メリー さん マイクラ。 【都市伝説】マイクラの怖い都市伝説とは?herobrine?

「メリーさんの電話」の正体とその対処法について【都市伝説】

メリー さん マイクラ

ストーリーはごめんなさい。 ちょっとはしょります。 証券会社のエリートの主人公。 お金もけっこうあるので、あらゆる保険にも加入している。 可愛い彼女もいる主人公は人生を楽しんでいた。 しかし ある日、親が莫大な借金を残して失踪した。 連帯保証人になっている主人公は、その借金を背負うことになる。 借金の催促の電話が会社にまでかかってくるようになり 会社のイメージダウンにもなるため、上司に会社を辞めるよう促された。 彼女には、お金がない男に付き合ってられないとのことで捨てられてしまった。 落ち込んでいるときに、謎の男に出会った。 「人を殺したいならこれを使うといい」 といって、黒い本を渡された。 デスノートというらしい。 そこに名前を書くと、書かれた人間は死ぬ。 代償は、書いた人間の寿命1年。 主人公は半信半疑だったが そこに上司の名前を書いた。 翌日、主人公は上司の通勤路を見張っていた。 しかし、上司は現れた。 次の日も、その次の日も確認に行ったが 上司は死んでいなかった。 そしてある日 主人公が車にひかれた。 逃げていく車と運転手を見て全てを悟った。 ああ そういうことだったのか 絶望した主人公は ゆっくりと目を閉じた。 解説 デスノートを使うためには、自分の寿命を1年支払う必要がある。 しかし、主人公は命を狙われていたため、近日死ぬ運命だった。 そのため、寿命の1年を支払うことができなかった。 主人公を殺したのは、父親。 主人公が加入している生命保険を利用して借金を返そうとした。

