正月 飾り 捨て 方。 正月飾りの処分方法!飾りを外す日から正しい捨て方まで

正月飾りの捨て方とは?正しい処分をしないと神様の逆鱗に触れるかも!?

正月 飾り 捨て 方

Sponsored Link お正月になると、玄関先にはしめ飾りや門松、神棚などには鏡餅など、 正月飾りをおきますよね。 お正月が過ぎて役割が終われば処分するものですが、 何日まで飾っておくのか?どのようにして処分すればいいのか?などの疑問が出てきますね。 年の初めに、神様への行事として正しい知識をつけておきましょう。 ・門松の処分や片付ける時期は? ・門松の処分方法は? ・神社で処分してもらえる? ・門松を使いまわしてもいいの? Sponsored Link 門松の処分や片付ける時期は? 門松の処分や片づける時期ですが、松の内までは飾っておきましょう。 松の内とは12月13日から1月7日までの期間のことです。 この松の内、という言葉は門松を飾っている期間を指しているので、「松の内」といいます。 もちろん、この松の内の間にしめ飾りや鏡餅などを一緒に飾って、1月7日を過ぎれば片づけてしまって問題ありません。 門松の処分方法は? 1月7日の、松の内の期間を過ぎたあとの処分方法が一番困りますよね。 もう役割が終わったんだから処分したいけど、ゴミに出してしまってもいいの?と思う方もいますよね。 できれば、 ゴミとして地域のゴミ収集で処分するのは避けた方が望ましいでしょう。 門松飾りは、お正月の年の初めに、1年間家を守ってくれる 年神様を迎え入れるため、目印になる、という大切な役割があります。 門松の松は、年神様の依り代とされ、神様が降りてくるのに必要なものです。 いくら役割が終わったといえど、ゴミとして処分するのには抵抗感もありますよね。 では、どうやって処分するの?というところですが、 「どんど焼き」という火祭りで焚き上げる方法があります。 これは、 出迎えた年神様を炎と一緒にお見送りする意味がある、と考えられているからです。 どんど焼きの他に左義長、お焚き上げ、とんど焼きなどの地方ごとの様々な名称があります。 一般的に小正月である1月15日に行われることが多く、田んぼや広い空き地、神社の境内で行われます。 Sponsored Link 神社で処分してもらえる? 先ほど紹介しましたが、どんど焼きは地域の行事として田んぼや広い空き地で行っている場合もあれば、 神社の境内で行っていることもあります。 どんど焼きが行われているときに神社に持ち込めば、そのままお焚き上げで処分してしまう事はできますよね。 では、都合がつかずにどんど焼きで処分できなかった場合はどうしたらいいのでしょうか? そんな時は、神社に処分の受け入れを確認して、受け付けているのならば持ち込みましょう。 どんど焼きでなければ焚き上げて処分してくれない神社もあるので、 持ち込もうと思った神社には事前に問い合わせをして処分を受け付けてくれるのか確認しておきましょう。 門松を使いまわしてもいいの? 松の内を過ぎたあとの門松を処分するのに悩むくらいならば、 また来年使えばいいのでは?と思う方も多くいらっしゃると思います。 実際、次の年も使えるようなお正月飾りが販売されていることもありますし、環境問題などを考えて再利用しているご家庭も多いことでしょう。 ですが、本来は 「新年に天から年神様をお迎えして、依り代を燃やして天に送り返す」という意味合いがあるので、使いまわすものとは考えられていません。 風習としては、 翌年同じものをまた使うのは神様に失礼なので使いまわさない、とされています。 ただ、風習やマナーは大切ですが、環境問題なども考えて自分で判断してしまって問題ないでしょう。 初めから処分するつもりであれば、小さいサイズの低価格の門松を毎年購入してみてはいかがでしょうか。 ネット通販では、1,500円程度で横幅約12cm、高さ約26cmの門松が販売されています。 これなら毎年処分しても多少はダイオキシンの発生を軽減させられますし、費用面の負担も少なく済みます。 逆に、気に入った高価な門松を毎年再利用する、という方は5,000円や10,000円の大きな門松を購入してみてもいいと思います。

次の

お正月飾りの処分の仕方やお作法知ってますか?処分の時期はいつ?

