ホームルーター 無制限。 WiFiを工事不要で安く使う!自宅用おすすめ無制限ホームルーター2選|生活110番ニュース

WiMAXホームルーターにも通信速度制限がある❖速度は?解除方法は?

ホームルーター 無制限

「自宅WiFi」は、本当におすすめできる接続方法 自宅WiFiを契約すれば、家族みんなでインターネットができます 自宅(家庭)にWiFiを導入するとあなただけでなく、 ご家族みんなでインターネットを同時に楽しめます。 iPhoneやAndroidスマホはもちろん、PC、タブレットなどWiFi対応機器であれば、一通りインターネットに接続可能ですし、接続できる同時接続台数も数十台以上と余裕があります。 スマホのパケット量が多すぎて毎月の料金が高い方は、自宅ではWiFiで繋ぐとパケット量の節約にもなりますね。 有線だとケーブルが邪魔になりホコリをかぶったら掃除も大変ですが、WiFi(無線)ならそんな心配も不要ですね! 自宅(家)に、WiFi環境を設置する方法 ご自宅(家)にWiFi環境を設置する方法は、大きく2通りあります。 自宅に光回線が導入済みの場合、家電量販店でブロードバンドルーター(WiFi対応)を購入して配線する もし今、固定回線(光回線・ADSL回線)を契約していない場合は、あるいは、固定回線(光回線・ADSL回線)を辞めたいと考えている場合は、WiMAXのホームルーターを契約してしまえば回線工事をせずにWiFi環境を構築することができます。 正直、マニュアルを見なくてもできるほど簡単ですから、インターネットとか配線に詳しくない方でも3分で設置可能です。 実際、女性の一人暮らし、実家に住む両親のために、このホームルーターを用意する人も多いです。 加えて、 電源はコンセントから供給するので充電も不要、 手間がかからないのですごく便利です。 \工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/ 無制限にWi-Fiを使いたい!どのサービスが適している? 自宅用にWi-Fiを契約しようと考えているので、 通信容量は無制限を求めたいですね! 正直、今日本に完全に無制限に通信ができるサービスは、Wi-Fiサービスでも、光回線のサービスでもありません。 何かしら通信事業者側で通信容量をコントロールする仕組みが導入されているからです。 しかし、 「実質無制限」に利用できるWi-Fiサービスは少なからず存在します。 YouTubeやNetFlixで4K動画を観るもよし、Instagramを毎日眺めてもOKです。 提供会社は、UQコミュニケーションズという会社です。 KDDI系列の大手通信会社です。 WiFiなので、iPhoneやAndroidスマホはもちろん、PC、タブレットなどWiFi対応機器であれば、一通りインターネットに接続可能です。 実際の速度も100Mbps以上出ている報告が多数あがっており、 WiFiでありながら光回線以上の速度で通信が可能です。 YouTube、Netflix、dTVはもちろん、4K動画でさえもサクサク閲覧できます。 「Speed Wi-Fi HOME L02」に関しては、以下のページをご覧ください。 もし「圏外」だったら最悪ですから、 事前に「エリア確認」をしておきましょう。 \サービス提供エリアをチェックしよう 参考までに、僕がおすすめしているブロードワイマックスでしたら、インターネットをしてみてネットが繋がりづらかった場合も8日以内でしたら契約キャンセルが可能です。 事務手数料3,000円は支払う必要がありますが、違約金は請求されないので安心です。 以下は、料金・キャンペーン明細です。 本サイトでは、 月額料金が安くかつ安定したサービスを提供している「ブロードワイマックス」を例にしてご紹介します。 ブロードワイマックスは、WiMAX業界で月額料金が安く設定されていることで有名です。 一番安い月額料金で使いたい!そんな方にぴったりのサービスです。 月間データ容量が制限がありません。 直近3日間の通信が10GBを超過した場合のみ、速度が一時的に遅くなる制限はありますが、かなり自由度高く快適に使えます。 必要最低限でネットを楽しむ人は「ライトプラン」を選択しましょう。 ライトプランは、サイト閲覧&SNS&メール利用がメインで、動画は一切見ないという方に向いています。 なお、プランは契約後に変更も可能なので後から利用量に応じて変えてしまってもOKですからご安心ください。 