朝顔 折り紙 簡単 子ども。 【折り紙】花・花束の折り方15種類!簡単で可愛い作り方は?平面/立体

【折り紙】花・花束の折り方15種類!簡単で可愛い作り方は?平面/立体

朝顔 折り紙 簡単 子ども

スポンサーリンク 用意するもの ・折り紙 大と小(大は花に使います。 小は葉っぱとつぼみに使います。 色は完成を想像して選んでください) ・粘着テープ(セロハンテープやマスキングテープ) 簡単にできる立体朝顔の折り方 まずは折り紙に折り目をつけるところからやってみましょう。 ていねいに折ることがとても重要です。 【工程1】 折り紙の色のついたほうを中にして三角に折ります。 ここでワンポイント! 花の中心のところに色を入れたい場合は白のほうを中にして折ってみてください。 【工程2】 もう一度三角に折ります。 【工程3】 折った三角形をひらいて四角に折ります。 【工程4】 もう一方も同じように四角に折ります。 【工程5】 四角の中央の折り目のところまで折り曲げます。 【工程6】 折ったところをひらいて折ります。 【工程7】 この工程を4回続けるとこのようになります。 【工程8】 一枚めくると、上のようになります。 【工程9】 上の三角のところを下へ折ります。 【工程10】 これを4回続けます。 【工程11】 ていねいに広げると折り目ができます。 【工程12】 これを裏返して折り目にそってたたむように折ると花の形になってきました。 さて、ここから組立ていきます。 【工程13】 中に折り込んでいないところを中央線まで三角に折ります。 これを4回続けます。 【工程14】 半分くらいのところに折り目をつけます。 【工程15】 半分に折ったところを軸に花びらをひらいていきます。 ココで注意! ひらきすぎると形が崩れます。 崩れないところまでひらいて折っていきます。 【工程16】 これで朝顔の完成です。 スポンサーリンク つぼみの折り方 つぼみを折るときは小さめの折り紙を用意しましょう。 それではさっそく作り方です。 【工程1】 白のところを上にして下から1cmくらい(あくまでも目安です)のところを折ります。 【工程2】 裏に返して今度は色のところが上になります。 下から2cmくらいのところを折ります。 【工程3】 鉛筆やペンを使ってクルクルまきます。 この時に色のところを上にしてまきつけるようにすると、上手くしま柄が出るようになります。 【工程4】 まきつけるとこんな感じになります。 【工程5】 まきつけたペンをはずして粘着テープでとめます。 とめていない方の先っぽになるところは細く中に丸めてちょっとつぶすと感じがでます。 これでつぼみの完成です。 葉っぱの折り方 葉っぱは少し小さめの折り紙を用意しましょう。 それでは作り方です。 【工程1】 折り紙を三角に折ります。 今度は色のついたほうが外側になります。 【工程2】 もう一度三角に折ります。 【工程3】 三角の中央まで折っていきます。 【工程4】 二つ折ると上のようになります。 【工程5】 下から横にはねるような形に折っていきます。 【工程6】 2回折ると上のようになります。 【工程7】 角のところを少し折り曲げます。 【工程8】 裏返すと葉っぱの完成です。 【完成図】 朝顔、つぼみ、葉っぱを並べるとこんな感じになります。 以上が折り紙を使った立体的な朝顔の折り方になります。 最初は朝顔の花びらをひらいて折るところに苦戦しますが、何回か練習するとうまくできるようになります。 つぼみのまき加減も何回か練習するとコツがつかめますのでぜひきれいな朝顔が折れるようにチャレンジしてみてください。

