ルキノ立ち回り。 【第五人格】魔トカゲの評価や立ち回り!奇襲特化のジャンプが強力すぎ! 【アイデンティティV】

【Identity V (第五人格)】チェイスが上手くなるコツと練習方法【初心者向け】

ルキノ立ち回り

強ポジとは、サバイバーが逃げやすい構造をした障害物のことだ。 強ポジに逃げ込まれると、 攻撃を当てるまで時間がかかりやすい。 強ポジ対策ができていない場合は、後回しにした方が良いだろう。 迷ったら神出鬼没を持っていこう! 強ポジの基本的な対処法としては、補助特質「神出鬼没」が挙げられる。 神出鬼没で壁の向こう側へと一瞬で移動できるため、攻撃を当てやすくなるぞ。 一部ハンターはスキルで突破可能! 結魂者やリッパーといったハンターであれば、 最初から開放されているスキルを使えば強ポジでも攻撃を当てやすい。 ハンターの能力は、事前にキャラクター画面やカスタムマッチなどで確認しておこう。 ハンターの基本的な立ち回り方 狙うサバイバーの優先度を決める 試合開始後は、とりあえず暗号機を目印に索敵を行おう。 いずれかの暗号機の近くには必ずサバイバーがいるため、1人目のサバイバーを発見しやすい。 まずはマップの反対側へ移動 試合開始直後は、ひとまずステージの反対側にある暗号機を目印に索敵しよう。 サバイバーはハンター出現位置の反対側からスタートしやすいため、1人目を見つけやすい。 暗号機アンテナの振動で判断しよう ある程度解読が進んだ暗号機を解読するとアンテナが小さく振動する。 サバイバーをうまく見つけられない場合は、立ち止まって壁越しに暗号機のアンテナを確認してみよう。 暗号機から音が出ていたら可能性大! サバイバーが暗号機の解読を少し進めると、暗号機本体から音が出るようになる。 暗号機から音が出ているならサバイバーが解読を進めていたということなので、付近に隠れている可能性が高い。 通知や足跡を頼りに索敵する サバイバーを見つけ出したら、追跡を開始しよう。 最初のうちは近づいて攻撃することだけを考えれば良い。 追跡に慣れてきたら、 サバイバーが強ポジに逃げられないように誘導するのが理想的だ。 板を壊す数を最低限に留める! サバイバーは逃げる際に板を倒すことが多いが、 板を全部壊していると追跡できる時間が少なくなってしまう。 遠回りに時間のかかる板のみ壊し、それ以外の板は後回しにしても良いだろう。 見失っても足跡で追跡しよう! サバイバーを攻撃すると数秒間移動速度が上昇するため、 障害物の多い場所だと見失いやすい。 見失ったら地面に残された足跡を見て追跡し、サバイバーを追い詰めていこう。 うまく追い詰めるには慣れも必要! サバイバーを追跡して追い詰めるには、慣れや経験も必要だ。 ランダムマッチやランクマッチでどんどんプレイして、サバイバーの行動を先読みできるようになろう。 特に序盤は強ポジで深追いしない! 恐怖の一撃を発生させると、 健康状態のサバイバーを1回の攻撃でダウンさせることができる。 恐怖の一撃は特定の条件を満たせば発動できるため、狙えそうなら積極的に狙おう。 成功すると存在感が1,000貯まる! サバイバーを恐怖の一撃でダウンさせた場合、 攻撃2回分の存在感 1,000 を貯められる。 サバイバーの追跡時間やスキル2開放までの時間を大幅に短縮できるため、なるべく狙っていこう。 遠回りに時間がかからない場所がおすすめ 板や窓枠は場所によって恐怖の一撃を狙いやすいポイントがある。 特に板が設置されている場所に多いため、場合によっては壊さずに残しておいて恐怖の一撃を狙うという作戦もありだ。 1人拘束後は2人目の索敵へ! 1人目を拘束したら2人目の索敵に移ろう。 キャンプも一つの手ではあるが、その間に サバイバー3人で解読を進められると戦況が厳しくなる。 状況にもよるが、基本的には2人目の索敵に移る方が良い。 誰を何回拘束したか覚えておくこと! サバイバーは、3回拘束されると即座に脱落する。 サバイバーの数が少ない程ハンターが有利になるため、一度拘束したことのあるサバイバーから狙うのが基本戦略だ。 「瞬間移動」で2人目の索敵も楽に! 1人目を拘束した後は、壁越しに暗号機のアンテナを見てみよう。 アンテナが振動している場所にサバイバーがいるため、そこに 瞬間移動すれば簡単に2人目を狙うことも可能だ。 他のサバイバーがいるなら離れすぎない! 基本的には2人目の索敵に移る方が良いが、 救助に来たサバイバーが近くいる場合は椅子から離れすぎない方が良い。 内在人格「耳鳴り」を装備しておけば、一瞬で判断できるぞ。 最後の1人ならハッチで待ち伏せ.