そして、「家電量販店」や「インターネット」で契約可能です。 そこでインターネット通信会社に勤務する僕がおすすめしたいのが、 インターネットですぐ契約できる「ブロードワイマックス」です。 ウェブサイトから契約できます。 月額料金が最安値という特長があるのですが、それだけでなく インターネット申込だと初期費用が無料、そしてルーターも無料提供しているプロバイダーです。 家電量販店にはない独自プラン等、魅力的な内容の得点を受けることができるので、オトクに契約したい方はブロードワイマックスをおすすめします。 有料で販売している会社も多いですから、ここはぜひ無料でゲットしておきましょう! 置くだけWi-Fiの「ソフトバンクエアー」が気になっている方へ 画像利用:SoftBank 、GMO 最近、ソフトバンクが「置くだけWi-Fi」というキャッチフレーズで、ソフトバンクエアーのCMをよくしています。 目にされた方も多いかもしれません。 またルーターは有料です。 やはり、 同じホームルーターでもWiMAXのホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」の方が性能が高く、通信サービスとしても明らかに格上です。 ルーターは無料です。 WiFi契約のよくあるご質問 自宅に光回線を導入してWiFiを入れるべきか?WiMAXにすべきか? まず、光回線については昨今は低品質化が進んでいて速度が極端に遅いサービスが多いです。 そして回線工事が必要で 初期費用だけでも2万円近くします。 立会いをして回線工事をする必要があるケースがほとんどです。 加えてルーターのレンタル料は毎月500円ぐらいかかりますので、毎月6,000〜7,000円の出費です。 よほどこだわりがない限り、 光回線は避けたほうがいいでしょう。 特に自宅で使う場合は、Speed Wi-Fi HOME L02がとても快適に使えるのでおすすめです。 ブロードワイマックスでしたら、ルーターは無料提供されていますし光回線と比較して遜色ないぐらい使えますのでおすすめです。 2年契約できるサービスは、ごく一部ではあるでしょうが、ルーターが旧型であったり、違約金が異常に高く設定されているためおすすめしません。 WiFiは、インターネットインフラで今後も一生使っていくものですので契約期間を意識するよりも、できるだけ毎月の料金が安いこと、最新ルーターが手に入るサービスを利用すべきです。 ブロードワイマックス には、家庭向けのWiFiルーター(ホームルーターと言います)、外出先でも使えるモバイルルーター(ポケットWiFi)の両方を取り扱っていますので、のぞいてみてください。 ホームルーターでおすすめなのは、「Speed Wi-Fi HOME L02」という最新ルーターです。 なお、ルーターはブロードワイマックスで申し込めば無料です。 工事の手配、調整は予想以上に面倒で大変なものです。 使わなくなったら光回線の撤去も必要ですからね。 さらに充電などの面倒なことにも気を使う必要はありません。 コンセントに差しっぱなしでOKです。 ただし、ご実家にWiMAXの電波が入るかどうかだけは事前に確認しておきましょう! \サービス提供エリアをチェックしよう おすすめの自宅Wi-Fi 契約!まとめ 自宅用にインターネットを契約したい方に向けて、WiFiによるインターネットサービスのご紹介をしました。 また工事も不要、コンセントに挿せばすぐに使えるという便利さもあって、最近高く評価されています。 「Speed Wi-Fi HOME L02」に関しては、以下のページをご覧ください。 12年間、インターネット通信会社に勤務していた経験を持つ「ナオト」と申します。 本ブログは、もともとは通信速度の遅いwifi電波の改善方法を公開するところからスタートしました。 そして現在は、「失敗しないwifi 契約」をするための情報サイトとして運営しています。 これまで僕は、ダイヤルアップ、ADSL、光回線、wifi、格安SIM等を含めあらゆるサービスの利用経験がありますし、これらサービスを開発・提供する側でもありました。 だからこそ提供できる本音の情報、業界裏話的なことも含め、読者様の参考にしていただけるブログを目指して運営しています。 本当におすすめできるwifiサービスだけをご提案していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の

