骨を折る 敬語。 「迷惑をかける」の使い方|尊敬/丁寧/謙譲語・ビジネスメールで文例

「せっかく(折角)」の意味と使い方!「わざわざ」との違い、類語、英語も紹介

骨を折る 敬語

間違い:これからも当プロジェクトに尽力を尽くしていく所存です。 の意気込みを伝えるシーンですが「尽力を尽くす」なんて言ってしまうと、相手は違和感を持ってしまいます。 「重複表現は間違いではない」という声もありますが、「頭痛が痛い」という重複表現を聞いた場合、「正しい日本語が使えていない人だ」と思われてしまいます。 ビジネスシーンで使ってしまわないよう、普段から気をつけたいものです。 また、似たようなで 「尽力を注ぐ」という表現もありますが、こちらも重複表現に当たります。 「力を尽くすことを注ぐ」と、これも「尽くす」「注ぐ」と動詞が2回使われているからです。 こちらも、うっかり使ってしまわないようご注意ください。• 例:これもひとえに貴殿のご尽力の賜物です。。 例文は「今回のことはただただあなたが力を尽くしてくださった結果のことです。 本当にありがとうございます」という意味です。 3.「ご尽力」の類語 「ご尽力」と同じく目上の方に使うことができる類語には「お力添え」「ご助力」「ご支援」と言った言葉があります。 それぞれ例文をまじえて確認していきましょう。 3-1.「お力添え」 「お力添え」とは、「手を貸すこと」「手伝うこと」という意味の丁寧な表現です。 相手からの支援を丁寧に感謝する時に主に使われる言葉です。 「ご尽力」と違い、 相手が力を尽くすほどの努力を必要としないことから、 依頼の際にも使うことができます。 I appreciate for making efforts for this negotiation. 「ご尽力」を「make efforts」で表しています。 また、「ご尽力を賜り」「お礼申し上げます」ということから、「sincerely=心から」という意味の単語を使っています。 「sincerely」は、ビジネスメールの結びの言葉の中でも丁寧でフォーマルなものとして使われていますので、英語でかしこまった文章を作りたい時に便利な単語です。 5.まとめ いかがでしたでしょうか。 「ご尽力」は依頼の場面では使わない、「お力添え」は自分のことを言う時には使わない、など、似たような意味を持つ言葉であっても使い方が異なることを、今回解説いたしました。 言葉を正しく使ってこそ、周囲からの信頼を積み重ねることができます。 私たちはこれからも、今すぐ使えるビジネス用語の解説に「尽力」して参ります。

