いで伴充雅(54歳)と長男直樹(31歳)を逮捕 2019. XX 陽性判明後、自宅待機要請を無視した50代感染男性スレ — コオロギ養殖 koorogiyoshoku• 名前:伴充雅(ばんみつお)• 住所:愛知県蒲郡市三谷町八舗15• 所属:元暴力団員• 年齢:56歳• 前科:ひき逃げ、恐喝 家族の話によると、ばらまき男は、がんで余命1年と1年前に宣告受けていて、ばら撒きに外出したその日はちょうど宣告から1年目でした。 家族で「なんとか1年持ったな」とか話してるところに、コロナウイルスの陽性連絡がきた。 フィリピンパブで飲んだのが1年半ぶりの酒だった(地元関係者) 伴充雅持病で死亡?死因は何?腹水が原因? 男性には肝細胞がんの基礎疾患があって5日の入院当初は無症状だったが、直後に重症化し、治療を受けていたという。 肝機能障害持ちは肥満率高が高め、入れ墨かクスリで注射器の使いまわしか。 ヤクザの肝細胞癌発症率って高いと言われている。 抗がん剤は、薬剤にもよるが、骨髄抑制起きて白血球が減る、全身が無防備になるからあらゆる炎症起こしやすくなる。 それでコロナは全身を巡って細胞を破壊して死亡したと言われている。 肝機能低下ということはアルブミン生成低下からの浮腫進行 アンモニア代謝不全からの血中濃度増、脳症進行、昏睡、心停止の流れと推測される 映像からわかる通りポッコリと出ただらしないあの腹は、肝臓がん末期の腹水だったということも納得できる 腹水の原因は、大きく分けて、「がん性腹膜炎などによりお腹の炎症が原因で起こる場合」、「肝硬変、腎不全、心不全などの病気により血管内の浸透圧が 低下し、血管に水分を保持できなくなった場合」があげられます。 お腹の中には、通常20~50ml程度の少量の腹水があり、腹膜で産生、吸収され一定量に調整されています。

次の

北朝鮮、新型コロナウイルスで兵士180人が死亡、3700人が隔離中 —— 韓国メディアが報じる

コロナ ウイルス ばらまき

この「 コロナばらまき男」は、居酒屋とフィリピンパブを訪れており、フィリピンパブではカラオケに興じたり、ホステスと肩を組んだりしたようだ。 1)抱えきれない不安 2 鬱憤晴らし まず、自分1人では不安に耐えきれないので、誰かと共有したい、誰かに話を聞いてほしいという願望が強かったのではないか。 ところが、この男性は両親と同居していて、両親が発熱や呼吸困難を訴えて入院し、感染が確認されたそうなので、そういう役割を担ってくれる家族が身近にいなかったのだろう。 しかも、親身に話を聞いてくれる恋人も友人もいなかったからこそ、居酒屋とフィリピンパブに行ったわけで、それだけ孤独だったのだ。 また、やり場のない怒りを誰でもいいからぶつけたい、つまり鬱憤晴らしをしたいという気持ちも強かったと考えられる。 この怒りから復讐願望が生まれ、誰でもいいから感染させて自分と同じように不幸にしてやりたいと思ったのだろう。 そもそも、自分が病気にかかっていることを知ったときに怒りを覚えるのは、共通の反応である。 死に瀕している患者200人以上にインタビューした女性の精神科医、エリザベス・キューブラー・ロスによれば、病気を告知されたとき、ほとんどの人がはじめは「いや、私のことじゃない。 この否認は、ショッキングな知らせを聞かされたときの最初の反応であり、その衝撃をやわらげるためのものだ。 しかし、やがて第一段階の否認を維持することができなくなり、「ああそうだ。 間違いなんかじゃない」と思い知らされる。 すると、今度は怒り、激情、妬み、憤慨などの感情が出てくる。 そして、必然的に「どうして私なのか」という疑問が頭をもたげ、怒りが見当違いにあらゆる方向に向けられる。 つまり、八つ当たりするわけである(同書)。 「コロナばらまき男」も、この第2段階の怒りの状態だった可能性が高い。 たとえ新型コロナウイルスに感染しても、8割以上は軽症だし、致死率も低い。 それでも、感染者も死者も増え続けている状況を目の当たりにして、不治の病と思い込んだのかもしれない。 あるいは、入院によって生じる経済的損失が受け入れがたかったのかもしれない。 当然、「なぜ自分が感染したのか。 どうしてあの人じゃなかったのか」と怒りを覚えたはずだ。

次の