無制限のモバイルWi

ホームルーター 無制限

データ通信無制限のモバイルルーターをお探しの方も多いでしょう。 2020年6月現在、完全に使い放題のモバイルルーターとしては、やがオススメです。 また WiMAXや ポケットWi-Fiは無制限のイメージが強いですが、 3日に10GB以上使用すると速度制限がかかるなどの注意点があります。 この記事ではデータ通信量無制限のモバイルルーターの紹介や比較、通信制限に関する注意点について解説します。 どんなときもWiFiの新規受付停止について どんなときもWiFiは4月3日~新規受付を停止しています。 モバイルルーターのご契約をお考えの方は、WiMAXも視野に入れて検討してみましょう。 通常のインターネット閲覧• LINEなどでのメッセージの送受信• メールの送受信 以上のような方は、モバイルルーターを使わずにスマホの通信量のみでも十分利用ができるでしょう。 モバイルルーターを無制限で使うための2つのポイント 容量無制限でのデータ通信を快適に行うためには、契約プラン・速度制限の2つがポイントです。 契約プラン まず、無制限で利用できるプランを契約しなければなりません。 他のプランは、月間の容量が決められていて、7GBプランなら1カ月に利用できるのは7GBまで。 そのラインを超えると強制的に低速通信に移行させられてしまいます。 速度制限 では無制限プランなら何でもいいのかというと、それも間違いです。 無制限としておきながら、厳しい速度制限ルールが定められているサービスがとても多いのが実情です。 たとえば 格安SIMのスマモバの場合、3日間の利用で3GBを超えると速度制限になり、200Kbps以下の低速通信になってしまいます。 200Kbps前後では、普通にインターネットを見ようとするのにも時間がかかるレベルです。 よって、速度制限のルールが緩く、簡単には低速にならないサービスが理想です。 WiMAXとポケットWi-Fiを比較! 使い放題のモバイルルーターはWiMAXだけでなく、YmobileのポケットWi-Fiという選択肢もあります。 以下の表に、両者の違いをまとめました。 なおWiMAXは、 月額料金が安価なBroad WiMAXで契約した場合のサービス内容で記載しています。 WiMAXとポケットWi-Fiの違い Broad WiMAX ポケットWi-Fi 最大速度 708Mbps 603HW 月額料金 税抜 2カ月目まで:2,726円 3カ月目~24ヶ月目:3,411円 25ヶ月目~:4,011円 4,380円+端末代(アドバンスオプション込み) 契約期間 3年 (WiMAXはプロバイダによっては2年契約も可能) 以上のとおり、速度はWiMAXのほうが高速、料金も常にBroad WiMAXのほうがポケットWi-Fiより安上がりです。 つまり お得に利用できるのは、WiMAXであることがわかりますね。 それではWiMAXとポケットWi-Fiのサービスの特徴について、それぞれ詳しくご紹介します! WiMAXの特徴 まずは、WiMAXの特徴から見ていきましょう。 WiMAXはギガ放題プランで使い放題が可能 WiMAXは、ギガ放題プランを契約すれば使い放題で利用できます。 WiMAXには ギガ放題以外に月々7GBの上限があるプランもありますが、通信量に上限があるため用途は制限されてしまいます。 通信量の上限を気にせず通信をしたい場合はギガ放題を選ぶのがオススメです。 YmobileのポケットWi-Fiの特徴 次にポケットWi-Fiの特徴を見ていきましょう。 ポケットWi-Fiは有料オプションの契約で使い放題ができる ワイモバイルのポケットWi-Fiは、 有料オプションのアドバンスモードを契約して使い放題にできる仕組みです。 モバイルルーター側でアドバンスモードを適用しなければ使い放題にならないので、モード切り替えを忘れないように気をつけなければいけません。 スマモバ、YahooWi-FiとBroad WiMAXを比較 モバイルルーターにはWiMAXやポケットWi-Fi以外にも、スマモバやYahoo! Wi-Fiといった種類があります。 スマモバは3日間に3GB以上通信すると速度制限がかかって200Kbpsに制限されてしまうため注意が必要です。 WiMAXの場合、3日間で10GBまでの通信なら速度制限ならないため、動画の視聴などをメインに使用されるならWiMAXがオススメです。 何故なら、WiMAXの場合速度制限にかかったとしてもおおむね1Mbpsと、YouTube動画の標準画質レベルなら視聴に支障がでないとされているためです。 YouTubeの動画をみるための通信速度が、ちょうど1. 0Mbps程度。 高画質にこだわらなければ十分みられるよ! Yahoo! Wi-FiはYmobileのポケットWi-Fiの別の窓口的存在で、月額2,480円からご利用になれます。 WiMAXと同じ3日間10GBまで 使い放題の契約にする場合、別途オプションを契約が必要なため、月額3,696円の料金となります。 