次の

【マイクラ】メリークリスマス!クリスマスツリーを作ってみた! #19

メリー さん マイクラ

マイクラが多くの人を惹きつける理由の一つに、自由度の高さがあげられるでしょう。 プレーヤーは、ゲームの中で自分の思った通りの冒険ができます。 マイクラは基本的に、ブロックを組み合わせて、自分好みの世界を作ることを主な目的としています。 それに付随して、サバイバルをしたり、他のプレーヤーが作ったフィールドを冒険するのことが出来るのです。 オンラインでプレイできる点も魅力です。 友達とマイクラワールドを旅したり、知らない人と協力したり、戦ったりすることが出来ます。 マイクラがきっかけで友人となる人も、多くいることでしょう。 プレーヤーは遊びたいモードを選択して、自分に合ったマインクラフトを楽しむことが出来ます。 選べるモードは複数存在し、ここにも自由度の高さが生きています。 選択できるモードは以下の5つです。 クリエイティブモードが一番有名なのではないでしょうか。 クリエイティブモード…体力や死の概念がなく、ブロックを使って自由に建築できます。 サバイバルモード…体力と死、空腹の概念が存在すし、冒険モードとも言えるでしょう。 ハードコアモード…サバイバルモードと中身は同じですが、難易度がハード。 世知辛いようです。 アドベンチャーモード…プレイヤーが作ったマップを冒険することが出来ます。 スペクテイターモード…Java版のみに収録されている、見物人モードです。 建物をすり抜けたり、モンスターの視点になれます。 選択できるのは、モードだけではありません。 難易度も自分好みにできます。 難易度は、ピースフル、イージー、ノーマル、ハードの4種類があるようです。 この種類の多さが、広い世代で愛される理由でしょう。 キャラクターもブロックでできています。 ブロックは、組み立てることの象徴とも言え、ゲームの特性が一目で分かるデザインです。 マイクラにはブロックしかありません。 自分も世界もモンスターもすべてブロックです。 しかし、ブロックだけで本当に多くのことが出来ます。 無限の可能性もマイクラの特徴です。 さらに、マイクラはYoutubeにおいて、実況動画としても高い人気を誇っています。 多くのYouTuberが実況動画として投稿していますが、マイクラはプレイを見るだけでも楽しめるゲームといえます。 スマホでもできるので、いつでもどこでも、マイクラワールドを冒険できるのです。 現在、マインクラフトをプレイできるハードは以下のものとなっています。 ただし、DS系は、Newと銘打たれている機種でしかプレイできないので、注意が必要です。 スマホ、タブレット• PC(windows10以降)• Nintendo Swith• Play Station 4• XboxOne• Newニンテンドー3DSLL・3DS・2DS Switch版は、発売当初同じ機体でしか他プレイヤーとプレイできませんでしたが、現在ではマイクラをプレイできるすべての機体で、同じゲームをプレイできるようになりました。 子どもには適さない過激な表現が少なく、どんな世代の人でも安心してプレイできるゲームなのです。 ただし、全く暴力的な表現がないか、というとそうでもないのです。 何かを建築するための素材は動物を狩って手に入れます。 その際に生死の概念が存在するのです。 サバイバルモードでは、自分が死ぬこともあります。 しかし、生死の概念は子どもの教育において、必ず教えなければならないことです。 死を身近で学ぶことが難しい昨今ですので、ゲームを通して学ぶ機会を得ることは、むしろ、教育に必要なのかもしれません。 彼は別名HIMとも呼ばれています。 この都市伝説の始まりは海外サイトでの目撃談だったそうです。 この書き込みの後、多くの人がherobrineを目撃したと報告しており、目撃談だけでなく、公式まで巻き込む事態となりました。 収集が付いたとされる今でも、彼ははマイクラ都市伝説の代名詞的存在なのです。 謎のキャラ「herobrine」 では、このherobrineとは何者なのでしょうか。 彼にはプレイヤーを示す名前が表示されていないことから、モブという扱いになっています。 しかし、外見が初期プレイヤーに酷似しているのです。 最初にherobrineを目撃したプレイヤーは、好奇心から彼を追いかけていきます。 しかし、いつも追いつくことが出来ず、こつ然と姿を消すのでした。 彼は、目撃しても攻撃を仕掛けてくることはないようです。 ただし、目撃者の中にはherobrineに遭遇するや否や攻撃を仕掛けられて殺されてしまった、という人もいます。 必ずしも安全ではないようです。 彼の目的も、存在理由も、未だに謎に包まれています。 herobrineを目撃したプレイヤーは、彼を見た後に奇妙なものを目にします。 自分以外のプレイヤーがいないはずのマップに、人工物が出現したのです。 これらのオブジェクトは、herobrineが作り出したのではないかと考えられています。 しかし、モブが作るにしても些か、人の意思が見えすぎるのです。 このことが、彼により奇妙な印象を与えています。 しかし、結果は芳しくありませんでした。 どれだけ探しても、情報が見つからないのです。 そこで目撃者は、謎のキャラクターと現象に関するトピックを自ら作成し、訪問者に書き込んでもらい、情報を集めようと試みます。 けれども、そのトピックは何者かによって、5分以内に消去されてしまうのでした。 何度作り直しても、消去されてしまいます。 そしてついに、「Herobrine」を名乗るユーザーから「stop. 」というメッセージが送られてきたのです。 ユーザーを確認したところ、すでに削除されていました。 すると、マイクラ内で彼に出会ったプレイヤーが多くいることが分かったのです。 彼と遭遇したプレイヤーたちから、新たに2つの情報を得たのでした。 一つは「Herobrine」はスウェーデンのゲーマーがよく使う名前だということ。 もう一つは、herobrineがマイクラの開発者である、Notch氏の兄弟ではないかという情報です。 最初の目撃者は、Notch氏に兄弟の有無を確認したところ、このような返答が返ってきました。 「昔は。 でも、今は私達と共にはいない。 ーNotch」 (引用:都市伝説~古今東西~) アップデートでherobrineが削除 マインクラフト公式が行ったアップデートでherobrineが削除されたという項目があげられていたのでした。 これを見たユーザーは、「本当にherobrineはいたのか」と驚きの声を上げています。 しかし、中にはherobrineとタグがつけられているデータを削除しただけ、という意見もあるのです。 公式の画像にherobrineの姿が? よく見ると、マイクラの公式画像の中にherobrineの姿が見られるようです。 しかし、この画像は騒動の後なので、公式のジョークなのではないかという説が有力となっています。 公式にコメントが発表されている? Notch氏は公式のコメントで、herobrineは存在しないし兄弟を亡くしてもいないと、コメントしています。 しかし、このコメントでherobrineについて、ごまかしているような文章もあるのです。 Notch氏によると、herobrineは大量の動物を溶岩に落とすと、誰でも呼び出すことが出来るようです。 さらに、彼の目的はマイクラプレイヤーは監視し、見えない危険を警告することだと述べています。 また、herobrineはプレイヤーがマイクラを起動したまま寝ている時、実はその横顔をすぐそばで見ているそうです。 夢の中で彼の声を聴くことが出来るのだとか。 無害とはいえ恐怖を感じる人も多いようです。 みんなのherobrineに関する考察.

