クスリ の アオキ 竹鼻 店。 クスリのアオキ/岐阜県羽島市に「竹鼻店」惣菜・精肉・鮮魚を強化

クスリのアオキ/岐阜県羽島市に「竹鼻店」惣菜・精肉・鮮魚を強化

クスリ の アオキ 竹鼻 店

クスリのアオキ 竹鼻店 働く職場環境の解説 シフトワークスでアルバイト・パート・派遣の求人に応募するにあたり検討材料になるクスリのアオキ 竹鼻店で働くスタッフ・社員の職場環境の特徴を掲載しています。 求人にご応募される際にご活用ください。 クスリのアオキ 竹鼻店は、 竹鼻駅 徒歩9分 の場所にあります。 交通費も支給されますが上限金額など詳細内容は面接時にご確認ください。 クスリのアオキ 竹鼻店で働くアルバイト・パート・派遣・社員の方の男性・女性スタッフの割合は、 男性スタッフよりもやや女性スタッフの方が多い男女比率になっています。 女性の方が多く活躍していて、男性の方も活躍している職場です。 主婦・主夫の方の応募も歓迎しております。 クスリのアオキ 竹鼻店で働くアルバイト・パート・派遣・社員の方の年齢層(10代から60代以上)割合は、 幅広い年齢層の方が活躍されている職場です。 中高年の方もご活躍いただいております。 Wワーク・副業OKの職場ですので、他のお仕事をされている社会人の方にも働いていただけます。 シフト相談の受け入れもしていますので、ご自身のスケジュールに合わせることができる働きやすい環境かもしれません。 クスリのアオキ 竹鼻店で募集している仕事内容は、販売系のレジのお仕事となっています。 少人数で作業することも、みんなで協力して仕事をすることもあります。 クスリのアオキ 竹鼻店の職場の雰囲気は、 明るい雰囲気の職場環境となっています。 また、こちらの店舗では、社員割引制度もございます。 詳しい社員割引制度の内容は面接時にご質問ください。 現在、クスリのアオキ 竹鼻店で募集しているシフトは、1週間に5日以上、5時間から勤務でき る方を募集しています。 具体的な勤務時間や曜日のご希望は面接の際にご相談ください。 例えば1週間に5日出勤し5時間勤務でクスリのアオキ 竹鼻店で働くと 約9万円の月収が想定されます。 これは最も少ない勤務日数・勤務時間の場合の想定月収です。 実際に働かれるシフトによって月収は異なります。 レジのお仕事が未経験の方も歓迎しておりますのでお気軽にご応募ください。 株式会社クスリのアオキのバイト・パート・求人に関するお役立ち情報 「クスリのアオキ」は、石川県白山市に本社を置き、北陸・近畿・中部関東地区にドラックストアを幅広く展開させている会社です。 クスリのアオキの歴史は古く、1869年に石川県松任市(当時)にて「青木二階堂薬局」を開業したのが始まりで、その後北信越地方を中心にチェーン展開を進めていきました。 クスリのアオキは少子高齢化による医療費抑制のため、地域医療の担い手として「健康と美と衛生」について適切なアドバイスができるように日々努力しているのです。 「クスリのアオキ」では、薬剤師・医療事務・販売登録者・ストア販売スタッフ・本社総務などの分野で求人募集があります。 医療事務・ストア販売スタッフはしっかりとしたマニュアルや充実した研修がありますので、未経験の方でも働くことができるでしょう。 販売登録者は、主に市販の風邪薬や解熱鎮痛剤など、第2・第3種医薬品の接客販売を担当します。 実務経験を積むことで、販売登録管理者へとステップアップが可能です。 また、「アオキ」ではやる気のある社員には積極的に正社員登用を行っています。 ストア販売スタッフのアルバイト・パート募集は週2日勤務、1日2,3時間勤務が可能です。 10代から50代以上と幅広い年代の方が活躍中で、半分近くの方が2年以上勤務していることからも働きやすい会社といえます。 関連バイト.