docomo・ソフトバンクのモバイルルーターは使い放題にできない docomoのモバイルルーターは スマホのように月々のパケットを設定して契約する仕組みで、使い放題での契約はできません。 また、 ソフトバンクのモバイルルーターは、7GBプランの契約しかできません。 使い放題のモバイルルーターを使いたい場合、docomoやソフトバンクで契約する必要はないでしょう。 docomoやSoftbankのLTE回線を使用したモバイルルーターでいうと、が無制限で利用できるよ! 「ポケットWi-Fi」はLTE通信の使い放題が別途オプションで可能 ワイモバイルのポケットWi-Fiは 7GBのLTEプランに別途アドバンスオプションを適用して、使い放題になる仕組みです。 また、 アドバンスオプションの契約がなくても、ルーターでモードを通常モードに切り替えれば、月々7GBまではワイモバイル回線でのLTE通信ができることも覚えておきましょう。 万が一アドバンスモードでエリア外になってしまった場所でも、 標準モードのLTE回線に切り替えれば通信できる場合があります。 使い放題プランが一番安いWiMAXは? モバイルルーターは契約先によって月額料金やキャンペーン特典が異なりますが、使い放題のモバイルルーターでいえばWiMAXをプロバイダ経由で申し込むのがもっとも安くなるといえます。 WiMAXはプロバイダごとに割引やキャッシュバックキャンペーンが充実しており、実質月額料金を安く済ませることができるのです。 以下の表に、キャンペーンが行われている主なWiMAXプロバイダの月額料金とキャンペーンをまとめました。 GMOとくとくBBは、 月額料金の割引とキャッシュバック、どちらかの特典を選ぶことができます。 実質料金をより安く済ませることができるのは、以下の表のとおりキャッシュバックキャンペーンです。 しかし申請を忘れないか心配な方は、月額料金割引キャンペーンでも十分に安く契約できますよ。 GMOとくとくBBより実質料金が安く済むのがです。 JPWiMAXは、世界150ヵ国・2000万ヵ所のWiFiスポットを保有するFONが運営しているプロバイダです。 JPWiMAXの実質料金の秘訣は、 月額料金の安さとAmazonギフト券によるキャッシュバック特典、両方がそろっていることです。 キャッシュバック特典であるギフト券11,000円分は、最短で契約したその日に受け取ることが可能です。 申し込み完了メールに記載している内容に沿って申請するだけなので、受け取り忘れもありませんよ。 <JPWiMAXの3年間の実質料金> 月額料金(無制限プラン) ~3ヶ月:2,800円 4~24ヶ月:3. モバイルルーターは使い放題でも通信制限がある WiMAX・ポケットWi-Fiは、 3日間で10GB以上通信すると速度制限がかかるしくみです。 速度制限がかかる時間帯は決まっていますが、次の表のとおりそれぞれ若干タイミングが異なります。 速度制限がかかる時間帯とタイミング 制限後の速度 速度制限の内容 WiMAX おおむね1Mbps(YouTubeの標準画質が見られる程度の速度) 翌日の18時頃~2時頃まで ポケットWi-Fi 当日18時~翌日1時 ポケットWi-Fiのほうが、制限がかかるタイミングが早い代わりに終了までの時間も1時間早くなっています。 なおWiMAX、ポケットWi-Fi共に、 速度制限対象の時間帯以外は、使い放題のモードで通信量の上限を超えても高速通信が可能となっています。 たとえばWiMAXで速度制限対象になってしまっても、 午前2時の制限解除から夕方17時台までは自由に高速通信ができます。 WiMAXの速度制限はそれほど厳しくない WiMAXの速度制限は、3日間で10GBとなっています。 10GBといえば、月間での大容量プランともいえる数値ですが、3日間でこの数値をオーバーするのはかなり難しいでしょう。 高画質の動画を1日中再生しないと超えないレベルです。 また速度制限中の通信速度もそれほど厳しいものではありません。 無制限プランでもハイスピードプラスエリアモードには要注意! WiMAXを無制限プランで使う場合の注意点として、 『ハイスピードプラスエリアモード』があります。 WiMAXの電波が届かないところでも、auの4G回線を使えるようにするために設定するモード。 エリアが若干狭いWiMAXの弱点を補強するための有料オプションです。 無制限プランであっても、このオプションを利用して月に7GB以上使用してしまうと、通信制限がかけられてしまいます。 実質的に、 無制限プランでも月の上限が7GBになってしまうので要注意です。 また、毎月1,005円をオプション料金として支払わなければなりません。 ハイスピードプラスエリアモードはWiMAXの電波が届かない時にだけ入れるようにしてこまめに管理しましょう。 そこにさえ気をつけてさえいればとくにストレスもなく使うことができます。