正月 飾り 捨て 方

たとえば、大晦日にクリスマスツリーと鏡餅が並んだりしていると、人に奇異の念を与えます。 また、四月近くになってもお雛様が飾ってある状態なども、同様です。 「出しっ放し感」も発生しますので、ものによってはだらしなく見えることもあります。 このように、季節飾りには 「下げ時」があるわけですが、 お正月花の下げ時は一体いつなのか? 実を言えば、お正月花を片付けるタイミングは、世にいくつか言われているものがあり、「絶対にこの日」というような 定点はありません。 この記事では、いくつかの「片付けタイミング」を紹介しますので、ご自分にはどのタイミングがふさわしいのかを選んでいただければ良いと思います。 また、「片付け」についての考え方や、実際の片付け方法についても、紹介してみます。 松の内とは、管理人の感覚としては(千葉生まれ、千葉育ち、現在東京都民です)1月15日までを指すのですが、「松の内=1月7日まで」とする習慣もあるらしいので、短いほうにあわせて 「1月7日(もしくは前日6日の晩)撤去」にしておけば、誰からも後ろ指さされる筋合いはありません。 1月7日に撤去ですと、松を生けた場合、緑のままでピンピンしていることと思います。 ピンピンしているものを捨てるのは忍びないです。 私ならば、「いかにもお正月花」な花とは別な路線の花に生け変えて、松を最後まで有効利用するでしょう。 かなり適当に管理しても、松は1ヶ月くらいは持つのですから。 ただし、正月飾りを使いまわすことが嫌な人や、嫌がりそうな人が家族にいる場合は、潔く捨てたほうがいいかもしれません(私は全然イヤではないので、最後まで松に付き合います)。 日本で一番大きいいけばな流派であるでは、15日撤去を指導しているらしいです。 私はの門弟なので、伝聞情報なのですが、聞いたときのニュアンスからすると、「16日に正月花が飾ってあったらおかしい、恥ずかしい」というレベルのきっちりした指導のようです。 私、華道師範の身ですが、このくらいの緩さで十分じゃないかと思います。 池坊さんには笑われるのでしょうか……。 じゃあ、あなたは飽きなければ、二月になっても正月花を飾っているのか?と言われるなら、私の場合それは「NO」です。 人は、いつまでも正月テイスト満開の花を見ていたら、そんなに長く飽きずにいられるものではありません。 飽きるっていうか、シラけてくるんです。 なので、自然と「もうお正月花でもないだろう」というタイミングが来たら、そこが撤去のタイミングだ、という程度でもそんなに問題ないと思います。 格のある料亭などでこんなことをやっていてはいけませんが、一般家庭ならば、これもいいんじゃないでしょうか。 管理人は、これも容認派です。 ただし、松は相当長いこと枯れませんから、本当に最後の松が枯れるまで待っていると、春になってしまいます(マジで、一ヶ月や二ヶ月持つので)。 なので、上の項と同様に、結局は全部枯れる前に、どこかのタイミングで撤去したくなるはずです。 「枯れるまで」と思って毎日眺め、「やっぱ、撤去しよう」と思ったらそのときに片付ける。 