次の

第五人格、勝てない。初心者~中級者に知ってほしい立ち回りや編成とは?

ルキノ立ち回り

Identity Vって何? Identity V(アイデンティティファイブ)は1vs4に分かれて行う鬼ごっこのようなサバイバルマルチアクションゲームで、中国版では「第五人格」という名称でした。 より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。 チェイスのやり方は分かってるんだけど・・・ チェイスのやり方自体は分かっているんだけど、いざ実践でやろうとするとすぐに捕まってしまうという方も多いのではないでしょうか? まだテクニック的なものも全く知らないよ!という方は以下の記事をご覧ください。 ハンターによってもコツが違うしそもそもどう動いてくるかわからないしどんなスキルがついてるのかも・・・と色々な条件で立ち回りやすい場合とそうでない場合があります。 もちろんどんな場合でも必ず勝てる必勝方法というのは難しいですが、苦手意識がある人は以下のような練習方法をしてみてはいかがでしょうか? どのサバイバーで練習する? サバイバーによって板窓の操作速度が異なるので出来るだけチェイスが得意なサバイバーで練習することをおすすめします。 理由はとにかく上手くいくというパターンやイメージを掴むということが大事だと思っているので、そのイメージが掴みやすい泥棒か空軍のどちらかが良いのではないかと思います。 特に泥棒はゲームを始めたばかりの人でも持っているサバイバーなのでおすすめです。 自分の得意パターンを作る チェイスをやっている人は毎回違う動きをしているように見えますが、基本的な立ち回りは自分がチェイスをしたときに上手くいったケースをベースとして動いたりしています。 例えば左にいこうとした場合にハンターが左から回り込もうとしたら右にいく、なんて当たり前のことですがこういうチェイスをやる際の強い動きを臨機応変に組み合わせていくことで長時間のチェイスを実現しています。 つまり得意なパターンを1つずつ増やしていくということで自分の中に「こうやったらうまくいくよね」という立ち回りを確率していく近道なのかなと思います。 最もわかりやすい強ポジ「建物」を使ってみよう では実際に練習するとなったときにどのようなところから手をつければよいかというと、まずはやはり強ポジを使うというのがわかりやすいと思います。 強ポジというのは読んで字の如くサバイバーにとって有利な強いポジションのことです。 この強ポジでちゃんとチェイスが出来ないのに他の場所でチェイスができるのか?!ということで、まずはちゃんと強ポジでチェイスができるように練習していきましょう。 まずは強ポジ単体でぐーるぐる 建物は1つのマップに2つ以上あって大きい建物はマップによって構造が全然違うのですが、小さい建物は立ち回りもわかりやすいのでまずはこちらで練習することをお勧めします。 それでは軍需工場の小さい建物の図でチェイスしている様子と考え方を少し解説してみたいと思います。 例:解読中にハンターがきた場合 解読中にハンターが接近してきた場合はもちろん建物の中に逃げてみます。 最初の選択肢は窓から出るかどうかですが、出る前に必ずハンターの位置を確認しましょう。 