次の

【2020年版】自宅にWiFiを引こう!無制限でおすすめはこれ!|ポケットwifi比較

ホームルーター 無制限

データ定額プランの通信速度制限 データ定額プランは7GBで速度制限 WiMAXには 月間データ量が無制限のギガ放題と、 月間データ量7GBまでのデータ定額プランの2種類から選ぶことができます。 データ定額プランはフラットプランやライトプランとも呼ばれていりプランですね。 2つのプランは月単位で変更も可能です。 翌月まで128Kbps データ定額プランでは月間7GBを超えると速度制限がかかります。 月間データ量が7GBを超えた場合、翌月まで128Kbpsに速度制限されます。 通信速度128Kbpsはスマートフォンの速度制限と同じくらいです。 スマートフォンの速度制限を受けたことがある方はわかると思いますが、 128Kbpsほぼ使い物にならないレベルです。 メールやラインの送受信ぐらいが良い所だと思います。 ハイスピードプラスモードで7GBを超えたらハイスピードモード速度制限 ハイスピードプラスモードは月間7GBまでに制限されています。 ギガ放題でも月間7GBまでです。 ハイスピードプラスモードを使ったら、使い終わったらハイスピードモードに戻すのを忘れないようにしましょう。 3日間で10GBの通信速度制限 翌日の18時〜翌2時まで1Mbpsに速度制限 ギガ放題、データ定額プラン関わらず、ハイスピードモード、ハイスピードプラスモードの合計で3日間で10GBのデータ制限があります。 3日間の合計で10GBを超えた翌日の18時〜翌2時ころまでの間およそ1Mbpsに速度制限されます。 間近3日間の合計ですので、毎日4GB使用したら3日間で12GBですので、毎日速度制限がかかるこことになります。 1日で10GB使用したら、翌日から3日間速度制限をされます。 速度制限を受けても1Mbpsの速度が出る上、18時〜翌2時の間ですので、それほど厳しい制限ではありません。 速度制限を受ける時間帯に利用しない方にはほぼ関係ない制限とも言えます。 3日間で10GBは1人で利用するならかなり余裕があります。 ただし 家族数人で利用するなら、使い方にによっては厳しい制限になるかもしれません。 通信速度の目安 1Mbpsに速度制限hあまり厳しい制限ではないと言いましたが、具体的にどのくらいの速度なのか、快適なインターネットをするのにどのくらいの速度が必要なのか確認していきましょう。 快適な通信速度の目安 画質 速度目安 オンラインゲーム 3Mbps 実は通信速度はあまり必要ない これは 快適な利用に必要な通信速度ですので、もう少し遅くても、普通に利用するくらいなら問題ありません。 低画質動画なら問題なく見ることができます。 標準画質までくらいなら視聴も可能なレベルです。 ホームルーターとモバイルルーターでは速度制限は違うの? ホームルーターもモバイルルーターも同じ WiMAXではホームルーターもモバイルルーターも同様の通信サービスで扱っているので、両方同じ通信制限になっています。 ホームルーターはほとんど同じ場所でしか利用しないので、ハイスピードプラスモードを利用する機会はほとんでないと思いますので、ハイスピードプラスモードの通信速度はあまり関係ないでしょう。 ホームルーターは家族数人での利用を目的に購入する方も多いです。 ですので3日間で10GBのデータ制限は気になることが多いかもしれません。 データ使用量の目安 7GBや10GBなどと言ってきましたが、具体的にどれぐらいの利用をしてたら制限がかかるほどの速度制限になってしまうのかが重要だと思います。 データ使用量の目安について確認していきましょう。 一般的な利用で、最もデータ使用量が多いと思われる動画再生とオンラインゲームの利用できる時間です。 画質 7GB 10GB 約30時間〜40時間 3日間で10GBは1人なら結構余裕 Huluなどの動画視聴サービスもHDの高画質動画ですので、同じくらいのデータ使用量になります。 見て分かる通り、高画質動画でも10GB使用するには13時間も視聴できます。 3日間で10GBとしても、一日あたり高画質動画でも4時間ですので、かなり余裕があるのではないでしょうか。 まとめ WiMAXではホームルーターもモバイルルーターも同様に、いくつかの通信速度制限がありました。 データ定額プランの速度制限はギガ放題なら関係ないし、ハイスピードプラスモードの速度制限は気をつけていれば問題ありません。 やはり 気になるのは3日間で10GBでの速度制限でしょう。 あまり厳しい制限ではないとは言っても、やはり制限があると利用の仕方も限定されてしまいます。 ただし限定的な制限ですので、気にならない方もいると思います。 その方にとっては良いサービスですね。 もしこの速度制限が厳しいと感じる方は、WiMAXのホームルーターに似たようなサービスにSoftBank Airという物があり、おすすめしています。 SoftBank Airは3日間で10GBの速度制限はありませんが、別の形で速度制限があります。 詳しくはをご参照ください。 SoftBank Airもインターネットサービスですので一度チェックしてみてください!.

次の