ブヨに刺された跡 しこり。 ブヨに刺された跡の特徴と対処法!痛みや腫れは?放置は?

ダニに刺されても自然治癒する?しこりが固い時は?

ブヨに刺された跡 しこり

Contents• 「蚊」と「ブヨ」の違い 「蚊とブヨは、どう違うのか?」• 蚊とブヨ「 見た目」の違い• 蚊とブヨ「 生態」の違い まずは、 これらの違いについて、しっかりと把握した後、 刺された時の対処法の違いを、それぞれ見ていきましょう。 蚊とブヨ「見た目」の違い 『蚊』については、皆さんご存知のとおりですよね。 体長は約2mm~5mmで、2枚の羽があり、 身体は細くて、脚が長いのが特徴的な 吸血性の昆虫です。 蚊には、吸血する種とそうでない種がいます。 日本では、主に、 北海道から九州に生息する「 アカイエカ」がよく見られます。 (都会に多く生息する「 チカイエカ」は、アカイエカの亜種です。 ) ( 写真参照:) また、 東北中部以南に生息する「 ヒトスジシマカ」も見られます。 ( 写真参照:) ヒトスジシマカは、「 やぶ蚊」とも呼ばれ、 体は黒色で、白のシマ模様があるのが特徴です。 『ブヨ』は 双翅目(ハエ目)、カ亜科のブユ科に属する昆虫で、 日本では、50~60種類が知られており、 主に、「 アシマダラブユ」が代表的な種類です。 ( 写真参照:) 見た目は、子バエに似ていて、 成虫の体長は約3mm~5mmで、半透明な羽があり、 色は黒っぽく、やはり ハエの様に丸くころっとした形が特徴です。 ブヨ(正式には 『ブユ(蚋)』)は、地方によって呼び方が異なり、 「 ブヨ」は主に関東での呼ばれ方で、関西では「 ブト」とも呼ばれます。 蚊とブヨの大きさは、どちらも小さく、 素人が肉眼で見分けるのは、分かりにくく困難かもしれません。 蚊とブヨ「生態」の違い 蚊は、水があるところであれば、 何処でも卵を産みつけるので、どこでも繁殖します。 ご存知の様に、蚊の幼虫は「ボウフラ」で、 繁殖に適した気温(25~30度)が続けば、 わずか10日ほどで、卵から幼虫・さなぎを経て成虫になります。 蚊の成虫の寿命は、約3~4週間程度で、 その間に、4~5回吸血すると言われています。 また、吸血をするのは、 タンパク質の栄養分が必要となる 「産卵期のメス」だけです。 蚊の活動が活発になるのは、25~30度(種類によっても異なる)で、 それぞれの適温を超えると、活動自体が減ります。 アカイエカや、アカイエカの亜種で、都会に多く生息するチカイエカは、 もともと真夏の前後に多く発生し、 夜行性なので、主に夜家の中で行動します。 (寝ている時に、耳元で「プ~ンっ」と来る蚊の正体はコイツです!) ヒトスジシマカは、アカイエカより適温が少し高く、 真夏の朝夕に、活発に活動しますが、 春や秋には、昼間が活動の適温になることも多く、 この時期には、刺されるリスクも高くなると考えられます。 日中に活動しているので、 昼間に野外で、蚊に刺されたらコイツの可能性が高いです。 (刺された時に、かゆみが一番強いと言われています。 ) ブヨは、太陽の光が苦手で、 草の影などに身を潜め、朝や夕方に活動します。 成虫はほぼ1年中いますが、 活発なのは3月~9月頃で、 ブヨの場合も、蚊と同様に、暖かくなるにつれて数が増加します。 