次の

「お骨折りをいただきまして」のお勧め文例30選とNG例

骨を折る 敬語

「尽力」の読み方・意味・語源 「尽力」は「じんりょく」と読む 「尽力」は <じんりょく>と読みます。 「盡力」と書くこともできますが、一般的に「尽力」を使うことが多いです。 「尽力」の意味は「あることのために力を尽くすこと」 「尽力」は 「あることのために力を尽くすこと」「骨を折ること」を意味します。 「努力」と似ていますが、ニュアンスが異なります。 例えば、「成績を上げるために努力する」とは言いますが、「成績を上げるために尽力する」とは言いません。 「尽力」の漢字の語源 「尽」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「つくす」「つきる」と読みます。 「尽」は「全部出しつくす」「全て費やす」を意味します。 「力」は音読みだと「リョク」「リキ」、訓読みだと「ちから」と読みます。 「力」は「肉体的・精神的なちから」「つとめる」を意味します。 それらが組み合わさり「力を全て出して尽くすこと」といった意味になりました。 「尽力」の使い方と例文 「尽力」は自分自身が全力を尽くすときに使う 自分自身が力を尽くすことに対して 「尽力」と使います。 「目標達成のために尽力する」「問題解決のために尽力する」「町の復興のため尽力する」などと言います。 このように、相手に対して「頑張ります」「努めていきます」という意欲を伝える場合に「尽力」を使います。 「努力します」と言うこともできますが、 「尽力します」と言った方が、「ただの努力ではなく、全身全霊で頑張っていく」という強い気持ちを伝えられます。 「尽力」の主な言い回し 「尽力」を使う場合の主な言い回しは ・精一杯尽力いたします ・尽力してまいります ・誠心誠意尽力してまいりたいと存じます ・尽力させていただく所存です ・尽力を惜しまない などとなります。 また「尽力」を使うときは、 「微力ながら」「及ばずながら」とクッション言葉を前におくことで、謙虚な気持ちを表します。 「力不足ではありますが」「十分ではありませんが」という意味なので、自分の力を謙遜した表現できます。 クッション言葉がないと、やや謙虚さに欠けるように印象になってしまいます。 「尽力を尽くす」「尽力を注ぐ」は重語にあたり誤用 「尽力を尽くす」や「尽力を注ぐ」という使い方は誤用になります。 「尽力」という言葉自体が「力を尽くす」を意味しているので、「尽力を尽くす」では「力を尽くすことを尽くす」となってしまいます。 また「尽力を注ぐ」とすると「力を尽くすことを注ぐ」と意味が重複しますので、重語にあたります。 重語自体は一概に間違いであるとは言い切れませんが、少なくともビジネスメールなどでは推奨されません。 「尽くす」や「注ぐ」を用いる場合は「誠意を尽くす」「力を注ぐ」「全力を注ぐ」などです。 「ご尽力」にすると敬語表現 「ご尽力」は目上の人に対して感謝の気持ちを表すときに使う 「尽力」を目上の人に対して使うには、 「ご尽力」という形にします。 基本的に、「ご尽力」という言葉は、目上の人に感謝の気持ちを表すときに使います。 相手に、「(何かを成し遂げるために)かなりの労力をかけ、助けてくれてありがとうございます」と深く感謝を示したい場合は、「ご尽力」を使うのが良いでしょう。 主に、相手が自分を助けてくれた、協力してくれた際に用います。 感謝の言い回しとしては、 ・ご尽力のおかげ ・ご尽力の賜物 ・ご尽力されている ・発展に尽力する ・ご尽力いただきありがとうございます ・ご尽力いただき、心から感謝申し上げます ・ご尽力賜り、感謝申し上げます ・ご尽力の賜物と深く感謝いたします などとなります。 