片付ける日が15日より前だろうが後だろうがこれはこれで、愛情ある楽しみ方ではないでしょうか。 そんなときは、「きっちり7日」「きっちり15日」と決め付けずに、多少前後したって今日び恥ずかしくはないと思います。 上の項なんて、「枯れるまで飾ってOK」と言ってるんですからね。 また、確信犯で数日ズラすことも、あっていいと思います。 たとえば、1月16日に、家で新年会をすることになっているような場合、盛大に飾った正月花があるなら、前日に撤去するのは勿体無いと、私などは思います。 新年会のメンバーの中に、「非常識なお宅だわ」と言いそうな人がいるなら、やめた方がいいと思いますが、最近そんなことを言う人は稀だと思います。 気になるなら、「松の内はすぎたけど、せっかくだからと思って」と一言いう手もあります。 (参考:)キッチリしたい方、気にするタイプの方は、そのような方法をおすすめします。 しかし、私は、いつも家で生ける花と同じ方法で、正月花も捨ててしまっています。 私の場合、花だけつまんで取り替えることなどもマメにしますし、大抵途中から正月花を改造してしまいますし、松は枯れものにしたりしますので、「生けた正月花を、一度に全部抜いて捨てる」ということが無く、「普通に捨てる」ことしかできないという状況があるのですが……でも、正月花だけ捨てるとしても、 普通に「生花ゴミ」として処分するように思います。 必ずしも、「お正月飾りとして、根こそぎ処分」にしなくても良いと思います。 (行事のものは、潔く処分するのが清々しい、という考えの方は別ですが) お正月花の取り合わせは、それ自体に「お正月テイスト」が感じられるものが多いので、生け換えるときに、なるべく「お正月テイスト」を抑えめにした方が、気分が変わっていいものです。 そうは言っても、正月花の中で、最後まで生き残るのは、一番お正月テイストの濃い「松」なのです。 なので、松の丈を低くしてみるとか、いっそ松だけはお引取りいただくなどして、テイストを調整してみてください。 上の項では、「居残り正月花」に見られたくなければ、そうした方がいいこともある、という程度の意味で書いているのです。 一般の方は、正月花以外で松を生けることはほとんど無いと思いますが、いけばななどの花飾りの世界では、松は通年使用されます。 つまり、 「松を生けたらおかしい季節」というものは無いのです(常緑樹ですからね)。 そうと知ったらどんどん生けよう、と思われた方は、どうぞ生けちゃってください。 「おかしい」と指摘されたら、「松は通年生けてもいいのよ」と言い返しましょう! 管理人は(花職人なので、一般の方とはちょっと事情が違いますが)、正月花に使った松は、緑が残っているかぎり使い続けます。 また、格好のいい松を運よくゲットしたときには、大事に大事に取っておいて、「ここぞ」という展示の機会のために温存したりもします。 最終的に傷んできたら、松葉だけ集めてにしたり、やを残して枯れモノにしたりと、一っかけらも余さずに使い切ります。 なぜならば、松には生け手にそうさせるだけの魅力があるからです。 素敵な花材だと思います!.