蚊と同様に、 メスが産卵のため吸血する虫ですが、蚊ほど数は多くありません。 渓流のある山や森、 きれいな水がある場所でなければ、 繁殖もできず活動できないので、おのずと活動範囲も狭くなります。 蚊の様に、 飛んでいる時の音はしないので、 知らない間に、刺されていることが多いかもしれません。 都市部の住宅地など、私たちの生活している街中では生きられないので、 必然的に、ブヨに刺される可能性は低いと言えます。 なんとなく違いがわかったところで、 次からは 「虫刺され」について、詳しくみていきましょう。 虫刺され(ブヨ・蚊)時の対処法の違い そもそも、 「蚊にさされたのか? ブヨにさされたのか?」 が、わかっていなければ、対処法もわかりません。 ですので、 それらの 「刺され方」と 「症状」について、 違いや見分け方を、知っておく必要があります。 蚊とブヨ「刺され方と症状」の違い それぞれの 刺され方の違いを知っていれば、 おのずと、 症状の違いに納得ができると思います。 まず、蚊の場合ですが、 口吻(こうふん)と呼ばれる、注射針のようなもので、 毛細血管をうまく探し出し、差し込んで 直接吸血する方法です。 「ストローでチューチュー吸っている!」 といえば、わかりやすいのではないでしょうか? そして、その時に 唾液を流し込みます。 その唾液には、 血が固まらずに吸血できる様な、 「血液が凝固しづらくなる成分」や、 刺したときの痛みで、気付かれない様に、 「麻酔成分」が含まれているのです。 この麻酔成分のおかげで、 刺された時に、なかなか気づかない事が多いんです。 さらには、この唾液によって、 『アレルギー反応』を引き起こすため、 蚊に刺されると、かゆくなったり赤く腫れたりします。 一方、蚊と違って、 ブヨは、噛みついて皮膚を食いちぎり、 「出血させて、グビグビ血を吸う!」といった方法で吸血するんです。 ブヨの場合は、「刺された」と言うより、 『噛まれた』といった表現のほうが近い気がします。 そのため、多少の痛みとともに、 噛み切られた跡が残り、そこから出血しているのが特徴です。 その際に、唾液を流し込むのと、 アレルギー反応を引き起こすのは、蚊と同じなんですが... さらに! ブヨの唾液には、 『毒』が含まれているのです!! これは、ムカデやスズメバチが持つ酸素毒、 アレルゲン成分を含む 唾液腺物質なので、 強い毒性があります。 そして、その唾液腺物質には、即効性が無いので、 噛み傷の出血はあるものの、刺されてすぐは、他に何も症状が出ず、 時間が経つにつれ(半日~1日)、だんだんと悪化していくことになるんです。 大きく腫れ、激しいかゆみが長く続き、 体質によっては、 1ヶ月腫れが引かなかったり、 発熱したりする場合もあります。 さらに、 かき続けていくうちに、刺された部分がしこりになり、 「 慢性痒疹(まんせいようしん)」になる場合もあり、 酷くなると1年以上、かゆみや跡が残る場合もあるそうです。 この様に、 蚊とブヨの外見は、素人目にはほとんど同ですが、 ブヨに刺されると、大きく膨れ上がりますし、 かゆみや痛みも長く続いて、 蚊とは比べものになりません。 また、蚊に刺された後は、出血することはありませんが、 ブヨは、皮膚を噛みちぎるので、 出血する傾向にあります。