次の

【折り紙】花・花束の折り方15種類!簡単で可愛い作り方は?平面/立体

朝顔 折り紙 簡単 子ども

折り紙で太陽(お日さま)を簡単に折るときに使う道具 使う折り紙は1枚か2枚。 しかし、この太陽は折り紙の裏の色も見えるのです。 そこで今回は、太陽らしく赤と黄色の作品にするために2枚を重ねて使いました。 それでは、実際に折っていきましょう。 折り紙で太陽(お日さま)を簡単に折る折り方 私の太陽のイメージから、赤と黄色の折り紙を重ねて作っています。 表が黄色、裏が赤色となります。 1 折り紙をたて半分に折ってから戻します。 横半分に折ってから、戻して折り目をつけます。 2 上側と下側、それぞれ真ん中の横の折り目に向かって図のように折ります。 3 右側と左側、それぞれ真ん中のたての折り目に向かって折ります。 4 表を少し開いてから、指を入れて開きながら図のように折ります。 右上と右下、左上と左下の4つ、それぞれ同じように折ります。 1つ折ったところ。 4つ折ったところ。 5 右上の尖った部分を起こして、ポケット部分に指を入れて広げながら、図のように折りたたみます。 右上と右下、左上と左下の4つ、それぞれ同じように折ります。 折りたたんだところ。 4つ折ったところ。 6 右上の四角について、左上と右下、それぞれ真ん中の折り目に向かって図のように折ります。 右上と右下、左上と左下も同じように折ります。 合計8つ折ったところ。 7 6 で折った部分を持ち上げて、ポケット部分に指を入れて開きながら図のように折りたたみます。 同じような形の8つ、それぞれ同じように折ります。 折りたたんだところ。 8か所折りたたんだところ。 8 右上の角を図のように裏側に折ります。 右上と右下、左上と左下、それぞれ同じように折ります。 折り終わったところ。 9 右上の赤い部分の表を上に向かって図のように折ります。 右上と右下、左上と左下、それぞれ同じように折ります。 4つ折ったところ。 10 上側の赤い部分を上に向かって図のように折ります。 上側と下側、右側と左側、それぞれ同じように折ります。 4つ折ったところ。 これで完成です。 向きは好みで決めてください。 スポンサーリンク 折り紙で太陽(お日さま)を簡単に作ってみた感想 折り紙で太陽 お日さま を折ってみました。 この太陽 お日さま の折り紙の折り方は、折り紙の折る部分はたくさんありますが一つ一つは難しくはありません。 太陽の折り紙を作った後は、素材として絵日記や壁面飾りの風景の素材として使えます。 太陽 お日さま は風景を描くときには欠かせませんよね。 今回は、折り紙の太陽を赤と黄色の2色を使って作りました。 単色折り紙だと裏側が白色。 折り紙の色を変えるだけで出来上がりはガラッと違った感じになります。 単色折り紙2枚や両面折り紙で、好みの色を選んで作れば、いろんな太陽 お日さま ができがります。 また、太陽 お日さま の真ん中の部分にはペインをシールで実は口などを描くこともできます。 かわいいお日さまを作ってみてくださいね。

次の

「折り紙で作る葉っぱ付き朝顔」子どもにも折れる簡単な折り方

朝顔 折り紙 簡単 子ども

【必要な物】 *折り紙 1枚 準備する物は折り紙たった1枚です。 2、さらに点線で半分に折り、折り目を付け開きます。 3、90度回転させ、三角に折ります。 4、更に三角に折ります。 5、写真のように、袋になっている部分を開いて潰します。 6、裏側も同じように、開いて潰します。 7、点線で真ん中に向けて折り、折り目を付けたら戻します。 8、一枚めくって、同じように袋を開いて潰します。 9、同じようにして、残り3箇所折ります。 10、 一枚めくって白い面が来るようにし、写真のように、点線で上に折ります。 11、同じように、残り3箇所も折ります。 12、ここまで折ったら、写真の部分まで一度広げます。 13、広げたら、真ん中の部分をすぼめて、写真のように 折り目に沿って折りたたみます。 14、上から見て、 折り目が重なってない四カ所を、写真のように真ん中の折り目に向けて折ります。 15、四カ所全て折り終えたら、点線で半分に折ります。 16、上の部分をゆっくりと開いていきます。 矢印の部分は、奥の方まで指を入れて、袋を開いて潰すようにして下さい。 朝顔の折り紙の作り方。 簡単に子どもでも折れる折り方2種類のまとめ お疲れ様でした。 折り紙で朝顔の折り方二種類をご紹介しました。 捨てるはずの切りカスを使ってアレンジするので、わざわざ新しい折り紙を出して折る必要もないのが嬉しいですね。 朝顔の葉っぱの折り紙もあるので、合わせて作ってみて下さいね。 良かったら、参考にしてみて下さい。 最後までお読みいただきありがとうございました^^.

次の