次の

正月飾りの捨て方は?バチあたりにならないための2つの方法

正月 飾り 捨て 方

もくじ• 正月飾り 飾り付けの意味は? 正月は、一年の始まりで、五穀豊穣と安全を祈るお祝いの月です。 神道では、その年の新しい神様『年神様』が家々を訪れ、 一年の幸いを授けてくれると考えられています。 年神様は新しい年に実りをもたらし、人々に命を与えてくれる神様であり、 また、ご先祖様であるとも考えられてきました。 このご先祖様が早春には田の神に、秋の収穫後には山の神に、 そして正月になると年神様となって里に戻ってくるとされています。 正月という言葉は、中国から伝わったもので、 旧暦 太陰太陽暦 一月の別称です。 現在は、新暦 太陽暦 の一月を正月と呼んでいます。 正月を表す言葉として『迎春』『初春』などの祝辞が使われている通り、 旧暦の正月は春が始まる、まさに初春・新春の『立春』の頃に行われていました。 正月の一日は新年のはじまりの『元旦』 七日は七草粥をいただく『人日 じんじつ 』の節句で、 十一日は鏡開き、 十五日は小正月、 二十日は二十日正月 はつかしょうがつ と、 古くから年中行事が最も多く行われてきた月です。 正月には新年を迎えるための飾り物ををします。 その飾り物には門松や注連縄などがあります。 三本組の竹を中心に、 若松を添え、藁や竹で巻き、一対で飾るのが一般的です。 常緑の松は神様が宿る木と考えられ、 その生命力から古く不老長寿や反映の象徴として 松はおめでたい樹木として正月に飾る習慣が根付きました。 また、のちに竹が長寿を招く縁起ものであるとして添えられるようになりました。 門の前に左右にそれぞれ立て飾り、 向かって左側を雄松(オマツ・男松)、右側を雌松(メマツ・女松)と呼びます。 注連飾り 注連縄 しめなわ 注連飾り しめかざり は、神様を祀る神聖な場所であることを示します。 そのため神社や神棚には、正月に限らず注連縄が飾られています。 注連飾りで囲った内側を神域とし、 神社の周りや御神体、御神木、神棚などに張られます。 ご家庭で注連飾りをするときは、古い年の不浄を祓い清めるために、 玄関に飾るのが一般的で、 正月の注連飾りは新たな神様を迎える準備が整ったことを表します。 注連縄 しめなわ は、『しめ飾り』『標縄』『七五三縄』『〆縄』と、 いろいろな表記のしかたがあります。 『標縄 しめなわ 』 万葉集に標(シメ)の説明記があり、それが由来しているといわれています。 *場所の領域を示し、立ち入りを禁止するための標。 木や岩に縄を張る。 *山道などの道しるべとするためのしるし。 草の葉や木の枝に縄を張る。 などの意味があるのですが、 いずれも一般の立ち入りを禁じており、 神社の境内にある木などでも見られるしめ縄にも、 「特別で神聖な場所」であることを示しています。 また、勝手に触れさせないように。 という意味もあります。 『七五三縄 しめなわ 』 ロープ状のしめ縄にワラを3本、5本、7本とかけるタイプがあり、 そこから「七五三縄」とかかれるようになりました。 神社の建造で柱を立てるとき、縄をかけますが、 その際、「3回」巻いて、今度は逆に「5回」巻き、さらに逆に返して「7回」巻く という方法があります。 この方法で柱を立てると、縄をある方向に引くだけでほどけます。 こういった技術の浸透から「七五三縄」という表記ができたともいわれます。 紙垂(しで 紙を折って作られたひらひら物)を垂らす位置が、 三番目・五番目・七番目とする説もあります。 『〆縄 しめなわ 』 「〆」はその場所を占めるという意味から由来されていると言われています。 しめ縄は、家の中が年神様を迎えるために清められた場所ですよ、 ということを示します。 もともとは神社と同じように、家にしめ縄を張り巡らしていましたが、 徐々に簡略化され、今はしめ飾りや輪飾りがよく使われています。 しめ飾りには、裏白(うらじろ)、ゆずり葉、橙(ダイダイ)などの、 植物があしらわれています。 ・裏白(うらじろ) 不老長寿・・・うらじろの葉の裏が白いことから、 白髪がはえても夫婦とも健康でいられる願いがこめられています。 ・ゆずり葉 子孫繁栄・・・子孫が絶えず繁栄していく願いがこめられています。 ・橙(ダイダイ) 家運隆盛・・・冬に熟れて春になりさらに大きくなっても、 落ちないダイダイのように親子代々(ダイダイ)の健勝を祈って、 おめでたいとされています。 玉飾りと輪飾り 「玉飾り」は、玄関や神棚の下に飾るもので、 注連縄を輪の形に結んだものに藁を垂らします。 「輪飾り」は、玉飾りを簡素のしたもので、 水道などの水回りに飾ります。 玉飾りには扇が飾られ、 これは末広がりとめでたく、家の繁栄を願うものであり、 藁は今年の豊作を感謝し、来年の豊作を願うもので、 収穫あとにできた稲藁を用います。 