次の

ブヨに刺された跡の特徴と対処法!痛みや腫れは?放置は?

ブヨに刺された跡 しこり

Contents• 「蚊」と「ブヨ」の違い 「蚊とブヨは、どう違うのか?」• 蚊とブヨ「 見た目」の違い• 蚊とブヨ「 生態」の違い まずは、 これらの違いについて、しっかりと把握した後、 刺された時の対処法の違いを、それぞれ見ていきましょう。 蚊とブヨ「見た目」の違い 『蚊』については、皆さんご存知のとおりですよね。 体長は約2mm~5mmで、2枚の羽があり、 身体は細くて、脚が長いのが特徴的な 吸血性の昆虫です。 蚊には、吸血する種とそうでない種がいます。 日本では、主に、 北海道から九州に生息する「 アカイエカ」がよく見られます。 (都会に多く生息する「 チカイエカ」は、アカイエカの亜種です。 ) ( 写真参照:) また、 東北中部以南に生息する「 ヒトスジシマカ」も見られます。 ( 写真参照:) ヒトスジシマカは、「 やぶ蚊」とも呼ばれ、 体は黒色で、白のシマ模様があるのが特徴です。 『ブヨ』は 双翅目(ハエ目)、カ亜科のブユ科に属する昆虫で、 日本では、50~60種類が知られており、 主に、「 アシマダラブユ」が代表的な種類です。 ( 写真参照:) 見た目は、子バエに似ていて、 成虫の体長は約3mm~5mmで、半透明な羽があり、 色は黒っぽく、やはり ハエの様に丸くころっとした形が特徴です。 ブヨ(正式には 『ブユ(蚋)』)は、地方によって呼び方が異なり、 「 ブヨ」は主に関東での呼ばれ方で、関西では「 ブト」とも呼ばれます。 蚊とブヨの大きさは、どちらも小さく、 素人が肉眼で見分けるのは、分かりにくく困難かもしれません。 蚊とブヨ「生態」の違い 蚊は、水があるところであれば、 何処でも卵を産みつけるので、どこでも繁殖します。 ご存知の様に、蚊の幼虫は「ボウフラ」で、 繁殖に適した気温(25~30度)が続けば、 わずか10日ほどで、卵から幼虫・さなぎを経て成虫になります。 蚊の成虫の寿命は、約3~4週間程度で、 その間に、4~5回吸血すると言われています。 また、吸血をするのは、 タンパク質の栄養分が必要となる 「産卵期のメス」だけです。 蚊の活動が活発になるのは、25~30度(種類によっても異なる)で、 それぞれの適温を超えると、活動自体が減ります。 アカイエカや、アカイエカの亜種で、都会に多く生息するチカイエカは、 もともと真夏の前後に多く発生し、 夜行性なので、主に夜家の中で行動します。 (寝ている時に、耳元で「プ~ンっ」と来る蚊の正体はコイツです!) ヒトスジシマカは、アカイエカより適温が少し高く、 真夏の朝夕に、活発に活動しますが、 春や秋には、昼間が活動の適温になることも多く、 この時期には、刺されるリスクも高くなると考えられます。 日中に活動しているので、 昼間に野外で、蚊に刺されたらコイツの可能性が高いです。 (刺された時に、かゆみが一番強いと言われています。 ) ブヨは、太陽の光が苦手で、 草の影などに身を潜め、朝や夕方に活動します。 成虫はほぼ1年中いますが、 活発なのは3月~9月頃で、 ブヨの場合も、蚊と同様に、暖かくなるにつれて数が増加します。 蚊と同様に、 メスが産卵のため吸血する虫ですが、蚊ほど数は多くありません。 渓流のある山や森、 きれいな水がある場所でなければ、 繁殖もできず活動できないので、おのずと活動範囲も狭くなります。 蚊の様に、 飛んでいる時の音はしないので、 知らない間に、刺されていることが多いかもしれません。 都市部の住宅地など、私たちの生活している街中では生きられないので、 必然的に、ブヨに刺される可能性は低いと言えます。 なんとなく違いがわかったところで、 次からは 「虫刺され」について、詳しくみていきましょう。 虫刺され(ブヨ・蚊)時の対処法の違い そもそも、 「蚊にさされたのか? ブヨにさされたのか?」 が、わかっていなければ、対処法もわかりません。 ですので、 それらの 「刺され方」と 「症状」について、 違いや見分け方を、知っておく必要があります。 蚊とブヨ「刺され方と症状」の違い それぞれの 刺され方の違いを知っていれば、 おのずと、 症状の違いに納得ができると思います。 まず、蚊の場合ですが、 口吻(こうふん)と呼ばれる、注射針のようなもので、 毛細血管をうまく探し出し、差し込んで 直接吸血する方法です。 「ストローでチューチュー吸っている!」 といえば、わかりやすいのではないでしょうか? そして、その時に 唾液を流し込みます。 その唾液には、 血が固まらずに吸血できる様な、 「血液が凝固しづらくなる成分」や、 刺したときの痛みで、気付かれない様に、 「麻酔成分」が含まれているのです。 この麻酔成分のおかげで、 刺された時に、なかなか気づかない事が多いんです。 さらには、この唾液によって、 『アレルギー反応』を引き起こすため、 蚊に刺されると、かゆくなったり赤く腫れたりします。 一方、蚊と違って、 ブヨは、噛みついて皮膚を食いちぎり、 「出血させて、グビグビ血を吸う!」といった方法で吸血するんです。 ブヨの場合は、「刺された」と言うより、 『噛まれた』といった表現のほうが近い気がします。 そのため、多少の痛みとともに、 噛み切られた跡が残り、そこから出血しているのが特徴です。 その際に、唾液を流し込むのと、 アレルギー反応を引き起こすのは、蚊と同じなんですが... さらに! ブヨの唾液には、 『毒』が含まれているのです!! これは、ムカデやスズメバチが持つ酸素毒、 アレルゲン成分を含む 唾液腺物質なので、 強い毒性があります。 そして、その唾液腺物質には、即効性が無いので、 噛み傷の出血はあるものの、刺されてすぐは、他に何も症状が出ず、 時間が経つにつれ(半日~1日)、だんだんと悪化していくことになるんです。 大きく腫れ、激しいかゆみが長く続き、 体質によっては、 1ヶ月腫れが引かなかったり、 発熱したりする場合もあります。 さらに、 かき続けていくうちに、刺された部分がしこりになり、 「 慢性痒疹(まんせいようしん)」になる場合もあり、 酷くなると1年以上、かゆみや跡が残る場合もあるそうです。 この様に、 蚊とブヨの外見は、素人目にはほとんど同ですが、 ブヨに刺されると、大きく膨れ上がりますし、 かゆみや痛みも長く続いて、 蚊とは比べものになりません。 また、蚊に刺された後は、出血することはありませんが、 ブヨは、皮膚を噛みちぎるので、 出血する傾向にあります。