例えば、「ご尽力の賜物」は「相手が力を尽くしてくれたおかげで成果を得た」という意味です。 「ご尽力」はお詫びや謝罪をする時にも使う また、 「ご尽力」は感謝を述べるときだけでなく、お詫び・謝罪をするときにも使います。 相手が労力をかけて、助けてくれたにも関わらず、成果がや結果が出なかった時に用います。 この場合は、「ご尽力いただいたにも関わらず、申し訳ありません」などと謝ります。 「ご尽力」はお願いをするときには使わない 「ご尽力」は相手に何かをお願いするときは使いません。 「ご尽力いただけませんか」などと依頼すると、「(私のために)力を尽くして助けてくれませんか」というニュアンスで、非常に厚かましい印象となってしまいます。 注意しましょう。 「ご尽力」を用いた例文 ・これもひとえに、皆様のご尽力のおかげです。 誠に感謝申し上げます。 ・この度は、プロジェクト実施において、皆様より多大なるご尽力を賜りましたことに厚くお礼申し上げます。 ・貴社におかれましては、日頃より町の発展のためご尽力され、誠にありがとうございます。 ・イベントの開催に当たりまして、会場設備をはじめ多方面にわたりご尽力いただきまして、深く感謝いたします。 ・この度、御社の長年にわたるご尽力が実を結ばれましたことは、感激の至りでございます。 ・この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。 「添」は「加える」「足す」という意味なので、「力添え」は助けるといったイメージになります。 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 などとなります。 感謝・お詫び・お願いをするときに使います。 「お力添え」はどんなに些細なことであっても、相手から援助や手助けを得た場合には使うことができます。 また、「ご尽力」はお願いする時に使いませんが、「お力添え」は「お力添えいただけますか」などと使えます。 「お力添え」と「ご尽力」の違いはどうなるのでしょうか? ・この度は、弊社にご尽力いただきありがとうございます。 ・この度は、弊社にお力添えいただきありがとうございます。 このように、比べてみてもそんなに違いはないように思いますが、ニュアンスが少し異なります。 また、「尽力」と違い、 「お力添え」は「他人からの援助」を意味しているので、自分の行いに対しては使用できません。 「力添えできずに申し訳ありません」「力添えさせていただきます」などは誤用です。 使い方を間違ってしまうと相手に誤解を招いてしまうこともあるので、違いについてしっかり理解しておきましょう。 ・どうかますますのご指導とお力添えを賜りますよう、お願いいたします。 ・お力添えを頂いたにも関わらずこのような結果となってしまい、誠に申し訳ありません。 「尽力」と「貢献」の違い 「尽力」・・・あることのために力を尽くすこと 「貢献」・・・会社やある物事のために力を尽くすこと、役に立ったり良い結果をもたらすこと 「尽力」も「貢献」も会社や物事に対して力を尽くすことを意味します。 ただ「貢献」は元々「貢ぎ物を奉ること」といった意味ですので、相手にものを捧げることを意味します。 そのため今でも「貢献」は会社や物事にとって良い結果や利益をもたらすなど、役に立った場合に使われることが多くなっています。 それに対して「尽力」は結果など関係なく、力を尽くすこと全般に使われています。 また、ビジネスシーンだけでなく日常会話でもよく使われていて、 「ご尽力」に比べて堅苦しさもなく気軽に使いやすい言葉です。 「ご尽力」はこれよりもより丁寧な言い方になるため、相手によってはかえって嫌味っぽいと思われてしまう場合があります。 立場や使う相手によってうまく使い分けられると良いでしょう。