次の

クスリのアオキ、ナルックスを2020年6月に買収-地場スーパー買収で「生鮮強化」へ

クスリ の アオキ 竹鼻 店

2016年11月21日上場 略称 クスリアオ 本社所在地 〒924-8510 石川県白山市横江町4街区1番 設立 (有限会社二階堂) 事業内容 持株会社 代表者 代表取締役会長 青木桂生 代表取締役社長 青木宏憲 資本金 10億7900万円(2018年5月時点 ) 売上高 連結 2212億8600万円 単独 50億3400万円 (2018年5月期 ) 純利益 連結 88億2300万円 単独 34億6900万円 (2018年5月期 ) 純資産 連結 443億1000万円 単独 326億8200万円 (2018年5月期 ) 総資産 連結 1177億2300万円 単独 343億1900万円 (2018年5月期 ) 従業員数 連結 2188人 単独 14人 (2018年5月時点 ) 決算期 主要株主 (退職給付信託口・口) 10. , Ltd. (旧イオン・ウエルシア・ストアーズ)に加盟。 の 株式会社クスリのアオキホールディングスが第一部に上場している。 概要 [ ] (2年)、薬種商として創業したのが起源で、石川県(当時)において「青木二階堂薬局」を営業。 の経営からドラッグストアへ転換を図った。 を主な営業エリアとし、限られた商圏で集中的に出店するで店舗を拡大している。 沿革 [ ]• - 青木二階堂薬局として創業。 - 商号を有限会社青木二階堂薬局に変更。 - 株式会社クスリのアオキを設立。 - 石川県1号店をに出店(旧・泉ヶ丘店)。 - 富山県1号店をに出店(現・砺波店)。 1997年 - 1号店をに出店(現・福井若杉店)。 1997年 - 株式会社と商品仕入等の相互協力を目的とした業務提携・資本提携。 - を改定。 - 株式会社と商品の共同開発等を目的とした業務提携・資本提携。 2003年 - 1号店をに出店(現・藤巻店)。 - 株式会社青木二階堂を設立(株式会社クスリのアオキ100%出資子会社、2012年11月清算)。 2006年 - 東京証券取引所2部に上場。 - 石川県金沢市での玉鉾店出店により100店舗を達成。 - 、での支払いが可能になる。 2008年 - 1号店をに出店(現・篠ノ井店)。 - 東京証券取引所1部に指定替え。 - 1号店をに出店(岐阜県庁南店)。 - 東京証券取引所1部の上場を廃止。 2016年 - 筆頭株主である株式会社クスリのアオキホールディングス(同年6月30日に有限会社二階堂より商号変更)を完全親会社とするを行い、同社の完全子会社となる。 株式会社クスリのアオキホールディングスが東京証券取引所1部に上場• - の吉野店の開店で500店舗を達成。 2018年 - 全店舗での決済を開始。 - 本社を白山市横江町に移転。 展開する店舗 [ ] 現在の店舗の詳細は、公式サイトのを参照。 なお、店舗数は2020年6月10日時点のため、現在の店舗数とは異なる場合もある。 北陸3県 [ ] 石川県(74店舗) 本社所在地の石川県においては、未出店地域が多くあり、特にでは顕著になっている。 2019年現在は、、、で未出店。 (72店舗) 富山県ではを除く市町に出店している。 (49店舗)• 15店舗 [ ] (59店舗) (26店舗) [ ] を中心に出店。 の出店数が際立って多い。 群馬県64店舗• 39店舗• 40店舗• 35店舗(にはにの西大宮店を出店 )• 11店舗(には未出店) [ ] 東海4県に出店。 特にでの店舗展開は東海地方で初めて出店したことから店舗数も多くなっている。 