上 高地 ハイキング。 上高地観光の日帰りモデルコース2選 と 絶対にやめたほうがいいコース(トイレマップつき)

上高地

上 高地 ハイキング

<こんな人におススメ>• たっぷりハイキングを楽しみたい• 大正池~河童橋間は見たことあるので、行ってないところへ行ってみたい• 観光客が少ないところを旅したい 一大観光地の上高地でも、明神より奥の「奥上高地」と呼ばれるエリアは、観光客も少なくて比較的静かなところ。 泊まる明神エリアの宿もハイカーや登山客主体。 静けさを楽しみたい人や、上高地2回目以降の人の「もうひとつの上高地」を見つける旅に。 せっかくなので河童橋から有名な山景色を眺めて写真を撮ったりしてもいいですが、明神エリアまでのハイキングや自然観察を中心に楽しみたいところ。 河童橋から明神までは、梓川の両岸にハイキングコースがあります。 上高地ビジターセンターに寄って情報収集したりするなら、左岸道(川の南側の道)経由になります。 こちらのほうが少し所要時間が短いので、河童橋エリアでのんびりして時間が少なくなったような時も、左岸道経由がいいでしょう。 明神エリアは人通りが少なくなるのが早く、4時ごろには宿に着けるように移動してください。 宿にチェックインしてから、暮れゆく明神岳の景色など、人もまばらな明神エリアを楽しみましょう。 2日目の朝は、できれば早起きして、早朝のや朝焼けの明神岳の眺めを楽しみましょう。 その後朝食を済ませたら、いよいよ「奥上高地」へ出発。 梓川左岸の道を徳沢めざして歩いていきます。 荷物を預けていけば、明神に戻ってくるまでがラク。 明神から先は、とくに「見どころ」はありません。 でも、ときどき川沿いに出て、梓川の流れと、明神岳や前穂高岳の眺めが広がるし、森の中では、初夏のニリンソウをはじめ季節の花や紅葉が楽しめます。 1時間ほどで徳沢に到着。 ここも、初夏にはニリンソウの大群落が見られます。 帰りが少し遅めでもいいなら、徳沢で昼食をとることにして、まだ時間があれば、もう少し先まで行ってみてもいいでしょう。 横尾まで行くと時間がかかりすぎるので、途中まで行って引き返してくるのが無難。 徳沢から20分ほど行くと新村橋で、前穂高岳が眺められて、河原に降りられます。 帰りは、明神までは来た道を戻ります。 明神から河童橋までは、1日目と違う道を通るのもいいでしょう。 <このプランで利用できるホテル>• ほか 各地発モデルプラン 東京エリア発 行きの2パターンは、昼食を松本についてから食べるか、車内で済ませるかの違い。 帰りは、河童橋エリアに戻ってきてから昼食にするか、徳沢で食べてからバスターミナルへ移動するか、のイメージで設定しました。 下のパターンのほうが、2日目にじっくり歩けますが、帰る時間が遅めになってもいい人向けのプランです。 名古屋エリア発 1日目は、松本でのランチタイムが少ないのに注意。 2日目は、上高地を出る時間帯(=昼食をとる場所?)によって、名古屋エリア着の時間に1時間の差がでます。 関西エリア発 1日目の昼食のタイミングが難しいのは、名古屋エリア発といっしょ。 帰りのパターンも同じで、いつごろ上高地を出るかによって、新幹線に1時間の差がでます。 大阪着が8時を過ぎても大丈夫な人は、下のプランを検討してみては。