そのまま建物の中に追ってきていれば窓から脱出します。 もし窓から出るのを見越してハンターが外から回り込もうとしているのであれば、次にハンターがサバイバーの位置を確認できるのは窓に着いた時なので、逆に板がある側に向かうことでハンターと距離を離すことができます。 上図と同じケースで、もし下図のように下の出口に向かった場合はどうなるでしょうか? こちらに移動する手もありますが、こうなると下図のようになってしまいます。 こうなると、先ほどよりも距離が近くなってしまいます。 こうなった場合の立ち回りは大きく分けて3つの選択肢があります。 基本的にハンターがどちらに動くのかを見てから最適な方向に逃げましょう。 しかし、ハンターが直接追ってくるのではなくまた窓から出てくる可能性も見越して、常にハンターを見失わないようカメラを向けておきましょう。 例:下方向からハンターに追われて入ってきた場合 このケースの場合はおそらくハンターとそれほど距離が離れていないことが多いと思うので、そのまま窓を越えて外に出てしまいましょう。 次の立ち回りは先ほどの例で示した図とは逆で、今後はサバイバーが外、ハンターが中にいる状態になります。 例:ハンターが閉鎖空間を持っていた場合 そのまま建物だけでチェイスするのは不可能に近いのですぐ板がある方向に逃げましょう。 ある程度建物でチェイスができるようになったら? 建物でのチェイスはとてもシンプルです。 可能な限り距離を離しつつ、窓を中心に相手の向かう方向とは逆をついて建物の周りを巡回するようなイメージです。 これである程度チェイスができるようになったら、次は少し離れた場所で解読していた場合を考えます。 まず開始直後に自分が得意な強ポジ、今回の例でいえば建物の位置を確認します。 そしてその建物に逃げ込めるであろう距離にある暗号機から解読を始めます。 もし暗号機解読中にハンターが来た場合、一発殴られても良いので何とかして建物まで逃げ込みましょう。 建物に逃げ込んでしまえばあとは経験を活かして可能な限りチェイスをします。 このように、不慣れな場所でチェイスをするのではなく自分の得意なパターンに持ち込むことでチェイスがしやすい状況を作ることを考えてみましょう。 チェイスは読み合い、相手の動きを予測しよう ここまで出来るようになったら、次は場所を変えて得意なパターンを増やしていきましょう。 チェイスは基本的に読み合いです。 ハンターはサバイバーを捕まえるために最短ルートを通ろうとしたり、先回りしたりしようとします。 それを見越してサバイバーは逆方向に向かったり、あえて動かず隠れてみたり、巡回すると見せかけてその場を離れたりします。 つまり毎回同じ立ち回りにはならず相手によって変えていくことが大事です。 もちろんハンターによっては最後にふれた閉鎖空間の他にも神出鬼没を使ってきたり、ハンターごとの得意パターンであるパケットや透明化、突進、チェーンクロウなど様々な手段でサバイバーを追い詰めようとするので、サバイバーとしては可能な限り予測して自分なりに立ち回りをアレンジして動けるようにしましょう。 いかがだったでしょうか? IdentityV 第五人格 に興味を持った方はこちらからどうぞ。 それではまた。