次の

ビジネスにおける「せっかく」の意味と使い方

骨を折る 敬語

「せっかく」の意味・漢字・語源 「せっかく」の意味は「力を尽くすこと、困難、滅多になく大切であること」など 「せっかく」には 名詞と副詞の2つの品詞があります。 それぞれの意味は以下の通りになります。 心を砕くこと ・困難、難儀 ・滅多になく、大切であること。 「せっかく」の漢字は「折角」 また「せっかく」は漢字で 「折角」と書くこともできます。 「折」は音読みだと「セツ」、訓読みだと「おる」と読みます。 「折」は「おること」「くじける」を意味しています。 「角」は音読みだと「カク」、訓読みだと「かど」「つの」と読みます。 「角」は「一点から出る二つの半直線がつくる図形」「物の端」を意味しています。 ただ「せっかく」は、一般的にひらがなで表記することが多いです。 「せっかく」の語源は中国の故事 「力を尽くすこと」という意味での「せっかく」は、故事の話に基づいて作られたと言われています。 その昔、朱雲という人物がそれまで誰も言い負かすことができなかった五角に住む充宗という人物を言い負かしたことが語源です。 そのことを人々が「よくぞ鹿の骨を折った」と讃えたことから「せっかく」が誕生したと言われています。 また「特別に・わざわざ」という意味での「せっかく」も故事に基づいて作られたそうです。 敦泰という人物が被っていた頭巾の角が雨に濡れて折れ曲がっていたことが語源です。 それをみた敦泰を慕っている人々が、わざわざ真似て頭巾の角を折ったことから「折角=せっかく」という言葉が誕生したと言われています。 「せっかく」の使い方と例文 「せっかく」を敬語で使う場合は相手の行為に価値を置く 「せっかく」を敬語として使う場合には、注意が必要です。 「せっかく」をビジネスシーンで敬意を払って使う場合は相手の行為に対して使用します。 そのため、自分の行為に対しては使用しません。 例えば、「せっかくお茶を用意したので寄っていてください」や「せっかくご用意したのでお越しください」など自分の行為に対して使用するのは間違いになります。 敬語として使う場合には、「せっかくお持ちいただいたので、今見させていただきます」「せっかくのご厚意にも関わらずに、お応えできず大変申し訳ないです」など、あくまでも相手の行為に対して使用しなければいけません。 「せっかくですが」「せっかくのお誘いにも関わらず」は断る時に使う 「せっかく」は、相手が努力や手間を惜しまずに何か行動を起こした場合に使用する言葉です。 「せっかくですが」は、相手の厚意や行動を起こそうとしてくれたことを認めながらも何かを断る場合に使用します。 「せっかくですが」を使うことによって、残念に思っている気持ちや遺憾の気持ち伝えることができるので、相手に不快な思いにさせることなく、やんわりと断ることができます。 相手の誘いを断るときは ・せっかくのお誘いですが ・せっかくのお誘いだけども などと言うこともできます。 「せっかくですが」は 「嬉しく思いますが、諸事情により断るしかない」というニュアンスになります。 例えば、目上の人から食事会に誘われたが自身の都合で参加できないときに「せっかくお誘いいただいたのに〜」と言うことができます。 この場合は「行きたい気持ちはやまやまだが、参加することはできない」という気持ちを表しています。 例文 ・せっかくお誘いいただきましたが、あいにくその日は先約があるため今回は遠慮させていただきます。 ・せっかくお誘いいただいたにも関わらず誠に恐縮ですが、当日はどうしても外せない用事がありますため、今回は辞退させていただきたく存じます。 ・せっかくの依頼ではありますが、今回はお引き受けすることができません。 ・せっかくですが、協力することはできません。 誠に申し訳ございません。 ・せっかくですが諸事情により参加が難しくなってしまいました。 次回はぜひ参加したいと思っておりますので、またの機会によろしくお願いいたします。 「せっかくなのに」は、「相手のしてくれたことに対して、応えることができなくて申し訳ない」というニュアンスになります。 謝罪をするときに前に「せっかくなのに」をつけることによって、相手の努力や苦労をねぎらう気持ちを伝えることができるため、不快な思いをさせることなく謝ることができます。 例文 ・せっかくお時間をいただいたにも関わらず、都合がつかず申し訳ありませんでした。 ・せっかくお誘いではありますが、参加することができず申し訳ございません。 ・せっかくお声がけいただいたのに、お役に立つことができず申し訳ありません。 例えば「せっかくの機会」といった場合は、「滅多にない機会」「特別な機会」といった意味合いになります。 例文 ・せっかくの機会ですが、本日はお暇させていただきます。 ・せっかくのご厚意を無駄にしてしまって、申し訳ございません。 ・せっかくのお誘いですが、明日は欠席させていただきます。 「せっかく」はカジュアルに日常会話でも使用可 「せっかく」はビジネスシーン以外でもカジュアルに日常会話でも使用しますよね。 その場合、「相手の努力を労う」という意味合いはかなり弱いです。 「よい機会だから」「よいタイミングだから」くらいのニュアンスで使用します。 