バッテリー危険にさらされている。 デバイスがリスクにさらされているときに実行するべき内容

www.frontpage-templates.org:カスタマーレビュー: BUTURE ジャンプスターター 12800mA大容量 800Aピーク電流 (最大6.0Lガソリン車・5.0Lディーゼル車対応) 12V 車用エンジンスターター 車緊急始動 モバイルバッテリー機能 LEDライト搭載 安全保護システムPSE認証 日本語取扱説明書

バッテリー危険にさらされている

Androidのバッテリーが損傷!?このメッセージの意味は? Androidを操作中に突然飛び出すように 出てくるこのメッセージ…。 このメッセージが意味するものは? Android端末の バッテリーが ウイルスにより損傷することは 本当にあるのでしょうか? ひと口に 「 バッテリーがウイルスで損傷しています」 というメッセージだと言っても、 実際は 複数のパターンがあります。 とは言え、 どんなメッセージでも 共通している部分はありますし、 そもそもそんな状況が起きるのかどうかを 知っていれば、 冷静に判断できるもの。 代表的な2つのパターンを紹介しますので、 しっかりとそうしたメッセージの 狙いを知っておくとしましょう。 ウイルス感染の可能性 出典: このメッセージ、 じっくり読むと意味がよく分かりませんよね。 このような突拍子もないメッセージに 表示されているとおりに ウイルス感染しているということは ありません。 OSやアプリならまだしも、 バッテリーがウイルスに感染し損傷することは まずあり得ませんので安心してください。 これは アドウェア・ランサムウェアと 呼ばれるもので、強制的に広告を表示させ アプリをダウンロードさせようとする 悪質な広告 のひとつです。 メッセージに書かれている 手順に従う必要は 全くありませんので、 無視して広告を閉じてください。 もし閉じられない場合は 端末を再起動させる、 この広告が表示されている ブラウザを一度完全に終了させるなど の方法を取ると良いですよ。 詐欺の可能性 出典:MECHMURO このように似たようなメッセージは 様々なバージョンがあります。 その点からも、このおかしな日本語からも この メッセージが嘘であることが分かります。 この画像のようにGoogleの画面に似せた メッセージを表示させるのは悪質を通り越して 詐欺のようなものです。 慌てて 誘導されるままにアプリをインストール することのないようにご注意ください。 バッテリー損傷のメッセージが出た時の対処法とは? このような詐欺であることは分かりましたが、 ではバッテリーが損傷したという メッセージが出たらどうしたらよいのでしょう。 こういったメッセージは 無視して閉じるのが 何よりの対処法です。 しかし、最近は手口が巧妙化し、 閉じられない広告も存在します。 その場合は、一度 端末の再起動・キャッシュのクリア をしましょう。 ウイルス感染だった場合はどうすればいい? こういったメッセージが ウイルスではない! とは100%は言いきれません。 ウイルス感染を通知するために ウイルスソフトがこのようなメッセージを 出すことはありませんが、 悪質な表示と共に実際にウイルスに 感染している可能性もゼロでは ありません。 また、メッセージ通りに進み、 アプリなどをインストールした場合、 その アプリにウイルスが入っている 可能性もあります。 万が一ウイルス感染したと思われる場合は 原因となっているアプリをアンインストール してください。 そして 信頼のおけるウイルスソフトを インストールしておくと安心です。 こんなメッセージが出るようになった原因は何? このようなメッセージのほとんどは インターネットのWEBサイトを閲覧した時に 表示されます。 この表示がされた時に一番最後に見ていた サイトに仕組まれていた 可能性が最も高いと思われます。 怪しいサイトは見ないのが一番ですね。 まとめ こういった 詐欺まがいの悪質な広告は 日々巧妙化しています。 具体的なウイルスの名前を出してきたり 閉じても閉じてもウインドウが開き、 不安を煽ってきたり。 日頃から ウイルス対策を万全にして、 怪しいサイトは見ない。 これが一番の 自衛策かもしれませんね。