次の

【第五人格】写真家 ジョゼフの評価とおすすめの内在人格

ルキノ立ち回り

Identity Vって何? Identity V(アイデンティティファイブ)は1vs4に分かれて行う鬼ごっこのようなサバイバルマルチアクションゲームで、中国版では「第五人格」という名称でした。 より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。 チェイスのやり方は分かってるんだけど・・・ チェイスのやり方自体は分かっているんだけど、いざ実践でやろうとするとすぐに捕まってしまうという方も多いのではないでしょうか? まだテクニック的なものも全く知らないよ!という方は以下の記事をご覧ください。 ハンターによってもコツが違うしそもそもどう動いてくるかわからないしどんなスキルがついてるのかも・・・と色々な条件で立ち回りやすい場合とそうでない場合があります。 もちろんどんな場合でも必ず勝てる必勝方法というのは難しいですが、苦手意識がある人は以下のような練習方法をしてみてはいかがでしょうか? どのサバイバーで練習する? サバイバーによって板窓の操作速度が異なるので出来るだけチェイスが得意なサバイバーで練習することをおすすめします。 理由はとにかく上手くいくというパターンやイメージを掴むということが大事だと思っているので、そのイメージが掴みやすい泥棒か空軍のどちらかが良いのではないかと思います。 特に泥棒はゲームを始めたばかりの人でも持っているサバイバーなのでおすすめです。 自分の得意パターンを作る チェイスをやっている人は毎回違う動きをしているように見えますが、基本的な立ち回りは自分がチェイスをしたときに上手くいったケースをベースとして動いたりしています。 例えば左にいこうとした場合にハンターが左から回り込もうとしたら右にいく、なんて当たり前のことですがこういうチェイスをやる際の強い動きを臨機応変に組み合わせていくことで長時間のチェイスを実現しています。 つまり得意なパターンを1つずつ増やしていくということで自分の中に「こうやったらうまくいくよね」という立ち回りを確率していく近道なのかなと思います。 最もわかりやすい強ポジ「建物」を使ってみよう では実際に練習するとなったときにどのようなところから手をつければよいかというと、まずはやはり強ポジを使うというのがわかりやすいと思います。 強ポジというのは読んで字の如くサバイバーにとって有利な強いポジションのことです。 この強ポジでちゃんとチェイスが出来ないのに他の場所でチェイスができるのか?!ということで、まずはちゃんと強ポジでチェイスができるように練習していきましょう。 まずは強ポジ単体でぐーるぐる 建物は1つのマップに2つ以上あって大きい建物はマップによって構造が全然違うのですが、小さい建物は立ち回りもわかりやすいのでまずはこちらで練習することをお勧めします。 それでは軍需工場の小さい建物の図でチェイスしている様子と考え方を少し解説してみたいと思います。 例:解読中にハンターがきた場合 解読中にハンターが接近してきた場合はもちろん建物の中に逃げてみます。 最初の選択肢は窓から出るかどうかですが、出る前に必ずハンターの位置を確認しましょう。 そのまま建物の中に追ってきていれば窓から脱出します。 もし窓から出るのを見越してハンターが外から回り込もうとしているのであれば、次にハンターがサバイバーの位置を確認できるのは窓に着いた時なので、逆に板がある側に向かうことでハンターと距離を離すことができます。 上図と同じケースで、もし下図のように下の出口に向かった場合はどうなるでしょうか? こちらに移動する手もありますが、こうなると下図のようになってしまいます。 こうなると、先ほどよりも距離が近くなってしまいます。 こうなった場合の立ち回りは大きく分けて3つの選択肢があります。 基本的にハンターがどちらに動くのかを見てから最適な方向に逃げましょう。 しかし、ハンターが直接追ってくるのではなくまた窓から出てくる可能性も見越して、常にハンターを見失わないようカメラを向けておきましょう。 例:下方向からハンターに追われて入ってきた場合 このケースの場合はおそらくハンターとそれほど距離が離れていないことが多いと思うので、そのまま窓を越えて外に出てしまいましょう。 次の立ち回りは先ほどの例で示した図とは逆で、今後はサバイバーが外、ハンターが中にいる状態になります。 例:ハンターが閉鎖空間を持っていた場合 そのまま建物だけでチェイスするのは不可能に近いのですぐ板がある方向に逃げましょう。 ある程度建物でチェイスができるようになったら? 建物でのチェイスはとてもシンプルです。 可能な限り距離を離しつつ、窓を中心に相手の向かう方向とは逆をついて建物の周りを巡回するようなイメージです。 これである程度チェイスができるようになったら、次は少し離れた場所で解読していた場合を考えます。 まず開始直後に自分が得意な強ポジ、今回の例でいえば建物の位置を確認します。 そしてその建物に逃げ込めるであろう距離にある暗号機から解読を始めます。 もし暗号機解読中にハンターが来た場合、一発殴られても良いので何とかして建物まで逃げ込みましょう。 建物に逃げ込んでしまえばあとは経験を活かして可能な限りチェイスをします。 このように、不慣れな場所でチェイスをするのではなく自分の得意なパターンに持ち込むことでチェイスがしやすい状況を作ることを考えてみましょう。 チェイスは読み合い、相手の動きを予測しよう ここまで出来るようになったら、次は場所を変えて得意なパターンを増やしていきましょう。 チェイスは基本的に読み合いです。 ハンターはサバイバーを捕まえるために最短ルートを通ろうとしたり、先回りしたりしようとします。 それを見越してサバイバーは逆方向に向かったり、あえて動かず隠れてみたり、巡回すると見せかけてその場を離れたりします。 つまり毎回同じ立ち回りにはならず相手によって変えていくことが大事です。 もちろんハンターによっては最後にふれた閉鎖空間の他にも神出鬼没を使ってきたり、ハンターごとの得意パターンであるパケットや透明化、突進、チェーンクロウなど様々な手段でサバイバーを追い詰めようとするので、サバイバーとしては可能な限り予測して自分なりに立ち回りをアレンジして動けるようにしましょう。 いかがだったでしょうか? IdentityV 第五人格 に興味を持った方はこちらからどうぞ。 それではまた。

次の