岐阜県 62店舗• 32店舗(には、2020年5月6日にに東茶屋店を出店)• 21店舗• 3店舗 [ ]• 22店舗• 5店舗(の久世南店は京都府の第1号店 、の出店では新潟市に次いで2番目)• 6店舗 [ ]• 6店舗• 3店舗• 4店舗 店舗ギャラリー [ ] 店舗における「クスリのアオキ」のロゴタイプ表記は店舗により異なっている。 主に赤色ベースのものや白色ベースのものが使用されている。 イータウンとなみ店(富山県砺波市)、ロゴは建物に埋め込み かつて存在した店舗 [ ]• 本店(旧店)• 泉ヶ丘店(旧本店2代目) 今後の出店計画 [ ] 2019年春に、において出店。 いずれも新規の出店で郊外型の店舗となる。 浜松市は同年に「浜松北島店」 ()、会津若松市は同年5月1日に「城西町店」 を開店した。 2020年6月に買収するナルックスの店舗は、全5店がドラッグストア化するほか、ナルックスの強みであった鮮魚部門を継承し、鮮魚取り扱い店舗の拡充を進める方針。 店舗サービス [ ] 決済サービス クスリのアオキでは、以下のでの決済を導入している。 - は対象外。 PayPay• Origami Pay• メンバーズカード 無料で発行するカードで、100円につき1ポイント、500ポイントで500円分のお買物券が発行される。 また、お買物券3枚で2000円分相当として利用が可能。 2019年に、これまでのメンバーズカードを刷新して方式のメンバーズカード「Aoca」(アオカ)を導入する。 「Aoca」はチャージ機能を持たせたカードで、チャージ機能を持たないメンバーズカードは5月までが有効期限となる。 - の一部の店舗(設置店舗は公式サイトのを参照)• - 北陸地方の一部店舗(設置店舗は北陸銀行公式サイトのを参照) CM起用者 [ ]• - 2019年の創業150年広報部長として起用。 なお、岡崎はこれ以前にもに出演している。 - 2019年の創業150年広報課長として起用。 脚注 [ ]• NEWSポストセブン. 2019年4月26日. 2019年5月24日閲覧。 クスリのアオキホールディングス 2018年8月17日. 2019年2月7日閲覧。 日本経済新聞. 2018年12月14日. 2019年2月7日閲覧。 日本経済新聞. 2018年11月13日. 2019年5月24日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2018年12月4日 , 2019年2月7日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2019年4月30日 , 2019年5月24日閲覧。 流通ニュース. 2019年5月7日. 2019年5月24日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2019年1月15日 , 2019年2月7日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2017年5月9日 , 2019年2月7日閲覧。 北國新聞 2018年12月14日. 2019年2月7日閲覧。 日本経済新聞. 2019年4月24日. 2019年5月24日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2019年4月30日 , 2019年5月24日閲覧。 日本経済新聞. 2019年5月15日. 2019年5月24日閲覧。 流通ニュース. 2019年5月13日. 2019年5月24日閲覧。 (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収)• イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