次の

「スマホのバッテリーがウイルス感染」表示はウソ!対処方法と原因

バッテリー危険にさらされている

信じてタップしてはいけません。 どんなコンピューターウイルスでも物理的なバッテリーを攻撃することは不可能です。 また、バッテリーに関するプログラムに介入したとしても「初期化」で解決できます。 スマホの「アプリ」である以上はまったく心配のいらないことなので無視するのが1番です。 何もせずにこちらの方法で解消しましょう。 これで解決!対処法を紹介 ほとんどはブラウザアプリでweb検索やインターネットを利用しているときに起きているはずなので、こちらの方法で解決できます。 アクセス情報のキャッシュを消去• ブラウザの「︙」ボタンをタップしてメニューを表示• 「設定」をタップして「プライバシー」をタップ• 「閲覧履歴データを消去する」をタップすれば完了 再発するようなら「設定」の下のデータを消去で完全に消せますのでご安心下さい。 使っている機種名なども個人情報じゃない 「お使いの〇〇で~」と機種名などが表示されても個人情報ではなくアクセスから簡単に把握できる情報なので焦る必要はありません。 GoogleのロゴやAndoridのキャラクターも勝手に使っているだけなので、信用性はゼロです。 Android自体がもともと無料のOSだったので、広く利用できる利点を悪いように使っているのです。 心配なら無料のセキュリティアプリでチェック どうしても心配なら無料で使えるセキュリティアプリでスキャンしましょう。 おすすめはこちら• avast Mobie Security 無料• AVL 無料 2つとも無料で高い信用度のスキャン機能を備えています。 セキュリティアプリを常駐させる必要はないので、影響ないことが確認できたらアンインストールしても大丈夫です。 ウイルスとセキュリティアプリについて詳しくご紹介した記事があるので、ぜひご覧ください。 アプリが起因の場合でもこちらで紹介した方法で全て解決できます。 誘導されたアプリをインストールしてしまったら!? 焦らずアンインストールすれば大丈夫です。 関連して違うアプリまでインストールしている場合もあるので、こちらの方法で探しましょう。 怪しいアプリを探してアンインストールする• スマホの下にある全てのアプリの表示画面を開く• 上部「アプリケーション検索」横の「︙」をタップしてメニューを開く• 「アプリの並べ替え」タップして「日付順」を選択 この方法で見覚えのないxをタップすればアンインストールができます。 使っていないアプリもアンインストールすればスマホがサクサクに動作するようになりますよ。 原因と今後の対策を紹介 バッテリーの警告やウイルス感染のメッセージはほとんどブラウザアプリでweb閲覧をしていたときに起こります。 控えればいいのですが、好奇心を満たすためにいろんな情報を見てみたくなるのは当然のことでしょう。 怪しげな情報を閲覧する場合には通常と別のブラウザアプリを利用しましょう。 もし何かあっても最悪アンインストールが気軽にできます。 Chorome以外のおすすめブラウザアプリは• セキュリティの高い「Firefox ファイヤフォックス 」• データ節約のできる「Opera Mini オペラミニ 」• 軽量で高速と人気の「Smooz スムーズ 」 こちらは実際に、利用してみて確認していますがどれも評価も高く信用できる便利なアプリです。 最後に よく「Android機種はセキュリティが心配」と言われますがスマホのシステム上で本体のプログラムまで侵入するウイルスは現在、まったく不可能です。 逆にアカウントを忘れただけで持ち主が利用不可能になるiPhoneのセキュリティのほうが問題ではないでしょうか。 例外があるとすれば「GooglePlayストア」を利用せず、ブラウザからインストールするアプリは高い危険性を持っています。 ですが、そんな危険行為を犯すならよっぽど「Androidスマホ」の可能性を信じてやることでしょう。 失敗を恐れては未来のクリエイターは育ちません。 開発者やプロは失敗してもいい「捨て機種」で行いますが、自分のスマホを使うしかないのであれば、バックアップをクラウドやSDカードなど本体に依存しない場所にしておきましょう。 Andoridスマホの不具合は最悪でも初期化すれば99. 過剰に心配せず紹介した方法で解消して可能性の高いAndroidスマホを活用していきましょう。 物理的にバッテリーに問題がある場合は、こちらの記事でもくわしくまとめてご紹介しています。 ぜひ参考にご覧ください。

次の

バッテリー

バッテリー危険にさらされている

こんな画面がいきなり出てきたらびっくりしてしまいますよね。 「なんだなんだ!?」 「書いてあることがわけわからん」 「危険にさらされている!?」 「googleっていかにもだぞ」 などなど… 人間予想していない情報が突然現れると、当然混乱しますし、恐怖します。 そして、この手の「広告」は、ちょっとアンダーグラウンドなところによく設置されていたります。 (最近は某有名自転車販売業のお店(私が常連)がこれをやられていましたが…) そのため、実際に見ている人は後ろめたいところがあるため、それを隠してしまいたいという心理も働いています。 すると、ついついインストールしてしまったり、、「OK」をタップしてしまいがちなのですが… この類の「罠」の目的は、何らかのアプリを「インストール」をさせることが基本的に目的です。 なので、インストールをしてはいけません。 上述の何らかのアプリというのは、例えばクレジットカード番号を勝手に送信するものであったり、住所録を勝手に送信するものであったり、アカウントやパスワードを勝手に送信するものであったりします。 ウイルスによる破壊も一部はあるようですが、あまり「お金」にはなりにくいものですよね。 その他には広告アプリを入れたりとか、アフィリエイト(紹介金みたいなもの)が発生するアプリをダウンロードしてもらったりとか… いずれにせよ、繰り返しにはなりますが、何らかのアプリをインストールしてもらうことが目的です。 逆に言えば、インストールをしなければさして問題はありません。 これだけで一冊本が書けちゃうくらいのタイトルなのですが… ここでは簡単に。 不安・恐怖を感じると人はどうするのか? 当然ですが、解決しようとします。 心にずっと不安・恐怖があるのと、穏やかになること、どっちがいいなんて選ぶまでもありません。 そして、人間は安心を得るために結構な労力を払えたりします。 このような手口は、画面の上の方で不安を煽り(危険にさらされているとか、ウイルス感染したとか)、言ってしまえば大事な携帯電話を「人質」にとるわけです。 そのうえで、画面下の方で「タップすれば安全・安心だよ」というメッセージを出し、インストールをさせようとするものです。 昔からある詐欺の手口と言えば手口ですが、やはり人類という種はそう簡単に変わるものではありません。 突然に不安を煽られたことによりタップしてしまう(詐欺の手口にひっかかってインストールしてしまう)ということもあるでしょう。 実に巧妙な手口ですね。 では、どのように対処したらよいか? 実際の対処は既に述べた通りですが、心の上では正しい知識を持つということがまずは必要です。 正しい知識があれば不安になることもありませんし、インストールすることもありません。 また、証拠を残した上で(スクリーンショットをする)、他の事例がないか冷静になって探してみるのも必要です。 (当サイトでもそういった方に安心がお届けできればと思って、ブログ記事アップしております) 正しく理解できれば、対処も自ずと見えてくるものです。 今回はスマートフォンの話題でしたが、実際にはメンタル的な問題も時に同じことが起こりえます。 不安・恐怖で日常的にお困りのことがある方も、ひょっとしたらカウンセリングを通じたご自身の理解によって、改善が見てくることもありますよ? ご興味あれば、 Facebookの方、シェアしていただけると励みになります。 よろしくお願いします。

次の