次の

メリーミルク【使用BGM】

メリー さん マイクラ

スポンサーリンク 都市伝説「メリーさんの電話」のあらすじ 都市伝説「メリーさんの電話」のあらすじは以下の通り。 ある少女が引越しをすることになり、その際に外国製の人形「メリーさん」を捨てて行きました。 しかし、少女が引越しをしたあとの夜、少女の家に不思議な電話がかかってきます。 「私、メリー。 いまゴミ捨て場にいるの」 少女は驚いて電話を切りますが、それから何度も同じ電話がかかってきて、最初はゴミ捨て場だったのに気がついた時には家の前まできています。 少女は意を決してドアを開きますが誰もおらず・・・。 いたずらかと胸を撫で下ろした時、また電話がかかってくるのです。 「私、メリー。 いま、あなたの後ろにいるの」 この電話を受け取った少女の行く末についてはいくつかのパターンがありますが、ホラー要素の強いものから意外と平気なものまで様々なストーリーがあります。 振り向いたら殺される• 後ろから刃物で刺される• 全身の血を抜かれる などなど。 他に「この話を聞いた人は5人の友達に同じ話をしないと、メリーさんからの電話がかかってきます」という、不幸の手紙やチェーンメールのような形式で伝播することもあります。 昔はチェーンメールもよく流行りましたからね。 その後は読者の想像にお任せという点も「メリーさんの電話」の特徴でしょう。 メリーさんの正体は誰? それでは、最も有名な都市伝説の一つとも言えるメリーさんの正体は、横浜にいたとされる女性が最も関係が深いのではないかと推測されています。 第二次世界大戦後の日本では進駐軍、つまり戦後日本を占領した米軍を主とする軍隊に対して、体を売って生計を立てる娼婦もかなりの人数がいたと伝えられています。 その中の一人が 「ヨコハマメリー」と呼ばれていた老女で、この老女は顔に白粉を塗りたくり、人形のようなフリルのついたドレスを着ていました。 写真も残っていることから実在の人物であったことは間違いなく、1980年代ごろにはメディアにも出たことがあります。 もちろんこの女性が誰かに危害を加えたといったことは無いのですが、「人形のような服をきたメリーという女性」は、メリーさんの都市伝説とマッチする部分があるでしょう。 そのため、 この人物をモデルとして誰かが創作した怪談があり、人から人へ口で伝えられる中でアレンジされて行った末に、現在のような都市伝説として成立したと見るのが自然です。 とは言え「ひょうたんから駒」や「事実は小説よりも奇なり」と言いますから、もしかするとこれまでに、本当に捨てられた人形から電話がかかってきて、悲惨な結末を迎えた人もいるかもしれません。 都市伝説は嘘が大半ながら、中には真実が含まれていることもあります。 ですから、もし夜に電話がかかってきて誰かが近づいてきたのであれば、くれぐれも後ろを振り向かないようにしてくださいね・・・。 メリーさんの対処法 と、ここまでは真面目なお話ですが、もし本当にメリーさんから電話がかかってきたら怖いですよね?というわけで、メリーさんの対処法をまとめてご紹介します。 まず電話に出ない• 壁に背をつける• 家の鍵を全て閉める• 後ろにいると言われても振り向かない• 後ろを取られる前に後ろを取る はい、これだけです。 直接的に攻撃される描写がありませんので、とりあえず「相手にしない」ということが最も簡単な対処法になります。 特に二次創作品ではメリーさんは美少女として描写されており、電話をかけた家に辿り着けなくて泣いていたり、完璧に戸締まりされた家の外で「開けてよぉ」と涙を貯めている・・・なんてこともありますね。 他にも、「俺の後ろに立つな」という背後を取られるのが嫌いな男性に条件反射で殴られてしまうというネタもあります。 本当は怖いメリーさんなのですが、実は都市伝説として恐れられるよりも可愛がられることも少なくなかったのです。

次の