次の

上高地おすすめ服装ガイド

上 高地 ハイキング

出典: 9~10月上旬になると朝の気温は一桁台。 フリースをベースにした平野部初冬の服装がGOOD。 10月も半ばになると、朝晩は氷点下、日中も10度前後で、場合によっては雪も降ります。 真冬の服装にしましょう。 時間帯や天候、行動時と休憩時などで寒暖差が大きくなるため、重ね着を基本とし、脱ぎ着して温度調節ができるようにしておくのがポイントです。 上高地へ行くときのおすすめの服装【メンズ】 季節別の服装ポイントが分かったところで、具体的な服装についてみていきましょう。 ここでは、メンズ用のおすすめウェア・シューズを紹介します。 特に使用頻度の高いものや欠かせないものを基準にピックアップしました。 是非参考にして下さい! 保温着 モンベル クリマプラス200 メンズ 保温性が高く、通気性やストレッチ性にも優れるフリース素材クリマプラス200を採用した中厚手のジャケット。 春秋のアウターや冬の中間着として最適です。 暖かいです。 母へのプレゼントにシエラタンのSサイズを購入。 152センチ、46キロの母ですが、TシャツまたはロンTの上に着るのがやっとでした。 (ピチピチでした) 着込みたいとのことなのでMサイズに交換していただきました。 交換していただいたMサイズはピッタリでした。 交換の際、ショップに連絡しましたが、快いご対応をしていただき、安心のお買い物ができました。 また機会があったらご利用したいです。 出典: 雨具 ノースフェイス レインテックスプラズマ レディース コスパに優れるレインウェアとして定評のあるノースフェイスのハイベントレインテックスにはレディースモデルもあります。 メンズ同様、防水透湿性に優れるハイベントにより、急な悪天候にしっかり対応できます。

次の

【初心者】上高地ハイキングにいってきました!服装は?難易度は?

上 高地 ハイキング

全長約4km、片道約80分。 河童橋から大正池までは往復3時間ほど、朝出発すればお昼前には戻ってくることができます。 梓川の流れと焼岳を眺めながら進む「梓川コース」と、森林浴しながら木道を歩く「林間コース」の2コースがあり、春のおすすめは後者。 木々の命がいっせいに躍動し始める、芽吹きの季節を楽しんでみてはいかがでしょうか。 河童橋をスタートしたら、まず梓川右岸を進みウェストンレリーフを見学。 背後には霞沢岳と六百山の眺望が仰げ、絶景のポイントです。 田代池より道の所々に立つ木製の解説板を読みつつ、林間コースへ。 梓川コースとの分かれ道には、右手にニッコウキスゲ群生地が。 苔むした大地に降り注ぐやわらかな陽射しが、贅沢な気分にさせてくれます。 田代湿原はレンゲツツジとサギスゲなど、6月中旬~7月上旬まで色とりどりの花々で賑わいます。 湿地帯を渡る桟橋を経て、マガモとイワナの待つ大正池を右に眺めたら、もうすぐ大正池バス停。 河童橋まで戻るときは、梓川コースを辿ってみてはいかがでしょう。 自然研究路や、小梨平から上る左岸よりも訪れる人が比較的少なく、のんびり歩けます。 河童橋から程なく残雪の前穂、岳沢の胸に迫る風景が満喫でき、出足から期待させてくれます。 10分程歩いた岳沢湿原の木道には、サワラやアブラガヤの木々を背景にレンゲツツジの花が咲き乱れ、緑と朱色のコントラストに目を見張るほど。 さらに歩みを進めると、原生林のすき間から六百山や穂高の峰々、化粧柳と梓川の美しい姿が望めます。 カラマツやハルニレ、シウリザクラの赤い新芽の森を抜けると明神一帯。 左に折れ、明神池や明神岳を仰ぎみて河童橋に戻るときは、ヤナギ類の花と新緑がまぶしい梓川左岸を歩いてみませんか。 平坦ながら長距離であるため、体力づくりはもちろん、雨具と歩きやすい靴を備えて行きましょう。 晴天には鳥の歌声と梓の瀬音が心地よく響きます。 ウグイスやコマドリ、コルリ、キビタキ等の野鳥に出会えるかもしれません。 左に明神岳を眺めながら進み、右奥に前穂と北尾根が見えたら、もうすぐハルニレの点在する徳沢園。 6月上旬には小梨とニリンソウの花が満開となり、広々とした草原にそよぐ姿を眺めれば、まるでおとぎの国に迷い込んだ気分。 河童橋まで気を付けて帰りましょう。 日本でも有数の渓谷美を上高地にもたらし、下流では松本に広がる沃野を満たして奈良井川と合流、犀川となります。 梓川には人々の営みに密着した様々な顔が息づいています。 江戸から明治にかけて上高地を仕事場としていた杣人(きこり)は、切り出した木材の運搬路として利用していました。 昭和になり建設された発電所は電力源として梓川の水を利用し、稲核・水殿・奈川渡の3ダムから放たれる安定した水量は、下流の水田を潤しています。 太古から変わらぬ風景を織りなす上高地の中で、今もゆったりと時を刻み続ける梓川。 心地よいせせらぎ、そして冷涼な清流はすべての風景と調和しています。 絶えることの無いその流れは、上高地の全てを潤す生命の源なのです。

次の