例文 ・せっかくの休みなので家でだらだらしよう。 ・せっかくのセールなので、いつもより多めに買おう。 ・せっかくの休みだから、遠くまでドライブでもしよう。 ・せっかくなのでそこでお茶でもしましょう。 ・せっかくここまで来たので、どこかでご飯でも食べましょう。 ・では、せっかくなので遠慮なくいただくことにします。 ・せっかく作ってくれたのに申し訳ないが、量が多すぎて全部食べきれない。 ・せっかく昨日丸一日かけて修理したにも関わらず、今日すぐに壊れてしまった。 「せっかくだから」は誤用 「せっかくだから」は文法的には誤用だが一般的に使われている 「せっかくだから」は、「せっかくだからいただくよ」や「せっかくだから会いましょう」などといったように、誰かから何か物をもらうときや、誰かに会うときに使うことが多い言葉です。 ただこの「せっかくだから」という言葉は、文法的には誤用になります。 本来「せっかくだから」は、「せっかく」と「だから」を別々に分けて使います。 厳密には誤用なので、ビジネスシーンでは「せっかくだから」というフレーズは避けた方が無難かもしれません。 しかし、ほとんどの人にとっては違和感のない言葉なので、そこまで気にする必要はありません。 「せっかくだから」には謙虚さを表すニュアンスがある 「せっかくだから」は自分の行為に対して使うのが基本です。 例えば、 相手:こちら、つまらないものですが受け取ってください。 自分:いいえ、結構ですよ。 相手:いえ、受け取ってくださいよ。 自分:では、せっかくだから頂きますね。 などのシチュエーションで使用します。 この場合の「せっかくだから」は、「自分がもらうのは申し訳ないけども、わざわざ持ってきてくれたから頂きます」という意味で 「謙虚さ」を表します。 「せっかくだから」は厳密には文法的に誤用ですが、相手に悪い印象は与えませんので、そこまで心配する必要はないでしょう。 「せっかくだから」の言い換えはないが、感謝や嬉しい気持ちは素直に伝えるべし 「せっかくだから」の具体的な言い換えはありませんが、「せっかくだから」を使わずに思っていることを伝えるためには、素直な気持ちを表すことが必要です。 例えば、誰かが作った料理をもらうときに「せっかくだからもらいます」だともらう理由が極端に言うと「せっかく」になるため大変失礼になります。 「せっかく作ってくれたのだから、ありがたくいただきます」と言い換えた方が丁寧な言い方です。 この場合は、(料理を)作ってくれたこと・いただくことに感謝するため、「せっかくだから」は誤りになります。 他にも「せっかくだから行こうよ」は「こんな機会はそんなにないからぜひ行こう」と言った方が丁寧です。 これらは全て正しい表現ではないですが、相手に嬉しく思っている気持ちや感謝している気持ちを素直に伝えるためにも、「せっかくだから」という表現はなるべく使用せず、言葉を変えて相手に気持ちを伝えるようにしましょう。 省略して「せっかくなのに」や「せっかくのに」と使われることが多くなっため、こちらが一般的に使用されていますが、本来は間違った使い方です。 「せっかくの休みなのにどこにも遊びに行かない」「せっかくの誘ってくれたのに都合が合わず行けなかった」と使用することが正しい使い方になります。 「なのに」は、 断定の助動詞「な」+接続助詞「のに」で成り立っています。 「なのに」は、前述の事柄に対し、あとの事柄がそれと矛盾する内容であることを示す言葉です。 「なのに」の例としては、 ・来たばかりなのにもう帰るのか。 ・彼は年上なのに大人気がない。 といったように接続詞として用います。 「せっかくなのにすみません」「せっかくなのにごめんなさい」と謝るときに使うことが多い表現です。 「せっかくなので」も文法的には誤用であり略した言葉 「せっかくなので」も「せっかくだから」と同様に、略した言葉です。 「なので」は、 断定の助動詞「だ」の連体形「な」+理由を表す接続助詞「ので」で成り立っています。 「なので」は、「〜だから」「〜であるから」という意味合いになります。 「なので」の例としては、 ・私は二十歳なのでお酒を飲むことができる。 ・今日は台風なので、早めに帰宅した方は良い。 といったように接続詞として用います。 「わざわざ」の意味 「わざわざ」の意味は、 ・そのことだけのために、特に行うさま。 特別に。 とりたてて ・ことさらに。 故意に。 わざと となります。 「わざわざ」は副詞で、漢字だと 「態態」と書くことができます。 「態」は音読みだと「タイ」、訓読みだと「わざ」「さま」と読みます。 「態」は「身や心の構え」「広く、ありさま」を意味しています。 「わざわざ」は「何かのついでではなく、このために行っていただき〜」といったニュアンスになります。 「わざわざ」は基本的には相手に対して使う言葉ですが、自分に対して使うこともできます。 ただ自分に対して使う「わざわざ」は、「(そのことをするのに)苦労した」「大変だった」などとマイナスな意味になってしまうので、あまり使用しないことをおすすめします。 使用する際は注意するようにしましょう。 「わざわざ」の例文 ・お忙しい中わざわざ来てくださって、ありがとうございます。 ・飛行機の方が早いのに、わざわざ新幹線を選んでしまった。 ・わざわざ外へ出るのは面倒だから、電話で話しましょう。 ・雨が降っている中わざわざ訪ねたのに、留守だった。 「せっかく」の類語・言い換え 上記で紹介した「わざわざ」以外の「せっかく」の類語・言い換えを紹介していきます。 はるばる 「はるばる」の意味は、 ・遠く離れているさま。 はるかに。 遠くから、または遠くへ物事の及ぶさま ・程度がかけ離れているさま ・時間が隔たっているさま となります。 「はるばる」は副詞で、漢字で書くと「遥遥」となります。 「はるばる」は、相手が労力をかけてしてくれたことを表す言葉です。 「はるばる」の中でも、「長く遠い道に道のりによって隔たれているさま」を表す 「遠路はるばる」という言葉は頻繁に使われます。 例文 ・お忙しい中、遠方からはるばると来ていただき誠にありがとうございます。 ・彼女ははるばる北海道から会いに来てくれた。 ご足労いただき 「ご足労」は、「足を働かせる」「足を運ばせる」ことを意味しています。 つまり「ご足労いただき」は、 「わざわざ来てくださって」という意味になります。 「ご足労いただき」を使うことによって、本来は自分から出向かなくてはいけないのに、相手がわざわざ来てくれた場合に、大変申し訳ないという気持ちを表すことができます。 「ご足労いただき」は丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことができる言葉になります。 また「ご足労いただき」の代わりに「ご足労くださり」ということもできます。 例文 ・お忙しい中弊社までご足労いただき、誠にありがとうございました。 ・本日はお足元の悪い中、ご足労いただき誠にありがとうございます。 お時間をかけて 「お時間」は、相手を敬ってその空き時間のことを表します。 例えば、「この度は私のためにお時間をかけていただいたにも関わらず、大変申し訳ありませんでした」と言った場合は、「今回は私のためにお手間を取らせたにもかかわらず、何もすることができなくすみません」といったニュアンスになります。 「お時間をかけて」はお詫びだけでなく、「この度は、お忙しい中貴重なお時間をかけていただき誠にありがとうございました」といったように、感謝の気持ちを伝える際にも使えます。 「お時間をかけて」の代わりに「手間を取らせて」と言い換えることもできます。 例文 ・お忙しいところお時間をかけていただき誠に申し訳ありませんでした。 ・私の失態によりお手間を取らせてしまったこと大変申し訳なく存じます。 骨を折る 「骨を折る」は、 「苦労する」「尽力する」「いとわないで人の世話をすること」を意味しています。 骨を折るというとものすごく痛々しいイメージがある通り、「骨を折る」は「骨が折れるほど苦労する・力を尽くす」といった意味合いになります。 「骨を折る」は、「精を出して物事に取り組む」「面倒くさがらずに力を尽くす」といったことを表したいときに使うのが適切な使い方です。 例文 ・不祥事があったが、社員一同骨を折ったため立て直すことができた。 ・彼がこのプロジェクト成立のために骨を折ってくれた。 生憎ですが 「あいにく」は「期待や目的に外れて、都合の悪いさま」を意味しています。 「あいにくですが」は何かを断る場合や、よくない状況を伝える場合に使う言葉です。 断りの言葉や、相手にとって残念なことを知らせるときに「あいにく」もしくは「あいにくですが」を加えることによって、「すみませんが」「残念ですが」というニュアンスを伝えることができます。 「あいにくですが」は、丁寧な表現になるため目上の相手にも使うことができます。 例文 ・あいにくですが、持ち合わせがございません。 ・あいにくですが、その日は予定が入っており出席できません。 申し訳ありませんが 「申し訳ない」は「相手にすまない気持ちで、弁解のしようがない」という意味になります。 「申し訳ありませんが」は、丁寧な謝罪をするときに使う言葉になります。 「申し訳ありませんが、もう少々お待ちください」といったように、相手に対して失礼があったり、迷惑をかけた場合に使います。 「申し訳ございませんが」という言い方もあります。 「申し訳ございませんが」の方がより丁寧な表現になりますが、「申し訳ありませんが」の方がよく使われます。 例文 ・誠に申し訳ありませんが、お電話いただけますでしょうか ・お忙しいところ申し訳ありませんが、ご対応のほどお願いいたします 「せっかく」の英語表現 「せっかく」の英語表現を見ていきます。 実は日本語の「せっかく」にあたる英語はありません。 例えば、「せっかくイタリアに来たのだから、ピザ食べようよ」などと言う場合は、「だから」に注目し、「せっかく」は訳す必要がありません。 「だから」と言えば「because」が最初に思い付くと思いますが、このような文章では「since」の方がベターです。 「because」「since」共に「だから」を意味しますが、「since」に続く理由は相手にとって自明で驚きのない理由になります。 (逆に「because」は相手にとって意外で考えてもいなかった理由であることもあります) 上記のような文章の場合、イタリアにいうことは相手にとっても自明なため「since」がベターです。

次の