次の

虫刺されでしこりができたらどうする?

ブヨに刺された跡 しこり

Sponsored Link ダニ刺されはしこりが残るの? 虫さされで固いしこりが出来る可能性があるのは蚊やブヨに刺された場合で、そのほとんどがブヨに刺された場合だそうです。 ダニに刺された場合は、基本的にはしこりにはなりません。 ただし少し腫れたりすることがあります。 この腫れをしこりと感じてしまう方もいるようです。 ですので、 まずはしこりになってしまっている場合はダニなのかブヨに刺されたのかをまず確認することが大切です。 ダニに刺された場合は、まず小さい水ぶくれができているのが特徴です。 一か所だけなく周辺も刺されていることが多いので他にも刺されている場所がないかも確認しましょう。 ブヨに刺された場合は、半日ぐらいで大きく腫れてしこりになります。 この大きさでブヨかダニかの判断はできると思います。 ブヨに刺されるとアレルギー反応が強く出るのでひどい場合は、痛みが出たり発熱したりする場合もあります。 ブヨだと分かった場合は絶対に掻いてはいけません。 そして早い段階で皮膚科を受診しましょう。 処置は自分でできるの? ダニに刺された場合、まずはどこで刺されたのかを確認しましょう。 もし、散歩中など屋外で刺された場合はマダニの可能性が非常に高いです。 マダニは公園や河原の茂みなどに存在して家の中にはいないと言われています。 最近は都市部の公園でも生息が確認されています。 死亡例も出ていますので絶対に掻いたりせずにすみやかに病院を受診してください。 屋内で刺された場合も刺された場合も病院に行くほうが安心です。 ですが、虫刺され程度で病院へ行くことに抵抗を感じる人もいるでしょう。 その場合は、市販のステロイド外用薬を塗って様子を見てください。 痒みがひどい場合は冷やしたりすると痒みが軽減できます。 まだ腫れが出ていない場合は、50度前後の蒸しタオルなどで温めてあげること、痒みの成分が変質して痒みを押さえることができます。 Sponsored Link 自然治癒するの? ダニ刺されの場合、たいていは1週間程度で自然治癒します。 ですが痒みが強いために掻いてしまった結果、傷となってしまった場合は注意が必要です。 そこから雑菌などが入り、化膿してしまう可能性や跡が残ってしまう場合があります。 特に小さいお子さんの場合はどうしても掻いてしまうので、かゆみ止めパッチなどを使用して掻かないように工夫してあげましょう。 大人の場合も、寝ている間に掻いてしまうこともありますので気をつけましょう。 痕になってしまった場合、どうしても消えるまでに時間がかかってしまいます。 どうしても早く後を消したい場合は、皮膚科に相談に行きましょう。 病院に行かずに自力で痕を治したい人は、傷が完全に治っているのを確認した上でシミ取り用のクリームを塗りましょう。 痕が出来た直後であれば、シミよりも沈着が薄いのでさぼらず根気よく続ければ1~2ヶ月程度で痕が薄くなってくると思います。 まとめ 夏場、虫刺されはよくあることだと思います。 ですが、現在は殺人ダニと言われるマダニがいたり、セアカゴケグモなど毒を持った虫の報告も多く聞きます。 少しでも不安な場合は、皮膚科などを受診しましょう。 そして、普段から虫よけの対策をしっかりしておきましょうね。 Sponsored Link•

次の