お正月の生け花 お正月には、家の中に花を飾りたいものです。 華道の心得がない方でも、お部屋の中に花があるのとないのでは、 心の安らぎが違うのではないでしょうか。 お正月の生け花に欠かせないのが 松・竹・梅 です。 一年中 葉を落とさない常緑樹の松は、永遠の声明を象徴し、 竹は正しい節目とまっすぐ伸びる姿が純粋さを思わせ、 梅は芳香を漂わせ高潔な花を咲かせるということで、 それぞれ縁起が良いとされています。 また、赤い実をつける千両・万両は名前も縁起が良く、 真冬でも美しい花を咲かせる水仙や椿も正月の生け花としてよく使われます。 高価なものや豪華なものに拘らず、 そっと一輪でもいいので、 花を飾ってみようかな?って思う心が大切だと思います。 お正月らしい雰囲気を演出するためにも、生け花を飾ってみてください。 センリョウは、千両箱の「千両」と書くことから、 金運に恵まれる縁起のよい木とされています。 お正月の生け花によく使われるハボタンも、 「利益」「祝福」というようないい花言葉ばかりです。 松もお正月の生け花に欠かせない木で、 一年中葉が落ちないので不老長寿の象徴とされており、 花言葉も「不老長寿」「永遠の若さ」という言葉がついています。 アオキも縁起がいい木で、 一年中葉っぱが青々としていることから生命力の象徴とされています。 2018-11-01 16:30 正月飾りの飾り物はいつからいつまで お正月飾りの飾り物は、いつ飾ればいいのでしょうか? やはり新年を迎えるのですから、 年末の大掃除がすんでからということになりますが、 皆さんなかなかお忙しいので、 ぎりぎりまで大掃除が出来ないという方も多いことと思います。 それでも時間をやりくりして、 一般的に仕事納めといわれる二十八日くらいまでには、 新年を迎える支度を整えたいものです。 お正月飾りの習わしとしては、 門松や注連縄を飾るのは、十二月二十六日~二十八日くらいが良いようです。 二十九日は『二重苦』などにつながるとされ、忌み嫌われます。 大晦日の三十一日は『一夜飾り』と呼ばれ、 飾りつけを避ける風習があります。 つまりは、ちゃんと計画を立てて、バタバタすることなく、 新年を迎える用意をしましょうということですね。 2018-10-08 23:10 正月飾りの片付け方の処分方法は? お正月飾りをちゃんと飾って、新しい年を迎えることができれば、 その一年が無事過ごせそうな気がしますね。 いい新年を迎えることができましたら、 お正月のお飾りを、どのようにして片せばいいのか、ちょっと問題ですね! 正月の飾り物は、神様の依代ですから、 粗末な扱いをすれば、せっかく新しい年を無事に迎えたのに、 新しい一年が台無しになってしまいます。 適切な方法でお正月飾りをかたずけましょう。 お正月飾りは、松の内といわれる一月十五日まで飾るのですが、 地域によっては七日正月までというところもあります。 鏡餅の鏡開きは一月十一日ですが、 長く置いておくと、硬くなったりカビてしまったりするので、 七草粥の時に、鏡開きをして家族で食べるというところもあります。 注連縄などの飾り物は、神様が来られていた場所ですから、 普段のゴミに捨ててしまうようなことはしないでください。 近くの神社などで『どんど焼き』をされていないか、 調べてみるといいでしょう。 「どんど焼き」の由来は平安時代までさかのぼり、 宮中行事の一つとして御所の清涼殿・東庭で行われていました。 毬枝 ぎっちょう と呼ばれる青竹三本を束ねて立てて、 その上に扇や短冊を置き、 陰陽師が謡いはやしながらそれを焼くという悪魔祓いの儀式で、 次第に民間に広がっていきました。 現在は氏神様の神社の境内や、収穫後の田んぼなどで行われるようになり、 一年の初めに穢れを祓い、 「無病息災」「五穀豊穣」を祈る行事になっています。 一月十四日の夜、もしくは十五日の朝に火を焚き始め、 立ちあがる火の中に正月飾りや正月に書いた書初めなどをくべて燃やします。 その火で焼いた餅を食べると、 その年の厄から逃れることができるなどといわれています。 もしも、どんど焼きをされているところが見つからない場合でも、 飾り物は、清めの塩を降ってそれだけを紙で包み、 家庭ごみとは別にして、地域のゴミの日に出すようにしましょう。 気持ちよく新年が迎えられたのですから、 片づけるときも最後まで気持ちよく行ってください。 67,215件のビュー• 31,757件のビュー• 20,953件のビュー• 15,320件のビュー• 13,349件のビュー• 9,718件のビュー• 8,859件のビュー• 8,815件のビュー• 8,047件のビュー• 7,874件のビュー• 6,942件のビュー• 6,751件のビュー• 6,460件のビュー• 6,366件のビュー• 5,887件のビュー カテゴリー• 最近の投稿• メタ情報• お問い合わせ•

次の