クスリのアオキネットショップ

クスリ の アオキ 竹鼻 店

2016年11月21日上場 略称 クスリアオ 本社所在地 〒924-8510 石川県白山市横江町4街区1番 設立 (有限会社二階堂) 事業内容 持株会社 代表者 代表取締役会長 青木桂生 代表取締役社長 青木宏憲 資本金 10億7900万円(2018年5月時点 ) 売上高 連結 2212億8600万円 単独 50億3400万円 (2018年5月期 ) 純利益 連結 88億2300万円 単独 34億6900万円 (2018年5月期 ) 純資産 連結 443億1000万円 単独 326億8200万円 (2018年5月期 ) 総資産 連結 1177億2300万円 単独 343億1900万円 (2018年5月期 ) 従業員数 連結 2188人 単独 14人 (2018年5月時点 ) 決算期 主要株主 (退職給付信託口・口) 10. , Ltd. (旧イオン・ウエルシア・ストアーズ)に加盟。 の 株式会社クスリのアオキホールディングスが第一部に上場している。 概要 [ ] (2年)、薬種商として創業したのが起源で、石川県(当時)において「青木二階堂薬局」を営業。 の経営からドラッグストアへ転換を図った。 を主な営業エリアとし、限られた商圏で集中的に出店するで店舗を拡大している。 沿革 [ ]• - 青木二階堂薬局として創業。 - 商号を有限会社青木二階堂薬局に変更。 - 株式会社クスリのアオキを設立。 - 石川県1号店をに出店(旧・泉ヶ丘店)。 - 富山県1号店をに出店(現・砺波店)。 1997年 - 1号店をに出店(現・福井若杉店)。 1997年 - 株式会社と商品仕入等の相互協力を目的とした業務提携・資本提携。 - を改定。 - 株式会社と商品の共同開発等を目的とした業務提携・資本提携。 2003年 - 1号店をに出店(現・藤巻店)。 - 株式会社青木二階堂を設立(株式会社クスリのアオキ100%出資子会社、2012年11月清算)。 2006年 - 東京証券取引所2部に上場。 - 石川県金沢市での玉鉾店出店により100店舗を達成。 - 、での支払いが可能になる。 2008年 - 1号店をに出店(現・篠ノ井店)。 - 東京証券取引所1部に指定替え。 - 1号店をに出店(岐阜県庁南店)。 - 東京証券取引所1部の上場を廃止。 2016年 - 筆頭株主である株式会社クスリのアオキホールディングス(同年6月30日に有限会社二階堂より商号変更)を完全親会社とするを行い、同社の完全子会社となる。 株式会社クスリのアオキホールディングスが東京証券取引所1部に上場• - の吉野店の開店で500店舗を達成。 2018年 - 全店舗での決済を開始。 - 本社を白山市横江町に移転。 展開する店舗 [ ] 現在の店舗の詳細は、公式サイトのを参照。 なお、店舗数は2020年6月10日時点のため、現在の店舗数とは異なる場合もある。 北陸3県 [ ] 石川県(74店舗) 本社所在地の石川県においては、未出店地域が多くあり、特にでは顕著になっている。 2019年現在は、、、で未出店。 (72店舗) 富山県ではを除く市町に出店している。 (49店舗)• 15店舗 [ ] (59店舗) (26店舗) [ ] を中心に出店。 の出店数が際立って多い。 群馬県64店舗• 39店舗• 40店舗• 35店舗(にはにの西大宮店を出店 )• 11店舗(には未出店) [ ] 東海4県に出店。 特にでの店舗展開は東海地方で初めて出店したことから店舗数も多くなっている。 岐阜県 62店舗• 32店舗(には、2020年5月6日にに東茶屋店を出店)• 21店舗• 3店舗 [ ]• 22店舗• 5店舗(の久世南店は京都府の第1号店 、の出店では新潟市に次いで2番目)• 6店舗 [ ]• 6店舗• 3店舗• 4店舗 店舗ギャラリー [ ] 店舗における「クスリのアオキ」のロゴタイプ表記は店舗により異なっている。 主に赤色ベースのものや白色ベースのものが使用されている。 イータウンとなみ店(富山県砺波市)、ロゴは建物に埋め込み かつて存在した店舗 [ ]• 本店(旧店)• 泉ヶ丘店(旧本店2代目) 今後の出店計画 [ ] 2019年春に、において出店。 いずれも新規の出店で郊外型の店舗となる。 浜松市は同年に「浜松北島店」 ()、会津若松市は同年5月1日に「城西町店」 を開店した。 2020年6月に買収するナルックスの店舗は、全5店がドラッグストア化するほか、ナルックスの強みであった鮮魚部門を継承し、鮮魚取り扱い店舗の拡充を進める方針。 店舗サービス [ ] 決済サービス クスリのアオキでは、以下のでの決済を導入している。 - は対象外。 PayPay• Origami Pay• メンバーズカード 無料で発行するカードで、100円につき1ポイント、500ポイントで500円分のお買物券が発行される。 また、お買物券3枚で2000円分相当として利用が可能。 2019年に、これまでのメンバーズカードを刷新して方式のメンバーズカード「Aoca」(アオカ)を導入する。 「Aoca」はチャージ機能を持たせたカードで、チャージ機能を持たないメンバーズカードは5月までが有効期限となる。 - の一部の店舗(設置店舗は公式サイトのを参照)• - 北陸地方の一部店舗(設置店舗は北陸銀行公式サイトのを参照) CM起用者 [ ]• - 2019年の創業150年広報部長として起用。 なお、岡崎はこれ以前にもに出演している。 - 2019年の創業150年広報課長として起用。 脚注 [ ]• NEWSポストセブン. 2019年4月26日. 2019年5月24日閲覧。 クスリのアオキホールディングス 2018年8月17日. 2019年2月7日閲覧。 日本経済新聞. 2018年12月14日. 2019年2月7日閲覧。 日本経済新聞. 2018年11月13日. 2019年5月24日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2018年12月4日 , 2019年2月7日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2019年4月30日 , 2019年5月24日閲覧。 流通ニュース. 2019年5月7日. 2019年5月24日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2019年1月15日 , 2019年2月7日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2017年5月9日 , 2019年2月7日閲覧。 北國新聞 2018年12月14日. 2019年2月7日閲覧。 日本経済新聞. 2019年4月24日. 2019年5月24日閲覧。 PDF プレスリリース , クスリのアオキホールディングス, 2019年4月30日 , 2019年5月24日閲覧。 日本経済新聞. 2019年5月15日. 2019年5月24日閲覧。 流通ニュース. 2019年5月13日. 2019年5月24日閲覧。 (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収)• イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の